No. 44 (1991)

1-3 大分県における森林組合広域合併の動向
堺 正紘 <PDF>


5-6 佐賀県の森林組合の現状と分析(I)
坂本和応 <PDF>


7-8 スギ材産地の製材業者の木材乾燥についての考えかた
堺 正紘 <PDF>


9-10 日米貿易摩擦と木材需給構造の変化
行武 潔・中島能道・大迫則明 <PDF>


11-12 さんさいの生産・流通・経営に関する研究(I)-ミョウガ-
東中 修 <PDF>


13-14 緑地景観に関する視覚的考察
池田二郎 <PDF>


15-16 夏緑林伐採跡地の植生回復(I)-皆伐,諸処理後一年目のスズタケと実生個体-
薛 孝夫・椎葉康喜・新妻二郎・汰木達郎 <PDF>


17-18 熱帯・亜熱帯性資源植物の収集・保存に関する研究(V)-沖縄本島北部の森林資源について-
新本光孝・平田永二・山盛 直 <PDF>


19-20 天然生広葉樹林における相対幹距と成長の関係
安里練雄・平田永二・寺園隆一 <PDF>


21-22 霧島山系におけるモミ・ツガ天然林の施業に関する研究(II)-上方天然下種更新について-
吉田茂二郎・木下裕正・今永正明 <PDF>


23-24 土砂崩壊調査におけるリモートセンシングデータの利用
上床真哉 <PDF>


25-26 最近のフランス森林経理の動向
今永正明 <PDF>


27-28 九州南部における広葉樹資源と経営の動向(I)-宮崎県北部地域の民有林-
甲斐重貴 <PDF>


29-30 乾シイタケの中核的農林家の動向(I)-円高以降の動向を中心として-
佐藤宣子 <PDF>


31-32 乾シイタケの中核的農林家の動向(I)-作物編成と乾シイタケ経営の比較分析-
佐藤宣子 <PDF>


33-34 アカマツ・クロマツ精英樹クローン自然感染による枯損推移
森田正道・中島勇夫・戸田忠雄 <PDF>


35-36 マツノザイセンチュウ抵抗性クローンの諸特性(IV)
戸田忠雄・田島正啓・藤本吉幸 <PDF>


37-38 マツノザイセンチュウ抵抗性クローンの諸特性(V)-クロマツの分離・同定-
西村慶二 <PDF>


39-40 スギにおける年輪構造の品種間変異-成熟材への移行に関する変異-
藤澤義武・市村邦之・八川 久 <PDF>


41-42 スギの年輪構造に及ぼす樹幹形状の影響
藤澤義武・田島正啓・市村邦之・八川 久 <PDF>


43-44 スギ精英樹と在来品種の材質特性-細り,幹曲がり,枝数等-
田島正啓・藤澤義武・圓谷浩之 <PDF>


45-46 スギ精英樹の成長と材質(I)
宮原文彦・廣田篤彦 <PDF>


47-48 スギ精英樹の成長と材質(II)
廣田篤彦・宮原文彦 <PDF>


49-50 六演習林共同スギ品種試験地の20年目の結果について(XVII)-九大粕屋演習林の第II,III試験地の成績-
矢幡 久・玉泉幸一郎・宮島 寛・木梨謙吉 <PDF>


51-52 スギ精英樹の系統分類
佐藤 朗・諌本信義 <PDF>


53-54 ヒノキ科樹木の染色体に関する研究(IX)-ウスリーヒバの核型について-
長野克也・中村未樹・戸田義宏 <PDF>


55-56 スギの異数体について
中村未樹・長野克也・戸田義宏 <PDF>


57-58 シャリンバイの優良系統選抜について
田代 卓・青木 等・瀬戸口 徹 <PDF>


59-60 スギ,ヒノキ気象害抵抗性クローンの人工凍結検定
戸田忠雄・藤澤義武・田島正啓・西村慶二・藤本吉幸 <PDF>


61-62 南九州における樹木の肥大成長曲線の分析
野田高博・中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


63-64 ヒノキ幹径の日変化
玉泉幸一郎・矢幡 久・須崎民雄 <PDF>


65-66 光合成・蒸散に対する人工酸性雨の影響
田代直明・中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


67-68 樹木のアルミニウム耐性
秋元拓也・中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


69-70 茎熱収支法によるヒノキ立木の樹液流量の測定
作田耕太郎・玉泉幸一郎・矢幡 久・須崎民雄 <PDF>


71-72 海岸砂地に生育するハマゴウの蒸散速度の日変化
宮崎宏子・玉泉幸一郎・矢幡 久・須崎民雄 <PDF>


73-74 メヒルギの初期生長について
亀谷 仁・中須賀常雄・馬場重幸 <PDF>


75-76 ブナ科数種の果実の発根特性について
池田浩一 <PDF>


77-78 有用樹種の細胞遺伝学的研究(XVIII)-スギ自然三倍体におけるさし木の発根能力と成長-
佐々木義則・黒木嘉久 <PDF>


79-80 クリの胚培養
山下裕史 <PDF>


81-82 ヤマモモの組織培養-腋芽からのシュートの形成-
赤坂康雄 <PDF>


83-84 クヌギ胚樣体の培養
山下裕史 <PDF>


85-86 林木の組織培養に関する研究(VI)-クヌギ継代培養における各種無機塩濃度の影響-
佐々木義則・正山征洋 <PDF>


87-88 林木の組織培養に関する研究(VII)-クヌギ培養シュートの発根における添加物質の影響-
佐々木義則・正山征洋 <PDF>


89-90 埋土種子の発芽特性(II)-伐採跡地における先駆性樹種の発芽特性-
アハマッド デルミー・玉泉幸一郎・須崎民雄・矢幡 久 <PDF>


91-92 スギ人工林伐採地における広葉樹種の更新
アハマッド デルミー・玉泉幸一郎・須崎民雄・矢幡 久 <PDF>


93-94 宮崎県綾町の常緑広葉樹林における埋土種子集団
竹下慶子・田内裕之・真鍋 徹 <PDF>


95-96 九州の冷温帯林の動態に関する研究(I)-遷移段階の異なる林分の種組成と構造の比較-
伊藤 哲・荒上和利・椎葉康喜・新妻二郎 <PDF>


97-98 マングローブ林の更新-オヒルギ林について-
中須賀常雄・馬場重幸・岸本 司 <PDF>


99-100 間伐による林床植生変化(II)-構成種の優先度変化-
田内裕之 <PDF>


101-102 マテバシイ萌芽林の発達過程-皆伐後の3年間の萌芽と実生の成長-
伊藤 哲・須崎民雄 <PDF>


103-104 マテバシイ林の林分構成
宮崎潤二 <PDF>


105-106 福岡県におけるシイ林の研究(I)-猪野皇太神宮林の林分構成-
猪上信義・佐々木重行 <PDF>


107-108 広葉樹林の施業に関する研究(III)-川内川流域コジイ林の立地特性-
寺師健次 <PDF>


109-110 熊本県におけるキハダ人工林の生育について
大野和人 <PDF>


111-112 天空写真による林内光環境の推定に関する研究-雲のある日における散光成分の推定-
矢幡 久 <PDF>


113-114 海岸クロマツ林の落枝葉量,種子生産量
上中作次郎 <PDF>


115-116 混牧林地におけるクヌギ萌芽林の成長-施肥効果について-
本田健二郎・黒木重郎 <PDF>


117-118 牛の放牧林における放牧後のスギ,ヒノキの成長,ススキの重量成長
野上寛五郎・村本康治・中川正勝 <PDF>


119-120 クヌギ混牧林地における下草植生について
黒木重郎・本田健二郎 <PDF>


121-122 ヒノキ漏脂病の被害について(I)
灰塚敏郎・宮崎潤二 <PDF>


123-124 長崎県におけるヒノキ漏脂病(I)-長崎県北部での発生事例-
久林高市 <PDF>


125-126 リュウキュウマツ漏脂胴枯病に関する研究(II)-各種の基質からの病原菌の分離-
村本正博・田代 卓 <PDF>


127-128 リュウキュウマツ漏脂胴枯病に関する研究(III)-各種マツに対する接種試験-
村本正博・田代 卓 <PDF>


129-130 福岡県で見いだされた緑化樹の病害(続のVI)
小河誠司 <PDF>


131-132 モトエスギに見られる暗色枝枯病について
高宮立身 <PDF>


133-134 マツノザイセンチュウの生存および病原性におよぼすγ線の影響
寺下隆喜代・中屋雅喜・坂口誠一郎・張 星耀 <PDF>


135-136 福岡県甘木市で発生したスミスネズミによる造林木被害について
池田浩一 <PDF>


137-138 ノグチゲラに関する研究(IV)-生息個体数について-
金城道男・中須賀常雄・大西信吾 <PDF>


139-140 ヒノキカワモグリガの発生消長調査(III)-標高の異なる5地点での発生状況-
宮島淳二 <PDF>


141-142 ヒノキカワモグリガの蛹について
高宮立身・千原賢次 <PDF>


143-144 ヒノキカワモグリガの発生時期
貞清秀男 <PDF>


145-146 可搬型ライトトラップの改良(III)
吉田成章・佐藤重穂 <PDF>


147-148 ライトトラップによるヒノキカワモグリガの密度推定
佐藤重穂・吉田成章 <PDF>


149-150 スギ林におけるヒノキカワモグリガ幼虫の密度・分布状況について
千原賢次・高宮立身 <PDF>


151-152 ヒノキカワモグリガによるスギ材内食痕の密度・分布状況について
千原賢次・高宮立身 <PDF>


153-154 ヒノキカワモグリガ被害量の推定法の検討
千原賢次・高宮立身 <PDF>


155-156 スギザイノタマバエの天敵類に対する免疫学的評価法の開発
岡部貴美子・大河内 勇 <PDF>


157-158 キオビエダシャクの発育に関する研究(II)-幼虫,蛹および羽化までの発育と温度の関係-
具志堅允一・平田 功・吉田成章 <PDF>


159-160 薬剤による食葉性害虫の防除試験
久保園正昭 <PDF>


161-162 年2化性マツカレハの発育状況(I)-越冬世代の発育について-
谷口 明 <PDF>


163-164 イチョウを加害するカミキリムシについて(I)-生態・地理的分布-
高宮立身・佐藤 朗・諌本信義 <PDF>


165-166 熊本市立田山における林外雨,林内雨,樹幹流および土壌水の成分濃度
河室公康・長友忠行・森貞和仁 <PDF>


167-168 スギ・ヒノキ樹幹流の酸性度と土壌への影響
汐月美奈子・中尾登志雄・河内益栄・黒木嘉久 <PDF>


169-170 スギ樹幹周囲の土壌特性について-行者杉での調査結果-
森貞和仁・河室公康・長友忠行 <PDF>


171-172 森林土壌の酸性度と酸性雨感受性
中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


173-174 微地形と流出(IV)
高木潤治 <PDF>


175-176 降水及び渓流水に関する研究(VI)-小流域の林況と成分濃度-
佐々木重行・高木潤治・西尾 敏 <PDF>


177-178 北関東落葉広葉樹林の土壌分布について
佐藤 保・小田弘昭・前田禎三 <PDF>


179-180 水質浄化に使用した木炭の土壌改良効果について
古閑清隆 <PDF>


181-182 クロマツの外生菌根について(III)-A0層と根系分布-
福里和朗 <PDF>


183-184 ヒノキ,クロマツ苗木の連作,輪作試験
長友忠行・河室公康・川添 強・森貞和仁 <PDF>


185-186 落雷によるスギ集団枯損
野田 亮・小河誠司 <PDF>


187-188 防風林の伐採が農業生産に与えた影響について-宇久町の事例から-
田嶋幸一 <PDF>


189-190 海岸防災林の更新及び保育に関する研究-間伐と施肥の効果について-
鎌田一生・郡山正昭 <PDF>


191-192 都市海岸林における林野火災の実態-九大早良演習林を事例にして-
井上 晋・中島義介 <PDF>


193-194 沖縄県における防風・防潮林に関する研究(VII)-空中塩分量と葉面塩分付着量の関係-
平田 功・幸喜善福 <PDF>


195-196 水源涵養の増進に関する基礎的研究(I)-模型実験の装置について-
高橋正佑・谷口義信・馬把正美 <PDF>


197-198 林地における土壌水分の動態について(IX)-土壌水分特性曲線による不飽和透水係数の推定-
清水 晃・水谷完治・竹下 幸 <PDF>


199-200 コジイ林とコナラ林における樹冠遮断について
水谷完治・清水 晃・竹下 幸 <PDF>


201-202 沖縄島北部の広葉樹林地からの流出成分について
幸喜善福・周 亜明・新垣 隆 <PDF>


203-204 桜島におけるガリー侵食の発達に及ぼす降下堆積物の影響について
蒲原潤一・古賀 大・森田紘一・長沢 喬・丸谷知己 <PDF>


205-206 山ひだの形状と表層滑落型崩壊の発生に関する研究
畠田和弘 <PDF>


207-208 森林作業からみた適正林地地形(I)-平均傾斜と起伏量-
森田紘一 <PDF>


209-210 熊本県産スギによるLVLに関する研究(II)-強度性能について-
坂下一 則 <PDF>


211-212 板材の反り矯正試験
遠矢良太郎・山角達也 <PDF>


213-214 複合材による集成加工について-スギとモウソウチクの接着性能について-
城井秀幸・亀井淳介 <PDF>


215-216 間伐材等小径木の軸方向の穿孔切削
松田健一・寺床勝也・大川秀利 <PDF>


217-218 曲げ試験体の応力分布
林 弘也・久徳信二 <PDF>


219-220 スギ品種別の心持ち角材の曲げ強さ
大塚 誠 <PDF>


221-222 スギ主伐木の成長と材質(III)-オビスギ主伐木について-
諌本信義・亀井淳介・津島俊治 <PDF>


223-224 ヤブクグリスギを利用した足場板の強度特性について
江藤幸一・城井秀幸・亀井淳介 <PDF>


225-226スギ材の重ねばりの強度について
江藤幸一・津島俊治 <PDF>


227-228 基本振動周波数測定による強度性能推定における材種の影響(I)-小試験体による部材内ヤング係数の変動測定-
池田元吉 <PDF>


229-230 学校施設における木材
大迫靖雄・橋本勝彦・寺床勝也 <PDF>


231-232 住宅設計と床衝撃音-床衝撃音の室内分布に関する研究-
大迫靖雄・中村哲男・上田直行・古城雅彦 <PDF>


233-234 広葉樹形成層活動の季節経過(II)-夏から秋にかけての観察-
雉子谷佳男・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


235-236 散光材数樹種の構成要素の配列
林 弘也 <PDF>


237-238 スギ材の葉枯らし乾燥に関する研究-心材色について-
小田久人 <PDF>


239-240 明度の異なるスギ心材のSEM観察
河澄恭輔・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


241-242 立木密度とカラマツ仮道管長との関係について
松村順司・堤 壽一・小田一幸 <PDF>


243-244 スギ凍裂木の材質(I)-モトエスギの生材含水率と材積-
亀井淳介・津島俊治 <PDF>


245-246 ヒノキ材の葉枯らし乾燥の一事例
庄野章直 <PDF>


247-248 寒切り葉枯らし材の生産について
大浪 繁・野田政勝・金子義幸 <PDF>


249-250 太陽熱利用による木材乾燥
大場秀幸 <PDF>


251-252 太陽熱利用乾燥施設によるスギ心持材の乾燥
増田隆哉・亀井淳介 <PDF>


253-254 県産中小径製材品の最適乾燥スケジュールの設定に関する研究(III)-湿度条件の違いによる乾燥特性の違い-
前田健彦・東 正彦 <PDF>


255-256 乾シイタケ用1年ほだ木に対する散水の効果
石井秀之・野上友美 <PDF>


257-258 生育段階の温湿度条件が生シイタケ子実体の形質に与える影響-子実体の色彩・色調について-
石井秀之・野上友美 <PDF>


259-260 シイタケ菌糸の成長に及ぼす火山灰の影響について
津々見英樹 <PDF>


261-262 バイオマス変換による間伐材等の有効利用
中島 豊・近藤一稔 <PDF>


263-264 スギ材でのシイタケ栽培-フェノールオキシダーゼ活性と菌糸の成長-
目黒貞利・河内進策 <PDF>


265-266 食用きのこの発生と温量(III)-年変化と地域差及びシイタケ発生始期の有効積算温量-
森永鉄美 <PDF>


267-268 きのこの系統識別における各種電気泳動法の比較
野上友美・田中滝二・石原宏基 <PDF>


269-270 自殖により得られた2次菌糸間の系統識別について
野上友美・田中滝二・石原宏基 <PDF>


271-272 カンゾウタケ菌糸体の培養特性
石井秀之・野上友美 <PDF>


273-274 ニオウシメジの人工栽培化に関する研究(II)-菌株別発生量-
宮城 健 <PDF>


275-276 きのこ野生株の人工栽培(II)-ブナシメジ-
金子周平 <PDF>


277-278 大分県下におけるエノキタケ生産技術について(I)-現状の分析-
野上友美・田中滝二・石原宏基・高倉芳樹 <PDF>


279-280 シイタケ菌床栽培に関する研究(III)-培地から生産されるエチレンについて-
大賀祥治 <PDF>


281-282 Vararia 属菌によるシイタケほだ木の病害
有馬 忍・古川久彦・宮川典之 <PDF>


283-284 シイタケほた木の黒腐病について
谷口 實・角田光利・日高忠利・久保田暢子 <PDF>


285-286 ニマイガワキン菌およびシトネタケ菌のシイタケほだ木に対する接種試験(VII)-ニマイガワキン菌の子座占有率とシイタケ子実体発生量との関係 -
角田光利・日高忠利・久保田暢子 <PDF>


287-288 生薬によるシイタケ害菌の防除-トリコデルマ属菌およびポクレア属菌の防除-
河内進策・目黒貞利 <PDF>


289-290 国産針葉樹材樹皮の堆肥化
増田隆哉・江藤幸一 <PDF>


291-292 福岡県下のタケノコ栽培実態(III)-タケノコの収量を左右している要因について-
野中重之 <PDF>


293-294 熱帯産竹類の増殖試験-平挿法と播種法-
浜田 甫・青木 等・瀬戸口 徹・赤坂康雄 <PDF>


295-296 ヤマウドの栽培試験
青木 等・本町俊雄・富岡英治 <PDF>


297-298 ヤマノイモの組織培養による増殖
中野伸二 <PDF>


299-300 特用林産に関する研究(IX)-主として畑ワサビの施肥試験について-
吉良今朝芳 <PDF>