メキシコ東シエラマドレ山脈周辺における

20107月のハリケーンALEXによる斜面災害

(九州大学・Nuevo Leon大学・San Pedro G.G.市共同研究対象地)

 

Version 2011/June

九州大学森林保全学研究室

 

   Quisiera expresar mi gratitud más profunda para ayudarme en los campos de Nuevo Leon,    

al Dr. Israel Cantu Silva (UANL) y los miembros del Defensa Civil de San Pedro, los miembros del parque Chipinque

 


201071日〜2日のハリケーンALEXに伴う800mmを超える大雨で共同研究対象地域の

東シエラマドレ山地周辺が大きな被害を受けました。復旧もある程度進んでいますが、

ここでは、共同研究者と研究協力機関の協力を得て、その災害当時の概要を紹介します。


 

Chipinque自然公園内森林斜面からの土砂流出と林道の破壊(Courtesy of Park Chipinque)

(詳しくは、http://www.chipinque.org.mx/webchipinquenvo/alex.html)

 

  

San Pedro 市の山地住宅地の被災(地すべり、滑落崖や脚部の崩落、Courtesy of Defensa Civil de San Pedro

  

San Pedro市内の山地道路の被災状況(Courtesy of Park Chipinque and Defensa Civil de San Pedro)

 

  

Nuevo Leon大学(UANL)Itrubide演習林へ向かう州道の被災

(演習林方面へはいまだにアクセス不全となっています。Courtesy of UANL and Ms. Laura Sanchez

 

    

州都Monterrey市及び近郊の土砂流出による被災状況(Courtesy of Dr. Israel Cantu Silva

  

San Pedro 市内の山地住宅地に発生した地すべり変動:地表面伸縮計により観測中です。

Defensa Civil de San Pedroとの共同観測)

 


 ◆ 当研究室では、現地ヌエボレオン自治大学と共同で、現地雨量観測、土壌水分観測、地表伸縮計観測、地形調査、

土質試験、土壌試験、などを行っていますが、このたびのハリケーン災害でセンサーやデータロガーなどが被災しました。

 また、今回の雨は、崩壊に対する当地の警戒基準雨量(時間雨量が約30mm/hr以上、総雨量約120mm以上)をはるかに超えるもので、

最大時間雨量77mm/h、総雨量800mm以上となっています。


 

 

TOP 

http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/control/