2018-12-11 08:06

調査報告【広葉樹林】

小袖先輩に次回予告をされてしまいましたが、それを無視して投稿します。笑
修士組のはっちゃけ話はまた今度。

最近とにかく寒いですね。INOOです。
寒いのは苦手ですが、暖房も苦手なので、夜は湯たんぽ抱いて寝ています。
意外と朝まで温かいのでオススメです。
(寝ることばかり書いてる気がする…。)

今回は調査について書こうと思います。
以前針葉樹調査の内容のDIARYが更新されましたが、あの内容のものを広葉樹でもおこなっています。

ここ数ヶ月、後輩が卒論のために伊都キャンパス周辺の広葉樹二次林で材として利用できる量がどれほどあるかを調査しています。
この研究室はおもにスギ・ヒノキ人工林などの針葉樹林を対象とした調査が多いため、このように主に広葉樹林を対象とした研究は珍しいです。

そこで、樹種の種名をあてる作業(樹種同定)が必要となるのですが、これ、私、めっちゃ好きなんです。テンション上がります。この研究室はほとんど針葉樹の研究なので、広葉樹に触れる機会は来ないと思ってました。超楽しかったです。笑
ですが、私も完璧に樹種同定ができるわけではないので、時々詳しい方に同行してもらって確認してもらってます。
おかげ様で、今では枝の付き方、樹皮の感じ、樹幹の形状などでも見分けることができるようになってきました!
樹種同定が好きである私にとっては大変喜ばしいことです…!
この調査のおかげで私の樹種同定の腕が格段に上がりました。感謝です。
今後、このような調査がないかもしれませんが、この樹種同定力を殺さないようにしていこうと思います。

——————————————————————————————————————————————
おまけ

九州大学は大変自然豊かな場所にあるため、学内にちょっとした山がたくさんあります。
その中で針葉樹だったり広葉樹だったりを調査したのですが、自然豊かであるが故の悩みが。。。

それは、「イノシシ」です。

ある日の研究室での会話↓
4年生「今日の調査だけでイノシシに10頭位会いましたよ~。」
私「!?!?!?!?」

…本当にびっくりです。1日の学内の調査で10頭ものイノシシに遭遇するとは。。。
特に、広葉樹の調査地ではイノシシが通ったような獣道が多く、遭遇しないために防犯ブザー鳴らしながら山を歩いたこともありました。笑
イノシシに突進でもされたらたまったものではないですからね。。。

写真はイノシシが牙を研いだ跡。

スリル満点の調査ラッシュでしたが、予定していた調査は無事にすべて終了。
みんな卒論・修論のデータ解析、執筆に取り組んでいます。

厳しい寒さになってきましたが、あと少しで冬休みですね!!
冬休みを満喫するためにも、今のうちに頑張っていきましょう!!!