No. 48 (1995)

1-2 天明水の会の活動について
鶴 助治 <PDF>


3-6 林家の活性化と森林組合の役割-熊本県森林組合員実態調査の結果から-
興梠克久・岡森昭則・松本義臣 <PDF>


7-8 森林組合作業班員の就労意識と雇用対策
松本正彦 <PDF>


9-10 素材生産業者の育成方向-熊本県の実態を事例に-
堺 正紘・鶴 助治 <PDF>


11-12 原木入荷量の製材品出荷量に及ぼす影響
細田高広・吉本 敦 <PDF>


13-14 国産材,米材製材品需給構造の計量分析
西海貴憲・行武 潔 <PDF>


15-16 枝物等の経営,栽培に関する研究(I)-クジャクヒバ-
東中 修 <PDF>


17-18 低平地池泉式庭園の植栽樹種-柳川市個人庭園調査例-
日高英二・永松義博・西村五月 <PDF>


19-22 台湾の自然公園制度とその問題点(II)-国家公園に対する原住民の反対運動-
陳 元陽・薛 孝夫・汰木達郎 <PDF>


23-24 台湾の自然公園制度とその問題点(III)-国家公園内の原住民に対するアンケート調査-
陳 元陽・薛 孝夫・汰木達郎 <PDF>


25-26 亜熱帯性天然広葉樹林分の樹齢を中心とした林分構造(II)-壮齢林分の事例-
安里練雄・平田永二・新本光孝・生沢 均・寺園隆一 <PDF>


27-28 タワーヤーダとハーベスタの組合わせによる集材,造林作業について-1工程事例分析-
矢野宏志 <PDF>


29-30 開空度測定のための全天写真上の問題点について
寺岡行雄 <PDF>


31-32 遺伝子保存林における茂道松の特性(I)-種子の稔性と樹脂道指数-
戸田忠雄・千吉良 治 <PDF>


33-34 タブノキの漿果(果実)及び種子の形状と発芽率の変異
竹内寛興・戸田忠雄・千吉良 治・田島正啓 <PDF>


35-36 ヤクタネゴヨウの種子の取り扱いに関する研究
千吉良 治・羽野幹男 <PDF>


37-38 クヌギの樹高と直径成長についての遺伝率の推定
戸田忠雄・竹内寛興・田島正啓 <PDF>


39-40 タブノキ人工林における諸形質の家系間変異(II)
竹内寛興・田島正啓・戸田忠雄・西村慶二 <PDF>


41-42 ヒノキ精英樹クローンにおける諸形質(I)-台風被害との相関関係-
田村 明・田島正啓・戸田忠雄・竹内寛興・千吉良 治 <PDF>


43-44 Acacia mangium A. auriculiformis及びそれらの雑種の無性繁殖
田島正啓・竹内寛興・田村 明 <PDF>


45-46 枝垂れヒノキの形態特性とその遺伝性
田島正啓・西村慶二 <PDF>


47-48 ハゼノキ花粉の採取方法と稔性
田村 明・西村慶二 <PDF>


49-50 RAPD法によるヤクタネゴヨウの遺伝変異評価の試み
千吉良 治 <PDF>


51-52 マツノザイセンチュウ抵抗性家系の土壌乾燥時の特性とマツノザイセンチュウ抵抗性の関係
千吉良 治・戸田忠雄 <PDF>


53-54 ニセアカシアの耐塩性選抜用カルスの培養方法の検討
陳 任・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


55-56 CO2施用下におけるミズメの継代培養
三樹陽一郎 <PDF>


57-58 林木の組織培養に関する研究(XIV)-クヌギ組織培養苗の順化におけるVA菌根菌接種の影響-
佐々木義則・正山征洋 <PDF>


59-60 組織培養によるセンダン成木からの幼植物体再生
家入龍二・玉泉幸一郎 <PDF>


61-62 スギ二段林におけるこぶ病に関する研究(I)-下木におけるこぶ病感受性の品種間差異-
宮崎潤二・灰塚敏郎 <PDF>


63-64 マツノザイセンチュウ抵抗性家系の特性について
中野伸二 <PDF>


65-66 種子島におけるヤクタネゴヨウの個体数と鹿児島県本土における由来
金谷整一・齋藤 明・玉泉幸一郎 <PDF>


67-68 高海抜地域における不成績造林地の構造と発生機構について
佐藤 保・田内裕之・小南陽亮 <PDF>


69-70 利用伐一型後の二次遷移(I)-伐採直後の植生-
新里孝和・田場和雄・平田永二・山盛 直・新本光孝 <PDF>


71-72 複層林の下木ナンゴウヒの成長特性
福山宣高 <PDF>


73-74 アカメガシワ,カラスザンショウの発芽に及ぼす庇陰の影響
保坂武宣・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


75-76 光合成・蒸散に対する冠水の影響
福田和歌子・中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


77-78 ヒルギ科3樹種苗木の光合成
塩月正敏・中須賀常雄・楊 盛昌・岸本 司 <PDF>


79-80 カシ類堅果の乾燥及び低温抵抗性
西山嘉彦 <PDF>


81-82 ブナ科樹木の発芽特性と伸長様式
福山宣高・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


83-84 シャリンバイの優良母樹選抜
赤坂康雄・上床眞哉 <PDF>


85-86 アルファープライマー法を用いたスギのDNA分析
冨田啓治・深田俊武・白石 進 <PDF>


87-88 RAPD法を用いた行者スギのクローン分析
戸川拓也・白石 進・冨田啓治・楢崎康二・千吉良 治 <PDF>


89-92 DNA分子マーカーを用いたアカシデ個体群における繁殖構造の解明
渡辺敦史・白石 進・伊藤 哲 <PDF>


93-94 アカマツ・クロマツ混交林のDNA分類学的研究
渡辺敦史・白石 進・橋詰隼人 <PDF>


95-96 DNA分子マーカーによる大分県産スギさし木品種のクローン構成の解明
高田克彦・白石 進・佐々木義則 <PDF>


97-98 FISH法を用いた5SrDNAのスギ科樹木染色体上での検出
中村未樹・長野克也・戸田義宏・野宮 朝・西口正通・福井希一 <PDF>


99-100 マキ科樹木の染色体に関する研究(III)-ナギ実生苗の染色体について-
仲里長浩・長野克也・戸田義宏 <PDF>


101-102 有用樹種の細胞遺伝学的研究(XXI)-ヒノキ人為三倍体と異数体およびさし木苗の成長-
佐々木義則・黒木嘉久 <PDF>


103-104 ローソンヒノキの核形態学的研究
梅田知季・長野克也・中村未樹・戸田義宏 <PDF>


105-106 沖縄本島金武町億首川マングローブ林の林分構造
中須賀常雄・岸本 司・楊 盛昌 <PDF>


107-110 マングローブ林の微気象に関する研究
村田康治・中須賀常雄・伊藤尚雄 <PDF>


111-112 綾照葉樹林における落下種子相
小南陽亮・真鍋 徹・田内裕之・佐藤 保・新山 馨 <PDF>


113-114 Litter fall of a mangrove species Avicennia marina (Forsk) Vierh. at Iriomote island Okinawa
Anas Sambas・Tsuneo Nakasuga <PDF>


115-116 パルスケイ光法による樹木用の電子伝達速度の測定
津山孝人・小林 元・矢幡 久・小林善親 <PDF>


117-118 Beauveria brongniartiiによるセンノカミキリ防除試験
片野田逸朗 <PDF>


119-120 Beauveria bassiana菌種駒接種によるマツノマダラカミキリ幼虫防除における施用法の検討
倉永善太郎・牧野俊一・佐藤重穂・中村克典 <PDF>


121-122 マツノマダラカミキリの春期羽化脱出直前の駆除試験
瀬戸口 徹・谷口 明 <PDF>


123-124 ヒノキカワモグリガの幼虫の移動所要時間
佐藤重穂・牧野俊一 <PDF>


125-126 林木間の空間とヒノキカワモグリガ被害との関係
黒木逸郎・讃井孝義・岩切裕司 <PDF>


127-128 ヒノキカワモグリガ雌成虫の卵巣の解剖観察
宮島淳二 <PDF>


129-130 湿度がスギザイノタマバエ羽化に及ぼす影響
岡部貴美子 <PDF>


131-132 スギザイノタマバエの寄生がスギの生長に及ぼす影響(予報)
讃井孝義 <PDF>


133-134 タイワンカブトムシの被害防除に関する研究(I)-生息分布域の現況・加害状況・繁殖場所・繁殖時期・成虫の分散時期-
谷口 明・瀬戸口 徹・片野田逸朗 <PDF>


135-136 タイワンカブトムシの被害防除に関する研究(II)-昆虫病原糸状菌Metarhizium anisopliae var. majusの幼虫に対する病原性-
片野田逸朗・谷口 明 <PDF>


137-138 カシ枝枯れ被害に対する9種薬剤による防除試験
石原 誠・河辺祐嗣・池田武文 <PDF>


139-140 オオシマゴマダラカミキリによる天然生広葉樹の被害
谷口 明・瀬戸口 徹・片野田逸朗 <PDF>


141-142 福岡県で見いだされた緑化樹の病害(続のVIII)-1990年から1994年に見いだされた病害-
小河誠司 <PDF>


143-144 ニホンジカによる森林被害調査
岩切裕司・讃井孝義・黒木逸郎 <PDF>


145-146 風害木における害虫の発生と周辺地域への影響
久保園正昭 <PDF>


147-148 潮害を受けたヒノキ林の回復経過
前田真二 <PDF>


149-150 森林土壌の酸性化と林分比較
稲垣昌宏・酒井正治・大貫靖浩 <PDF>


151-152 降水及び渓流水に関する研究(VIII)-pH,その他の成分の9年間の変動-
佐々木重行・高木潤治 <PDF>


153-154 野外における雨滴衝撃の簡易測定法の開発-土柱形成ビン法-
酒井正治・大貫靖浩 <PDF>


155-156 常緑広葉樹林における実生定着の阻害要因としての土砂移動
大貫靖浩・藤本 潔・佐藤 保・小南陽亮 <PDF>


157-158 ヒノキ林における表土流亡危険度の指標について(II)-林床植生と裸地率の関係について-
田嶋幸一・鎌田一生 <PDF>


159-160 ヒノキ林における表土流亡危険度の指標について(III)-林床植生と収量比数の関係について-
鎌田一生・田嶋幸一 <PDF>


161-162 海岸林樹木葉の付着塩分量と葉内養分
中尾登志雄・岡 智伸・黒木嘉久 <PDF>


163-164 街路緑化樹における樹幹流と樹冠雨の化学的特性
高木正博・佐々木重行・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


165-166 南明治山量水堰における渓流水質について
生沢 均・寺園隆一・金城 勝・宇田川弘勝 <PDF>


167-168 綾常緑広葉樹林のリターフォール量と林床のリター現存量について
佐藤 保・小南陽亮・新山 馨 <PDF>


169-170 スギ落葉中の非共生窒素固定活性の斜面での変動
稲垣昌宏 <PDF>


171-172 クロマツの外生菌根について(VIII)-人工酸性水の影響-
福里和朗 <PDF>


173-174 沖縄本島南明治山におけるポドゾル樣土壌の理化学性
宇田川弘勝・生沢 均 <PDF>


175-176 本島北部森林地帯における小規模崩壊について
漢那賢作・生沢 均・金城 勝 <PDF>


177-178 雲仙普賢岳・中尾川上流域における扇状地の発達について
高尾正樹・松下雄一・笠井美青・丸谷知己 <PDF>


179-180 土石流氾濫に対する限界日雨量の判定
小川泰浩・岡本 隆・山口伊佐夫 <PDF>


181-182 山地小流域の流出機構(XI)-全面積及び一部を皆伐した後のピーク流量の変化について-
竹下 幸・清水 晃・宮縁育夫・小川泰浩 <PDF>


183-184 温暖多雨地域の森林における水文特性(II)-対象流域の地形と微気象要素の季節変化-
清水 晃・宮縁育夫・竹下 幸・小川泰浩 <PDF>


185-186 地表面の撹乱にともなう濁水形成過程について
シギット ハルディウイナルト・丸谷知己・中尾博美 <PDF>


187-188 広葉樹樹幹の年輪構造におよぼすIAA移動阻害物質の影響
三村恵勇・雉子谷佳男・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


189-190 福岡県におけるスギ挿し木品種の材質
占部達也・片桐幸彦・廣田篤彦 <PDF>


191-192 スギ6品種の材質特性-旧宮崎県林業試験場スギ品種見本林-
小田久人 <PDF>


193-194 負荷を受けている木材の平衡含水率
林 弘也・福田英昭 <PDF>


195-196 スギ心材の性質-ヤブクグリ心材の生材含水率,明度,灰分量,温水抽出物量-
森川 岳・小田一幸・松村順司・堤 壽一・城井秀幸 <PDF>


197-198 スギ心材の気体透過性-心材色との関連性についての一考察-
松村順司・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


199-200 ヒノキ風倒木の曲げ強さ
村本康治・大塚 誠・野上寛五郎 <PDF>


201-202 大分県産スギ材の強度特性について-タノアカの樹高別強度特性-
城井秀幸・井上正文 <PDF>


203-204 スギ中径材を利用した平角材の強度性能について
岩下幸光 <PDF>


205-206 接合金物と接着剤を併用した木材接合法とその応用-継手の曲げ実験-
井上正文 <PDF>


207-208 大分県産スギ材(中目材)の動的ヤング係数の分布について
城井秀幸・諌本信義・松本 弘・木下義丈・芦原義伸・金子美輝夫・財津勝巳・梶原憲一郎 <PDF>


209-210 人工乾燥の前処理としての製材の天然乾燥について
池田元吉・前田健彦 <PDF>


211-212 ツワブキの組織培養(II)-培養系を用いたツワブキの品種改良-
田中郁太郎 <PDF>


213-214 オオバギボウシの利用と栽培について(II)-形状による系統間比較-
若松茂樹 <PDF>


215-216 キハダ系統間のベルベリン含有量について(II)-幼齢木の分析-
中島 豊・若松茂樹 <PDF>


217-218 竹の生理に関する研究(IX)-モウソウチク親竹の葉替り及び経年と発筍-
野中重之 <PDF>


219-220 外国産竹類の増殖に関する研究(II)-熱帯産竹の挿し竹法-
今村有成 <PDF>


221-222 春期抑制ほだ木のシイタケ発生状況について
松尾芳徳・石井秀之・後藤末広 <PDF>


223-224 シイタケの原木の最適水分条件について
冨元精一 <PDF>


225-226 宮崎県における菌床シイタケ生産技術について
蛯原啓文・中島 豊 <PDF>


227-228 エノキタケ栽培技術の改善(I)-培養について-
野上友美・田中滝二・石原宏基 <PDF>


229-230 ブナシメジ栽培培地の検討(I)-重金属添加培地における子実体発生量-
川端良夫・金子周平 <PDF>


231-232 木炭による生シイタケの鮮度保持試験
倉岡由紀子 <PDF>


233-234 トリコデルマ属菌及びペニシリウム属菌の病原性の判別(I)-両口試験管を用いた対峙培養による検討-
宮崎和弘・砂川政英・根田 仁・角田光利 <PDF>


235-236 きのこ菌床栽培施設の病虫害(I)-施設内空中落下菌について-
金子周平・川端良夫 <PDF>


237-238(交流の広場) 宮崎県における高性能林業機械導入の現状と今後の課題
大濱 充 <PDF>


239(交流の広場) 試験研究と普及との連携について
江藤幸一 <PDF>


記念講演 日本林学会九州支部50周年記念大会
日本の森林文化の創造-今後50年を展望して- <PDF>