『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2005年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. The effect of strain, growth stage and cultivationg condition of Ganoderma lucidum on 5a-reductase inhibition
    J. Wood Sci. 51(2), 189-192 (2005)
    J. Liu, R. Fujita, M. Sato, K. Shimizu, F. Konishi, K. Noda, S. Kumamoto, C. Ueda, H. Tajiri, S. Kaneko, Y. Suimi, R. Kondo
  2. Screening of Indonesian plants for tyrosinase inhibitory activity
    J. Wood Sci. 51(5), 520-525 (2005)
    Enos T. Arung, Irawan W. Kusuma, Yetti M. Iskandar, S. Yasutake, K. Shimizu, R. Kondo
  3. Biotransformation of Dichloro-, Trichloro- and Tetrachlorodibenzo-p-dioxin by the White Rot Fungus Phlebia lindtneri
  4. Oligostilbenoids from the stem bark of Shorea selanica Blume (Dipterocarpaceae)
    Malaysian Journal of Science (MJS), 24 (1), 27-35 (2005)
    Tukiran, S.A. Achmad, E.H. Hakim, Y.M. Syah, L. Makmur, L.D. Juliawaty, K. Shimizu, and K. Sakai.
  5. Oligostilbenoids from Shorea balangeran
    Biochemical systematic and Ecology (BSE), 33, 631-634(2005)
    Tukiran, S.A. Achmad, E.H. Hakim, L. Makmur, K. Sakai, K. Shimizu, and Y.M. Syah
  6. The effect of chlorophorin and its derivatives on melanin biosynthesis
    Holzforschung 59, 514-518 (2005)
    Enos T. Arung, K. Yoshikawa., K. Shimizu, R. Kondo
  7. Anti-androgenic activities of Ganoderma lucidum
    J. Ethnopharmacol. 102, 107-112 (2005)
    R. Fujita, J. Liu, K. Shimizu, F. Konishi, K. Noda, S. Kumamoto, C. Ueda, H. Tajiri, S. Kaneko, Y. Suimi, R. Kondo
  8. Phylogenetical Approach to Isolation of White-rot Fungi Capable of Degrading Polychlorinated Dibenzo-p-dioxin
  9. Decolorization of alcohol distillery wastewater by thermotolerant white rot fungi.
    Prikl. Biokhim. Mikrobiol. 41, 662-667 (2005)
    P. Chairattanamanokorn, T. Imai, R. Kondo, M. Sekine, T. Higuchi, M. Ukita

総説・著書

  1. 「樹木抽出成分の生理作用と効用」
    木材学会誌 Vol.51 No1, p.50-51(2005)
    近藤 隆一郎
  2. 「白髪・脱毛・育毛の実際」
    p.155-163, 潟Gヌ・ティー・エス(2005)
    近藤 隆一郎
  3. 「食品の機能性分析」
    p. 227-233, 蒲ャ通システム研究センター(2005)
    近藤 隆一郎

受賞等

  1. 「塩素化ダイオキシン類分解における白色腐朽担子菌Phlebia brevisporaの特異性」
    黎明研究者賞受賞(日本木材学会九州支部)
    亀井 一郎

国際会議等のプロシーディングス及び関連した出版物

  1. Characterization of a cationic cell-wall-bound peroxidase responsible for the dehydrogenative polymerization of lignin in Populus alba
    L. May 16-19 2005, Auckland, New Zealand,
    Proceedings of the ISWPFC 2005: vol2 445-452
    Shinya Sasaki, Kei’ichi Baba, Tomoaki Nishida, Yuji Tsutsumi, Ryuichiro Kondo
  2. Melanin biosynthesis inhibitory activity of chlorophorin and its derivative, IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Proceedings of the 6th International Wood Science Symposium, LIPI-JSPS Core University Program in the Field of Wood Science 2005:400-404
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, and Ryuichiro Kondo
  3. Bioactivity of water and ethanol extracts of Jackfruit (Artocarpus heterophyllus) wood, bark and leaves and its mistletoe (Macrosolen cochinchinensis)
    IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Proceedings of the 6th International Wood Science Symposium, LIPI-JSPS Core University Program in the Field of Wood Science 2005:340-345
    Nina Artani, Indra Yudistira, Muhammad Hanafi, Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu and Ryuichiro Kondo
  4. Anti-androgenic and estrogen-like activities of Ganoderma lucidum
    IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Proceedings of the 6th International Wood Science Symposium, LIPI-JSPS Core University Program in the Field of Wood Science 2005:424-428
    Kuniyoshi Shimizu, Jie Liu, Ichiko Miyamoto and Ryuichiro Kondo
  5. Multifunctional biological activity of natural products from forest resources
    8th Indonesian Wood Research Society (IWoRS), September 3-5 2005:K2 , Tenggarong, Indonesia
    Kuniyoshi Shimizu
  6. Biotransformation of dioxin compounds in soil by white-rot fungi
    8th Indonesian Wood Research Society (IWoRS), 6-9 June 2005. The Eighth International In Situ and On-Site Bioremediation Symposium (Baltimore, Maryland, USA). Proceeding in press.
    Ichiro Kamei, Ryuichiro Kondo

その他の出版物及び和文論文

  1. 「霊芝の前立腺肥大・骨粗鬆症改善効果」
    FFI ジャーナル(Foods & Food Ingredients Journal of Japan) (in press)
    清水 邦義、劉 潔、宮本 以智子、近藤 隆一郎

修士論文

  1. 樹木タンニン類の多機能性生理活性発現機構の解明
    安藤 亮
  2. 樹木のストレス応答に関与するペルオキシダーゼアイソザイムの発現解析
    森永紗也佳

卒業論文

  1. 白色腐朽菌の菌体外酵素による異常プリオンタンパクの分解と分解酵素の検索
    岩村翼
  2. マツ材線虫病耐性に関与する抵抗性クロマツの二次代謝物の検索
    梶原 洵子
  3. 生活習慣病予防・改善効果を有する天然素材の探索
    竹野 明香

国際学会発表

  1. Characterization of a cationic cell-wall-bound peroxidase responsible for the dehydrogenative polymerization of lignin in Populus alba L. ISWPFC
    May 16-19 2005, Auckland, New Zealand
    Shinya Sasaki, Kei’ichi Baba, Tomoaki Nishida, Yuji Tsutsumi, Ryuichiro Kondo
  2. Melanin biosynthesis inhibitory activity of chlorophorin and its derivative
    IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, and Ryuichiro Kondo
  3. Bioactivity of water and ethanol extracts of Jackfruit (Artocarpus heterophyllus) wood, bark and leaves and its mistletoe (Macrosolen cochinchinensis)
    IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Nina Artani, Indra Yudistira, Muhammad Hanafi, Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu and Ryuichiro Kondo
  4. Anti-androgenic and estrogen-like activities of Ganoderma lucidum
    IWSS (The Sixth International Wood Science Symposium), August 29-31 2005, Bali, Indonesia
    Kuniyoshi Shimizu, Jie Liu, Ichiko Miyamoto and Ryuichiro Kondo
  5. Anti-androgenic and estrogen-like activities of Ganoderma lucidum
    8th Indonesian Wood Research Society (IWoRS), September 3-5 2005, Tenggarong, Indonesia
    Kuniyoshi Shimizu, Jie Liu, Ichiko Miyamoto and Ryuichiro Kondo
  6. Melanin biosynthesis inhibitory activity of chlorophorin and its derivative
    8th Indonesian Wood Research Society (IWoRS), September 3-5 2005, Tenggarong, Indonesia
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, and Ryuichiro Kondo
  7. Multifunctional biological activity of natural products from forest resources (Key note lecture, invited)
    8th Indonesian Wood Research Society (IWoRS), September 3-5 2005, Tenggarong, Indonesia
    Kuniyoshi Shimizu
  8. Identification of a Cationic Cell-wall-peroxidase having oxidation ability for Polymeric substrate in Populus alba L.
    International Peroxidase Symposium 2005, Fukuoka, Japan 11-15 September 2005 (poster)
    Shinya Sasaki, Baba Kei’ichi, Nishida Tomoaki,Tsutsumi Yuji, Kondo Ryuichiro
  9. Biotransformation of dichloro- to tetrachlorodibenzo-p-dioxin by white-rot fingi. 23-26 January 2005.
    The International Conference on Environmental Science and Technology American Academy of Sciences (New Orleans, Louisiana, USA)(poster)
    Ichiro Kamei, Ryuichiro Kondo.
  10. Phase 1 study of a methanol extract of Ganoderma lucidum, edible and medicinal mushroom, in men with mild symptoms of bladder outlet obstruction
    the Scientific Programme Committee of the SIU Meeting on Prostatic Disease (September 29-October 1, 2005 in Bariloche,Argentina)
    Masanori Noguchi, Tatsuyuki Kakuma, Katsuro Tomiyasu, Fumiko Konishi, Shoichiro Kumamoto, Ryuichiro Kondo, Kei Matsuoka
  11. Bioremediation potential of white-rot fungi
    IAWPS2005 International Symposium on Wood Science and Technologies (17-22 November 2005 Yokohama, Japan )
    Ryuichiro Kondo, Miyuki Maruyoshi, Ichiro Kamei

学会発表

  1. 白色腐朽担子菌Phlebia
    brevispora
    によるCNP製剤の処理
    2005年3月16−18日、日本木材学会、京都(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  2. 白色腐朽菌による種々の塩素化芳香族化合物の分解特性について
    2005年3月16−18日、日本木材学会、京都(口頭発表)
    (九大院生資環)丸吉美幸、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  3. 白色腐朽担子菌によるダイオキシン汚染土壌処理の特性について
    2005年3月16−18日、日本木材学会、京都(口頭発表)
    (九大院生資環)原田和寿、亀井一郎、(福大工)坂口潤、(福大院工)宮原喬志、鈴木慎也、松藤康司、(九大院農)近藤隆一郎
  4. 樹木タンニン類のB16メラノーマ細胞における細胞増殖および色素形成に及ぼす影響
    2005年3月16−18日、日本木材学会、京都(口頭発表)
    (九大院農)清水邦義、安藤亮、(森林総研)橋田光、牧野 礼、大原 誠資、(九大院農)近藤隆一郎
  5. ポプラペルオキシダーゼ遺伝子のストレス誘導性および部位特異性について
    2005年3月16-18日、第55回日本木材学会、京都(口頭発表)
    (九大院生資環)森永紗也佳、(森林総研)楠城時彦、篠原健司、(九大院農)堤祐司、近藤隆一郎
  6. ストレス応答におけるポプラペルオキシダーゼ遺伝子の発現誘導および部位特異性
    2005年3月24-26日、第46回日本植物生理学会、新潟(口頭発表)
    (九大院農)堤祐司、(九大院生資環)森永紗也佳、(森林総研)楠城時彦、篠原健司、(九大院農)近藤隆一郎
  7. 樹木タンニン類のB16メラノーマ細胞に及ぼす影響
    2005年3月28-30日、日本農芸化学会、札幌(ポスター発表)
    (九大院農)清水邦義、安藤亮、(森林総研)橋田光、牧野礼、大原誠資、(九大院農)近藤隆一郎
  8. 塩素化ダイオキシン類分解における白色腐朽担子菌Phlebia brevisporaの特異性
    2005年8月22-23日、第12回日本木材学会九州支部大会、宮崎(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  9. ダイオキシン含有土壌中における白色腐朽担子菌の挙動
    2005年8月22-23日、第12回日本木材学会九州支部大会、宮崎(ポスター発表)
    (九大院生資環)原田和寿、亀井一郎、(福大院工)鈴木慎也、松藤康司、(九大院農)近藤隆一郎
  10. ポプラペルオキシダーゼの網羅的解析-クローニングと発現解析-
    2005年9月21日-23日、日本植物学会、富山 (口頭)
    (九大院農)堤祐司、(九大農)江藤祐、(九大院農)佐々木慎弥、芦谷竜矢、近藤隆一郎
  11. 植物ペルオキシダーゼの生理学的役割解明に向けたプロテオミクス
    2005年10月19-20日、リグニン討論会、名古屋 (口頭発表)
    (九大院生資環)佐々木慎弥、(九大農)江藤祐、(九大院農)志水元亨、割石博之、堤祐司、近藤隆一郎
  12. 白色腐朽菌Phlebia brevisporaによるPCBの代謝変換
    2005年10月19‐20日、リグニン討論会、名古屋(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(麻布大学環境保健学部)其木茂則、(第一薬科大学)原口浩一、(九大院農)近藤隆一郎
  13. 木材腐朽菌によるPVAフィルムの分解
    2005年10月19‐20日、リグニン討論会、名古屋(口頭発表)
    (九大院生資環)魯風、近藤隆一郎、(クラレくらしき研究所)二階堂祐子、岡 桂子、檜垣達彦
  14. 白色腐朽菌による塩素系芳香族化合物の分解における菌体内・菌体外酵素の役割について
    2005年10月19‐20日、リグニン討論会、名古屋(ポスター発表)
    (九大院生資環)丸吉美幸、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  15. 白色腐朽菌によるダイオキシン汚染土壌の処理
    2005年10月19‐20日、リグニン 討論会、名古屋(ポスター発表)
    (九大院生資環)原田和寿、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  16. 白色腐朽担子菌の系統解析とダイオキシン分解性
    2005年10月19‐20日、リグニン討論会、名古屋(ポスター発表)
    (九大院生資環)渡邊昌司、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎 
  17. マンネンタケ(Ganoderma lucidum)エタノール抽出物による骨粗鬆症予防効果
    2005年12月3日、第4回日本機能性食品医用学会総会、東京慈恵会医科大学(東京都)(口頭発表)
    (九大院農)近藤隆一郎、(九大院生資環)宮本 以智子、(九大院農)清水 邦義、(九大院歯)久木田敏夫
  18. 白色腐朽担子菌によるクロロニトロフェン(CNP)製剤の直接処理
    2005年10月31日〜11月2日、第16回廃棄物学会研究発表会、仙台(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  19. ダイオキシン類汚染土壌における白色腐朽菌の動態と分解性に関する研究
    2005年10月31日〜11月2日、第16回廃棄物学会研究発表会、仙台(口頭発表)
    (福大院工)宮原喬志、鈴木慎也、松藤康司、(九大院生資環)原田和寿、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  20. 白色腐朽担子菌Phlebia brevisporaによる酸化的脱塩素を伴うコプラナーPCBsの代謝変換
    2005年11月15−17、日本生物工学会大会、つくば(口頭発表)
    (九大院生資環)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  21. マツ材線虫病抵抗性クロマツにおける抵抗性要因の検索
    日本森林学会九州支部大会 2005年10月28−29日 熊本市 (口頭発表)
    ○梶原 洵子、森 康浩、大平 峰子、堤 祐司、近藤 隆一郎

学会以外の発表

  1. 「住環境への応用を指向した森林の発する成分の人体への生理作用に対する影響の評価」
    2005年4月18日、 21世紀COEプログラム
    第2回 フォーラム「循環型住空間システムの構築」(福岡市)(九州大学箱崎キャンパス 国際ホール)(口頭)
    (九大院農)清水邦義、(九大院芸工)石橋圭太
  2. 「モデル植物によるCO2の積極的固定化に関する研究-細胞壁構築に関与するペルオキシダーゼアイソザイムの同定とその遺伝子発現を制御した形質転換ポプラの作製−」
    2005年4月18日、 21世紀COEプログラム  第2回 フォーラム「循環型住空間システムの構築」(福岡市)(九州大学箱崎キャンパス 国際ホール)(ポスター)
    (九大院農)佐々木慎弥
  3. 「樹皮から抽出したタンニン類の生理活性」
    2005年4月18日、 21世紀COEプログラム  第2回 フォーラム「循環型住空間システムの構築」(福岡市)(九州大学箱崎キャンパス 国際ホール)(ポスター)
    (九大院農)劉 潔
  4. 「キノコの機能性成分について」
    2005年5月20日、第15回西日本食品総合機械展・西日本厨房機械展、マリンメッセ福岡(福岡市)(セミナー講演)
    近藤隆一郎
  5. 「樹木抽出成分の緩和・多機能性生理活性」
    2005年6月9日、第4回 木材成分の化学的総合利用研究会、宮崎大学工学部(宮崎県)(研究会講演)
    清水邦義
  6. 「霊芝の多機能性生理活性〜高齢性ホルモン疾患予防・改善効果に着目して」
    2005年6月26日、第54回 日本食品保蔵科学会大会シンポジウム、関東学院大学金沢八景キャンパス(神奈川県)(シンポジウム講演)
    清水邦義
  7. Multifunctional Biological Activity of Natural Products from Forest Resources (Lecture)
    September 1, 2005, Mulawawarman University, Mulawarman, Indonesia
    Kuniyoshi Shimizu
  8. 「ダイオキシンを高度に分解する白色腐朽担子菌の探索と分解機構」
    2005年9月10日 2005年度麻布大学 生物科学総合研究所 ハイテク・リサーチ・センター 公開セミナー 麻布大学(神奈川県)(セミナー講演)
    亀井 一郎
  9. 「生物活性を指標とした高機能性バイオ新素材の開発」
    2005年11月10日 「江間忠木材・江間忠合板研究助成制度」助成プロジェクト発表会
    新木場振興「新木場ホール」(東京)
    清水 邦義

過去の研究業績