森林機能制御学分野 九州大学農学部地球森林科学コース

地球森林科学コースでは,地球規模の視野に立って森林や森林資源についての理解を深め,地球環境問題や資源問題への理知的な対処方法についての研究と地球森林教育を行っており,その対象は分子レベルから地球レベルに及びます。
  • 地球環境の保全ならびに森林資源の持続的生産を目的として、自然環境や国土保全、自然災害の防止に関わる森林の公益的機能などの解明、森林資源の計測に関する新技術の開発、木材の生産性と自然環境への公益性を調和させた森林経営、林業生産と環境保全に配慮した森林政策の提言など、幅広い分野を教育・研究の対象としています。 教育研究分野には、森林計画学、森林保全学、森林政策学があり、生物・環境・工学に代表される自然科学と、経営・経済・政策を主とする社会科学の立場から総合的に森林・林業について教育・研究しています。

    各研究室の紹介

    森林資源の持続的生産・利用と森林生態系の未知の機能の開発に寄与する専門的知識と社会的要請への対応能力を修得させるために必要となる授業科目を、生物、化学及び物理に係わる学問分野の視点から体系的に編成し、森林機能開発学に関する総合的な教育を行う。

    各研究室の紹介

    人と地球環境に優しい森林資源の高度有効利用に寄与する専門的知識と社会的要請への対応能力を修得させるために必要となる授業科目を、物理的、化学的及び生物工学的変換に係わる学問分野の視点から体系的に編成し、生物材料機能学に関する総合的な教育を行う。

    研究室HP