No. 40 (1987)

1-2 林産物の流通-素材の商圏設定について-
福島敏彦 <PDF>


3-4 暖帯性広葉樹材の流通(III)-樹種別・規格別価格-
安永朝海・森田栄一 <PDF>


5-8 森林組合の経営分析(II)
行武 潔 <PDF>


9-10 熊本県下森林組合の経営動向
鶴 助治 <PDF>


11-12 飫肥林業の活性化に関する研究
南壽敏郎・吉良今朝芳 <PDF>


13-14 特用林産に関する研究(V)-生しいたけの主産地形成-
吉良今朝芳 <PDF>


15-16 過疎山村の伝統工芸指導について-福岡県八女郡矢部村-
元村桂助 <PDF>


17-18 鹿児島県県民の森に対する来訪者の意識について(II)
中島容子・今永正明 <PDF>


19-20 宮崎自然休養林の利用動向と利用者の意識
甲斐重貴 <PDF>


21-22 吹上浜保安林の過去20年間の樹冠疎密度の変化について
今永正明・永田幸司 <PDF>


23-24 樹冠モデルによる水土保全機能に関する研究(I)-単木による林分樹冠体積の推定-
モハラガ ザイヌッディン・関屋雄偉 <PDF>


25-26 作業級設定上の基本的原則
今田盛生 <PDF>


27-28 西ドイツの森林基本計画
飯塚 寛 <PDF>


29-30 コジイ林分密度管理図の作成(IV)-標本上層木樹高による林分平均樹高の推定-
森田栄一 <PDF>


31-32 林道開設の基礎研究(I)-開設効果の評価について-
車 斗松・関屋雄偉 <PDF>


33-34 人工林の直径分布について(XVII)-間伐試験地の設定-
柿原道喜・木梨謙吉 <PDF>


35-36 スギ年輪巾と地位指数・林令及び密度の関係
七里成徳 <PDF>


37-38 樹冠の大きさによる林分生長モデルの研究(III)-林齢の変化に伴う樹高と樹冠長の変化およびそれらの関係について-
ダウド マラマッサム・関屋雄偉 <PDF>


39-40 林木の質に対する有効な測定因子の検討(I)
森田栄一 <PDF>


41-42 沖縄産マングローブ単葉の分光反射特性と葉の特徴
佐藤一紘・馬場繁幸・星 仰 <PDF>


43-44 亜熱帯地域の森林施業に関する研究(X)-シイタケ原木の生産について-
比嘉 享・新本光孝・平田永二・砂川秀昭 <PDF>


45-46 対馬の天然生シイタケ原木林の成立に関する人為の影響
七里成徳 <PDF>


47-48 対馬の乾シイタケ生産量と原木消費量の推定
七里成徳 <PDF>


49-50 クヌギ幼齢萌芽林の生長について
本田健二郎・黒木重郎 <PDF>


51-52 クヌギの萌芽に関する研究(I)-形態的特徴と発生位置について-
玉泉幸一郎 <PDF>


53-54 シイ林の天然更新(VIII)-下層にイチイガシを含むコジイ林-
垰田 宏 <PDF>


55-56 シイ林の天然更新(IX)-更新法の違いと埋土種子-
竹下慶子・垰田 宏・上中作次郎・中村松三 <PDF>


57-58 イチイガシ人工林の実態
田内裕之・垰田 宏 <PDF>


59-60 湛水処理がヒノキ・クロマツの生育に及ぼす影響
中島精之 <PDF>


61-62 マツ類におけるP-V曲線法の適用の検討と葉の水分特性
朱 城賢・矢幡 久・須崎民雄 <PDF>


63-64 ツブラジイの光合成の季節変化
西山嘉彦 <PDF>


65-66 福岡県におけるスギさし木在来品種の生長減退現象について(I)-キウラとアカバの水分特性-
佐々木重行・宮原文彦・野田 亮 <PDF>


67-68 海岸砂土におけるクロマツ林の養分循環(I)-土壌における養分集積-
李 明鐘・須崎民雄・矢幡 久 <PDF>


69-70 ヒノキさし木に関する研究(III)-さし木代数効果-
戸田忠雄・藤本吉幸 <PDF>


71-72 しいたけ原木の無性繁殖に関する効果(IV)-数種の糖類の処理効果-
戸田忠雄・山手廣太 <PDF>


73-74 クヌギの土中とり木繁殖法の確立に関する研究(III)-とり木処理する母樹に対する施肥が発根に及ぼす影響-
新谷安則 <PDF>


75-76 シイタケ原木林の造成に関する研究(XVIII)-クヌギ矮化剤散布および低温貯蔵苗木の時期別植栽試験-
佐々木義則 <PDF>


77-78 ジベレリン処理によるヒノキ種子の生産向上(II)
永江 修 <PDF>


79-80 ジベレリンによるヒノキ採種園の種子生産向上-年次による着花性と種子特性の相違-
長濱三千治 <PDF>


81-82 九州産スギ精英樹さし木発根促進処理効果(II)
上中久子・高木哲夫・藤本吉幸 <PDF>


83-84 しいたけ原木の無性繁殖に関する研究(III)-クヌギ実生1年生苗のさし木-
山手広太・戸田忠雄 <PDF>


85-86 タイワンアカマツ貯蔵花粉の発芽
藤本吉幸・戸田忠雄・西村慶二 <PDF>


87-88 組織培養によるクヌギの大量増殖-in vitroにおける胚軸培養について-
中澤慶久・戸田義宏 <PDF>


89-90 ヒノキ科樹木の染色体に関する研究(IV)-アスナロのNORについて-
長野克也・中村未樹・戸田義宏 <PDF>


91-92 有用樹種の細胞遺伝学的研究(XV)-スギ,ヒノキ三倍体母樹別F1の細胞遺伝学的研究-
佐々木義則・黒木嘉久 <PDF>


93-94 ソテツ科(Cycadaceae)の細胞学的研究(I)
仲里長浩・戸田義宏・長野克也 <PDF>


95-96 六演習林スギ品種試験地の15年目の結果について(XIV)-二重格子法(九大粕屋V)スギクローンの成績-
宮島 寛・木梨謙吉・矢幡 久・汰木達郎 <PDF>


97-98 スギの気根について
山内 惇 <PDF>


99-100 サシスギの品種別成長比較について
羽野義人 <PDF>


101-102 スギ精英樹の材質(I)-比重のクローン間差-
西村慶二・藤本吉幸・戸田忠雄・山手広太 <PDF>


103-104 ヒノキ枝張りの遺伝性について
西村慶二・藤本吉幸・戸田忠雄・前田武彦 <PDF>


105-106 群落の保全技術に関する研究(I)-ツクシシャクナゲ林の保全試験について-
井上 晋 <PDF>


107-108 暖温帯上部域広葉樹林に関する研究(IV)-林床におけるアカガシ稚樹の分布状態と齢構成-
岡野哲郎・須崎民雄 <PDF>


109-110 九州の夏緑林に関する生態学的研究(II)-林床型と立地環境-
大森哲朗・須崎民雄 <PDF>


111-114 常緑広葉樹林における埋土種子に関する研究(1)-イチイガシ林における埋土種子の種構成-
アハマド デルミィ・須崎民雄・岡野哲郎・矢幡 久 <PDF>


115-116 混牧林施業に関する研究(II)-植栽木,採食されたススキの再生,流水の水質におよぼす2年間の放牧の影響-
野上寛五郎・村本康治・芝 正己・中村徳孫・高橋正佑 <PDF>


117-118 ヤエヤマヒルギ低木林の現存量
中須賀常雄・馬場繁幸・岸本 司・高畠恵光・宮島宏司 <PDF>


119-120 アダンに関する研究(I)-葉および果実の外部形態-
宮島宏司・岸本 司・馬場繁幸・中須賀常雄 <PDF>


121-122 ギンゴウカン群落に関する研究(V)-林分構造と分布様式-
岸本 司・中須賀常雄・馬場繁幸 <PDF>


123-124 Conservation of wildlife animal in Indonesia
Suryo Hardiwinoto・Tsuneo Nakasuga・Shigeyuki Baba <PDF>


125-126 山出し用苗木の充実度判定に関する簡便法の案出(II)
安永邦輔・大津正憲・穴井洋平・青木尊重 <PDF>


127-128 熱帯サバンナ気候下におけるユーカリ施肥試験
高畠恵光・中須賀常雄・馬場繁幸 <PDF>


129-130 熱帯性タケ類の栄養増殖
田口 豊・R.V.ダルマシオ <PDF>


131-132 フタバガキ科樹種における天然更新補助作業の効果
田口 豊・R.V.ダルマシオ <PDF>


133-134 ヤシ類の耐凍性に関する研究
近藤博夫・中須賀常雄・馬場繁幸 <PDF>


135-136 九州におけるヒノキの耐凍性季節変化
高木哲夫 <PDF>


137-138 標高別の林内環境とスギザイのタマバエの虫密度
上中作次郎・大河内 勇・垰田 宏 <PDF>


139-140 スギザイノタマバエに抵抗性を示すゴウセスギの2・3の特性
藤本吉幸・西村慶二・山手廣太・戸田忠雄 <PDF>


141-142 ヒノキ精英樹の家系別生長と根元肥大の関係
永江 修 <PDF>


143-144 沖縄の屋敷林に関する研究(I)-沖縄本島-
中須賀常雄・馬場繁幸・石川武光・長嶺由秀 <PDF>


145-146 緑地の環境調節機能に関する考察
池田二郎 <PDF>


147-148 自然的樹木群の造成に関する研究(IV)-林形変化予測のための樹型モデル-
薛 孝夫 <PDF>


149-150 樹木群の構成とその表現に関する研究(VI)-樹冠形データからの植被率の計算-
薛 孝夫・汰木達郎 <PDF>


151-152 斜面地形と水溶性成分(III)-立田山実験林における多雨時期に発生する湧水中の成分濃度-
川添 強・堀田 庸・森貞和仁 <PDF>


153-154 斜面地形と水溶性成分(IV)-菊池国有林内スギ壮齢林における土壌溶液中の成分濃度-
川添 強・堀田 庸・森貞和仁・長友忠行 <PDF>


155-156 高分子保水剤による砂土の保水性改良
中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


157-158 土壌の乾湿と蒸発散(II)-ヒノキ幼木の蒸散量-
長友忠行・堀田 庸 <PDF>


159-160 沖縄地方における森林立地学的研究(I)-イタジイの分布-
生沢 均・寺園隆一 <PDF>


161-162 モミ,ツガ小集団の個体順位の変動について
汰木達郎・荒上和利・丸谷知己 <PDF>


163-164 混牧林地におけるネザサ貯蔵澱粉量の季節変動
黒木重郎・本田健二郎 <PDF>


165-166 数値地図による地形解析(V)
高木潤治 <PDF>


167-168 クヌギ林の肥培について(II)-土壌の化学性と葉部の養分濃度に対する施肥の影響-
西尾 敏 <PDF>


169-170 パラボラ樹冠モデルによるスギ複層林の構造解析
竹下敬司・長 正道 <PDF>


171-172 ヒノキカワモグリガに関する研究(II)-造林木における産卵場所等について-
川野洋一郎・倉永善太郎 <PDF>


173-174 福岡県南部におけるスギザイノタマバエとヒノキカワモグリガの被害歴
大長光 純・宮原文彦・元村桂助 <PDF>


175-176 スギ精英樹クローン間のヒノキカワモグリガ食痕数の比較
倉永善太郎・安藤茂信・川野洋一郎 <PDF>


177-178 佐賀県内におけるヒノキカワモグリガ-被害のスギ品種間差異-
竹下晴彦・灰塚敏郎 <PDF>


179-180 スギ品種とヒノキカワモグリガ食痕数
川野洋一郎・倉永善太郎・安藤茂信 <PDF>


181-182 ヒノキカワモグリガの羽化発生と産卵防止試験
服部文明・讃井孝義・鈴木敏雄 <PDF>


183-184 昆虫寄生性線虫による害虫防除(I)
小河誠司 <PDF>


185-186 薬剤によるヒノキカワモグリガ防除試験
久保園政明 <PDF>


187-188 対馬におけるヒノキカワモグリガの被害
貞清秀男 <PDF>


189-190 ヒノキカワモグリガの林業的手法による防除
福島是明・光枝康隆・八尋秀明・大長光 純 <PDF>


191-192 マツ材線虫病の誘導抵抗性に関する研究-前接種の処理条件の影響-
清原友也・楠木 学 <PDF>


193-194 マツノマダラカミキリ成虫の食性について
久保園正昭 <PDF>


195-196 孤立木の枝打ちがスギザイノタマバエ密度に与える影響について
大河内 勇 <PDF>


197-198 カラスによるシイタケ栽培への被害
池田浩一・金子周平 <PDF>


199-200 長崎県に発生したヒノキのならたけ病
久林高市・橋本平一 <PDF>


201-202 ヒノキならたけ病に関する研究(IV)-被害木の樹幹解析-
村本正博 <PDF>


203-204 スギ暗色枝枯病の発生生態
讃井孝義・服部文明 <PDF>


205-206 宮崎県における造林木の変色と腐朽(IV)-クンショウと呼ばれる材質変化-
讃井孝義 <PDF>


207-208 ヒノキの根株腐朽被害について(III)
河辺祐嗣・橋本平一・久林高市 <PDF>


209-210 ヒマラヤシーダーに発生した灰色かび病
久林高市 <PDF>


211-212 シイ林の立木腐朽調査(VI)-コジイ幹腐病の侵入門戸について-
河辺祐嗣・橋本平一・清原友也 <PDF>


213-214 塗布剤の切枝断面に対する癒傷効果について
堂園安生・橋本平一 <PDF>


215-216 車両系の林内導入について
森田紘一 <PDF>


217-218 製材機械診断からみた製材工場の現状について
江藤幸一 <PDF>


219-220 ニマイガワキン菌およびシトネタケ菌のシイタケほた木に対する接種試験(V)-容器内クヌギ原木の温度および水分条件が被害率に及ぼす影響-
角田光利 <PDF>


221-222 宮崎県におけるシイタケ害菌(シトネタケ・ニマイガワキン等)の被害調査について(V)
近藤一稔・川越頼光・植野泰久 <PDF>


223-224 木ロウの抽出効果について
徐 金森・河内進策・中島能道 <PDF>


225-226 銀杏の生産と流通(III)-杷木町農協での共販の成果-
青木尊重・中島康博・野口良人 <PDF>


227-228 キハダ人工林育成に関する研究(I)-密植幼齢林の生長経過と林分構造-
猪上信義 <PDF>


229-230 しいたけほだ場照度の実態-佐賀県内におけるほだ場照度の実態-
庄野章直・前田美寿 <PDF>


231-232 シイタケほだ場の光環境-開空度及び相対照度-
森永鉄美 <PDF>


233-234 きのこ栽培に関する資源学的研究(I)-シイタケ菌床栽培に関する研究-
大賀祥治・實淵喜康 <PDF>


235-236 福岡県内におけるシイタケほだ木の病虫害
浦塚 忠・金子周平 <PDF>


237-238 シイタケの栽培技術に関する研究(III)-資源栽培による発生キノコの品質改善-
岡田好敬・野上幸雄・山田雄三郎・吉富清志 <PDF>


239-240 シイタケ伏込木の伏込地別部分別,ほた付き面積と熟度
日高忠利・安藤正武 <PDF>


241-242 クヌギ原木のシイタケ発生量に関する研究(II)-原木の形質と玉別毎の発生量の調査-
植野泰久・川越頼光・近藤一稔 <PDF>


243-244 いくつかの特用樹種の樹体内における成分の季節変動
徐 金森・河内進策 <PDF>


245-246 各地から収集したヤナギマツタケの対峙培養による系統分類
久保田暢子・安藤正武 <PDF>


247-248 スギ三倍体の木部形成と年輪構造(I)
小田一幸・河澄恭輔・堤 壽一 <PDF>


249-250 スギ材の力学的性質に関係する因子(II)-細胞形態・寸法との関係について-
大塚 誠・中村徳孫 <PDF>


251-252 圧縮試験による細胞壁の変形
林 弘也・遠山隆幸・仲田 真 <PDF>


253-254 造林木を強度部材として使うときの指標について(予報)
長尾博文・堤 壽一 <PDF>


255-256 スギとシイ材の力学的性質の比較-気乾比重・曲げ強さ・曲げ仕事量-
中村徳孫・大塚 誠・Luis A. Valenzuela <PDF>


257-258 スギ品種の材質指標について
見尾貞治・堤 壽一 <PDF>


259-260 製材品の実大圧縮・曲げ試験-年輪幅の広い材と狭い材について-
遠矢良太郎 <PDF>


261-262 宮崎地方の在来工法木材住宅(II)-構造材の品等・継手・仕口等-
中村徳孫・大塚 誠 <PDF>


263-264 ヒノキのとっくり病に関する研究(XI)-顕微鏡標本による組織構造の解析について-
諌本信義 <PDF>


265-266 たけのこの鮮度保持試験について
青木 等・浜田 甫・鰺坂正明 <PDF>


267-268 竹の生理に関する研究(I)-礫耕法による実生苗の生長(予報)-
野中重之・吉岡邦男 <PDF>


269-270 カシロダケ施業試験-伐竹の時期及び年齢の違いが新竹発生に及ぼす影響-
野中重之 <PDF>


271-272 山地河川の流況と流域地質との関係
地頭園 隆・竹下敬司 <PDF>


273-274 九州大学早良演習林における地下水位の変動特性
綿引 靖・井倉洋二 <PDF>


275-276 山地小流域の流出機構(III)-部分伐採が各種流出量におよぼす影響-
竹下 幸・大谷義一・河合英二 <PDF>


277-278 山地災害警戒・避難基準雨量の推定(I)-天草地区について-
河合英二・大谷義一・竹下 幸 <PDF>


279-280 山地小流域における2地点での熱収支法による蒸発散について
戎 信宏 <PDF>


281-282 九州における雲霧帯高度の推定(VII)-雲底高度頻度分布の日変化-
大谷義一 <PDF>


283-284 樹冠滴下雨水の径について(I)-葉からの滴下-
新垣 隆・上里栄真 <PDF>


285-286 沖縄県における防風・防潮林に関する研究(V)-サトウキビの生長に及ぼす塩分の影響について-
幸喜善福 <PDF>


287-288 根系の杭効果による崩壊防止機能
谷口義信・高橋正佑 <PDF>


289-290 南九州高冷地の緑化工に関する研究(VI)
高橋正佑・谷口義信 <PDF>


291-292 マサ土斜面の土層構造(I)-三郡山系の2調査地の場合-
梅田修史・森田紘一・吉田瑞樹 <PDF>


293-294 林道のり面の植生遷移に関する研究(III)-侵入木本植物の生長過程について-
江崎次夫・藤久正文・山本正男・尾上清利・河野修一 <PDF>


295-296 水土保全機能の見地からの森林再生に関する研究(I)-山火事跡地の植生回復と森林再生について-
江崎次夫・小川 滋・井上章二・山本正男・藤久正文・尾上清利・岸原信義 <PDF>


297-298 福岡県添田町における林野火災の一例
野田 亮・大長光 純・池田浩一 <PDF>


299-300 東カリマンタン・クタイ保護区における大規模火災跡地の侵食
下川悦郎 <PDF>


301-305(品質懇話会) これからの造林について
佐藤敬二 <PDF>


307-310(品質懇話会) これからの広葉樹の造林-九州地方の広葉樹を中心として-
今田盛生 <PDF>


311-314(品質懇話会) スギの材質と造林-スギ造林木の材質指標について-
見尾貞治 <PDF>