Monologue

23言目:自分探しの旅

春は卒業・入学のように、環境の変わるイベントの多い季節です。

そのせいかは分かりませんが、「自分はこれから何になりたいのか」など物思いにふけることも多くなるような気がします。 (私は季節に限らずいつもそうです。)
そういう時、テレビなどで世界中を旅している人を見ると、いつも以上にカッコ良く見えますよね。 「自分探しの旅にでも行きたいなぁ」無性にそんな気持ちになりませんか?私も何度もそう思いました。
そのこと自体は悪くないとは思うのですが、 この「自分探しの旅」という言葉には、少し注意が必要です。

そもそも「自分」とは、世界のどこかを旅しないと見つけられないのでしょうか? そうであるならば、今ここにいる私やあなたは何なのでしょうか?

勉強や部活を一生懸命に頑張っているのも「自分」ですし、 ついつい怠けてスマホをいじってしまうのも「自分」です。 そういった普段の小さい行動を十数年間積み重ねてきた結果が、 今ここにいる「自分」です。
その事実から目を背けて、見知らぬ土地にばかり「自分」の正解を追い求めても、結局何も得ることができない。 そうならないように気を付けたいものです。

勿論、決して海外を旅することを否定はしません。 人によっては、まるで目が覚めるかのような新たな価値観、世界観を得ると思います。 チャンスに恵まれているならば積極的に実行すべきだと思います。

「自分探しの旅」より良い言葉を使うとしたら「経験値稼ぎの旅」だと私は考えています。

海外を旅するだけでなく、様々なことにチャレンジしてください。そのチャレンジひとつひとつが皆さんの経験値となり、価値観や世界観がどんどん豊かになるでしょう。

センバツも史上初めての中止が決まるなど、昨今の情勢では気分が暗くなりがちです。気分転換というわけではありませんが、昔の私の経験値稼ぎの旅より、経験値のおすそ分けとして写真とタイムラプスをどうぞ。 場所がどこかは言いません。

351
一覧にもどる