Monologue

24言目:やらないことを決める

お久しぶりです。

福岡県も非常事態宣言が出るなど大変なことになっています。外出できず家に籠もらざるを得ない状況です。

特に1人暮らしをしている大学生の方は、メンタルにはくれぐれも気を付けてください。

特殊な状況ではメンタルに支障をきたしたり、投げやりな思考・行動に陥ることもあります。

そうならないように充分気を付けて下さい。

社会情勢のような「コントロールできないこと」を悲観しすぎてはいけません。皆さんのせいでもなんでもありません。

自分の命・健康が最優先ですが、今できること、自分でコントロールできることをコツコツやりましょう。

1人が辛い人は、LINEやZOOMなどのアプリをうまく活用して友人とコミュニケーションをとりましょう。

さて、4月になり新入生が入る季節となりました。

本学野球部も活動はできていませんが、入部希望の1年生が続々と申し出てくれていると聞いています。1年生に会えることを楽しみにしています。

新入生に限らず、新年度は何か新しい目標を決めたくなる時期ですね。

目標を決めるにあたり大切なことは「紙に書く」ことです。

これは選手ブログで宮本も説いていましたね。

念ずれば花開く

流れ星のくだりは、実は私もいつか紹介しようと思っていたところですが、宮本に先を越されました。できる男です。

先を越されただけでは面白くないので、私の方からひとつ付け加えをしてみます。

目標を決めるとき「やること」を決めることが多いと思いますが、それだけでなく「やらないことを決める」となお良いでしょう。

アップルの創業者のスティーブ・ジョブズの服装はいつも黒いタートルネックにジーンズ、スニーカーだったことは有名です。

ジョブズは「服装に悩む時間」を人生から取り除くと決めたことで、ほかの大切なことに貴重な時間を使うことができたのです。

ジョブズのように毎日同じ服装にできなくても、例えば「毎日寝る1時間前からスマホは見ない」と決める。など皆さんも参考にできる部分はあるはずです。

「やらないことを決める」ことで、自分にとって何が本当に大切なことなのか、より鮮明に見えてくるかもしれません。

351

一覧にもどる