2005年3月20日福岡県西部沖地震による砂防関係調査

<玄界島・志賀島など

2005/06/15版

九州大学大学院 農学研究院 森林保全学研究室(砂防・治山)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

        志賀島東斜面岩盤崩壊           位 置 図(詳細は下図)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福岡市西区の玄界島および東区の志賀島(しかのしま)の崩壊などを中心に速報として報告します。

写真などは下記のリンクをご覧ください。

 崩壊長さなどは赤外線レーザー測距儀による簡易測量、緯度・経度はポータブルGPSによる測位によります。

 いずれの場所にも、余震時や降雨時に接近が危険と見られる斜面が見受けられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1)  志賀島東斜面と勝馬地区の崩壊: ここからリンク

2)志賀島西側の弘漁港周辺の崩壊:ここからリンク

3)玄界島:    ここからリンク

4)その他の変位:ここからリンク

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<参考> この地震の震央は33.9N、130.2E、M=7.0、モーメントマグニチュードMw=6.4〜6.6、地震の最大加速度は「福岡市中央区の警固(ケゴ)断層上で489gal」、「福岡市東区名島で403gal」、「中央区天神5丁目で276gal」、「前原市前原(マエバル)で261gal程度」と発表されています。詳しくは九州大学・地球科学・地球工学緊急調査グループのページhttp://geothermics.mine.kyushu-u.ac.jp/fukjishin/をご覧ください。

 

以上です。 (文責 久保田)

TOP