『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

原著論文(査読つき英語論文)

  1. Lignin dehydrogenative polymerization mechanism: a poplar cell wall peroxidase directly oxidizes polymer lignin and produces in vitro dehydrogenative polymer rich in beta-O-4 linkage.
    FEBS Letters 562: 197-201 (2004)
    S. Sasaki, T. Nishida, Y. Tsutsumi, R. Kondo.
  2. Arudonine, an allelopathic steroidal glycoalkaloid from the root bark of Solanum arundo Mattei
    Phytochemistry 65 (9) 1283-6 (2004)
    K. Fukuhara, K. Shimizu, I. Kubo
  3. Antibacterial activity of ent-kaurene diterpenoids from Rabdosia rosthornii.
    Phytother Res.18 (2): 180-3(2004)
    I. Kubo, Y Xu, K Shimizu
  4. Oxidation products of quercetin catalyzed by mushroom tyrosinase
    Bioorg. Med. Chem. 12:5343-5347 (2004)
    I kubo, K. Nihei K. Shimizu
  5. Resveratrol oligomers from the stem bark of Hopea bancana (Dipterocarpaceae)
    Bull. Soc. Nat. Prod. Chem. (Indonesia) 4:17-22 (2004)
    Tukiran, Sjamsul A. Achmad, Euis H. Hakim, Yana M. Syah, Lukman Makmur, Lia D. Juliawaty, K. Shimizu, K. Sakai
  6. 4-Coumarate:coenzyme A ligase in black locust (Robinia pseudoacacia) catalyses the conversion of sinapate to sinapoyl-CoA
    Journal of Plant Research 117(4) 303-310 (2004)
    K. Hamada, T. Nishida, K. Yamauchi, K. Fukushima, R. Kondo, Y. Tsutsumi

総説・著書

  1. 「キノコの化学成分」
    キノコ学への誘い
    海青社 p67-82(2004)
    清水邦義

国際会議等のプロシーディングス及び関連した出版物

  1. The Anti-androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    2004/3/14-17 The XVIth International Congress on Science and Cultivation of Edible and Medicinal Fungi  (Miami, Florida, USA)
    Science and Cultivation of Edible and Medicinal Fungi/ Romaine, Keil, Rinker & Royse (eds) 2004, 645-652
    Jie Liu, Rumi Fujida, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Kiyoshi Nouda, Shoichiro Kumamoto, Chie Ueda, Hisatoshi Tajiri, Syuhei Kaneko, Ryuichiro Kondo
  2. Melanin biosynthesis inhibitory activity of Indonesian plants
    2004/9/17-19 The Fifth International Wood Science Symposium (IWSS) (Kyoto, Japan)
    Sustainable Production and Effective Utilization of Tropical Forest Resources, Proceedings of the 5th International Wood Science Symposium JSPS-LIPI Core University Program in the Field of Wood Science, 2004, 324-329
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  3. 10-14 October 2004, International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, Durban, South Africa, p77-78 Yuji Tsutsumi, Shinya Sasaki, Kei’ichi Baba, Tomoaki Nishida, Ryuicihiro Kondo Isolation, expression, and localization profile of lignin polymer oxidizing cationic-cell-wall peroxidase in Poplus alba. L.
  4. Biodegradation of dioxin model compounds by white-rot fungi.
    10-14 October 2004, International Conference on Biotechnology in the Pulp and PaperIndustry, Durban, South Africa, p57-58
    Ichiro Kamei, Toshio Mori, Ryuichiro Kondo.

その他の出版物及び和文論文

  1. ”産学官連携研究紹介”、「九州大学大学院農学研究院森林圏環境資源科学講座における産学連携研究」
    2004、木科学情報 11(1), 5-6
    近藤隆一郎、清水邦義
  2. マンネンタケGanoderma lucidumによる前立腺肥大の抑制
    日本臨床代替医療学会誌(in press)
    小西史子、隈本正一郎、劉潔、清水邦義、近藤隆一郎、金子周平
  3. マンネンタケ抽出物の抗男性ホルモン効果
    機能性食品と薬理栄養, 2004, 2(2), 67-72
    劉潔、清水邦義、小西史子、野田潔、隈本正一郎、金子周平、水海吉太郎、近藤隆一郎

学会以外での講演・発表

  1. 「樹木・キノコの高機能性成分」
    2004年4月6日, 九州大学農学研究院・芸術工学研究院  合同シンポジウム「森林を創り、都市に活かす〜異分野との研究の接点を探る〜」、九州大学農学部5-117
    清水 邦義
  2. 「樹木抽出成分の多機能性生物活性と分子設計」
    平成16年度 森林先端協・ウッドケミカルス研究会, 2004年3月8日, 木材会館(東京)
    清水 邦義
  3. 「森林生物資源由来成分の多機能性生理活性と分子設計」
    フィトンチッド フォーラム 2004−フィトンチッドの多様な働きを科学する−, 2004年9月8日, 東京大学 弥生講堂(一条ホール)
    清水 邦義
  4. 「天然物の多機能性生理活性」
    日本生理人類学会 若手の会 , 2004年10月21日, 東京大学
    清水 邦義

修士論文

  1. 細胞結合性ペルオキシダーゼの発現特性と広葉樹木化機構の解明
    佐々木慎弥
  2. 耐塩性白色腐朽菌MG-60株の産生するマンガンペルオキシダーゼの発現特性
    大黒千映子
  3. シナップ酸に活性を有するニセアカシア4-coumarate:coenzyme A ligase遺伝子の単離
    西口朋子
  4. 白色腐朽菌によるダイオキシン汚染土壌の処理における土壌要因の影響
    平林徹也
  5. ナンキンハゼ(Sapium sebiferum)抽出物のメラニン生成抑制効果
    福永晶子
  6. エリンギ(Pleurotus eryngii)のエストロゲン様活性
    山中麻衣子

卒業論文

  1. マンネンタケの骨粗鬆症予防改善効果
    宮本以智子

国際学会発表

  1. Molecular design and facile preparation of tyrosinase inhibitor based on polyphenols isolated from Moraceae plants (invited) XVth International Plant Protection Congress
    Beijinh, China, May 11-16, 2004
    Kuniyoshi Shimizu, Seiji Yasutake, Ryuichiro Kondo
  2. The Anti-androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    2004/3/14-17 The XVIth International Congress on Science and Cultivation of Edible and Medicinal Fungi  (Miami, Florida, USA)
    Jie Liu, Rumi Fujida, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Kiyoshi Nouda, Shoichiro Kumamoto, Chie Ueda, Hisatoshi Tajiri, Syuhei Kaneko, Ryuichiro Kondo
  3. Melanin biosynthesis inhibitory activity of Indonesian plants
    2004/9/17-19 The Fifth International Wood Science Symposium (IWSS) (Kyoto, Japan)
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  4. Isolation, expression, and localization profile of lignin polymer oxidizing cationic-cell-wall peroxidase in Poplus alba. L.
    10-14 October 2004, International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, Durban, South Africa
    Yuji Tsutsumi, Shinya Sasaki, Kei’ichi Baba, Tomoaki Nishida, Ryuicihiro Kondo
  5. Biotransformation of dichloro- to tetrachlorodibenzo-p-dioxin by white-rot fingi.
    18-21 June, 2004.7th Biennial Symposium International Society for Environmental Biotechnology (Chicago, Illinois U.S.A)
    Ichiro Kamei, Ryuichiro Kondo.
  6. Biodegradation of dioxin model compounds by white-rot fungi.
    10-14 October 2004, International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, Durban, South Africa
    Ichiro Kamei, Toshio Mori, Ryuichiro Kondo.

学会発表

  1. 高分子リグニン酸化能を有するペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cはポプラ木繊維の木化に関与する
    2004年3月27-29日 第45回植物生理学会年会 東京 (口頭発表)
    (九大・生資環) 佐々木慎弥、(京大・木研) 馬場啓一、(静大・農) 小川直人、西田友昭、(九大・農) 堤祐司、近藤隆一郎
  2. マンネンタケからの5α-リダクターゼ阻害成分
    2004年3月28日〜31日 2004年度(平成16年度)日本農芸化学大会、広島大学(口頭発表)
    (九大院生資環)劉潔、(九大院農)清水邦義、(福岡県森林技術セ)金子周平、(クロレラ工業)野田潔、小西史子、隈本正一郎、(微創研)海吉太郎、上田千恵、近藤隆一郎
  3. エリンギ抽出物の骨密度改善効果
    2004年8月2−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)玉泉真弓、山中麻衣子、(チッソ(株))佐藤郁夫、筒井元武、(九大院農)清水邦義、佐藤匡夫、近藤隆一郎
  4. 薬用・食用キノコのアルドースレダクターゼ阻害活性
    2004年8月2−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院農)清水邦義、((株)TDK秋田研究所)神谷晋司、青山かおり、田中弘次(九大院農)近藤隆一郎
  5. マンネンタケ抽出物の骨密度改善効果
    2004年8月2−5日 日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)宮本以智子、(九大院農)清水邦義、佐藤匡央、近藤隆一郎
  6. 樹木タンニン類の5α-リダクターゼ阻害活性
    2004年8月2−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)劉潔、(九大院農)清水邦義、(森林総研)橋田光、牧野礼、大原誠資、(九大院農)近藤隆一郎
  7. Tyrosinase inhibiroty activity of Artocarpus woods
    2004年8月2−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)Enos Tangke Arung、(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎
  8. 樹木タンニン類のメラニン生成抑制効果
    2004年8月2−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)安藤亮、(森林総研)橋田光、牧野礼、大原誠資、(九大院農)近藤隆一郎
  9. 高分子リグニン酸化能を有するペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cの局在解析
    2004年8月3-5日、日本木材学会、札幌 (口頭発表)
    (九大院生資環) 佐々木慎弥、(京大生存研) 馬場啓一、(静大農) 西田友昭、(九 大院農) 堤祐司、近藤隆一郎
  10. 生物活性を指標とした高機能性バイオ新素材の開発(若手の会) 2004年8月3日、(平成15,16年度江間忠木材・江間忠合板研究助成採択プロジェクト)
    日本木材学会若手の会、札幌 (ポスター発表)
    (九大院農) 清水邦義、(森林総研) 橋田光、(北大院農) 岸本崇夫
  11. マンネンタケからの5α−リダクターゼ阻害成分
    2004年3月 28日〜31日、日本農芸化学会、広島 (口頭発表)
    (九大院生資環)劉潔、(九大院農) 清水邦義、近藤隆一郎、(福岡県森林林業技術センター)  金子周平、(クロレラ工業) 野田潔、小西史子、隈本正一郎、(微創研)水海吉太郎、(やまやコミュニケーションズ)上田千恵、
  12. ナンキンハゼ(Sapium sebiferum)抽出物のメラニン生成抑制成分
    2004年3月 28日〜31日、日本農芸化学会、広島 (口頭発表)
    (九大院農) 清水邦義、福永晶子、芦谷竜矢、近藤隆一郎
  13. 白色腐朽担子菌による四塩素化ダイオキシンの代謝
    2004年8月3−5日、日本木材学会、札幌(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  14. 高分子リグニン酸化能を有するペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cはポプラ木繊維の木化に関与する
    2004年6月17日、森林生態圏管理学(演習林)研究発表会、福岡(口頭発表)
    (九大院生資環) 佐々木慎弥、(京大生存研)馬場啓一、(静大農) 西田友昭、(九大院 農) 堤祐司、近藤隆一郎
  15. 干しシイタケ抽出物のメラニン生成抑制効果
    2004年6月17日、森林生態圏管理学(演習林)研究発表会、福岡(口頭発表)
    (九大院生資環)安藤亮、(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎
  16. 干しシイタケ抽出物のメラニン生成抑制効果
    2004年5月28〜30日、日本菌学会、長崎(口頭発表)
    (九大院生資環)安藤亮、(九大院農)清水邦義、(関西酵素(株))冨田健次、藤本淳一、長畑哲二、(九大院農)近藤隆一郎
  17. マンネンタケエタノール抽出物の骨密度改善効果
    2004年8月31日〜9月2日、日本キノコ学会第8回大会 近畿大学農学部、奈良(口頭発表)
    (九大院生資環)宮本以智子、(九大院農)清水邦義、佐藤匡央、近藤隆一郎
  18. 薬用・食用キノコからのアルドースレダクターゼ阻害作用を有する素材の探索
    2004年8月31日〜9月2日、日本キノコ学会第8回大会 近畿大学農学部、奈良(口頭発表)
    (TDK秋田研究所)青山かおり、田中弘次、神谷晋司、(福岡県森林技術セ)金子周平、 (九大院農)清水邦義、近藤隆一郎
  19. [14C] 2,7-dichlorodibenzo-p-dioxinの代謝試験による白色腐朽担子菌のダイオキシ ン分解機構の推定
    2004年9月21日〜23日 日本生物工学会平成16年度大会 名古屋 (口頭発表)
    (九大院・生資環)原田和寿、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  20. 高分子リグニン形成を触媒するペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cのポプラ(Populus alba L.)における発現と局在
    2004年,9月9-12日 日本植物学会 藤沢 要旨集p135 (口頭発表)
    (九大院・農)堤祐司、佐々木慎弥、(京大・生存研)馬場啓一、(静大・農)西田友昭、(九大院・農)近藤隆一郎
  21. 樹木の細胞壁構築に関わるペルオキシダーゼアイソザイムの特性 繊維学会
    2004年9月30日-10月1日 繊維学会 熊本 要旨集p163 (ポスター発表)
    (九大院農)堤祐司、佐々木慎弥、近藤隆一郎(京大生存研)馬場啓一、(静大農)西田友昭
  22. ポプラペルオキシダーゼ遺伝子の単離とそれらのストレス誘導発現解析
    2004年11月18−19日、第49回リグニン討論会、つくば(口頭発表)、要旨集p25-28
    (九大院生資環)森永紗也佳、佐々木慎弥、(森林総研)楠城時彦、篠原健司、(九大院農)堤祐司、近藤隆一郎
  23. 白色腐朽担子菌とその菌体外酵素による異常プリオンタンパクの分解
    2004年11月18日〜19日 第49回 リグニン討論会、  筑波大学(口頭発表)要旨集 P113-116
    (九大農)岩村 翼、山口 同  (九大院農) 堤 祐司 (九大院医) 松浦 裕一、毛利 資郎 (九大院農) 近藤 隆一郎
  24. 白色腐朽担子菌による塩素化ダイオキシン類の分解特異性
    2004年11月18−19日、第49回リグニン討論会、つくば(ポスター発表)、要旨集p165-166
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  25. 白色腐朽担子菌による塩素化ダイオキシンの推定代謝経路
    2004年11月17−19日、第15回廃棄物学会研究発表会、高松(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  26. 森林系環境要素が人にもたらす生理的効果についての研究
    2004年12月11日、第30回人類働態学会西日本地方会、沖縄(口頭発表)
    (九大院芸工)野口朱里、橋富加奈、堀之内一彦、小崎智照、石橋圭太、(九大院農)清水邦義、(森林総研)香川隆英、宮崎良文、(九大院芸工)安河内朗

学会以外の発表

  1. 霊芝の前立腺肥大症抑制効果に着目した機能性食品の開発
    2004年11月26日(金)九州食農連携「異業種交流会」・産学官連携「技術成果発表会」〜アグリビジネス創出フェア〜、(財)福岡県中小企業振興センター(多目的ホール)(福岡市)、ポスター発表
    九州大学大学院農学研究院、クロレラ工業株式会社、福岡県森林林業技術センター、有限会社 微創研

過去の研究業績