No. 49 (1996)

1-2 宮崎県耳川流域における森林資源管理に関する研究-宮崎県諸塚村における木材生産長期予測-
鍋島正彦・吉本 敦・行武 潔 <PDF>


3-4 平均-分散理論を用いた素材購入ポートフォリオ最適化
橋口宏徳・吉本 敦 <PDF>


5-8 林業労働力の就労条件の分析-熊本県を事例に-
興梠克久 <PDF>


9-10 土壌水質条件による樹種別の植栽位置とその区分-柳川市の池泉式庭園樹木の事例-
日高英二・西村五月 <PDF>


11-14 都市公園における内部環境条件と満足度との関係
朴 九遠・薛 孝夫・汰木達郎 <PDF>


15-16 我が国における森林経営への移動作業級システムの適用
三枝康弘・今田盛生 <PDF>


17-18 ロギングトラクタとプロセッサの組み合わせによる伐出作業事例
黒木逸郎・讃井孝義 <PDF>


19-20 下刈りを省いた帯状更新地におけるスギ,ヒノキ下木と侵入広葉樹との競合
井上昭夫・田淵隆一・川崎達郎・酒井 武・竹内郁雄 <PDF>


21-24 森林組合の選木清算処理におけるコンピュータの利用
近藤洋史 <PDF>


25-26 宮崎大学演習林における森林調査情報データベースの構築と利用
中川正勝・伊藤 哲 <PDF>


27-28 九大宮崎演習林における有用広葉樹6種の樹高曲線
國崎貴嗣・今田盛生 <PDF>


29-30 標高データを用いた衛星リモートセンシングデータの輝度補正-九州大学宮崎演習林における事例-
村上拓彦・寺岡行雄・今田盛生 <PDF>


31-32 霧島国有林内老齢木の健全度モニタリング
上杉 基 <PDF>


33-34 遺伝子保存林における茂道松の特性(II)-家系別のマツノザイセンチュウ抵抗性-
戸田忠雄・千吉良 治・竹内寛興 <PDF>


35-36 マツノザイセンチュウ抵抗性クローンの諸特性(XII)-樹種別クローン別の雄花と花粉径及び気孔の形状-
竹内寛興・戸田忠雄 <PDF>


37-38 韓国産マツのマツノザイセンチュウ抵抗性-韓国産クロマツの抵抗性-
竹内寛興・戸田忠雄 <PDF>


39-40 スギザイノタマバエ抵抗性候補木のモノテルペン変異
田村 明・長濱静男 <PDF>


41-42 九州におけるスギ精英樹の雄花着花性(II)-干ばつ翌年の雄花着花-
戸田忠雄・竹内寛興・田村 明・藤本吉幸 <PDF>


43-44 スギ精英樹(県佐賀5号:オオノスギ)の生育と材質
庄野章直 <PDF>


45-46 モリシマアカシアの諸形質の林分間変異
千吉良 治・戸田忠雄・竹内寛興・田村 明・田島正啓 <PDF>


47-48 モリシマアカシアの樹皮の諸形質とタンニン含有量の変異
千吉良 治・戸田忠雄・竹内寛興・田村 明・田島正啓 <PDF>


49-50 屋久島破沙岳周辺におけるヤクタネゴヨウの球果および種子の生産量
金谷整一・玉泉幸一郎・齋藤 明・伊藤 哲 <PDF>


51-52 ハゼノキの採取部位別種子の発芽率および果実の含ロウ率
田村 明・塚本徳男 <PDF>


53-54 ヒマラヤカラマツ球果からの単離DNAを用いたrbcL遺伝子のシークエンシング
楢崎康二・白石 進・川崎圭造 <PDF>


55-56 ヒノキとサワラのrDNA遺伝子(一部)の塩基配列
深田俊武・渡辺敦史・白石 進 <PDF>


57-58 DNA塩基配列からみたアジア産五葉松類の分類
渡辺敦史・白石 進 <PDF>


59-60 組織培養によるセンダン成木からの幼植物体再生(II)-根を利用した増殖-
家入龍二・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


61-62 組織培養によるイチョウ成木からの幼植物体再生
家入龍二 <PDF>


63-64 竹類の試験管内培養について
氏家洋明・香西 護・戸田義宏 <PDF>


65-66 液体窒素温度で冷却させたミズメ腋芽の生存について
三樹陽一郎 <PDF>


67-68 亜熱帯性広葉樹林の更新過程(II)-更新2年目の萌芽等-
上床真哉・赤坂康雄 <PDF>


69-70 福岡県におけるシイ林の研究(IV)-構成林木による区分の試み-
猪上信義・高木潤治 <PDF>


71-72 古処山における低木群落の保全に関する研究(I)-古処山山頂の植生とオオベニウツギ-
岡野哲郎・井上 晋・小林 元 <PDF>


73-74 古処山における低木群落の保全に関する研究(II)-オオベニウツギとヒメツゲの更新状態-
岡野哲郎・井上 晋・小林 元 <PDF>


75-76 屋久島破沙岳周辺におけるヤクタネゴヨウ実生の成立環境
伊藤 哲・金谷整一・玉泉幸一郎 <PDF>


77-78 綾照葉樹林における風散布性樹種のシードレイン
小南陽亮・佐藤 保・田内裕之 <PDF>


79-80 有用樹の植栽について(I)-苗木処理による活着状況の変動-
川崎兼広 <PDF>


81-82 奄美大島におけるエゴノキ及びイジュの帯状植栽について(III)-局部地形の影響-
上床眞哉・赤坂康雄 <PDF>


83-84 センダン幼齢人工林の成長について
福山宣高 <PDF>


85-86 先駆性樹種の庇陰下での成長特性
保坂武宣・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


87-88 光環境の測定とその検証
齊藤 哲 <PDF>


89-90 照葉樹林の閉鎖林冠下およびギャップ下における光環境の季節変化
村本康治・伊藤 哲・野上寛五郎 <PDF>


91-92 量子収率の測定(VI)-光量子センサーのよみが検定光源のスペクトル分布が変わることによる誤差について-
吉田瑞樹・高 千尋 <PDF>


93-94 土壌の乾燥が土壌呼吸に及ぼす影響
大橋瑞江・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


95-96 1994年に発生した造林木の干害
讃井孝義・田村健一・古嶋重幸 <PDF>


97-98 1994年に長崎県で発生した干害の状況
久林高市 <PDF>


99-100 モリシマアカシアの漏脂症状被害についての菌分離試験と分離菌株の接種試験
河辺祐嗣・小林享夫・池田武文・石原 誠・秋庭満輝 <PDF>


101-102 未同定菌による新しいタイプのヒノキ根株腐朽被害
久林高市 <PDF>


103-104 スギ挿し木苗の切り口部分の変色について(II)-植栽3年目と7年目の変色長の経過-
宮島淳二 <PDF>


105-106 九大宮崎演習林の天然林における野生シカが及ぼす植生被害について
井上 晋・小泉 透 <PDF>


107-108 福岡県矢部村におけるヒノキカワモグリガ捕獲数の8年間の消長
大長光 純 <PDF>


109-110 誘蛾灯によるヒノキカワモグリガ成虫に誘引範囲(II)-林外からの飛び込みの検討-
宮島淳二・家入龍二・福山宣高・福田征男・久保園正昭 <PDF>


111-112 枝打ちがヒノキカワモグリガ個体群に及ぼす影響(I)-枝打ちの時期による密度低減効果の比較-
佐藤重穂・吉田成章 <PDF>


113-114 タラノキを加害するセンノカミキリの生態(I)-成虫の羽化脱出消長と脱出孔の垂直分布-
片野田逸朗 <PDF>


115-116 タラノキを加害するセンノカミキリの生態(I)-幼虫の加害状況の経時的変化-
片野田逸朗 <PDF>


117-118 マツノマダラカミキリ成虫の生残ならびに産卵に及ぼす共存樹種の影響
中村克典 <PDF>


119-120 マスダクロホシタマムシに関する研究(I)-被害及び羽化発生状況について-
灰塚敏郎 <PDF>


121-122 広葉樹展示林でみられた穿孔性害虫の種類と被害状況
宮島淳二 <PDF>


123-124 ビールトラップによるオオゾウムシ捕獲調査
室 雅道 <PDF>


125-126 オオゾウムシの産卵時期と発育期間
中村克典・佐藤重穂・牧野俊一 <PDF>


127-128 ヒノキ林におけるニホンキバチの発生消長とその被害
吉岡信一 <PDF>


129-130 樹幹流のpHと溶存成分における樹種特性
中尾登志雄・黒木嘉久 <PDF>


131-132 都市街路樹の樹幹流及び樹幹雨の化学特性-高pHをもたらす要因-
高木正博・佐々木重行・玉泉幸一郎・齋藤 明 <PDF>


133-134 葉の付着及び滲出成分に関する研究(I)-浸漬時間及びpHの違いと溶存物質-
佐々木重行・高木潤治・野田 亮 <PDF>


135-136 森林環境に対する酸性雨の影響(II)-スギ・ヒノキ及び広葉樹林における根元周囲及び樹間表層土壌のpHについて-
諌本信義 <PDF>


137-138 海岸クロマツ林下に植栽された広葉樹の成長と葉部養分含有率について
福里和朗・古嶋重幸・田村健一 <PDF>


139-140 海岸防災林の立地環境とクロマツの成長
石川光弘・久林高市・山室良介・前田春人・松崎幸二 <PDF>


141-142 クヌギ造林木の成長に対する施肥の効果-10年生肥培林の地上部重量-
野上寛五郎・村本康治・中川正勝・川口秀義 <PDF>


143-144 沖縄島北部3地域における造林2年目の林地植生について
生沢 均・寺園隆一・沢岻安喜 <PDF>


145-146 常緑広葉樹林における実生の生残状況と生存規制要因
大貫靖浩・稲垣昌宏・佐藤 保・小南陽亮・藤本 潔 <PDF>


147-148 葉温について(V)-気温と葉温-
汰木達郎 <PDF>


149-150 撹乱を受けたコジイ二次林のリターフォール量の年変動について
佐藤 保 <PDF>


151-152 微地形と流出(IV)-少雨年の流出量-
高木潤治・野田 亮 <PDF>


153-154 山地河川でのプール地形がヤマメ個体数に与える影響
高柳威晴・丸谷知己・笠井美青・山口和也 <PDF>


155-156 表層崩壊跡地の植生回復過程
松本舞恵・下川悦郎・地頭薗 隆 <PDF>


157-158 しらす谷における鉄砲水発生と水文地形
加藤昭一・岩元賢司・下川悦郎・地頭薗 隆 <PDF>


159-160 しらす谷における基底流出と地質構造
三浦郁人・森田真二・地頭薗 隆・下川悦郎 <PDF>


161-162 温暖多雨地域の森林における水文特性(III)-0次谷流出と流出発生域-
清水 晃・宮縁育夫・小川泰浩・竹下 幸 <PDF>


163-164 風洞実験による防風ネットの減風効果について
平田 功・山野井克巳・河合英二 <PDF>


165-166 継目に開口部の生じた砂防ダムの現状-鹿児島市吉野町竜ヶ水-
高谷精二 <PDF>


167-168 雲仙普賢岳における崖錘の発達に伴う土砂生産
高尾正樹・畠田直子・笠井美青・丸谷知己 <PDF>


169-170 土石流の氾濫・堆積過程に関する研究(I)-平成2年阿蘇黒川災害における土石流解析-
小川泰浩・清水 晃・宮縁育夫・竹下 幸 <PDF>


171-172<>0<>5<>雲仙普賢岳湯江川および赤松谷川流域における表面流の観測
永田 治・寺本行芳・地頭薗 隆・下川悦郎 <PDF>


173-174 雲仙普賢岳湯江川および赤松谷川流域における表面流の観測
寺本行芳・永田 治・地頭薗 隆・下川悦郎 <PDF>


175-176 薬用キノコの人工栽培に関する研究-メシマコブの樹種選択性-
鶴崎一水・目黒貞利・河内進策 <PDF>


177-178 未利用樹種おがこによる食用きのこの栽培(II)-ピートモス・鹿沼土添加の効果-
清水正俊 <PDF>


179-180 シイタケの無滅菌菌床栽培-害菌防除に有効な菌類の分離-
青野重雄・目黒貞利・河内進策 <PDF>


181-182 トリコデルマ属菌及びペニシリウム属菌の病原性の判別(II)-ヒラタケ菌床に対する胞子接種試験-
宮崎和弘・砂川政英・根田 仁 <PDF>


183-184 酵母抽出物中に含まれるシイタケ子実体形成促進物質
申 甲均・目黒貞利・河内進策 <PDF>


185-186 土壌三相計による培地水分量の検討
冨元精一 <PDF>


187-188 廃菌床の有効利用法について
石松 誠 <PDF>


189-190 きのこ廃培地の飼料化
中島 豊 <PDF>


191-192 PCR-SSCP分析およびRAPD分析を用いたキノコの識別法
冨田啓治・白石 進・宮崎和弘・根田 仁 <PDF>


193-194 木製ブロック壁体構造の開発-無閉口壁体のせん断実験-
井上正文 <PDF>


195-196 1994年の異常渇水による竹林被害
野中重之 <PDF>


197-198 静的曲げヤング率におよぼすスパンとはりせいの影響
三谷 一・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


199-200 スギ中径材による平角材の強度性能について
城井秀幸・井上正文 <PDF>


201-202 スギの平衡含水率に及ぼす縦圧縮応力の影響
林 弘也・福田英昭 <PDF>


203-204 広葉樹繊維長に関与する因子-萌芽枝の年輪構造に関する考察-
幾代 渡・小田一幸・堤 壽一 <PDF>


205-206 スギクローン材の仮道管長について
井口賢一・堤 壽一・小田一幸・田島正啓・藤澤義武 <PDF>


207-208 樹冠量を調整したカラマツの成長と木材性質
古賀信也 <PDF>


209-210 DNA材鑑データベースの構築
吉開久代・渡辺敦史・白石 進 <PDF>


211-212 五島列島に於ける多収量ツバキの選抜
久保完二 <PDF>


213-214 トラック輸送におけるスギ原木の積載量
大迫則明・大塚 誠 <PDF>


215-218(交流の広場) 水源地域環境整備事業創設について
小邦 徹 <PDF>


219(交流の広場) 高性能林業機械導入の問題点
小原 卓 <PDF>


220(交流の広場) 高性能林業機械導入の現状と課題について
後藤守生 <PDF>