『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2002年の研究業績

原著論文

  1. The skin-lightening effects of artocarpin on UVB -induced pigmentation.
    Planta Med. 68, 79-81(2002).
    K. Shimizu, R. Kondo, K. Sakai, N. Takeda and T. Nagahata
  2. 5α-reductase inhibitory compounds produced by polymerization of resveratrol with horseradish peroxidase
    J. Wood. Sci. 48, 64-68 (2002)
    Y. Hirano, R. Kondo, K. Sakai
  3. Studies on hypersaline-tolerant white-rot fungi (I). Screening of lignin-degrading fungi in hypersaline conditions
    J. Wood Sci. 48, 147-152 (2002)
    Xin Li, Ryuichiro Kondo, and Kokki Sakai
  4. Biodegradation of sugarcane bagasse with a marine fungus Phlebia sp. MG-60
    J. Wood Sci.48, 159-162 (2002)
    Xin Li, Ryuichiro Kondo, and Kokki Sakai
  5. Antioxidant activity of heartwood extracts of Papua New Guinean woods.
    J. Wood. Sci. 48, 446-450 (2002)
    K. Shimizu, R. Kondo, K. Sakai
  6. Intracellular ferrireductase involved in Mn(IV)-reducing enzyme system to supply Mn(II) for lignin biodegradation by white-rot fungus Phanerochaete sordida YK-624
    Enzyme Microbial Technol. 30, 467-473 (2002).
    H. Hirai, T. Itoh, R. Kondo, K. Sakai and T. Nishida
  7. Polyphenols from the heartwood of Cercidiphyllum japonicum and their effects on proliferation of mouse hair epithelial cells
    Planta Med. 68, 995-998 (2002)
    K. Towatari, K. Yoshida, N. Mori, K. Shimizu, R. Kondo, K. Sakai
  8. Degradation of 2,7-dichlorodibenzo-p-dioxin by wood-rotting fungi, screened by dioxin degrading ability
    FEMS Microb. Lett. 213, 127 -131(2002)
    T. Mori, R. Kondo
  9. Oxidation of dibenzo-p-dioxin, dibenzofuran, biphenyl, and diphenyl ether by white-rot fungus Phlebia lindtneri
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 60,200-205 (2002)
    T. Mori, R. Kondo
  10. Sinapyl alcohol-specific peroxidase isoenzyme catalyzes the formation of the dehydrogenative polymer from sinapyl alcohol.
    J. Wood Sci. 48(6), 497-504 (2002)
    W. Aoyama, S. Sasaki, S. Matsumura, T. Mitsunaga, H. Hirai, Y. Tsutsumi, T. Nishida
  11. Oxidation of chlorinated dibenzo-p-dioxin and dibenzofuran by white-rot fungus, Phlebia lindtneri.
    FEMS Microb. Lett. 216, 223-227 (2002)
    T. Mori and R. Kondo
  12. Identification of the basidiomycetous fungus isolated from butt rot of the Japanese cypress
    Mycoscience 43(6), 477-481(2002)
    H. Suhara, N. Maekawa, T. Kubayashi, K. Sakai and R. Kondo

総説・著書

  1. 樹木の顔-抽出成分の効用と利用-
    海青社, 78-80, 184-193 (2002)
    近藤隆一郎
  2. キノコの木質分解をはかる。
    森林科学, 35巻、6号、p.49 (2002)
    近藤隆一郎
  3. In vivo and in vitro biobleaching of unbleached hardwood kraft pulp by a marine fungus, Phlebia sp. MG-60
    Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, L. Viikali and Lantto (Editors), Elsevier Science B. V. , 185-191, (2002).
    Xin Li, Ryuichiro Kondo, and Kokki Sakai.
  4. キノコとカビの基礎科学とバイオ技術.
    アイピーシー社、237-253 (2002).
    近藤隆一郎.
  5. 微生物利用の大展開.
    エヌ・ティー・エス社、836-844 (2002)
    近藤隆一郎
  6. 白色腐朽菌によるダイオキシン類の分解.
    農林水産技術研究ジャーナル、25巻、10号、p.34-39 (2002)
    近藤隆一郎

国際会議等のプロシーディングス

  1. Behavior and Possibility of Biodegradation of PCDDs/PCDFs in Landfill Site..
    Asian Pacific Landfill Symposium 2002
    S. Suzuki, R. Yanase, Y. Matsufuji and R. Kondo
  2. Monitoring of white-rot fungus during bioremediation of dioxin-contaminated soils.
    The 7th International Mycological Congress, Oslo 11-17 August, 2002
    The IMC7 Book of Abstracts :p298
    R. Kondo, C. Daikoku and H. Suhara
  3. Phenolic compounds from Artocarpus woods: Biological activity and structural criteria..
    The 4th International Wood Science Symposium, pp.514-519 Serpong, Indonesia, 2-3 September, 2002
    K. Shimizu, K. Yoshikawa, R. Kondo
  4. Biobleaching and Fiber Properties Improvements by Manganese Peroxidase.
    TAPPI 2002 Technical Conference, San Diego, USA, September 8-11, 2002.
    R. Kondo
  5. 5a-reductase inhibitory and stimulatory components from Shorea laeviforia
    XXI International Conference on Polyphenols, Marrakech, Morocco, September 9-11, 2002.
    Y. Hirano, R. Kondo, and K. Sakai.
  6. Effect of extract from the bark of Robinia pseudoacacia on skin
    2nd international joint seminar on forestry and forest products science, p.95-96, August 9, 2002, Chonju, Korea
    K. Yoshida, K. shimizu, R. Kondo, R. Nakatake, T. Nagahata
  7. Sinapyl alcohol-specific peroxidase isoenzyme catalyzes the formation of the dehydrogenative polymer from sinapyl alcohol.
    2nd international joint seminar on forestry and forest products science, p.95-96, August 9, 2002, Chonju, Korea
    Y. Tsutsumi, S. Sasaki, W. Aoyama, T. Nishida, R. Kondo
  8. dentification of a basidiomycetous fungus with high ability to degrade dioxins
    The Seventh International Mycological Congress (Oslo, Norway August 11-17th, 2002)
    1: The Tottori Mycological Institute, 211, Kokoge, Tottori 689-1125, Japan.
    2: Faculty of Agriculture, Kyushu University, 6-10-1, Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka 812-8581, Japan.
    The IMC7 Book of Abstracts :p218
    N. Maekawa1, H. Suhara2, R. Kondo2 & K. Sakai2
  9. Anti-tyrosinase activity of the extracts from tropical wood -A review- (invited).
    The International Symposium on Biomass Waste Treatment Using Sawdust as an Artificial Soil Matrix, December 4-7, 2002, Sapporo, Japan
    K. Shimizu, N. Sintawardani, K. Sakai
  10. Degradation of dioxins by white rot fungi (Invited).
    International Workshop on "Effects of Dioxins on Agriculture, Forestry and Fisheries, and their Mechanisms of Action on Animals and Fishes", December 4-6, 2002, Tsukuba, Japan.Proceedings, p.193-198.
    R. Kondo
  11. Bioremediation of environment contaminated with dioxins by using white-rot fungi (Invited).
    The 8th International Symposium of the Mycological Society of Japan. New frontiers in health science associated with the fungi-, December 7-8, 2002, Tokyo, Japan.Proceedings, p.15-18.
    R. Kondo

博士論文

  1. 「Studies on a Hypersaline-Tolerant White Rot Fungus, Phlebia sp. MG-60」
    Xin Li
  2. 「Steroid 5α-reductase inhibitory compounds from Shorea species」
    Yoshio Hirano

修士論文

  1. 「アルトカルピンのメラニン生成抑制メカニズムの解析」
    吉川 圭介
  2. 「白色腐朽菌Ceriporia sp. MZ-340株によるダイオキシン汚染土壌の処理」
    好光 正豪

卒業論文

  1. 「食用・薬用キノコのホルモン様活性〜高齢化社会を視野に入れたキノコの機能性〜」
    山中 麻衣子
  2. 「国産樹木抽出物のメラニン生成抑制効果」
    福永 晶子
  3. 「白色腐朽菌MG-60株が産生する耐塩性マンガンペルオキシダーゼのクローニング」
    大黒 千映子

学会発表

  1. 「バイオレメディエーション環境下における特定白色腐朽菌のモニタリング」
    日本農芸化学会(2002.3.24〜27. 於東北学院大学/仙台):口頭発表
    ○須原 弘登1)、高田 英基2)、近藤 隆一郎1)、坂井 克己1) 1)九大院生資環・林 産、2)国立長寿医療研セ・老年病、 Hiroto SUHARA, Hideki TAKATA, Ryuichiro KONDO and Kokki SAKAI (1:Dept. Forestry and Forest Products Sci., Fac. of Agr., Kyushu Univ. 2: Dept. Geriatric Res. Nat.Inst.Longevity Sci. (NILS))
  2. 「アルトカルピンの腫瘍細胞増殖抑制効果」
    2002年3月26-28日 第122回日本薬学会 (千葉・幕張メッセ)
    吉川 圭介、清水 邦義、近藤 隆一郎、安元 慎一郎
  3. 「5α-reductase阻害能を有するタンニン関連化合物」
    2002年3月26-28日 第122回日本薬学会 (千葉・幕張メッセ)
    平野 吉雄、近藤 隆一郎、坂井 克己
  4. 「無機化を指標とした木材腐朽菌のダイオキシン分解性評価(II)」
    2002年4月2-4日 日本木材学会 (岐阜大学)
    森智夫、近藤隆一郎
  5. 「白色腐朽菌による土壌中ダイオキシン類の処理〜土壌成分のダイオキシン分解への影響について〜」
    2002年4月2-4日 日本木材学会 (岐阜大学)
    好光正豪、東房健一、若尾光一、近藤隆一郎
  6. 「沖縄のマングローブ林に生育する担子菌類コウヤクタケ科(広義)について(2)」
    2002年4月2-4日 日本木材学会 (岐阜大学)、口頭発表
    ○須原 弘登1) 前川 ニ太郎2) 金城 一彦3) 近藤 隆一郎1) 坂井 克己1) 1)九大・院・生資環 2)菌蕈研 3)琉大・農  Corticiaceae (sensu lato, Basidiomycetes) from mangrove forest in Okinawa Prefecture (II) Hiroto SUHARA, Nitaro MAEKAWA, Kazuhiko KINJO, Ryuichiro KONDO and Kokki SAKAI (Dept. Forestry and Forest Products Sci., Fac. of Agr., Kyushu Univ.1) ,Tottori Micol. Inst. 2) ,Dept. Bioscience and Biotechnology, Fac. of Agr., Ryukyus Univ. 3))
  7. 「熱帯産樹木パンノキに含まれるアルトカルピンの腫瘍細胞増殖抑制メカニズムの解析」
    2002年8月22-24日 第9回日本木材学会九州支部大会 (大分県産業科学技術センター)口頭
    清水 邦義、吉川 圭介、近藤 隆一郎、安元 慎一郎
  8. 「白色腐朽菌MG-60鰍フ産生するマンガンペルオキシダーゼの発現特性」
    2002年8月22-24日 第9回日本木材学会九州支部大会 (大分県産業科学技術センター)口頭
    大黒 千映子、須原 弘登、渡辺 知樹、堤 祐司、近藤 隆一郎
  9. 「マンネンタケの抗男性ホルモン効果」
    2002年9月5-6日 第49回日本生薬学会 (アクロス福岡)ポスター
    藤田瑠美、清水邦義、近藤隆一郎、金子周平、小西史子、隈本正一郎、田尻寿利、上田千恵
  10. 1「白色腐朽菌のバイオレメディエーション環境下でのモニタリング」
    2002年10月31日−11月1日  第47回リグニン討論会(於アクロス福岡)口頭
    須原弘登、大黒千映子、近藤隆一郎
  11. 「木材腐朽担子菌によるPolychlorinated Naphthalenesの分解」
    2002年11月 第47回 リグニン討論会 (福岡)口頭
    北野史朗、森 智夫、近藤隆一郎
  12. 「白色腐朽菌Phlebia lindtneriによる塩素化dibenzo-p-dioxin及びdibenzofuraneの酸化」
    2002年11月 第47回 リグニン討論会 (福岡)口頭
    森 智夫、近藤隆一郎
  13. 「白色腐朽菌によるダイオキシン汚染土壌のバイオレメディエーションにおける土壌成分の影響」
    2002年11月 第47回 リグニン討論会 (福岡)ポスター
    城村真衣、近藤隆一郎
  14. 「最終処分場におけるダイオキシン類の挙動および微生物分解の可能性」
    2002年11月 第13回廃棄物学会研究発表会 (京都) 口頭
    鈴木慎也、柳瀬龍二、松藤康司、八木美雄、近藤隆一郎
  15. 「マングローブ林腐朽材より分離された白色腐朽菌MG-60株の特性について」
    2002年12月13日 第39回 好塩微生物研究会 (大阪) 口頭
    杉山智規、李シン、須原弘登、堤祐司、近藤隆一郎

特 許

  1. 特願2002・01553
    バニリンもしくはその類縁体の製造方法
    坂井克己、近藤隆一郎、清水邦義、筒井元武、佐藤郁夫
  2. 特願2002・30045
    ダイオキシントラッピング能を有するタンパク質
    近藤隆一郎、川竹悟史、高田英基、森智夫
  3. 特願2002・94255
    エラグ酸誘導体から成る5α−リダクターゼ阻害剤
    平野吉男、近藤隆一郎、坂井克己
  4. 特願2002・00262
    白色腐朽菌株の検出方法及び定量方法
    近藤隆一郎、高田英基
  5. 特願2002・137951
    5α-リダクターゼ阻害剤
    近藤隆一郎、清水邦義、藤田瑠美、金子周平、隈本正一郎、小西史子、田尻寿利、上田千恵

過去の研究業績