森林機能制御学
[English]



地球環境の保全ならびに森林資源の持続的生産を目的として、自然環境や国土保全、自然災害の防止に関わる森林の公益的機能などの解明、森林資源の計測に関する新技術の開発、木材の生産性と自然環境への公益性を調和させた森林経営法、林業生産と環境保全に配慮した森林政策の提言など、実に幅広い分野を教育・研究の対象としています。
教育研究分野には、森林計画学、森林保全学、森林政策学があり、生物・環境・工学に代表される自然科学と、経営・経済・政策を主とする社会科学の立場から総合的に森林・林業について教育・研究しています。

森林計画学研究室
人類にとって再生産可能な資源(renewable resources)は森林だけです。この資源を永続的に利用するには、森林の仕組みや働きを熟知した森林の管理計画が不可欠です。私たちはそのために、森林の漁や成長度合いを正確に調べる方法の開発、森林監視(モニタリング)方法の開発、森林の取り扱い方法などの研究を行っています。


森林保全学研究室
森林は斜面の侵食や崩壊、落石、雪崩、土石流、地滑りの発生を防ぎます。また、水や空気の流勢を弱め災害を防止するとともに土壌を保全し、清浄な大気と水を提供します。このような働きは森林を適切に扱うことで高まります。私たちは自然災害の森林による防止方法とその働きを高める森林の保全方法を研究しています。


森林政策学研究室
森林や林業が直面している様々な課題に、どのような解決策が求められているのでしょうか。私たちは経済学などの社会科学的手法を用いてアプローチしています。環境維持や文化機能を高めるための森林政策、木材生産をめぐる経済メカニズムの解明、山村住民の生活安定策など幅広いテーマを研究しています。

 
 
 

Copyright(C) 2002 Forest Management Lab.