No. 35 (1982)

(特別講演 1-3) 二棟造について-日本民家の源流を探る-
伊藤 行 <PDF>


(特別講演 4-6) 外材輸入の動向と日本林業の将来
野村 勇 <PDF>


1-2 幕末における日田山間部の農民の社会・経済状況-日田林業発達前史研究(2)-
遠藤日雄 <PDF>


3-4 林業後継者の動向調査
福島敏彦・藤本種明 <PDF>


5-6 日田材の現状と課題
森山賢治 <PDF>


7-8 伊佐ヒノキの流通と来歴について
東中 修 <PDF>


9-10 原木売市場と素材生産-日田市森林組合共販における「同椪」-
堺 正紘 <PDF>


11-12 過疎化集落における森林管理の実態-九州と東北の比較-
安永朝海・久田喜二 <PDF>


13-14 緑化樹生産経営に関する研究(IV)-緑化樹セリ市場の実態と今後の方向-
村瀬房之助 <PDF>


15-16 (財団法人)福岡県水源の森基金について
野田多賢・日高昭広 <PDF>


17-18 林分構造の推定について(II)-林齢と堆積区分ごとの直径と樹高分布型および水源かん養機能因子に関する検討-
山崎英祐・西沢正久 <PDF>


19-20 林分ならびに林地の構造と水源かん養機能との関係解析(V)-間伐による相対照度の変化について-
清水 晃・竹下敬司・西沢正久 <PDF>


21-22 CFI 推定論とベイジアン推定論の関連性(III)-重回帰式生長モデルの適用-
野上啓一郎 <PDF>


23-24 Grosenbaugh 求積式の適用(II)
飯塚 寛・三原義之 <PDF>


25-26 人工林の直径分布について(VII)-直径分布型の変化状態の分類-
柿原道喜・木梨謙吉 <PDF>


27-28 ヒノキの細りについて
福島敏彦・宮原文彦・佐々木重行・猪上信義 <PDF>


29-30 九州電力社有林における壮齢林の直径分布について(II)-分布型による材価のちがいについて-
加賀英昭 <PDF>


31-32 林況診断表の作成(VI)-九州地方ヒノキ林における樹冠長比-
森田栄一 <PDF>


33-34 林況診断表の作成(VII)-間伐度合および樹型級区分に対する樹冠長比の関係(九州地方ヒノキ林)-
森田栄一 <PDF>


35-36 クヌギ林の施業と収穫について(第一報)-クヌギ人工林の密度と間伐-
東中 修 <PDF>


37-38 クヌギの種子に関する研究(V)-年結実量の変化-
田中勝美 <PDF>


39-40 クヌギ母樹別自然交雑家系の植栽後4,5年目の調査結果
新谷安則 <PDF>


41-42 クヌギのつぎ木不親和対策について
新谷安則 <PDF>


43-44 シイタケ原木林の造成に関する研究(XV)-クヌギのつぎ木試験-
佐々木義則・中尾 稔 <PDF>


45-46 対馬コナラ林の施業改善について
松尾俊彦 <PDF>


47-48 六演習林スギ品種試験地の10年目の結果について(VIII)-二重格子法(九大粕屋V)スギクローンの成績-
宮島 寛・木梨謙吉・ほか六演習林共同研究班 <PDF>


49-50 スギ在来品種の立地適応性
西村慶二・大岩 誠・新谷安則 <PDF>


51-52 スギ精英樹クローンの20年生林分について-成長調査-
山内 惇・山内孝平 <PDF>


53-54 スギ樹皮の研究(V)-品種別クローンの内樹皮厚-
藤本吉幸・前田武彦・戸田忠雄・西村慶二 <PDF>


55-56 スギ幹材部における容積密度の品種間差異
宮島 寛・矢幡 久・西林寺 隆 <PDF>


57-58 ヒノキクローン集植所での生長量の違い
田島正啓・藤本吉幸 <PDF>


59-60 ヒノキ交配苗10年時における組み合せ能力・遺伝等の推定
戸田忠雄・松永健一郎 <PDF>


61-62 ヒノキ精英樹15家系実生苗の施肥反応
大山浪雄・白石 進・藤本吉幸 <PDF>


63-64 外国松の生長について
原口義明 <PDF>


65-66 スギクローンの開花習性(I)-受粉適期-
田島正啓・藤本吉幸・西村慶二 <PDF>


67-68 スギ突然変異体の異常花粉の生成
前田武彦・中平幸助 <PDF>


69-70 有用樹種の細胞遺伝学的研究(VI)-スギおよびヒノキの自然四倍体-
佐々木義則・黒木嘉久・川野洋一郎 <PDF>


71-72 有用樹種の細胞遺伝学的研究(VII)-スギ精英樹にみられる三倍体-
佐々木義則・黒木嘉久 <PDF>


73-74 数種のマツ属植物のアイソザイム
白石 進・上中久子・戸田忠雄 <PDF>


75-76 スギの凍害常習地における下刈方法と凍害防除
高木哲夫 <PDF>


77-78 海岸クロマツ林の蒸発散(IV)-純放射量,日射量の測定と推定について-
矢幡 久・須崎民雄 <PDF>


79-80 一ッ葉海岸における要除伐クロマツ林の直径階分布からみた若干の考察
尾方信夫・上中作次郎・細山田典昭・菅 道教 <PDF>


81-82 一ッ葉海岸クロマツ林における傾斜木の実態
尾方信夫・上中作次郎・細山田典昭・菅 道教 <PDF>


83-84 スギ,ヒノキ混植林の11年目の林分構成
安養寺幸夫・諌本信義 <PDF>


85-86 シイ林の天然更新(I)-シイ林の分布域-
垰田 宏 <PDF>


87-88 シイ林の天然更新(II)-コジイ皆伐地における稚樹の実態調査-
垰田 宏・上中作次郎 <PDF>


89-90 亜熱帯広葉樹林の実態調査(I)-スダジイの林地生産力について-
瀬戸口 徹・山内孝平・寺師健次・森田 茂 <PDF>


91-92 亜熱帯広葉樹林の実態調査(III)-スダジイ林の現存量-
寺師健次・瀬戸口 徹 <PDF>


93-94 亜熱帯広葉樹林の実態調査(IV)-スダジイ林の樹齢構成-
寺師健次・瀬戸口 徹 <PDF>


95-96 海岸防風林の樹種更改について(II)-幼令期の樹高生長-
仲間清一・安里練雄・生沢 均・嘉手苅幸男 <PDF>


97-98 イヌマキ林の施業に関する研究(II)-樹幹の特性と立木密度-
安里練雄・生沢 均 <PDF>


99-100 奄美大島における天然生広葉樹林の林分構成(第5報)-金作原試験地における落枝葉量の年変動-
上中作次郎・尾方信夫・下地 満 <PDF>


101-102 奄美大島における在来樹種および導入樹種山地植栽試験-9年間の生育経過について-
辻 稔・白原徳雄 <PDF>


103-104 樹木群落の幾何学的構造(I)-モミ人工林内の単木の構造-
中尾登志雄 <PDF>


105-106 スギの樹冠構造の推移-枝量と葉量-
長浜三千治・宮原文彦 <PDF>


107-108 スギの冠雪害に関する研究(I)-1981年1月における積雪害の実態について-
汰木達郎・今田盛生・荒上和利・山本福寿・中井武司 <PDF>


109-110 マツノザイセンチュウ抵抗性マツの内樹皮
大山浪雄・福島 勉 <PDF>


111-112 スギの機械的傷害のゆ合に関する研究(V)-in vitroカルス形成における光照射の影響-
山本福寿・中山 健・須崎民雄 <PDF>


113-114 樹木の水分通導抵抗に関する研究(III)-スギさし穂の水分通導抵抗-
池田武文・須崎民雄 <PDF>


115-116 ヒノキ造林地の潮害について
川村清介・吉田 功 <PDF>


117-118 ヒノキ林分における根元異常肥大について-トックリ病被害木の幹形と発病時期の推定-
実松敬行・前田美寿 <PDF>


119-120 スギ下枝葉の変色と品種との関係(I)-変色葉の養分濃度-
野上寛五郎・木下重久・諌本信義・佐々木義則・川名 明 <PDF>


121-122 2,3 のスギ品種の針葉の養分濃度におよぼす施肥の影響(III)-夏季の当年生葉の養分濃度-
福里和朗・野上寛五郎・森 勇二 <PDF>


123-124 小規模生態系における物質収支(5)-大藪川森林理水試験地の植生と土壌環境-
中村松三・須崎民雄 <PDF>


125-126 緩効性肥料の林地施用試験(II)-マルチとIBDU成型品の組合わせについて-
諌本信義・佐々木義則 <PDF>


127-128 竹林(筍林)の土壌について-深さと化学性-
西尾 敏 <PDF>


129-130 スギ,ヒノキ林地における土壌保全機能の実態について-特に西九州乾性地域における調査報告-
石川光弘・西村五月 <PDF>


131-132 黒色土壌の水溶性成分
川添 強・堀田 庸 <PDF>


133-134 九州におけるツガ群団(X)-モミ・ツガ林域における地形・土壌水分と植生-
中尾登志雄・須崎民雄 <PDF>


135-136 福岡県南部の二次林植生(1)-落葉広葉樹・アカマツ優占林の構成-
井上信義 <PDF>


137-138 数量化と図相関解析によるヒノキ林の生長予測-宮崎県中北部沿岸および諸県地方-
菅 道教・宮畑博行・細山田典昭・深江伸男 <PDF>


139-140 ネザサ群落における稈数,葉数の経年変化
黒木重郎 <PDF>


141-142 亜熱帯広葉樹林の実態調査(II)-奄美群島の土壌の性質と広葉樹林の生長-
山内孝平・瀬戸口徹・寺師健次・田中郁太郎 <PDF>


143-144 奄美大島に分布する表層グライ系土壌の孔隙特性
堀田 庸・山内孝平 <PDF>


145-146 暖地における林地土壌の水分環境(III)-立田山ヒノキ林の土壌水分動態-
明石諌男・堀田 庸 <PDF>


147-148 九州における雲霧帯高度の推定(I)-凝結高度の日平均値及びそれを用いた指定頻度高度の計算例-
大谷義一 <PDF>


149-150 南九州におけるマツノマダラカミキリの個体数変動要因について
川畑克巳 <PDF>


151-152 松くい虫による枯損と樹脂量の月別変動及びマツノマダラカミキリの産卵
竹下晴彦・市丸道夫 <PDF>


153-154 Beauveria 菌によるカミキリムシの殺虫試験
大長光 純 <PDF>


155-156 マツバノタマバエの生態に関する研究(X)-マツバノタマバエと寄生蜂の性比および産卵数について-
全 文章・倉永善太郎・大河内 勇 <PDF>


157-158 マツノザイセンチュウに関する研究(8)-マツノマダラカミキリの後食量と材線虫侵入増殖率-
小河誠司 <PDF>


159-160 マツの材線虫病の治療木についての考察
橋本平一 <PDF>


161-162 マツ材線虫病における誘導抵抗性
清原友也 <PDF>


163-164 ヒノキ生立木材質の変色と腐朽について
村本正博 <PDF>


165-166 ヒノキカワモグリガの生態に関する研究(I)-スギ造林地における被害の1例-
倉永善太郎・田中義行・麻生賢一 <PDF>


167-168 ヒノキカワモグリガの生態に関する研究(II)-越冬あけ幼虫排糞個所と羽化期について-
倉永善太郎・上中作次郎・田中義行 <PDF>


169-170 ヒノキカワモグリガに関する研究(I)-加害形態と生息分布について-
麻生賢一 <PDF>


171-172 タイワンカブトムシの生態に関する研究(I)-9月産下卵の発育について-
具志堅允一・山内政栄 <PDF>


173-174 タイワンカブトムシの生態に関する研究(II)-卵,1齢幼虫の発育と温度との関係-
具志堅允一 <PDF>


175-176 Beauveria tenella菌のドウガネブイブイ新生幼虫に対する野外施用効果試験
宮崎 徹 <PDF>


177-178 薬剤によるマイマイガの誘引試験(第III報)
久保園正昭 <PDF>


179-180 脱皮阻害剤によるマツカレハ防除試験
久保園正昭 <PDF>


181-182 MEP 残留予備実験-水溶液・松葉上のMEPの残留-
高木潤治 <PDF>


183-184 ノウサギの生態に関する研究(VIII)-野外個体群の齢構成(第1報)-
谷口 明・山田文雄 <PDF>


185-186 スギザイノタマバエの被害解析-激害林分にみられた生長量の低下について-
諌本信義・高橋和博・安養寺幸夫 <PDF>


187-188 スギザイノタマバエの生態に関する研究(III)-樹皮と被害度の関係-
高橋和博・堀田 隆 <PDF>


189-190 スギザイノタマバエ防除試験(VI)-間伐2年経過後の幼虫密度の推移-
高橋和博・堀田 隆・麻生賢一 <PDF>


191-192 間伐後数年のスギザイノタマバエの密度変化
大河内 勇・吉田成章・佐藤奉孝 <PDF>


193-194 天草下島におけるスギザイノタマバエの分布
大河内 勇・吉田成章 <PDF>


195-196 スギの樹脂中に寄生するタマバエについて(I)
讃井孝義 <PDF>


97-198 大学演習林の教育的活用のための整備について
薛 孝夫 <PDF>


199-200 森林レクリェーション計画に関連する対比と調和の問題
薛 孝夫 <PDF>


201-202 市街地における緑地機能に関する考察-久留米市公園の騒音機能について-
池田二郎 <PDF>


203-204 ロックガーデンに関する研究(第5報)-石周辺の温度分布-
汰木達郎・金 龍基 <PDF>


205-206 沖縄県における防風・防潮林に関する研究(3)-テリハボク苗木の耐塩性について-
幸喜善福・玉城 勲 <PDF>


207-208 海岸における海砂埋立地緑化に対する混層客土の効果について
郡山正昭・南橋 仁 <PDF>


209-210 緑地における緑化木の生長について(1)-施肥と生長-
中島康博・池田浩一 <PDF>


211-212 シイタケ栽培技術に関する試験-ほだ木管理と春季の発生について-
吉富清志・佐藤泰生 <PDF>


213-214 直射日光がシイタケホダ木に及ぼす影響(第2報)
中西清人・吉富清志 <PDF>