No. 38 (1985)

1-2 製材丸太の計量経済モデルビルディングとその分析
行武 潔 <PDF>


3-4 計量経済モデルによる木材需給のシミュレーション分析
行武 潔 <PDF>


5-6 九州における素材の交流
福島敏彦 <PDF>


7-8 暖帯性広葉樹材の流通(I)-都城原木市売市場における取引の一断面-
安永朝海・森田栄一 <PDF>


9-10 宮崎県農山村民の行動生態に関する研究(I)-林業後継者問題をめぐる近年の社会的背景-
中島能道・北原弘光 <PDF>


11-12 山村における婦人労働の役割(1)-福岡県矢部村の調査から-
瓜生恵美子・八尋宣子 <PDF>


13-14 山村における婦人労働の役割(2)-兼業主婦の実態について-
八尋宣子・瓜生恵美子 <PDF>


15-16 対馬の農家労働人口の変動と椎茸生産の関係
七里成徳 <PDF>


17-18 伐出労働力と「組」組織に関する研究(I)
遠藤日雄 <PDF>


19-20 地域農林業振興における生産森林組合の課題-生産森林組合の地域動向を中心に-
上田 実 <PDF>


21-22 西ドイツの森林政策について-私有林の概況と森林組合の性格-
村瀬房之助 <PDF>


23-24 マイコンによる森林情報のシステム化-高隈演習林における実験例-
小林孝幸・吉田茂二郎 <PDF>


25-26 森林調査に対応した「林班調査分区」の区画と「森林実態調査簿」の調製
今田盛生 <PDF>


27-28 航空機MSSデータによる沖縄のマングローブ林樹種区分の試み
佐藤一紘・星 仰 <PDF>


29-30 自然観の国際比較に関する研究(XII)-ブラジルにおけるアンケート調査から-
今永正明・中島容子・R.T.Hosokawa <PDF>


31-32 チーク林の経営に関する研究(I)-ジャワ島・森林公社におけるチーク林の立木評価について-
ジョコ セティアディ・関屋雄偉 <PDF>


33-34 コジイ林分密度管理図の作成(II)-既存の林分における用材率の現況-
森田栄一 <PDF>


35-36 上層木樹高と平均樹高,直径分布と平均直径との関係解析
森田栄一 <PDF>


37-38 樹冠の大きさによる林分生長モデルの研究(I)-林木の樹冠変数・樹冠形-
ダウド マラマッサム・関屋雄偉 <PDF>


39-40 人工林の直径分布について(XIII)-クロマツ幼齢林に対する間伐試験-
柿原道喜・木梨謙吉 <PDF>


41-42 プロットレス・サンプリングの抽出個数について
関屋雄偉 <PDF>


43-44 仰上写真による樹冠投影図作成の一テスト(II)-焦点距離f=50mmカメラの写角に対する検討-
長 正道 <PDF>


45-46 有用樹種の細胞遺伝学的研究(XII)-ヒノキ二倍体と四倍体の交配によるF1苗の体細胞染色体数および生長状況-
佐々木義則・黒木嘉久・川野洋一郎 <PDF>


47-48 スギ科樹木の染色体に関する研究(IV)-九州地方のスギ品種についてのAg-1染色の試み-
馬場繁幸 <PDF>


49-50 林木のアイソザイムに関する研究(II)-スギ・ヒノキ自然突然変異体のアイソザイム-
佐藤 朗・佐々木義則 <PDF>


51-52 中国柳杉とスギの類縁関係に関する研究-交雑予備試験の結果-
藤本吉幸・西村慶二 <PDF>


53-54 九州地方におけるスギ精英樹の三倍体クローン
前田武彦・近藤禎二 <PDF>


55-56 事業用スギ採種園における標識花粉の飛散
西村慶二・前田武彦・山手広太・田島正啓・栗延 晋 <PDF>


57-58 ヒノキ精英樹の採種園における健全種子生産技術に関する研究-着花性と着花周期について-
前田武彦・西村慶二 <PDF>


59-60 シャリンバイのさし木に対するキレート鉄およびIBA処理の効果
上中久子 <PDF>


61-62 ヒノキさし木に関する研究(II)-採穂台木の高さ別発根力-
戸田忠雄・前田武彦・藤本吉幸 <PDF>


63-64 しいたけ原木の無性繁殖に関する研究(II)-さし木発根におよぼす位置効果-
戸田忠雄・前田武彦 <PDF>


65-66 クヌギの土中とり木繁殖法の確立に関する研究(I)-萌芽枝への切りこみ方法などの検討-
新谷安則 <PDF>


67-68 クヌギの土中とり木繁殖法の確立に関する研究(II)-とり木処理時期とIBA処理濃度の検討-
新谷安則 <PDF>


69-70 スギザイノタマバエ抵抗性育種に関する研究-品種展示林の皮紋数-
藤本吉幸・前田武彦・戸田忠雄・西村慶二 <PDF>


71-72 スギ精英樹クローンの断面積密度の解析
西村慶二・森田栄一 <PDF>


73-74 山出し用苗木の充実度判定に関する簡便法の案出
安永邦輔・大津正憲・穴井洋平・青木尊重 <PDF>


75-76 湛水によるヒノキ樹苗の水ポテンシャル変動
中島精之 <PDF>


77-78 ヒノキの徳利病に関する研究(VIII)-ヒノキ次代検定林10年生時における根元肥大と遺伝率推定-
諌本信義 <PDF>


79-80 ヒノキさし木造林木の幹形質
大山浪雄・角園敏郎・高木哲夫・中島精之 <PDF>


81-82 単木生長量がスギザイノタマバエによる材斑形成に及ぼす影響-年輪幅・直径と材斑数(その2)-
竹下慶子・大河内 勇・上中作次郎・垰田 宏 <PDF>


83-84 本数比25%の反復間伐法についての中間結果と考察
外園満喜男・渕上邦夫 <PDF>


85-86 立木密度の異なる21年生スギ林分の生産構造と現存量
中村松三・垰田 宏・上中作次郎 <PDF>


87-88 複層林の施業技術に関する研究(I)-事例について-
寺師健次 <PDF>


89-90 五島のヒノキ造林地の潮害について-回復状況の追跡調査報告-
松本正彦 <PDF>


91-92 林木の生長におよぼす水分環境の影響-斜面位置と年輪生長-
玉泉幸一郎・須崎民雄 <PDF>


93-94 海浜砂地における緑化樹木の生育
須崎民雄・矢幡 久・李 遠欽・安住允孝 <PDF>


95-96 保育作業における省力技術開発試験(I)-チガヤ密生地における先行地拵え試験-
菅 道教・細山田典昭・宮畑博行・福里和朗 <PDF>


97-98 スギ精英樹の樹幹形
宮島 寛・矢幡 久・児玉 貴・渡部 桂・久保田 茂・汰木達郎・山本福寿・野上寛五郎・黒木晴輝 <PDF>


99-100 六演習林スギ品種試験地の15年目の結果について(XII)-第II試験地の成績-
宮島 寛・木梨謙吉・汰木達郎・山本福寿・黒木晴輝・野上寛五郎・渡部 桂・久保田 茂 <PDF>


101-102 スギ在来品種の成長と樹幹特性等について-20年生時の調査結果-
永江 修 <PDF>


103-104 凍害回避法としてクロマツと混植したスギクローンの生育状態
高木哲夫 <PDF>


105-106 イワオスギの密植造林について
立切哲也 <PDF>


107-108 宮崎地方のコウヤマキ林(I)-植物社会-
大森哲朗・須崎民雄・中尾登志雄 <PDF>


109-110 シイ林の天然更新(V)-熊本市周辺のシイ林-
垰田 宏 <PDF>


111-112 亜熱帯性天然広葉樹林の施業改善試験(II)-除伐開始時期の検討について-
森田 茂・白原徳男 <PDF>


113-114 暖温帯上部域広葉樹林に関する研究(II)-九州におけるアカガシ林の組成解析と土壌水分量-
岡野哲郎・須崎民雄 <PDF>


115-116 Study on the physiological reaction of evergreen broad-leaved trees to light and temperature(III)
Mansur Fatawi・Tamio Suzaki <PDF>


117-118 常緑広葉樹林における落枝葉量の年変動
上中作次郎・竹下慶子 <PDF>


119-120 スギ人工壮齢林における落枝葉量の年変動
上中作次郎・竹下慶子 <PDF>


121-122 緑地機能に関する調査研究(I)-緑地における減音機能について-
池田二郎 <PDF>


123-124 海岸砂地の緑化に関する研究(I)-土壌改良および施肥効果試験-
村瀬房之助・柿原道喜・甲斐秀昭・青木尊重 <PDF>


125-126 セイタカアワダチソウの防除に関する試験(IV)-薬剤による防除試験-
原山洋士・玉泉幸一郎 <PDF>


127-128 林内に設置する説明板の設計基準(III)-文字の大きさおよび文字数について-
薛 孝夫 <PDF>


129-130 自然的樹木群の造成に関する研究(I)-配植・育成システムにおける配植設計自動化の試み-
薛 孝夫 <PDF>


131-132 自然的樹木群の造成に関する研究(II)-植栽位置測設作業の精度と功程-
薛 孝夫・井上一信 <PDF>


133-134 樹木群の構成とその表現に関する研究(II)-樹木位置および樹冠形データの数値記帳とその処理の事例-
薛 孝夫・見浦晴弥・汰木達郎・荒上和利 <PDF>


135-136 樹木群の構成とその表現に関する研究(III)-広葉樹樹冠の発達について-
汰木達郎・荒上和利・薛 孝夫 <PDF>


137-138 樹木群の構成とその表現に関する研究(IV)-モミ樹冠の発達について-
荒上和利・汰木達郎・薛 孝夫 <PDF>


139-140 実容積法による土壌物理性の測定
堀田 庸 <PDF>


141-142 立木の周囲方向別土壌表層硬度の差異について-インドネシア・東カリマンタンの場合-
ザィヌディン モハラガン・竹下敬司 <PDF>


143-144 数値地図による地形解析(3)
高木潤治 <PDF>


145-146 地形別にみたコジイ林の土壌水分張力について
森貞和仁・川添 強・堀田 庸・長友忠行 <PDF>


147-148 ライシメーターにおける養分流動について(2)-無植栽・無施肥状態における土壌別の養分の溶脱と集積-
古閑清隆 <PDF>


149-150 林地土壌のチッ素無機化-皆伐による地力低下のモデル実験-
川添 強・堀田 庸 <PDF>


151-152 小規模生態系における物質収支(X)-林分の階層構造と直径分布-
中村松三・須崎民雄 <PDF>


153-154 海岸林における落下塩素量
堀田 庸・森貞和仁・川添 強・細山田典昭 <PDF>


155-156 クロマツ海岸林下のネズミモチの発芽と生長について
福里和朗・野上寛五郎・細山田典昭 <PDF>


157-158 クヌギ林の施肥に関する研究(予報)
佐々木重行・西尾 敏・猪上信義・宮原文彦 <PDF>


159-160 21年を経過した肥培試験地の調査結果
長友忠行・堀田 庸・川添 強・森貞和仁 <PDF>


161-162 毎年施肥した3年生スギ林のリン酸,カリの吸収率-イワオ,タノアカ,メアサの林分について-
野上寛五郎 <PDF>


163-164 桜島火山降灰対策に関する研究(I)-温島降灰林地地力回復試験-
南橋 仁・寺師健次 <PDF>


165-166 ネザサ群落における稈数,葉身数およびその重量の稈齢別構造
黒木重郎 <PDF>


167-168 ユーカリ枝枯病(仮称)について(I)
村本正博 <PDF>


169-170 ナンヨウスギ(フープパイン)に対するスギ赤枯病菌の病原性
寺下隆喜代・白石一浩・高宮立身 <PDF>


171-172 寄田海岸クロマツ林における16年間のマツ枯損率の推移
大山浪男・高木哲夫・白石 進・森田栄一 <PDF>


173-174 ヒノキならたけ病に関する研究(III)
村本正博 <PDF>


175-176 ヒノキの根株心腐れについて-福岡県での発生事例-
小河誠司・中島康博・池田浩一・河辺祐嗣・堀田 庸・橋本平一・岡野昌明 <PDF>


177-178 ヒノキ若齢林に見られる漏脂性病害について(I)-被害の実態-
河辺祐嗣・久林高市・清原友也・橋本平一 <PDF>


179-180 コジイ天然林における主要病害4種について
河辺祐嗣・橋本平一・清原友也・堂園安生 <PDF>


181-182 スギザイノタマバエの幼虫を加害するPaecilomyces sp.について
安藤茂信 <PDF>


183-184 スギザイノタマバエの加害に伴う材変質に関する研究(I)-材斑からの菌の分離-
堂園安生・清原友也・橋本平一 <PDF>


185-186 スギザイノタマバエの加害に伴う材変質に関する研究(II)-組織解剖による材斑部の観察-
橋本平一・河辺祐嗣・大河内 勇・讃井孝義 <PDF>


187-188 宮崎県における造林木の変色と腐朽(I)-昆虫の産卵による変色-
讃井孝義 <PDF>


189-190 スギカミキリ被害に随伴する菌類(I)
清原友也・堂園安生・橋本平一 <PDF>


191-192 マツの材線虫病罹病苗の病態解剖学的観察-抵抗性・感受性マツについて-
橋本平一・河辺祐嗣 <PDF>


193-194 カササギの生息実態調査(III)-営巣の分布と生態-
松尾保則 <PDF>


195-196 クヌギ造林地における害虫調査-幹を加害する穿孔性害虫について-
谷口 明 <PDF>


197-198 サツマスギノアカネトラカミキリに関する研究(III)-寄生蜂と1世代経過年数について-
谷口 明 <PDF>


199-200 スギカミキリに関する研究(I)-成虫の脱出時期とバンド法による防除-
安藤茂信・川野洋一郎・麻生賢一 <PDF>


201-202 地上はいかい性昆虫の季節変動ならびに林分間の比較
竹谷昭彦・小嶋俊彦・野原啓吾 <PDF>


203-204 シイタケほた木から羽化した昆虫類(II)-キツツキ被害木の昆虫類-
大長光 純・金子周平・池田浩一・白原徳雄 <PDF>


205-206 薬剤によるマイマイガの誘引試験(VI)
久保園正昭 <PDF>


207-208 ハラアカコブカミキリ成虫の摂食ならびに産卵に対する植物油の影響(I)-成虫の摂食阻害-
竹谷昭彦・松尾芳徳・森永鉄美 <PDF>


209-210 ハラアカコブカミキリ成虫の摂食ならびに産卵に対する植物油の影響(II)-産卵阻害及びシイタケ菌への影響-
森永鉄美・松尾芳徳・石井秀之・竹谷昭彦・古藤 定 <PDF>


211-212 ヒノキカワモグリガに関する研究(IV)-成虫の発生パターンについて-
麻生賢一・安藤茂信・川野洋一郎 <PDF>


213-214 ヒノキカワモグリガに関する研究(V)-産卵場所等の予備調査結果について-
麻生賢一・安藤茂信・川野洋一郎 <PDF>


215-216 ヒノキカワモグリガの生態に関する研究(V)-佐賀県内における食痕の地理的分布と被害歴-
倉永善太郎・田中義行・竹下晴彦 <PDF>


217-218 ヒノキカワモグリガの生態に関する研究(VI)-スギ品種と食痕数について-
倉永善太郎・久保園正昭・大河内 勇 <PDF>


219-220 ヒノキカワモグリガ被害木の主幹材内における食痕分布
竹下晴彦・倉永善太郎 <PDF>


221-222 林分閉鎖にともなう内樹皮厚とスギザイノタマバエ材斑数の変化
大河内 勇・上中作次郎・讃井孝義 <PDF>


223-224 スギザイノタマバエ皮紋数の推定
大河内 勇 <PDF>


225-226 林業的方法によるスギザイノタマバエ被害防除(I)-間伐による林内環境の変化-
宮原文彦・大長光 純・猪上信義 <PDF>


227-228 カラマツ間伐材の搬出作業(6)-社領の林内走行について-
森田紘一 <PDF>


229-230 間伐材搬出作業法とその功程について(II)-功程,生産費と作業条件-
中尾博美・森田紘一 <PDF>


231-232 夏季の伏込み地環境に関する研究(I)-伏込み地及びほた木の温度変化について-
植野泰久・川越頼光・近藤一稔・服部文明 <PDF>


233-234 シイタケ栽培地の微気象(3)-伏込木の内部温度について-
日高忠利・安藤正武 <PDF>


235-236 シイタケ原木伏込み用庇陰資材の雨水透過性
日高忠利・角田光利・安藤正武 <PDF>


237-238 伏込環境の改善に関する研究(II)-伏込地域および庇陰材料別の気象状況について-
松尾芳徳・石井秀之・千原賢次 <PDF>


239-240 シイタケ原木及びホタ木の含水率と膨張率の変化について
西尾 敏 <PDF>


241-242 きのこ栽培に関する資源学的研究-呼吸量について-
大賀祥治 <PDF>


243-244 きのこ栽培に関する資源学的研究-化学試薬によるほだ木熟度の判定-
大賀祥治 <PDF>


245-246 生木状原木によるシイタケ栽培試験-コナラほた木の林内棚伏せ-
金子周平 <PDF>


247-248 マテバシイ原木によるしいたけ栽培試験(II)
前田美寿 <PDF>


249-250 ガンマー線照射スギ材におけるシイタケ菌の生育
江田雅之・寺下隆喜代 <PDF>


251-252 シイタケ栽培の安定化に関する研究(IX)-原木樹皮の役割について-
河内進策・下村幸男・鶴山匡文・芳司由紀子 <PDF>


253-254 伏込み環境がシイタケ子実体発生量に与える影響について-1株3本立ちの原木を利用して-
石井秀之・松尾芳徳・千原賢次・小山田研一 <PDF>


255-256 気象条件からみたシイタケ春子発生への予察(II)-気象因子と春子発生との相関関係-
吉富清志・中西清人 <PDF>


257-258 シイタケの栽培技術に関する研究(II)-被覆栽培による発生キノコの品質改善-
佐藤泰生・岡田好敬・吉富清志 <PDF>


259-260 シイタケ乾燥省力化に関する研究(I)-遠赤外線の利用-
中島康博・金子周平・実淵喜康・山本理代・中原道隆 <PDF>


261-262 林業試験場九州支場実験林のきのこ(3)-テングタケ属およびイグチ属について-
久保田暢子・安藤正武 <PDF>


263-264 ヌメリスギタケ Pholiota adiposa(Fr.)Quel.およびマツオウジ Lentinus lepideus(Fr.)Fr.の培養試験
久保田暢子・安藤正武 <PDF>


265-266 きのこ栽培に関する資源学的研究-ヤナギマツタケ子実体の形質について-
大賀祥治・宮田郁子・坂井克己・今村博之 <PDF>


267-268 シイタケほた木の害虫に関する研究(VI)-Beauveria菌によるハラアカコブカミキリ防除試験-
金子周平・小河誠司・大長光 純 <PDF>


269-270 ハラアカコブカミキリの加害について(II)-食害ほだ木のシイタケ生産力-
森永鉄美 <PDF>


271-272 宮崎県におけるシイタケ害菌(シトネタケ,ニマイガワ等)の被害調査について(III)
近藤一稔・川越頼光・植野泰久 <PDF>


273-274 ニマイガワ菌およびシトネタケ菌のシイタケほた木に対する接種試験(III)-接種源の量と被害率-
角田光利・安藤正武・日高忠利 <PDF>


275-276 木材のほぞ接合におよぼす加工性について
松田健一 <PDF>


277-278 リュウキュウマツの建築材への利用化に関する研究(II)-化粧合板,単純積層材(LVL)への試み-
遠矢良太郎 <PDF>


279-280 鹿児島産広葉樹材の材質-イタジイ,イジュ,ミヤコダラ,タブノキ-
遠矢良太郎 <PDF>


281-282 枝打ちがリュウキュウマツおよびスギの年輪構造におよぼす影響
小田一幸 <PDF>


283-284 生長輪内の密度分布
林 弘也 <PDF>


285-286 丸太の製材歩留りと未成熟材率について
長尾博文・見尾貞治・堤 壽一 <PDF>


287-288 磨丸太・縁桁の生産についての考察-第3期山村振興特別対策事業による-
野田多賢・元村桂助 <PDF>


289-290 埋木の樹種識別
大塚 誠・長友由隆 <PDF>


291-294 銀杏の生産と流通(I)-福岡県内の現状-
青木尊重・中島康博・野口良人 <PDF>


295-296 薬用植物の林間栽培に関する研究(予報)
猪上信義 <PDF>


297-298 特用林産に関する研究(III)-九州大学宮崎演習林のキハダ試験林-
吉良今朝芳 <PDF>


299-300 気温・地温がモウソウチク筍の発生に及ぼす影響(I)
浜田 甫・森田 茂 <PDF>


301-302 モウソウチクの親竹管理と生産量(III)-親竹の仕立時期-
野中重之 <PDF>


303-304 モウソウチクの竹齢と葉替り
野中重之 <PDF>


305-306 高冷地の山腹緑化工に関する研究(IV)
高橋正佑・谷口義信 <PDF>


307-308 林道のり面の植生保護工に関する研究(IV)-盛土のり面における植生保護工法について-
江崎次夫 <PDF>


309-310 山腹崩壊復旧治山施工地のクヌギ植栽試験
安養寺幸夫 <PDF>


311-312 九州における雲霧帯高度の推定(V)-雲仙岳における雲底高度頻度分布と雲底高度推定上の問題点-
大谷義一 <PDF>


313-314 屋久島花崗岩地帯における山くずれの周期性
下川悦郎・地頭園 隆 <PDF>


315-316 荒廃渓流における洗堀・堆積作用の交互発生について
丸谷知己 <PDF>


317-318 落下水流における石礫の落ち方(II)
綿引 靖 <PDF>


319-320 山地用貫入試験機による地盤調査例
梅田修史・吉田瑞樹 <PDF>


321-322 林内における降雨パターンについて(2)
中北 理・井倉洋二・細川雅永・丸谷知己・竹下敬司 <PDF>


323-324 根系による斜面安定化効果の範囲
谷口義信・高橋正佑 <PDF>


325-326 盛土ノリ面の表面侵食に関する研究(II)-土砂の流出におよぼす雨滴衝撃の影響について-
井上章二 <PDF>


327-328 一ツ葉海岸林の環境保全機能(II)-前砂丘の破壊と飛砂の実態-
河合英二・竹下 幸・大谷義一・細山田典昭・菅 道教 <PDF>


329-330 ヤエヤマヒルギ・オヒルギの風に対する強度について
佐藤一欽・小田一幸 <PDF>


331-332 畜産利用にともなう黒色土壌理学性の変化
大谷義一・河合英二・竹下 幸・葛西敏彦 <PDF>


333-334 畜産利用にともなう黒色土壌の浸透能の変化
河合英二・大谷義一・竹下 幸・葛西敏彦 <PDF>


335-336 牧野樹林を含む山地斜面からの土砂流出
大谷義一・河合英二・竹下 幸・黒木重郎 <PDF>


(品質懇話会講演 337-340) 熱帯における早成樹資源
須崎民雄 <PDF>


(品質懇話会講演 341-344) スギ幹材形成の変異性
矢幡 久 <PDF>