『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2006年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. 5a-reductase inhibitory effects of triterpenoids isolated from Ganoderma lucidum.
    Biol. Pharm. Bull. 29, 392-395 (2006)
    J. Liu, K. Kurashiki, K. Shimizu, R. Kondo
  2. Metabolism of 4,4′-dichlorobiphenyl by white-rot fungi Phanerochaete chrysosporium and Phanerochaete sp. MZ142
  3. Ganoderic acid TR, a new lanostanoid with 5a-reductase inhibitory activity from the fruiting body of Ganodema lucidum
    Natural Product Communications 1(5) 345-350 (2006)
    J. Liu, K. Shimizu, R. Kondo
  4. Estrogen-like activity and prevention effect of bone loss in calcium deficient ovariectomized rats by the extract of Pleurotus eryngii
    Phytotherapy Res. 20, 659-664 (2006)
    K. Shimizu, M. Yamanaka, M. Gyokusen, S. Kaneko,M. Tsutsui, J. Sato, I. Sato, M. Sato, R. Kondo
  5. Inhibitory Effect of Isoprenoid-substituted Flavonoids Isolated from Artocarpus heterophyllus on Melanin Biosynthesis
    Planta Med. 72, 847-850 (2006)
    Enos T. Arung, K. Shimizu, R. Kondo
  6. Simultaneous degradation of commercially produced CNP herbicide and of contaminated dioxin by treatment using the white-rot fungus Phlebia brevispora
  7. Inhibitory effect of Artocarpanone from Artocarpus heterophyllus on melanin biosynthesis
    Biol. Pharm. Bull. 29, 1966-1969 (2006)
    Enos T. Arung, K. Shimizu, R. Kondo
  8. Fungal bioconversion of toxic polychlorinated biphenyls by white-rot
    fungus Phlebia brevispora
    Appl. Microbiol. Biotechnol. 73, 932-940 (2006)
    I. Kamei, S. Sonoki, K. Haraguchi, R. Kondo
  9. The cationic cell-wall-peroxidase having oxidation ability for polymeric substrate participates in the late stage of lignification of Populus alba L
    Plant Mol. Biol. 62(6), 797-807 (2006)
    S. Sasaki, K. Baba, T. Nishida, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  10. Structure activity relationship for inhibition of 5a-reductase by triterpenoids isolated from Ganoderma lucidum
    Bioorg. Med. Chem.14 (24), 8654-60 (2006)
    J. Liu, K. Kurashiki, K. Shimizu, R. Kondo
  11. Briononic acid from the hexane extract of Sandoricum koetjape Merr. stem bark (Meliaceae)
    Indo. J. Chem. 6(3), 304-306 (2006)
    Tukiran, Saidah, Suyatno, Nurul Hidayati, K Shimizu
  12. Hemsleyanoside F, an oligoresveratrol glucoside from the stem bark of Shorea parvistipulata F. Heim.
    Bull. Soc. Nat. Prod. Chem. (Indonesia) 6, 7-12 (2006)
    Tukiran, K. Sakai, K. Shimizu, S.A. Achmad

総説・著書

  1. 「霊芝の前立腺肥大・骨粗鬆症改善効果」
    FFI ジャーナル(Foods & Food Ingredients Journal of Japan) 211(2) 124-133 (2006)
    清水 邦義、劉 潔、宮本 以智子、近藤 隆一郎
  2. 「超高齢化社会に向けて林産研究者が何をすべきか?〜霊芝(キノコ)の高齢性疾患(前立腺肥大症)予防・改善効果」
    木科学情報 12(3) 28-32 (2005)
    清水 邦義、劉 潔、近藤 隆一郎
  3. 「きのこによるダイオキシン、PCBの分解」
    バイオインダストリー 23(12)68-76 (2006)
    近藤 隆一郎、亀井 一郎

国際会議等のプロシーディングス及び関連した出版物

  1. Analysis of Changes in the Intensities of Spontaneous Ultraweak Photon Emission during the Growth of the Cell Population of Cultured HeLa Cell Line
    WC 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (The Triennial World Congress of IUPESM, The 15th ICMP of IOMP, The 21st ICMBE of IFMBE), August 27-September 1, 2006, Seoul, Korea Proceedings of the WC 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (The Triennial World Congress of IUPESM, The 15th ICMP of IOMP, The 21st ICMBE of IFMBE) 2006:53
    Jungdae Kim, Yong-ung Kim, Young Joo Lee, Jaehong Han, Hyeran You, Ryuichiro Kondo, Seung Ki Lee, and Kwang-Sup Soh
  2. 9a-Hydroxylation of Steroids by Resting Rhodococcus equi Cells
    2006 International Symposium and Annual Meeting of the KSABC: Applied Biological and Environmental Chemistry, October 26-27 2006, Gyeongju, Korea Proceedings of the 2006 International Symposium and Annual Meeting of the KSABC 2006:72-76
    Yong-ung Kim, Jaehong Han, Kuniyoshi Shimizu, Enos Tangke Arung, Sri Fatmawati, Yuji Tsutsumi, Sang Sup Lee, and Ryuichiro Kondo

その他の出版物及び和文論文

  1. マツ材線虫病抵抗性挿し木苗の生産における採穂個体へのマツノザイセンチュウ接種検定の有効性
    日本森林学会誌 88(3) 197-201 2006
    (福岡県森林技セ)森康浩・宮原文彦・ (東京大学北海道演習林)後藤晋
  2. 黎明研究者賞を受賞して(1)
    木科学情報  12(2) p 17 (2005)
    (九州大学大学院生物資源環境科学府)亀井 一郎
  3. マンネンタケ(Ganoderma lucidum)エタノール抽出物による骨粗鬆症予防効果
    機能性食品と薬理栄養  4(1) 29-36 (2006)
    清水邦義、宮本以智子、塩野 順、佐藤 匡央、久木田明子、久木田敏夫、近藤隆一郎

講演等

  1. 森林生物資源からの毛髪作用物質の探索
    日本農芸化学会 2006年3月25日-28日 京都(シンポジウム講演)
    (九大院農)近藤隆一郎

博士論文

  1. Fungal metabolism involved in degradation of polychlorinated dioxins and biphenyls by white-rot fungi
    (白色腐朽菌による塩素化ダイオキシンおよびビフェニルの分解に関与する代謝変換)
    亀井 一郎
  2. Anti-androgen Effect of Ganoderma lucidum
    (マンネンタケの抗男性ホルモン効果)
    劉 潔

修士論文

  1. 「白色腐朽担子菌によるダイオキシン汚染水田土壌の処理」
    原田 和寿
  2. 「塩素系芳香族化合物の分解における白色腐朽菌の種特異性」
    丸吉 美幸
  3. 「マンネンタケ ( Ganoderma lucidum) 抽出物による卵巣摘出ラットの骨密度低下抑制効果」
    宮本 以智子
  4. 「白色腐朽菌MG-60株が産生するNaClで誘導されるマンガンペルオキシダーゼの特性と発現機構」
    矢野 孝幸
  5. 「木材腐朽菌によるPVAフィルムの分解」
    魯 風
  6. 「更年期障害の予防改善効果を有する天然物素材の探索」
    玉泉 真弓
  7. 「ニセアカシアシリンギルリグニン生合成の多様性とケイヒ酸経路の機能」
    植田 幸恵

卒業論文

  1. 「ポプラペルオキシダーゼ遺伝子の網羅的単離と転写解析」
    江藤 祐
  2. 「オイルパーム材のバイオマスエネルギーとしての可能性評価」
    大久保 篤史

国際学会発表

  1. The effect of rooted cutting propagation of non-damaged Japanese black pine through the inoculation test with pine wood nematode on nematode-resistant plant production.
    July 10-14 2006, Risbone, Portuguesa
    Yasuhiro Mori, Fumihiko Miyahara, Susumu Goto
  2. Analysis of Changes in the Intensities of Spontaneous Ultraweak Photon Emission during the Growth of the Cell Population of Cultured HeLa Cell Line
    WC 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (The Triennial World Congress of IUPESM, The 15th ICMP of IOMP, The 21st ICMBE of IFMBE), August 27-September 1, 2006, Seoul, Korea
    Jungdae Kim, Yong-ung Kim, Young Joo Lee, Jaehong Han, Hyeran You, Ryuichiro Kondo, Seung Ki Lee, and Kwang-Sup Soh
  3. 9a-Hydroxylation of Steroids by Resting Rhodococcus equi Cells
    2006 International Symposium and Annual Meeting of the KSABC: Applied Biological and Environmental Chemistry, October 26-27 2006, Gyeongju, Korea
    Yong-ung Kim, Jaehong Han, Kuniyoshi Shimizu, Enos Tangke Arung, Sri Fatmawati, Yuji Tsutsumi, Sang Sup Lee, and Ryuichiro Kondo
  4. Prevention Effect of Bone Loss in Calcium Deficient Ovariectomized Rats by the Ethanol Extract of Ganoderma lucidum
    2006' International Symposium for Pharmaceutical Sciences in Beijing, Octorber 11-12 2006, Peking, China
    Kuniyoshi SHIMIZU, Ichiko MIYAMOTO, Ryuichiro KONDO
  5. Anti-androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    2006' International Symposium for Pharmaceutical Sciences in Beijing, Octorber 11-12 2006, Peking, China
    Jiu LIU, Kuniyoshi SHIMIZU, Fumiko KONISHI, Shoichiro KUMAMOTO, Ryuichiro KONSO
  6. Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis-(4-chlorophenyl) Ethane (DDT) by Two Brown Rot Fungi
    15th Indonesia Scientific Conference 2006 in Japan, Hiroshima University, Hiroshima, Japan. August 2006.
    Adi S. P, I. Kamei, R. Kondo,

学会発表

  1. ポプラペルオキシダーゼのプロテオーム解析
    (九大院農) 佐々木慎弥、志水元亨、割石博之、堤祐司、近藤隆一郎
    日本植物生理学会 2006年3月19日-21日 つくば市 (口頭発表)
  2. ニセアカシアのシリンギルリグニン生合成経路
    (九大院農)植田幸恵(京大生存圏)中坪朋文,梅澤俊明,(九大院農)堤祐司,近藤隆一郎
    日本植物生理学会 2006年3月19日-21日 つくば市 (口頭発表)
  3. 白色腐朽担子菌による異常プリオンタンパクの分解
    日本農芸化学会 2006年3月25日-28日 京都(口頭発表)
    (九大院生資環)岩村 翼、堤 祐司、近藤 隆一郎、(九大院医)松浦 裕一、毛利 資郎
  4. 白色腐朽菌によるpolychlorinated biphenyls (PCBs) 分解経路
    日本農芸化学会 2006年3月25日-28日 京都(口頭発表)
    (九大院生資環)岸本 雅樹、亀井 一郎、近藤 隆一郎
  5. 弱病原性のマツノザイセンチュウを予め接種したマツは本当に強いのか?
    日本森林学会 2006年4月1日-4日 東京農業大学 世田谷区 (ポスター発表)
    (福岡県森林技セ)森康浩、宮原文彦、(九大院農)堤祐司,近藤隆一郎
  6. マツ材線虫病抵抗性の発現に関与するクロマツ抽出物の検索
    日本森林学会 2006年4月1日-4日 東京農業大学 世田谷区 (ポスター発表)
    ○(九大院農)梶原 洵子、(福岡県森林林業技セ)森康浩、(林育セ九州)大平峰子、(九大院農)堤 祐司、近藤 隆一郎
  7. ポプラ酸性ペルオキシダーゼ群の転写および翻訳解析
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院農)佐々木慎弥、志水元亨、割石博之、堤 祐司、 近藤 隆一郎
  8. 白色腐朽菌の培養条件および菌種によって異なるPCB分解経路の特徴
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大・VBL) ◯亀井一郎、九大院・農 近藤隆一郎
  9. Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis-(4-chlorophenyl) Ethane (DDT) by Brown Rot Fungi
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院農) ◯Adi Setyo Purnomo、亀井一郎、近藤隆一郎
  10. ポプラペルオキシダーゼ遺伝子の網羅的単離と転写解析
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院生資環)○江藤 祐、(九大院農)佐々木慎弥、堤祐司、近藤隆一郎
  11. Effect of Isoprenoid-substituted Flavonoids Isolated from Artocarpus heterophyllus on Melanin Biosynthesis
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院農)Enos Tangke Arung、○清水邦義、近藤隆一郎
  12. マツ材線虫病抵抗性クロマツ抽出成分の抵抗性の関与
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院生資環)○梶原洵子、(福岡県森林林業技セ)森康浩、(林育セ九州)大平峰子、(名大院生命農)斉藤香織、福島和彦、(九大院農)堤祐司、近藤隆一郎
  13. マンネンタケからの5α−リダクターゼ阻害成分
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院農)○劉 潔、清水邦義、近藤隆一郎
  14. Rhodococcus equiによるテストステロンから9α−水酸化ステロイドへの変換
    日本木材学会 2006年8月8日-10日 秋田市(口頭発表)
    (九大院農)○金 容雄、清水邦義、堤祐司、近藤隆一郎(ソウル大院薬)Seung Ki Lee, Sang Sup Lee、(韓国中央大生命環境研)Jaehong Han
  15. ポプラペルオキシダーゼの網羅的解析(2) 〜転写およびプロテオーム解析〜
    日本植物学会 2006年9月14-16日 熊本 (口頭発表)
    (九大院・農) 堤 祐司,佐々木 慎弥,江藤祐,近藤 隆一郎
  16. 霊芝(Ganoderma lucidum)の前立腺肥大抑制効果
    第十回日本キノコ学会 2006年9月20-21日 秋田県立大学秋田キャンパス (口頭発表)
    (九大院・農)清水 邦義、劉 潔、田村 貞明、(クロレラ工業) 野田潔、小西史子、隈本正一郎、(福岡県森林林業技術センター)金子周平、(微創研)水海吉太郎、(九大院・農)近藤 隆一郎
  17. 細胞壁結合性ペルオキシダーゼアイソザイムの触媒機構と木化における 役割
    日本木材学会九州支部会 2006年10月7-8日
    熊本市 (口頭発表)
    (九大院農) 佐々木慎弥、堤 祐司、近藤隆一郎
  18. クロマツにおけるマツ材線虫病抵抗性とマツノザイセンチュウの移動との関係
    日本木材学会九州支部会 2006年10月7-8日
    熊本市 (口頭発表)
    (福岡県森林技セ)森康浩、宮原文彦、(九大院農)堤 祐司、近藤隆一郎
  19. 耐塩性白色腐朽菌 Phlebia sp. MG-60の産生するマンガンペルオキシダーゼ
    日本生物工学会 2006年9月11-13日
    大阪府豊中市(口頭発表)
    (九大VBL) 亀井一郎、(九大院農) 大黒千映子、堤 祐司、近藤隆一郎
  20. 耐塩性白色腐朽菌 Phlebia sp. MG-60の産生するマンガンペルオキシダーゼの発現解析
    リグニン討論会 2006年10月26-27日
    札幌市 (口頭発表)
    (九大VBL) 亀井一郎、(九大院農) 大黒千映子、堤 祐司、近藤隆一郎
  21. 高分子リグニン酸化能を有するペルオキシダーゼ アイソザイムCWPO-Cの機能解析
    リグニン討論会 2006年10月26-27日
    札幌市 (口頭発表)
    (九大院農) 佐々木慎弥、野中大輔、割石博之、堤祐司、近藤隆一郎

学会以外の発表

  1. 霊芝中の生理活性物質を利用した特定保健用食品の開発
    久留米エリア成果発表会(文部科学省都市エリア産学官連携促進事業)2006年1月19日 久留米(口頭発表)
    (九大院農) 近藤隆一郎
  2. いとしまサイエンスキャラバン
    「自然の恵み」を科学する〜健やかになる「辛味」と「苦味」〜2006年10月26日 前原市商工会館
    (九大院農) 清水 邦義
  3. 『ロハスな身近な自然の機能〜きのこや樹木からのヒント〜』
    第六回ネットワーク勉強会(ひびきのエコサロン) 2007年1月26日 北九州学術研究都市 産学連携センター2F 中会議室2 (北九州市若松区ひびきの2−1)
    (九大院農) 清水 邦義

過去の研究業績