『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2007年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. Anti-androgenic activities of the triterpenoids fraction of Ganoderma lucidum
    Food Chem. 100, 1691-1696 (2007)
    J. Liu, K. Shimizu, F. Konishi, K. Noda, S. Kumamoto, K. Kurashiki, R. Kondo
  2. Screening of extracts of Japanese woods for melanin biosynthesis inhibition
    J. Wood Sci. 53, 153-160 (2007)
    K. Shimizu, S. Fukunaga, K. Yoshikawa, R. Kondo
  3. Isolation and characterization of a novel bacterium, Sphingomonas bisphenolicum strain AO1, that degrades bisphenol A.
    Biodegradation (in press)
    K. Oshiman, Y. Tsutsum, T. Nishida, Y. Matsumura
  4. Transcriptional and translational analyses of poplar anionic peroxidase isoenzymes
    J. Wood Sci. 53, 427-435(2007)
    S. Sasaki, M. Shimizu, H. Wariishi, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  5. Steroid 9a-hydroxylation during testosterone degradation by resting Rhodococcus equi Cells
    Arch. Pharm. Chem. Life Sci..340, 209-214 (2007)
    Y. Kim, J. Han, S. S. Lee, K. Shimizu, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  6. The anti-androgen effect of ganoderol B isolated from the fruiting body of Ganoderma lucidum
    Bioorg. Med. Chem. 15 (14),4966-4972 (2007)
    J. Liu, K. Shimizu, F. Konishi, S. Kumamoto, R. Kondo
  7. Isoprenoid-substituted polyphenols from Artocarpus heterophyllus -Melanin biosynthesis inhibitory activity and structural criteria-
    Chemistry & Biodiversity 4, 2166-2171(2007)
    Enos T. Arung, K. Shimizu, R. Kondo
  8. Steroid 5α-reductase inhibitory activity of condensed tannins from woody plants
    J. Wood Sci(in press)
    J. Liu, R. Ando, K. Shimizu, K. Hashida, R. Makino, S. Ohara, R. Kondo
  9. The effect of an extract of Ganoderma lucidum in men with lower urinary tract symptoms: A double-blaind, placebo-controlled randomized and dose-ranging study
    Asian Journal of Andrology (in press)
    M. Noguchi, T. Kakuma, K. Tomiyasu, Y. Kurita, H. Kukihara, F. Konishi, S. Kumamoto, K. Shimizu, R. Kondo, K. Matsuoka
  10. Spontaneous Ultraweak Photon Emission during the Growth of the Cell Population of Cultured HeLa Cell Line
    J. Health Sci. 2007, 53, 481-485
    J. Kim, Y. Kim, Y. J. Lee, M. Kobayashi, Y. Tsutsumi, R. Kondo, S. K. Lee, K.-S. Soh
  11. Role of Tyr residues on the protein surface of cationic cell-wall-peroxidase(CWPO-C) from poplar; Potentially unique oxidation sites for oxidative polymerization of lignin.
    Phytochemistry (in press)
    S. Sasaki, D. Nonaka, H. Wariishi, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  12. The inhibitory effect on aldose reductase by an extract of Ganoderma lucidum
    Phytotherapy Research ( in press)
    S. Fatmawatia,K.. Kurashiki, S. Takeno, Y. Kim, K. Shimizu, M. Sato, K. Imaizumi, K. Takahashi, S. Kamiya, S. Kaneko, R. Kondo
  13. A randamized clinical trial of an ethanol extract of Ganoderma lucidum in men with lower urinary tract symptoms
    Asian Journal of Andrology (in press)
    M. Noguchi, T. Kakuma, K. Tomiyasu, A. Yamada, K. Itoh, F. Konishi, S. Kumamoto, K. Shimizu, R. Kondo, K. Matsuoka

国際会議等のプロシーディングス及び関連した出版物

  1. Anti-Androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27 , Ljubljana, Slovenia
    International Journal of MEDICINAL MUSHROOMS, 2007, 9(3,4), 211-212
    Jie Liu, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Shoichiro Kumamoto, Ryuichiro Kondo
  2. Prevention Effect of Bone Loss in Calcium Deficient Ovariectomized Rats by the Ethanol Extract of Ganoderma lucidum
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27 , Ljubljana, Slovenia
    International Journal of MEDICINAL MUSHROOMS, 2007, 9(3,4), 217
    Kuniyoshi Shimizu, Ichiko Miyamoto, Jie Liu, Ryuichiro Kondo
  3. Degradation of Dioxin and PCB by White-Rot Fungus Phlebia brevispora
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27, Ljubljana, Slovenia
    International Journal of MEDICINAL MUSHROOMS, 2007, 9(3,4), 255
    Ichiro Kamei, Ryuichiro Kondo
  4. The anti-androgenic effect of ganoderol B isolated from the fruiting body of Ganoderma lucidum
    Asian Symposium for Pharmaceutical Science in JSPS Asian Core Program
    Octorber 16-17,2007, Huis Ten Bosch, Sasebo, Japan.p125-128.
    Jie Liu, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Shoichiro Kumamoto, Ryuichiro Kondo

その他の出版物及び和文論文

  1. 「高齢化社会に対応した男性ホルモン調節機能を有するキノコ(霊芝)の開発」
    福岡商工会議所ニュース 5月号、No. 393、p16 (2007)
    (九大農)清水 邦義 
  2. クロマツの遺伝的要因を考慮した弱病原性マツノザイセンチュウの前接種による誘導抵抗性の検証
    日本森林学会誌 89(6):401-406(2007)
    (福岡県森林技セ)森 康浩・宮原文彦・ (九大院農)堤 祐司・近藤隆一郎
  3. 自然由来揮発成分のLOHAS指向豊かさ因子としての検証
    第5回「循環型住空間システムの構築」フォーラム−4年間の研究成果と最終年度に向けて−, p33-38(2007)
    清水邦義、玉泉真弓、高田奈津美、村上千尋、河邉隆寛、小崎智照、石橋圭太、泉 龍介、水野谷 航、大貫宏一郎、近藤 隆一郎
  4. ビジランス(持続的注意力)に着目した香りの機能性の評価
    Aroma Research  (in press)
    清水 邦義,玉泉 真弓,北村 真吾, 河邉 隆寛, 小崎 智照,石橋 圭太,泉 龍介,水野谷 航,大貫 宏一郎,近藤 隆一郎
  5. 高齢性社会に対応した霊芝の機能性〜前立腺肥大症改善・予防効果
    Green Spirits 3(3),3-9 (2007)
    劉潔、清水邦義、近藤隆一郎
  6. 黎明研究者賞を受賞して(1)
    木科学情報  14(2) p 29 (2007)
    (福岡県飯塚農林事務所)森 康浩

博士論文

  1. Characterization of lignification related peroxidases, a cationic cell-wall-bound peoxidase (CWPO-C) and anionic peroxidases, in Populus alba L.
    ( ポプラの木化に関わるペルオキシダーゼアイソザイムのキャラクタリゼーション )
    佐々木慎弥
  2. マツ材線虫病抵抗性クロマツの増殖法の開発と抵抗性要因の解明
    森 康浩

国際学会発表

  1. Anti-Androgenic Effect of Ganoderma lucidum
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27 , Ljubljana, Slovenia
    Jie Liu, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Shoichiro Kumamoto, Ryuichiro Kondo
  2. Prevention Effect of Bone Loss in Calcium Deficient Ovariectomized Rats by the Ethanol Extract of Ganoderma lucidum
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27 , Ljubljana, Slovenia
    Kuniyoshi Shimizu, Ichiko Miyamoto, Jie Liu, Ryuichiro Kondo
  3. Degradation of Dioxin and PCB by White-Rot Fungus Phlebia brevispora
    IMMC4 (The Fourth International Medicinal Mushroom Conference), September 23-27 , Ljubljana, Slovenia
    Ichiro Kamei, Ryuichiro Kondo
  4. The anti-androgenic effect of ganoderol B isolated from the fruiting body of Ganoderma lucidum
    Asian Symposium for Pharmaceutical Science in JSPS Asian Core Program
    Octorber 16-17,2007, Huis Ten Bosch, Sasebo, Japan.
    Jie Liu, Kuniyoshi Shimizu, Fumiko Konishi, Shoichiro Kumamoto, Ryuichiro Kondo
  5. The inhibitory compounds from Ganoderma lucidum on osteoclast formation
    Asian Symposium for Pharmaceutical Science in JSPS Asian Core Program
    Octorber 16-17,2007, Huis Ten Bosch, Sasebo, Japan.
    Jun Shiono, Ichiko Miyamoto, Jie Liu, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  6. Possibility of Involvement of Fenton and Enzymatic reaction on Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis-(4-chlorophenyl) Ethane (DDT) by Brown Rot Fungi.
    10th International Congress on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, Madison, USA. June 2007.
    Adi S. P, I. Kamei, R. Kondo
  7. Degradation of DDT by several fungi from Daedalea Genus
    16thIndonesia Scientific Conference 2007 in Japan, KyotoUniversity, Kyoto, Japan. August 2007.
    Adi S. P, I. Kamei, R. Kondo

学会発表

  1. 細胞壁結合性ペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cの構造解析およびリグニンの酸化機構
    (九大院農)  佐々木慎弥,堤祐司,近藤隆一郎
    日本植物生理学会 2007年3月28日-30日 松山市 (口頭発表)
  2. マツ材線虫病抵抗性と感受性のクロマツ抽出成分を使ったマツノザイセンチュウのバイオアッセイ
    (福岡県森林技セ)森康浩、(九大院農)堤祐司,近藤隆一郎
    日本森林学会、2007年4月1日-3日 福岡市 (口頭発表)
  3. 白色腐朽担子菌Phlebia brevisporaによるPCBsの分解経路とその特徴
    (九大院生資環)岸本雅樹、(九大VBL)亀井一郎、(九大院生資環)近藤隆一郎
    日本農芸化学会、2007年3月26日 東京都(口頭発表)
  4. Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis-(4-chlorophenyl)Ethane (DDT) by Brown Rot Fungi: Possibility of Involvement of Fenton Reaction
    (Fac. Agriculture, Kyushu Univ.)Adhi sethiyo PURUNOMO, Ichiro KAMEI, Ryuichiro KONDO
    日本農芸化学会、2007年3月26日 東京都(口頭発表)
  5. マンネンタケ抽出物からの抗男性ホルモン活性成分
    (九大院農)劉 潔、清水 邦義、小西 史子、隈本 正一郎、近藤 隆一郎
    日本農芸化学会、2007年3月25日 東京都(口頭発表)
  6. 霊芝中の生理活性物質を利用した男性排尿障害に対する特定保健用食品の開発:プラセボコントロール、用量設定比較試験
    (久留米大医)野口正典、角間辰之、富安克郎、(クロレラ工業)小西史子、隈本正一郎、(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎、(久留米大医)松岡啓
    第59回日本泌尿器科学会西日本総会 、2007年11月8日-10日松山市( 学術奨励賞受賞)
  7. 自然由来揮発成分のビジランスに及ぼす影響
    (九大院・農)清水邦義、玉泉真弓、村上千尋、水野谷航、近藤隆一郎、(九大・USI)河邉隆寛、小崎智照、大貫宏一郎、(九大院・芸工)石橋圭太、(九大院・シス情)泉 龍介
    第57回日本木材学会、2007年8月9日 広島市(口頭発表)
  8. マンネンタケからの前立腺ガン細胞の増殖抑制成分
    (九大院・農)劉潔、清水邦義、近藤隆一郎
    第57回日本木材学会、2007年8月9日 広島市(口頭発表)
  9. 霊芝抽出物の破骨細胞分化抑制活性
    (九大院・生資環)塩野順、(佐賀大・医)久木田明子、(九大院農)劉 潔、清水邦義、近藤隆一郎
    第57回日本木材学会、2007年8月9日 広島市(口頭発表)
  10. ポプラペルオキシダーゼ遺伝子の網羅的単離と転写解析(2)
    (九大院・生資環)江藤祐、(九大院・農)堤祐司、近藤隆一郎
    第57回日本木材学会、2007年8月9日 広島市(口頭発表)
  11. マツ材線虫病抵抗性クロマツの挿し木増殖と抵抗性要因
    (福岡県飯塚農林)森 康浩、(九大院農) 堤 祐司、近藤隆一郎
    日本木材学会九州支部会 2007年11月8-9日 久留米市 (口頭発表)
  12. マンネンタケの菌床びん栽培
    (福岡県森林技セ)金子 周平、石川 景子、(九大院農)清水 邦義、劉 潔、近藤隆一郎、((株)クロレラ工業)隈本正一郎、小西史子、((有)微創研)水海 吉太郎
    日本キノコ学会  2007年9月18日〜20日 旭川市   市 (口頭発表)
  13. Phlebia brevisporaによるダイオキシン汚染土壌浄化の試み
    (九大院生資環)江副裕介、渡邊昌司、亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
    日本木材学会九州支部大会 2007年11月8日-9日 久留米市(口頭発表)
  14. プラペルオキシダーゼの遺伝子およびタンパク構造の多様性
    第52回リグニン討論会、2007年11月14日-15日、栃木県宇都宮市(口頭発表) (九大院・生資環)江藤祐、(福大・工)重松幹二、(九大院・農)堤祐司、近藤隆一郎
  15. ポプラペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cの機能解析
    リグニン討論会 2007年11月14日-15日 宇都宮(ポスター発表)
    ○(九大院生資環)清永 裕子、佐々木慎弥、(九大院農)堤 祐司、近藤 隆一郎
  16. Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis(4-chlorophenyl) Ethane (DDT) by Brown Rot Fungus Fomitopsis pinicola.
    52nd Lignin Symposium, UtsunomiyaUniversity, Utsunomiya, Japan. November 2007.
    Adi S. P., I. Kamei, R. Kondo
  17. エテホンとオーキシンによるクロマツ挿し穂の発根促進効果
    (福岡県飯塚農林)森 康浩、(福岡県森林技セ)宮原文彦、(九大院農) 堤 祐司、近藤隆一郎
    日本森林学会 2008年3月27-29日 東京都府中市 (口頭発表)
  18. The inhibitory effect on aldose reductase by an extract of Ganoderma lucidum (Ganodermataceae)
    Sri Fatmawati, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
    14th Japanese Wood Society Conference, Kurume Research Park, 8-9
    November 2007

学会以外の発表

  1. 『ロハスな身近な自然の機能〜きのこや樹木からのヒント〜』 第六回ネットワーク勉強会(ひびきのエコサロン) 2007年1月26日 北九州学術研究都市 産学連携センター2F 中会議室2 (北九州市若松区ひびきの2−1)
    (九大院農) 清水 邦義
  2. 自然と人のインターフェース解析〜香りと人〜
    -香り-化学構造-量-心理・生理応答-数値化-システム化

    JST Innovation Bridge 九州大学 研究シーズ発表会〜機械分野、医歯薬バイオ分野〜 2007年3月20日 秋葉原コンベンションホール(秋葉原ダイビル5F)(東京都千代田区外神田1-18-13 )
    (九大院農) 清水 邦義
  3. 『天然物」と「人」の生理・感性相互作用に着目した自然と人のインターフェース解析』
    九州大学教育・研究の最前線〜九州大学総合研究博物館 特別展示〜第六回P&P研究成果一般公開〜2007年5月9日〜6月8日 九州大学箱崎キャンパス50周年記念講堂
    (九大院農) 清水 邦義
  4. 『森の香りと健康」
    第17回食品産業創造展 2007年5月17日 マリンメッセ福岡
    (九大院農) 近藤 隆一郎
  5. 『森林生物資源からの育毛成分の探索』
    バイオ講演会「毛髪科学の最前線〜育毛剤の開発を目指して〜」 2007年7月4日 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)JSTイノベーションプラザ福岡 2Fセミナー室(福岡市早良区百道浜3-8-34)
    (九大院農)近藤 隆一郎
  6. 『森林生物資源の多機能性生理活性〜霊芝(マンネンタケ)の前立腺肥大症予防効果〜』
    第57回日本木材学会、2007年8月9日 広島市(企画講演)
    (九大院農)清水 邦義
  7. 『身近に役立つ森のはたらき』
    いきいき森のエコ体験(九大・大川ゼミ)、2007年9月8、9日 大川市ふれあいの家
    (九大院農)清水 邦義
  8. 『マンネンタケ(Ganoderma lucidum)抽出物の骨密度低下メカニズムの解明』
    JSTイノベーションプラザ福岡研究成果発表会  シーズ発掘試験、ポスター発表 、2007年10月3日 ホテルセントラーザ博多
    (九大院農)清水 邦義
  9. 『前立線肥大症予防・改善効果を有する霊芝を原料とした機能性食品の開発』
    アグリビジネス創出フェアin 九州、2007年11月14日 久留米リサーチセンタービル(展示場)
    (九大院農)清水 邦義
  10. 『アカルを用いた多機能性消臭資材の開発
    アグリビジネス創出フェアin 九州、2007年11月14日 久留米リサーチセンタービル(展示場)
    (九大院農)清水 邦義
  11. 『マンネンタケ(Ganoderma lucidum)抽出物の骨密度低下メカニズムの解明』
    地域発技術シーズ発表会 ライフサイエンス(医療・医薬・食品) 、2007年11月27日 科学技術振興機構JSTホール(東京・市ヶ谷)
    (九大院農)清水 邦義
  12. 『森林生物資源の多機能性生理活性〜機能性「食」・「香り」〜』
    先端セミナー 、2007年12月10日 鳥取大学農学部(鳥取)
    (九大院農)清水 邦義

    過去の研究業績