『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2003年の研究業績

原著論文

  1. Studies on hypersaline-tolerant white-rot fungi (III). Biobleaching of unbleached kraft pulp by hypersaline-tolerant manganese peroxidase from a marine white rot isolate, Phlebia sp. MG-60.
    J. Wood Sci.49: 42-46 (2003)
    Xin Li, Ryuichiro Kondo, and Kokki Sakai.
  2. Novel stilbenoids isolated from the heartwood of Shorea laeviforia
    J. Wood. Sci. 49: 53-58 (2003)
    Y. Hirano, R. Kondo, K. Sakai
  3. The morphological feature and dietarily functional components in fruit-bodies of two strains of Pholiota adiposa grown on artificial beds
    J. Wood. Sci. 49: 193-196 (2003)
    K. Shimizu, R. Fujita, R. Kondo, K. Sakai, S. Kaneko
  4. 5α-reductase inhibitory tannin-related compounds isolated from Shorea laeviforia.
    J. Wood Sci. 49: 339-343 (2003)
    Y. Hirano, R. Kondo, K Sakai.
  5. Multiform biosynthetic pathway of syringyl lignin in angiosperms
    Planta, 216(3):496-501 (2003)
    K.Yamauchi, S. Yasuda, K. Hamada, Y. Tsutsumi, K. Fukushima
  6. Treatment of poplar callus with ferulic and sinapic acids I: Incorporation and enhancement of lignin biosynthesis.
    J. Wood Sci. 49: 333-338 (2003)
    K Hamada, Y. Tsutsumi, K. Yamauchi, K. Fukushima, T. Nishida
  7. Treatment of poplar callus with ferulic and sinapic acids II: Effect on related monolignol biosynthetic pathway enzyme activities.
    J. Wood Sci., 49: 366-370 (2003)
    K. Hamada, Y. Tsutsumi, T. Nishida
  8. Indole-3-carbaldehyde: a tyrosinase inhibitor from fungus YL185.
    J. Wood Sci., 49: 349-354 (2003)
    K. Shimizu, X. Geng, M. Hashiguchi, H. Suhara, S. Fukunaga, S. Yasutake, R. Kondo, M. Tsutsui, I. Sato
  9. A New Stilbene with Tyrosinase Inhibitory Activity from Chlorophora excelsa
    Chem. Pharm. Bull. 51(3)318-319(2003)
    K. Shimizu, S. Yasutake, R. Kondo
  10. Biodegradation of Chloronaphthalenes and Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by White-Rot Fungus Phlebia lndtneri
  11. Monitoring of white-rot fungus during bioremediation of polychlorinated dioxin-contaminated fly ash
    Apple Microbiol Biotechnol 62:601-607 (2003)
    Hiroto SUHARA, Chieko DAIKOKU, Hideki TAKATA, Shinya SUZUKI, Yasushi MATSUFUJI, Kokki SAKAI, and Ryuichiro KONDO
  12. A new species, Ceriporia lacerata, isolated from white-rotted wood.
    Mycotaxon 86:335-347
    Suhara H, Maekawa N, Kaneko S, Hattori T, Sakai K & Kondo R (2003)
  13. Corticoid fungi (Basidiomycota) in mangrove forest of the islands of Iriomote and Okinawa, Japan.
    Mycoscience 44(5): 403-409 (2003)
    N. Maekawa, H. Suhara, K. Kinjo, R. Kondo
  14. Studies on hypersaline-tolerant white-rot fungi IV: effects of Mn2+ and NH4+ on manganese peroxidase production and Poly R-478 decolorization by the marin isolate Phlebia sp. MG-60 under saline conditios.
    J. Wood Sci. 49: 355-360 (2003)
    X. Li, R. Kondo, and K. Sakai.
  15. 白色腐朽担子菌による塩素化芳香族化合物の生分解
    RADIOISOTOPES,52,665-666 (2003)
    森 智夫、近藤 隆一郎
  16. ent-Isopimarane diterpenoids of the leaves from Rabdosia forrestii.
    Fitoterapia. 74(7-8):643-649 (2003)
    Kubo I, Shimizu K, Xu YL.

総説・著書

  1. 木質の形成−バイオマス科学への招待−
    海青社 p.219-230 (2003)
    堤 祐司

国際会議等のプロシーディングス

  1. Occurrence of tyrosinase inhibitory activity of wood extractives by simple chemical conversion
    Proceeding of the IAWPS2003:439-444 (2003), Daejeon, KOREA, April 21-24
    S. Yasutake, K. Shimizu, R. Kondo, K. Sakai
  2. Inhibition of melanin biosynthesis by wood extractives.
    Proceeding of the IAWPS2003:567-570 (2003), Daejeon, KOREA, April 21-24
    S. Fukunaga, K. Shimizu, R. Kondo, K. Sakai
  3. Characterization of poplar cell wall peroxidase responsible for the dehydrogenative polymerization of lignin
    Proceeding of the ISWPC 2003: vol1 273-276 Madison, Wisconsin USA. June 9-12 2003
    Shinya Sasaki, Tomoaki Nishida, Yuji Tsutsumi, Ryuichiro Kondo
  4. Oligostilbenoids from the stem bark of Shorea selanica Blume (Dipterocarpaceae)
    International Conference on Natural Products, Malaysia, October 14-16 2003
    Tukiran, Sjamsul A. Achmad, Euis H. Hakim, Yana M. Syah, Lia D. Juliawaty, K. Shimizu, K. Sakai

その他の出版物

  1. 樹木抽出成分の多機能性生理活性
    〜熱帯産樹木パンノキの心材に含まれる多機能性分子アルトカルピンに着目して〜
    木科学情報 10(1), 10-12 (2003)
    清水 邦義
  2. 4位置換レゾルシノール誘導体のメラニン生成抑制効果
    Cosmetology 11, 16-22 (2003)
    清水 邦義、安武 政司、近藤 隆一郎

博士論文

  1. 「Degradation of dioxin and dioxin-like compounds by white-rot fungus Phlebia lindtneri
    Toshio Mori
  2. 「Identification and specific detection of basidiomycetes by molecular biological methods」
    Hiroto Suhara

修士論文

  1. 「ニセアカシア(Robinia pseudoacacia)樹皮抽出物の皮膚刺激成分」
    吉田 記代
  2. 「マンネンタケの抗男性ホルモン効果」
    藤田 瑠美

卒業論文

  1. 「シイタケに対するシイタケ黒色斑点病菌の作用特性の解明」
    安藤 亮

学会発表

  1. 「食用きのこ抽出物のエストロゲン様活性」
    200年3月22−24日 第53回 日本木材学会(九州産業大学)
    山中 麻衣子、清水 邦義、近藤隆一郎、(チッソ(株) 横浜研究所)筒井 元武、佐藤 郁夫、(福岡県森林林技セ)金子 周平
  2. 「ニセアカシア4CL遺伝子の検索と発現特性」
    2003年3月22日-24日 第53回日本木材学会大会 (福岡)ポスター
    西口朋子、西田友昭、堤祐司、近藤隆一郎
  3. March 27-29, 2003 Annual Meeting of the Japanese Society of Plant Physiologist (Nara)
    asdfadsfadsfafa
  4. Characterization And Localization Of Cell Wall Peroxidase Responsible For The Dehydrogenative Polymerization Of Lignin
    Plant Cell Physiology Vol.44 Supplement, p893
    Shinya Sasaki, Naoto Ogawa, Wataru Aoyama, Tomoaki Nishida, Yuji Tsutsumi, Ryuichiro Kondo,
  5. 「広葉樹リグニン特異的ペルオキシダーゼ遺伝子の単離と局在」
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡) 口頭
    要旨集p362
    佐々木慎弥、青山渉、小川直人、西田友昭、堤 祐司、近藤隆一郎
  6. 白色腐朽菌MG-60株の産生するマンガンペルオキシダーゼの発現特性
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡)
    要旨集:P651
    (九大院生資環)○大黒千映子、須原弘登、杉山智規(九大院農)堤祐司、近藤隆一郎
  7. ヒノキ心腐れ罹病部より単離した担子菌の種特異的なon site モニタリング
    第53回日本木材学会大会(2003.03.22〜24於九州産業大学):口頭
    (九大院・生資環)○須原弘登、(長崎県庁)久林高市、((財)菌蕈研)前川二太郎、 (九大院・農)近藤隆一郎
  8. 白色腐朽菌Ceriporia sp. MZ-340株によるダイオキシン汚染土壌の処理
    2003年度(平成15年度)3月31〜4月3日 日本農芸化学会(東京)口頭
    要旨集p82
    ○平林徹也、城村真衣、(九大院生資環・森林資源)近藤隆一郎(九大院農院・森林資源)
  9. 白色腐朽菌 Phlebia lindtneri による塩素化ナフタレンの分解
    2003年度(平成15年度)大会(東京)、3月31〜4月3日 日本農芸化学会
    要旨集 P82
    (九大院・生資環)○北野史朗、森 智夫、(九大院農院)近藤隆一郎
  10. 食用・薬用キノコの抗男性ホルモン効果
    2003年度(平成15年度)大会(東京)、3月31〜4月3日 日本農芸化学会
    要旨集 P58
    (九大院農院)近藤隆一郎、清水邦義、(九大院生資環・森資科)藤田瑠美、劉潔、 (福岡県森林林業技セ)金子周平、(クロレラ工業)小西史子、隈本正一郎、 (やまやコミュニケーション)上田千恵、田尻寿利
  11. 熱帯産樹木パンノキ心材に含まれるアルトカルピンの美白メカニズムの解析
    2003年度(平成15年度)大会(東京)、3月31〜4月3日 日本農芸化学会
    要旨集 P121
    (九大院農院)清水邦義、吉川圭介、近藤隆一郎
  12. 白色腐朽菌Phlebia lindtneriによるダイオキシンモデル及び関連化合物の分解
    2003年度日本農芸化学会(東京)、3月31〜4月3日
    大会講演要旨集p82
    森 智夫、北野史朗、近藤隆一郎
  13. マンネンタケの抗男性ホルモン効果
    第123年会 日本薬学会(長崎)、3月27日〜3月29日
    (九大院生資環・森資科)藤田瑠美、劉潔、(九大院農院)近藤隆一郎、清水邦義、 (福岡県森林林業技セ)金子周平、(クロレラ工業)小西史子、隈本正一郎、 (やまやコミュニケーション)上田千恵、田尻寿利
  14. ニセアカシア(Robinia pseudoacacia)樹皮抽出物の皮膚刺激成分
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡)
    (九大院生資環)○吉田記代(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎、(関西酵素(株)) 中武良一、長畑哲二、(久留米大学医)安元慎一郎
  15. 1Phanerochaete chrysosporium の産生するマンガンペルオキシダーゼ活性に影響を及ぼす物質について
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡) 
    (九大院生資環)○扇剛士(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎
  16. 白色腐朽菌MG-60株の耐塩性機構
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡)
    (九大院生資環)○杉山智規(九大院農)堤祐司、近藤隆一郎
  17. マンネンタケの抗男性ホルモン効果〜系統および栽培段階の違いによる5α−リダクターゼ阻害活性への影響
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡)
    (九大院生資環・森資科)藤田瑠美、劉潔、(九大院農院)近藤隆一郎、清水邦義、 (福岡県森林林業技セ)金子周平、(クロレラ工業)小西史子、隈本正一郎、 (やまやコミュニケーション)上田千恵、田尻寿利
  18. 白色腐朽菌によるダイオキシン汚染土壌のバイオレメディエーションにおける土壌中有機成分の影響(ポスター)
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡) 
    (九大院生資環・森資科)城村真衣、(九大院農院)近藤隆一郎
  19. 国産樹木抽出物のメラニン生成抑制効果
    第53回日本木材学会大会、(412P) 2003年4月(福岡)
    (九大院生資環・森資科)福永晶子、(九大院農院)清水邦義、近藤隆一郎
  20. インドネシア産樹木からのチロシナーゼ阻害活性成分の探索
    2003年3月22−24日 第53回 日本木材学会大会  (福岡)
    (九大院生資環) ○安武政司
    (Mulawarman Univ.) Irawan W. Kusuma 
    (九大院農)  清水邦義、近藤隆一郎
  21. 沖縄のマングローブ樹より採取された担子菌の分類学的検討
    2003年5月31−6月1日 第47回 菌学会第47回大会 (札幌/北海道大学)
    須原弘登、金城一彦、前川二太郎、近藤隆一郎
  22. エリンギ(Pleurotus eryngii)のエストロゲン様活性
    2003年8月4−7日 第7回 日本応用きのこ学会(高崎健康福祉大学)
    山中 麻衣子、清水 邦義、(チッソ(株) 横浜研究所)筒井 元武、佐藤 郁夫 (福岡県森林林技セ)金子 周平、近藤隆一郎
  23. 「リグニンの脱水素重合とペルオキシダーゼの機能(招待講演)」
    平成15年度 日本木材学会・組織と材質研究会シンポジウム, 2003年8月, 京都
    堤 祐司
  24. ニセアカシア4-coumarate:CoA ligaseの基質特異性とリグニン生合成における役割
    第67回日本植物学会大会 2003年9月(札幌)
    堤 祐司、浜田 勝義、西口 朋子、福島 和彦、西田 友昭、近藤 隆一郎
  25. シナップ酸を投与したポプラカルスにおけるシリンギルリグニン生合成の活性化
    第67回日本植物学会大会 2003年9月(札幌)
    浜田 勝義、西田 友昭、福島 和彦、山内 一慶、堤 祐司
  26. 4位置換レゾルシノール誘導体のメラニン生成抑制効果
    2003年9月23−24日 第10回 日本木材学会九州支部大会  (鹿児島)
    (九大院生資環) ○安武政司 (九大院農)  清水邦義、近藤隆一郎
  27. 分子生物学的手法による担子菌類の同定と特異的検出
    2003年9月23−24日 第10回 日本木材学会九州支部大会  (鹿児島)
    ((財)有明環境整備公社) ○須原弘登、(九大農)近藤隆一郎、((財)菌じん研究所) 前川二太郎、((独)森林総研)服部力、(長崎県庁)久林高市
  28. 「ニセアカシア4CL遺伝子の単離と発現特性」
    2003年6月12日 2003年度 森林生態圏管理学(演習林)研究発表会 (福岡)口頭
    要旨集:p.7
    西口朋子、西田友昭、堤祐司、 近藤隆一郎
  29. 国産樹木抽出物のメラニン生成抑制効果
    2003年6月12日 2003年度 森林生態圏管理学(演習林)研究発表会 (福岡)口頭
    福永 晶子, 清水邦義, 近藤隆一郎
  30. 白色腐朽担子菌によるダイオキシンモデル化合物の代謝機構
    亀井一郎、原田和寿、森智夫(九大院生資環)、近藤隆一郎(九大院農)
    日本農芸化学会2004年度大会3月28−31(広島)
  31. Jie Liu, Rumi Fujida, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Kiyoshi Nouda, Shoichiro Kumamoto, Chie Ueda, Hisatoshi Tajiri, Syuhei Kaneko, Ryuichiro Kondo
    The Anti-androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    2004/3/14 ̄17 The XVIth International Congress on Science and Cultivation of Edible and Medicinal Fungi  (Miami, Florida, USA)
  32. マンネンタケの抗男性ホルモン効果
    2003年8月4−7日 第7回 日本応用きのこ学会(高崎健康福祉大学)
    劉潔、藤田瑠美、清水邦義、小西史子、野田潔、隈本正一郎、上田千恵、田尻寿利、金子周平、水海吉太郎、近藤隆一郎
  33. マンネンタケ抽出物の前立腺肥大抑制効果
    2003年9月12日〜13日 第50年回(東京)日本生薬学会
    劉潔、藤田瑠美、清水邦義、小西史子、野田潔、隈本正一郎、上田千恵、田尻寿利、金子周平、水海吉太郎、近藤隆一郎
  34. マンネンタケ抽出物の抗男性ホルモン効果
    2003年12月6日〜7日 第2回 日本機能性食品医用学会(滋賀県ピアザ淡海 県民交流センター)
    劉潔、藤田瑠美、清水邦義、小西史子、野田潔、隈本正一郎、上田千恵、田尻寿利、金子周平、水海吉太郎、近藤隆一郎
  35. マンネンタケからの5α-リダクターゼ阻害成分
    2004年3月28日〜31日 2004年度(平成16年度)日本農芸化学大会(広島大学)
    劉潔、清水邦義、金子周平、野田潔、小西史子、隈本正一郎、水海吉太郎、上田千恵、近藤隆一郎
  36. Molecular design and facile preparation of tyrosinase inhibitor based on polyphenols isolated from Moraceae plants (invited) XVth International Plant Protection Congress
    Beijinh, China, May 11-16, 2004
    Kuniyoshi Shimizu, Seiji Yasutake, Ryuichiro Kondo
  37. 高分子リグニン酸化能を有するペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cはポプラ木繊維の木化に関与する
    2004年3月27-29日 第45回植物生理学会年会 東京 口頭
    (九大・生資環) 佐々木慎弥、(京大・木研) 馬場啓一、(静大・農) 小川直人、西田 友昭、(九大・農) 堤祐司、近藤隆一郎

過去の研究業績