No. 30 (1977)

1-2 対馬に於ける育林の展開と停滞に関する二三の考察
七里成徳 <PDF>


3-4 戦後の沖縄県における木材市場の展開(I)-島産材について-
仲間勇栄・篠原武夫 <PDF>


5-6 林道の経済的機能の変貌化について
渡辺昭治 <PDF>


7-8 害菌被害とシイタケ経営のタイプ別動向
吉良今朝芳 <PDF>


9-10 森林造成維持費用の推算について(II)-観光レクリェーション面からの考察-
柳 次郎 <PDF>


11-12 林業における職場集団の生産行動に関する研究(XXI)-集団生産性を決定する要因について(3)-
中島能道・塩谷 勉 <PDF>


13-14 西表島の森林の保健休養機能に関する研究(II)-森林資源の特徴および保健休養施策の検討-
新本光孝・砂川孝昭 <PDF>


15-16 或る自立林家の経営実態分析
青木尊重・山口 浩 <PDF>


17-18 径級伐採方式による非皆伐施業の一事例-大分県速見郡山香町の西鶴定氏の山林-
青木尊重・川野克己 <PDF>


19-20 伐木造林費対材価比較-スギの場合-
福島敏彦 <PDF>


21-22 素材の形質と市場価格-ヒノキの場合-
福島敏彦 <PDF>


23-24 亜熱帯性天然広葉樹林の施業改善に関する研究(III)-保育除伐実行林分の林分構造-
安次富長敬・安里練雄 <PDF>


25-26 福岡県における緑化用樹木の生産量の推定について(III)-モノクロの空中写真利用の問題点-
常岡雅美・西沢正久・関屋雄偉 <PDF>


27-28 中・小規模経営林の育林作業について
三善正市 <PDF>


29-30 企業的林業に関する研究
三善正市・黒木嘉久 <PDF>


31-32 熊本県間伐材搬出技術体系の開発について(第II報)
渡辺定元・吉武和美・川野輝彰・小邦 徹・坂田祇彦・鶴 幹彦・柴垣英道・吉田庄太郎 <PDF>


33-34 熊本県間伐材搬出技術体系の開発について(第III報)-路網計画について-
渡辺定元・吉武和美・川野輝彰・小邦 徹・坂田祇彦・吉田庄太郎・柴垣英道・鶴 幹彦 <PDF>


35-36 熊本県 間伐材搬出技術体系の開発について(第IV報)-施行について-
渡辺定元・吉武和美・川野輝彰・小邦 徹・鶴 幹彦・吉田庄太郎・柴垣英道・坂田祇彦 <PDF>


37-38 熊本県間伐材搬出技術体系の開発について(第V報)
渡辺定元・吉武和美・川野輝彰・坂田祇彦・鶴 幹彦・吉田庄太郎・柴垣英道・小邦 徹 <PDF>


39-40 スギ樹幹の上部直径の推定
長浜三千治 <PDF>


41-42 間伐率の変化にともなう生長予測(VI)-単木の直径生長と粗密比較との関係解析-
森田栄一 <PDF>


43-44 成木林施肥効果の判定-施肥と間伐の解析(1)-
森田栄一・川添 強 <PDF>


45-46 利用材積の直接測定に関する研究(II)-デンドロメトリーとミニコンピュタリぜーション-
西沢正久・関屋雄偉 <PDF>


47-48 ラインサンプリングによる生長量うっぺい度および樹冠量の推定
西沢正久・関屋雄偉 <PDF>


49-50 森林の公益的機能と林分構造の関係解析(IV)
西沢正久・関屋雄偉・長 正道・井原直幸 <PDF>


51-52 林木の心材形成促進技術に関する研究(VI)-ヒノキ林分の心材形成の実態-
井原直幸 <PDF>


53-54 空中写真の利用による森林の公益的機能の計量法に関する研究(I)
長 正道・西沢正久 <PDF>


55-56 林分シミュレーションに対する生長モデルの研究(VI)-林分構造の推定と予測-
西沢正久・木梨謙吉・柿原道喜・長 正道 <PDF>


57-58 林分シミュレーションに対する生長モデルの研究(VII)-生長による各直径階の増加量の計算について-
木梨謙吉・西沢正久・柿原道喜・長 正道 <PDF>


59-60 伐採計画と収穫予想について(第6報)
飯塚 寛 <PDF>


61-62 マツノザイセンチュウ抵抗性育種のための人工接種方法の開発
西村慶二・大庭喜八郎・立仙雄彦・松永健一郎・今村政英 <PDF>


63-64 苗木あたりのマツノザイセンチュウの接種点数と枯損の関係
山手広太・大久保哲也 <PDF>


65-66 つぎ木苗によるマツノザイセンチュウ抵抗性の検定ならびに切枝の水ざしによる検定
戸田忠雄・立仙雄彦・山本 久 <PDF>


67-68 マツノザイセンチュウの人工接種による系統別マツ苗の生存率
大庭喜八郎・戸田忠雄・西村慶二・岩下禮治・松永健一郎 <PDF>


69-70 マツノザイセンチュウの人工接種による母樹別マツ苗の生存率
大庭喜八郎・西村慶二・戸田忠雄・立仙雄彦 <PDF>


71-72 川内署まつくい虫抵抗性候補木(クロマツ)のつぎ木苗の人工接種検定
大庭喜八郎・西村慶二・戸田忠雄・山手広太・大山浪雄 <PDF>


73-74 ヒノキのダイヤレルクロスによる苗高の組み合わせ能力の推定
田島正啓・宮島 寛 <PDF>


75-76 クヌギのつぎき親和性について
新谷安則 <PDF>


77-78 四倍性クロマツの天然交配種子および,その苗木について
戸田義宏 <PDF>


79-80 スギの交雑育種-(2)交雑F1 36年生時の枯損と生長-
外山三郎・戸田義宏・福田延男・永田順蔵・進 敏彦 <PDF>


81-82 スギの交雑育種-(3)交配別の球果および種子-
外山三郎・戸田義宏・平田真一 <PDF>


83-84 スギさし木品種子供群の変異について(IV)-F1雑種床替苗の生長-
甲斐重貴 <PDF>


85-86 スギ精英樹クローンと在来品種の関係調査(第1報)-オビスギ等のザイモグラムについて-
深江伸男・細山田典昭 <PDF>


87-88 九州11産地ヒノキのアイソザイム
川述公弘 <PDF>


89-90 スギ在来品種の針葉形態について
近藤禎二・宮島 寛 <PDF>


91-92 ひのき人工着花処理によって得られた球果及び種子内容
野中重之 <PDF>


93-94 クヌギの種子に関する研究-結実量と大きさ-
田中勝美 <PDF>


95-96 タネの比重と発芽について(2)-メタセコイアおよびモミヂバフウの比重と発芽の関係-
川島為一郎 <PDF>


97-98 土壌水分環境が植物群落の分布におよぼす影響について(1)-2・3の広葉樹種の水分消費と物質生産-
玉泉幸一郎・須崎民雄・矢幡 久 <PDF>


99-100 スギの機械的障害のゆ合に関する生理学的研究-傷害部の組織学的観察と呼吸変化(予報)-
山本福寿 <PDF>


101-102 ボタン材の調査事例-枝打肥培林令との関係-
山内 惇 <PDF>


103-104 温度と土壌乾燥がマツノザイセンチュウ接種クロマツに及ぼす影響
増田隆哉・大山浪雄 <PDF>


105-106 スギの早晩性に関する研究
柴山善一郎・須崎民雄 <PDF>


107-108 スギさし木苗の植栽後2年間の発根状況
上中久子・大山浪雄・高木哲夫 <PDF>


109-110 冬におけるスギ枝葉の水ポテンシャル
高木哲夫 <PDF>


111-112 系統的配置によるテーダマツ植栽密度試験(II)-胸高直径と樹高生長について-
本田健二郎 <PDF>


113-114 クヌギの月別台切りと生長
田中勝美 <PDF>


115-116 ク ヌギ林分の造成に関する研究(III)-クヌギさし木の発根率におよぼすAgNO3およびIBAの影響-
佐々木義則・諌本信義・小山田研 一・中尾 稔 <PDF>


117-118 ク ヌギ林分の造成に関する研究(IV)-クヌギさし木の発根と発芽におよぼすAgNO3およびIBAの影響-
佐々木義則・小山田研一・諌本 信義・中尾 稔 <PDF>


119-120 沖縄の日長条件下におけるマツ属の生長制御に関する研究(II)
新里孝和・諸見里秀宰・赤井龍男 <PDF>


121-122 対馬におけるコナラ林の実態調査
松尾俊彦・石川光弘 <PDF>


123-124 砂地および海岸埋立地における緑地造成に関する研究(I)-砂地広葉樹侵入地調査-
寺師健次 <PDF>


125-126 九州におけるツガ群団(II)-モミ・ツガ天然林の年齢構成-
中尾登志雄・須崎民雄・岩井 宏 <PDF>


127-128 沖縄における森林立地とリュウキュウマツの生長
山盛 直 <PDF>


129-130 要間伐林の林分構造に関する調査研究(第I報)-4000本植栽無間伐林における林分構造の推移について-
菅 道教・細山田典昭 <PDF>


131-132 要間伐林の林分構造に関する調査研究(第II報)-本数を加味した,枝の成長停止と枯死高の推定について-
宮畑博行・黒木由典 <PDF>


133-134 南限地域におけるコウヤマキ天然林について
宍戸元彦・上米良真 <PDF>


135-136 松枯れ跡地のシイ林分用材林誘導について
原口義明・柳田芳雄 <PDF>


137-138 樹下植栽木の生長比較試験
植木秀志・勝毛忠男・森川秀次郎 <PDF>


139-140 植栽方法の違いによる造林木の生長-ヒノキの事例-
白石保男・白石満幸 <PDF>


141-142 造林の初期管理における省力技術の最適化(第2報)-造林木の初期生長のための植付時期についての考察-
森川秀次郎・勝毛忠雄・安永邦輔 <PDF>


143-144 造林の初期管理における省力技術の最適化(第3報)-優良形質の大苗生産のための対応策についての検討-
野々下陽之・広瀬辰生・楠原正治・ 立山嘉盛・松野親人・安永邦輔 <PDF>


145-146 造林の初期管理における省力技術の最適化(第4報)-健苗・健穂確保のための対応策についての検討-
松野親人・玉井政臣・安永邦輔 <PDF>


147-148 造林の初期管理における省力技術の最適化(第5報)-植付深さの決定方法についての検討-
安永邦輔・牧野豊吉 <PDF>


149-150 造林の初期管理における省力技術の最適化(第6報)-クズの生態特性と処理について-
牧野豊吉・安永邦輔 <PDF>


151-152 造林の初期管理における省力技術の最適化(第7報)-クズの形態と処理について-
牧野豊吉・安永邦輔 <PDF>


153-154 造林の初期管理における省力技術の最適化(第8報)-クズの生物的防除について-
牧野豊吉・安永邦輔・橋本平一 <PDF>


155-156 林内人工更新法に関する研究(第5報)-ジアゾ感光紙の感光枚数と気温との関係-
飯盛 功・竹下慶子 <PDF>


157-158 林内人工更新法に関する研究(第6報)-林内日射(日積算)と林分構成因子の関係および(日)積算(日射)と瞬間(照度)の関係 都城試験地と茂田井試験地-
飯盛 功・尾方信夫・上中作次郎・竹下慶子 <PDF>


159-160 林内人工更新法に関する研究(第7報)-帯状伐採区での魚眼レンズをもちいた光環境表示法の検討-
飯盛 功・竹下慶子・上中作次郎・尾方信夫 <PDF>


161-162 林内人工更新法に関する研究(第8報)-水俣試験地における林縁からの距離と下木の生長-
上中作次郎・尾方信夫・田中義行 <PDF>


163-164 林内人工更新法に関する研究(第9報)-水俣試験地におけるスギ品種の生長差-
尾方信夫・上中作次郎・田中義行 <PDF>


165-166 林内人工更新法に関する研究(第10報)-島原試験地におけるヒノキ陰湿害回避試験中間報告-
尾方信夫・上中作次郎・牧野豊吉 <PDF>


167-168 あかまつ保育形式 ̄えびの試験地における植栽密度区ごとの生長量,現存量
尾方信夫・上中作次郎・飯盛 功・竹下慶子 <PDF>


169-170 緑化樹生産圃場における生育変動の一考察
池田二郎 <PDF>


171-172 神社境内にみる植生遷移の研究-群落の社会学的解析を中心として-
池田二郎 <PDF>


173-174 平坦地緑化に関する調査
原 信義 <PDF>


175-176 緑化樹の塩害について(II)
中島康博・小河誠司・大長光 純 <PDF>


177-178 モミ、ツガ被圧木の葉齢構成
汰木達郎・荒上和利 <PDF>


179-180 自然林における群落の保全処理について
井上 晋・汰木達郎・加藤退介 <PDF>


181-182 ヒノキの土壌環境と生産力(II)-土壌母材と環境区分について-
中島精之 <PDF>


183-184 ヒノキの幼齢時樹高対壮齢時樹高の比と地形因子との関係
吉本 衛 <PDF>


185-186 ヒノキ梢頭部枯損林分の養分組成-2採種園の比較-
田中郁太郎 <PDF>


187-188 リターバッグによる落葉分解試験
下野園 正・長友忠行・川添 強・脇 孝介 <PDF>


189-190 ヒノキ、マツ連作地の苗木の生長と養分吸収量
長友忠行・下野園 正・脇 孝介 <PDF>


191-192 林地における無機態窒素の季節的変動
佐伯岩雄・脇 孝介 <PDF>


193-194 無機態窒素の季節的変動に対する土壌水分および地温の影響
佐伯岩雄・脇 孝介 <PDF>


195-196 スギ新植地の土壌中の無機態窒素と葉中窒素濃度
川添 強・吉本 衛 <PDF>


197-198 海岸防災林の造成に関する研究(I)-クロマツの初期生長と問題点-
西村五月 <PDF>


199-200 海岸埋立地の土壌について(1)-電気伝導度と塩化ナトリウム-
西尾 敏 <PDF>


201-202 林内落葉・腐植層の研究(予報)
猪上信義 <PDF>


203-204 クヌギ林の養分循環におよぼす施肥の影響(I)
野上寛五郎・福里和朗・野田 孝・田中勝美 <PDF>


205-206 マツクイムシ予防薬剤の効果について-マツノマダラカミキリの発生消長と散布時期の関係-
竹下晴彦 <PDF>


207-208 ヘリ散によるマツノマダラカミキリ後食予防について(1)
宮崎 徹 <PDF>


209-210 スミチオンによるヒノキの薬害
川畑克己 <PDF>


211-212 スイングホッグによるマツノマダラカミキリ殺虫試験
川畑克己・村本正博 <PDF>


213-214 マツノマダラカミキリ防除に関する研究(I)-NAC剤の残留量と殺虫効果-
白垣国充・古賀好文・阪井秋弘 <PDF>


215-216 マツノマダラカミキリ防除に関する研究(II)-NAC剤の温度の違いによる後食量と殺虫効果との関係-
古賀好文・白垣国充 <PDF>


217-218 マツノマダラカミキリ防除に関する研究(III)-空中散布におけるNAC剤の残留と後食予防効果-
白垣国充・古賀好文・阪井秋弘・松村 均 <PDF>


219-220 マツノマダラカミキリ防除に関する研究(IV)-誘引剤による新しい防除の試み-
鈴木敏雄・白垣国充 <PDF>


221-222 マツノマダラカミキリに関する研究(XXII)-飼育容器内での後食量-
森本 桂・岩崎 厚 <PDF>


223-224 マツノマダラカミキリに関する研究(XXIII)-浸漬による被害木駆除試験-
森本 桂・岩崎 厚・今給黎靖夫 <PDF>


225-226 マツノマダラカミキリに関する研究(XXIV)-スラッシュマツ餌木に対する産卵経過-
森本 桂・岩崎 厚・今給黎靖夫 <PDF>


227-228 マツノマダラカミキリに関する研究-マツノマダラカミキリ後食量-
家入 忠 <PDF>


229-230 アカマツ,クロマツ,テーダマツに対するマツノマダラカミキリの後食選択性
大山浪雄・森本 桂・吉田成章 <PDF>


231-232 薬剤の樹幹注入法による材線虫病防除試験(I)-生立木に対する治療効果-
高橋和博・堀田 隆 <PDF>


233-234 薬剤の樹幹注入法による材線虫病防除試験(II)-生物検定による治療効果の判定-
堀田 隆・高橋和博 <PDF>


235-236 マツノザイセンチュウに関する研究(5)-高標高地生育のマツ樹体内における材線虫の生存期間と材線虫病治療試験-
小河誠司 <PDF>


237-238 マツノザイセンチュウ接種後のマツの材成分変化
鈴木和夫・伊藤進一郎 <PDF>


239-240 Botrytis cinerea菌そう上におけるマツノザイセンチュウの増殖試験
堂園安生・鈴木和夫 <PDF>


241-242 マツノザイセンチュウ系統間の増殖および病原性の比較
清原友也 <PDF>


243-244 クロマツ樹体内におけるマツノザイセンチュウの季節的消長(II)
清原友也・鈴木和夫 <PDF>


245-246 材線虫病異常木に対する亜鉛注入による樹液流動の追跡
橋本平一・鈴木和夫 <PDF>


247-248 天敵微生物による食葉性害虫の防除試験(第II報)
久保園正昭 <PDF>


249-250 スギの白紋羽病発生地調査
小河誠司・中島康博・大長光 純 <PDF>


251-252 スギの溝腐病に対する九州産精英樹クローンの耐病性
橋本平一・小河誠司 <PDF>


253-254 スギザイノタマバエに関する研究(IV)-成虫の発生回数-
讃井孝義 <PDF>


255-256 スギザイノタマバエに関する研究(V)-被害木にあらわれる斑紋数-
讃井孝義 <PDF>


257-258 スギザイノタマバエの天敵に関する研究(II)-幼虫を補食するタマバエ-
讃井孝義 <PDF>


259-260 マツバノタマバエの生態に関する研究(V)-タマバエおよび寄生蜂の発育零点-
倉永善太郎・森本 桂 <PDF>


261-262 マツバノタマバエの生態に関する研究(VI)-樹内での幼虫密度と天敵寄生率分布-
倉永善太郎・吉田成章・森本 桂 <PDF>


263-264 昆虫群集の比較法に関する研究(III)-マレース・トラップによる調査のサンプル数の検討-
今給黎靖夫・森本 桂・倉永善太郎 <PDF>


265-266 スギタマバエによる被害量の研究(V)-材積調査例-
吉田成章・倉永善太郎・森本 桂・岩崎 厚 <PDF>


267-268 スギタマバエの産卵と産卵数
吉田成章 <PDF>


269-270 ヒノキ造林地の新害虫3種
本車田 勇・森本 桂 <PDF>


271-272 サツマコフキコガネに関する研究(I)-スギ林の被害-
国生定男 <PDF>


273-274 鹿児島県の緑化樹害虫
谷口 明 <PDF>


275-276 ノウサギの被害に関する研究(I)-ヒノキの被害(1)-
谷口 明 <PDF>


277-278 ノウサギの被害に関する研究(II)-ヒノキ造林地での被害分布型(第1報)-
谷口 明 <PDF>


279-280 カササギの生息実態調査(II)-佐賀平野における営巣分布と植生の関係-
松本光男 <PDF>


281-282 沖縄における空中塩分付着量に関する研究(1)-ガーゼとブラシの塩分付着量について-
幸喜善福 <PDF>


283-284 傾斜階段砂防造林に関する研究(VI)-現地における表流水の移動について-
緒方吉箕・谷口義信・高橋正佑 <PDF>


285-286 山地崩壊に及ぼす森林の影響についての一試験結果
下川悦郎・春山元寿 <PDF>


287-288 シラス地帯における根系分布とその抵抗力
河野良治・竹下 幸・志水俊夫 <PDF>


289-290 シラス台地縁辺部林地の災害について(1)
高橋正佑・谷口義信 <PDF>


291-292 シラス台地縁辺部林地の災害について(2)
谷口義信・高橋正佑 <PDF>


293-294 流域伐採前後の年流量変化について
竹下 幸 <PDF>


295-296 判別解析による崩壊危険地判定に関する一考察
志水俊夫 <PDF>


297-298 局所地すべりの地形的特性について
竹下敬司 <PDF>


299-300 山地土層の構成と流出(予報)
竹下敬司・高木潤治 <PDF>


301-302 水叩工の洗掘実態に見られる2,3の問題-天竜川上流々域-
綿引 靖 <PDF>


303-304 シイタケ各系統の発生温度特性
温水竹則・久保田暢子 <PDF>


305-306 椎茸原木の需給に関する二,三の問題点-福岡県下でのアンケート調査の結果-
青木尊重 <PDF>


307-308 しいたけほだ木の害虫防除(I)-カミキリの産卵調査-
藤本幸夫 <PDF>


309-310 大分県下のシイタケほた木の害菌(III)-ファイトトロンによる鹿川タイプ被害の再現試験-
松尾芳徳・千原賢次・小山田研一 <PDF>


311-312 シイタケ栽培に関する研究-移入原木のほだつきに関する考察-
主計三平・金子周平 <PDF>


313-314 九州におけるシイタケ害菌の大発生に関する研究(I)
安藤正武・日高忠利・久保田暢子 <PDF>


315-316 シイタケ害菌被害防除法の一事例(I)-伏込み地におけるビニール被覆の効果について-
近藤一稔・伊藤英彦・日高俊昭・中田顕光 <PDF>


317-318 し いたけ栽培の安定化に関する研究(第1報)-伏込地の環境によるほた木含水率の変化-
河内進策・金城一彦・西村 啓・久保清明・岡部 清・辻 洋一・梅 寿・芳司由紀子・安永時美・大塚 誠・緒方吉箕・中村徳孫・島薗平雄 <PDF>


319-320 モウソウチク材生産試験
浜田 甫 <PDF>


321-322 良質たけのこ増産試験
森田 茂 <PDF>


323-324 スギ樹幹材質の垂直変動-メアサスギ造林木について-
遠矢良太郎 <PDF>


325-326 産地を異にするスギ材の材質について
大塚 誠・緒方吉箕・川畑秀治 <PDF>


327-328 スギ間伐材の長柱圧縮試験
中村徳孫・大塚 誠・岩戸日支子 <PDF>


(特別講演 1-2) フィリピンの森林病虫害問題
森本 桂 <PDF>


(特別講演 3-9) フィリピンの林木育種
大庭喜八郎 <PDF>


(特別講演 10-15) フライブルクの都市林
飯塚 寛 <PDF>


(特別講演 16-19) リモートセンシング時代とシュバルツワルトの保続
木梨謙吉 <PDF>