2018-12-10 10:36

「小袖貴博の日常」

 

昨日のTHE MANZAI 2018、面白かったなぁ…   

もう番組の最初から最後まで笑いっぱなし。                                 

目の前の焼肉よりも、もうずーっとテレビ。                                

久々だったなぁ。あんなにかじりつくようにテレビを観ていたのは。

「小袖!テレビばっかり観てないで、はよ箸動かしなさい!」

何年ぶりだったろう。母親からこの手の注意をうけたのは。

でもその15分後、今度は父親から

「母さん、テレビばっかり観てないではよ肉とって!」

 

これで小袖が両親のどちら似なのか、ということはお察しがついたであろう。

今回はそういう、お話でした。ではでは。修論の続きもあるので、今日はこの辺で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………っていやいやいや!!もっと大事な報告あるやろ!!

 

と、いうわけで。

 

九州森林学会@沖縄

 

こっちが本当のタイトルです。

こんにちは。お初にお目にかかります。

小袖貴博と申します。

人生初ブログということで、緊張でキーボードを打つ手の震えが止まりません。

という文章も、震える手で入力しています。笑

 

少し日にちが空いてしまいましたが、そういえば書いていなかった!ということで

今回は10月末に沖縄で開催されました、九州森林学会大会についてのお話です。

 

 

 

学会の感想を卒直に言うと…「とにかく緊張した!!!」

この一言に尽きました。

発表が終わるまでは沖縄を堪能する余裕もなく、

前日の夜は食欲も出ず、ホテルの隣のコンビニで買ったどん兵衛1杯。

「本当にここ沖縄…?(沖縄っぽくないシチュエーションを演出してるのは自分なんですが…)。」 

そう思いながら、どん兵衛片手に発表原稿をチェックしていました。

 

 

そして迎えた発表当日。意外と眠れた発表前日。

曇り空の下、生温い風に吹かれ、バス停に向かいました。

まだ沖縄の街に残る夏の気配を、肌で感じながら(ポエムか)。

会場まではバスで約50分。ひたすら坂を上り続けていた気がします

(あっ、僕がじゃなくて、バスが、です)。

 

会場に到着すると、休む間も無く計画分野のセッションがスタート。

いざ始まってみると、1人15分という持ち時間もあっという間で…

自分の発表が午前の部であったこともあり、一瞬で出番が目前に。     

そしていよいよ出番を迎え、緊張の面持ちで席を立ちました。そんな時。                                    

自分を奮い立たせてくれた、ただし、かまたまーれ、INOOの3人の言葉がこちら。

 

「明日、美ら海水族○が待っているよ(ボソッ…)。」

 

この一言のおかげで、なんとか無事に、小袖は15分間の発表を終えることができました。

(先生方、O田さん、S水さんの日頃のご指導のおかげです。)

この後、ただし、かまたまーれ、INOOが発表に向かう時、同じ言葉で3人を鼓舞したことは       

言うまでもありません。

そんな学生生活最後の支部会発表。緊張しましたが、終わった後、どこか寂しさを感じました。

加えてM上先生、O田さん、S水さんの、相変わらずとても素晴らしく、見習いたい点だらけだった発表。

この研究室の一員で居られている事に、改めて誇りと幸せを感じました。

そしてこの日の夜。開放感に満ち溢れる中、学生5人で、沖縄料理を堪能しました。     

この日、人生で初めて口にしたソーキ蕎麦。コシのあるもちもちの麺に、分厚い豚の角煮。       

そして極めつけは、しょうゆの甘みがクセになる、とんこつベースのスープ。

発表終わりの疲れた体に、あったかスープが染み渡りましたとさ。

次回、「支部会発表翌日!修士課程4人組が常識の範囲内ではっちゃける!!」

ご期待いただけますと、幸いです。

ではでは。今度こそ、修士論文に戻ります…あっ…ちょっとその前にココア入れてきます。