台風の気象条件による土砂災害発生予測

TYPHOON DISASTER PREDICTION

九州大学 農学研究院 森林保全学研究室 久保田哲也 (1/November/2004 改定)

 

■はじめに

これは台風にともなう、中国地方など地域ブロックや都道府県レベルなど広域を対象とした土砂災害・山地災害(崩壊、地すべり、土石流災害)予測ソフトです。(九州地方に使用出来るものについては開発中です。)

個別の斜面や個別の渓流の災害予測はできません。

土砂災害の誘因としての降雨量など気象要因は現在の観測状況では、せいぜい数kmオーダーの空間分解能(精度)しかありません.海上のデータが得られない事や、観測経費の面から将来も数100mの精度には達しないものと思われます.

一方、個別斜面や渓流ごとの災害予測に必要な斜面勾配、土質強度、地下水条件などの素因は数mから数100mオーダーの精度が必要とされますので、気象要因とは精度(分解能)が合いません。

そこで、とりあえず気象要因のみを用いて広域の予測を行います.インプットとしての気象要因とアウトプットとしての土砂災害の発生は種々の素因・メカニズム(あるいはクレオド)を介して複雑系として関連しています。詳しくは、ホームページの現在の研究テーマの項目ニューラルネットワーク(NNW)などを用いた土砂災害警戒気象条件」を参照ください。

ただし、秋雨前線停滞時に南方の「台風」が影響する場合の災害予測につきましては、秋雨前線停滞時の予測として別途研究中です。今後の進展にご期待ください。

■使い方

1)下の2つのテキストボックスに数値(@最寄りの高層気象観測所の850hpa高度T-Tdと、Aコーススコアー(予測進路):予報などから東側を通る=1.0、南側あるいは真上を通る=0.5、その他=0.1)を入れてください。

2)"PREDICT"と書かれたボタンを押して下さい。予測結果が下のテキストボックスに示されます。

予測結果

「土砂災害発生可能性が高い」、「可能性が低い」などの言葉(英語)で示されます。

予測は一日後〜半日後にのみ有効です(これ以上長期の予測には信頼性が有りません)。

注意:これは研究・試行段階のものですので、実際の予報には使用しないでください。また、実行するにはJava1.1以上に対応しているブラウザーが必要です。




もう一つのソフトの使い方(予測結果を背景色の変化で視覚的に表示します。)

結果の分かり難い方は、同じ内容で「背景色の変化で予測結果を示す」下のソフトをお試し下さい。 チェックボックスをチェック(Courseから一つ、850hpaのT-Tdから一つ)すると背景の色が変わります。ただし、T-Td<1.0は0.5≦T-Td<1.0の意味です。また、チェックは各項目とも必ず一つとしてください。

もう一つのソフトの予測結果赤色・赤紫〜紫:災害発生可能性高い、青:どちらとも言えない、黄緑〜青緑・緑:災害発生可能性低い。




必要な台風予測進路(Course)と850hpa高度の湿数(T-Td)は、気象関連のウェブ・サイトなど(例えば、国際気象海洋(株)http://www.imoc.co.jp/ など)より入手下さい。台風の強さ(中心気圧など)は、既往の研究では、土砂災害の発生に余り関係しなかったので、ここでは使っていません。

予測進路は災害を予測したい場所から「500km程度以内の東側を通るものをEast」、同じく「500km程度以内の南あるいは予測地点の頭上をSouth」、「500km程度以内のその他の進路を通るものをOthers」としています。

適中率のチェックは山陰地方を中心に中国地方東部における全県規模の土砂災害のみを対象として行われており、それ以外の小さな災害や他の地域での適中率は保証できません。(九州地方に使用出来るものについては開発中です。)


久保田気象予報士のページに戻る

森林保全学のページに戻る