『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2009年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. The inhibitory effect on aldose reductase by an extract of Ganoderma lucidum
    Phytother. Res., 23, 28-32 (2009)
    S. Fatmawatia,K.. Kurashiki, S. Takeno, Y. Kim, K. Shimizu, M. Sato, K. Imaizumi, K. Takahashi, S. Kamiya, S. Kaneko, R. Kondo
  2. Anti-androgen effects of extracts and compounds from Ganoderma lucidum
    Chem. Biodiversity, 6, 231-243 (2009)
    J. Liu, S. Tamura, K. Kurashiki, K. Shimizu, K. Noda, F. Konishi, S. Kumamoto, R. Kondo
  3. Estrogen-like activity of ethanol extract of Ganoderma lucidum
    J. Wood Sci., 55, 53-39 (2009)
    K. Shimizu, I. Miyamoto, J. Liu, F. Konishi, S. Kumamoto, R. Kondo
  4. Anti-androgenic activity of fatty acids
    Chemistry&Biodiversity, 6, 503-512 (2009)
    J. Liu, K. Shimizu, R. Kondo
  5. Regulation of osteoclastogenesis by ganoderic acid DM isolated from Ganoderma lucidum
    Eur. J. Pharmacol., 602 (1), 1-7(2009)
    I. Miyamoto, J. Liu, K. Shimizu, A. Kukita, T. Kukita, M. Sato, R. Kondo
  6. Evaluation of biological activities of extracts from 22 African tropical wood species
    J. Wood Sci , 55 (3), 225-229 (2009)
    Z. Huang, K. Hashida, R. Makino, F. Kawamura, K. Shimizu, R. Kondo, S. Ohara
  7. Ganoderic acid DM: anti-androgenic osteoclastogenesis inhibitor
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 19, 2154-2157 (2009)
    J. Liu, J. Shiono, K. Shimizu, A. Kukita, T. Kukita, R. Kondo
  8. 20(R)-Ginsenoside Rh2, not 20(S), is a selective osteoclastgenesis inhibitor without any cytotoxicity
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 19, 3320-3323 (2009)
    J. Liu, J. Shiono, K. Shimizu, H. Yu,C. Zhang, F. Jin, R. Kondo
  9. Influence of soil properties on the biodegradation of 1,3,6,8-
    tetrachlorodibenzo-p-dioxin and fungal treatment of contaminated paddy-
    soil by white rot fungus Phlebia brevispora

    Chemosphere, 75(10), 1294-1300, (2009)
    I. Kamei, M. Watanabe, K. Harada, T. Miyahara, S. Suzuki, Y. Matsufuji, R. Kondo
  10. Provenance variation in growth and wood properties of A. mangium and A. auriculiformis in Central Java, Indonesia : selecting potential hybrid parents for good performance
    Bull. Kyushu Univ. For., 90, 25-37 (2009)
    M. Hasegawa, R. Wakimoto, E. Yoshida, K. Shimizu, R. Kondo, A. Widyatmoko, A. Nirsatmanto, S. Shiraishi
  11. Methyl ganoderic acid DM: a selective potent osteoclastgenesis inhibitor
    The Open Bioactive Compounds Journal, 2, 37-42 (2009)
    J. Liu, J. Shiono, Y. Tsuji, K. Shimizu, R. Kondo
  12. Antioxidant Activity and Cytotoxicity of the Traditional Indonesian Medicine Tahongai (Kleinhovia hospita L.) Extract
    JAMS Journal of Acupuncture and Meridian Studies, 2(4), 306-308 (2009)
    E.T. Arung, I.W. Kusuma, S. Purwatiningsih, S.-S. Roh, C.H. Yang, S. Jeon, Y.-U. Kim, E. Sukaton, J. Susilo, Y. Astuti, B.D. Wicaksono, F. Sandra, K. Shimizu, R. Kondo.
  13. Fungal hydroxylation of polychlorinated naphthalenes with chlorine migration by wood rotting fungi
    Chemosphere, 77 (9), 1230-1235 (2009)
    T. Mori, K. Nakamura, R. Kondo.       
  14. Evaluation of medicinal plants from Central Kalimantan for anti melanogenesis
    J. Nat. Med. 63 (4), 473-480(2009)
    E. T. Arung, I. W. Kusuma, E. O. Christy, K. Shimizu, R. Kondo

受賞

  1. Sri Fatmawati
    The best oral presentation in the 16th Japanese Wood Society Conference, Okinawa - Japan, 12-13 November 2009 with title: aldose reductase inhibitors of Ganoderma lucidum.

その他の出版物及び和文論文

  1. 香りの有用性評価方法−エビデンスからビジランス技術応用に向けて−
    Aroma Research, No. 39 (vol 10/No. 3) 211-216 (2009)
    松原恵理、深川未央、石地友香、畑山知子、北村真吾, 河邊 隆寛、岡本剛、大貫宏一郎、清水邦義、近藤隆一郎
  2. オイルパーム材のバイオエタノール製造原料としての特性
    木材学会誌, Vol. 55, No. 6, 346-355 (2009)
    村井宏輔、内田隆一郎、大久保篤史、近藤隆一郎
  3. ブラジルと自然と天然物
    木科学情報, 16巻2号 33-34 (2009)
    清水邦義
  4. パンノキ樹木からのチロシナーゼ阻害成分〜HPLC分析におけるクロロフォリンの挙動〜
    九州大学中央分析センター報告、第27号 25-31(2009)
    清水邦義、近藤隆一郎
  5. 揮発性香辛料成分の人の精神機能に及ぼす影響
    〜ローレル葉揮発成分が注意力維持へ及ぼす効果〜

    浦上財団研究報告書、Vol.17, 130-138 (2009)
    清水邦義、松原恵理、深川未央、林ちか子、大貫宏一郎、近藤隆一郎
  6. 黎明研究者賞を受賞して(2)
    木科学情報, 16巻3号 47 (2009)
    Sri Ftmawati

講演等

  1. 『キノコがもたらす健康増進』
    第19回西日本食品産業創造展
    2009年5月22日 マリンメッセ福岡
    清水 邦義
  2. 『天然由来水溶性消臭剤の開発』
    イノベーションジャパン2009
    2009年9月16日 東京国際フォーラム
    清水 邦義
  3. 『機能性農産物の商品開発とブランド戦略』
    第二回ライフケア&サイエンスカフェ
    2009年12月9日 くまもと大学連携インキュベータ
    清水 邦義

修士論文

  1. 種々の堆肥中の複合微生物系を利用したダイオキシン類の分解
    カクヨウ
  2. 木材腐朽菌によるスギ間伐放置材のon-site急速分解処理
    川添 裕幸
  3. Cordyceps属(冬虫夏草)菌を用いた難分解性有機化合物汚染土壌浄化の試み
    久野 祐功
  4. 木化過程別におけるリグニンの蓄積変化と関連遺伝子の転写解析 
    田中 奏

卒業論文

  1. 緑化樹種ニセアカシアの重金属蓄積能の解析 
    河口佑子
  2. 自然由来揮発成分のビジランス低下抑制効果 
    深川未央

国際学会発表

  1. Evaluation of isolated compounds from wood of Artocarpus heterophyllus as a cosmetic agent, XII National Symposium of Indonesian Wood Reseacher Society, 23-25 July 2009, Bandung, Indonesia.
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  2. The inhibition of aldose reductase from the fruiting bodies of Ganoderma lucidum,
    2nd International Symposium on Medicinal and Nutraceutical Plants, New Delhi ? India. 2009
    Fatmawati S., Shimizu K., Kondo R.
  3. Isoprenylated flavonoid from wood of Artocarpus heterophyllus on B16 melanoma cell: cytotoxicity and structural criteria, The symposium of Pharmaceutical Society of Korea, 15-16 Octovber 2009, Seoul, Korea
    Enos Tangke Arung, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo

学会発表

  1. Gallic acid acts as a redox coupler in the tyrosinase-catalyzed oxidation of polyphenols
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (Kyushu University) Kuniyoshi Shimizu, (University of California, Berkeley) Isao Kubo
  2. 冬虫夏草(Cordyceps属)菌による多環式芳香族炭化水素(PAHs)分解の試み
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (九大院生資環) ○久野祐功、森 智夫 (福岡大工) 亀井一郎
    (九大院農) 近藤隆一郎
  3. レーザーマイクロダイセクションによる木化段階別リグニン生合成遺伝子の転写解析と化学分析
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (九大院・農) ○田中奏、藤田弘毅、黒田健一、堤祐司、近藤隆一郎
  4. 白色腐朽菌Phlebia属によるDDTの分解
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (九大院生資環) ○肖鵬飛、(九大院・農)森智夫、近藤隆一郎
  5. Degradation of 1,1,1-Trichloro-2,2-bis-(4-chlorophenyl)Ethane (DDT) by Composts
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (Kyushu University) O Adi Setyo Purnomo, Futoshi Koyama, Toshio Mori, Ryuichiro Kondo
  6. 担子菌による環状ジエン系有機塩素農薬の分解
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (農環研・現福岡大工) ○亀井一郎、(農環研)高木和広、(福岡大工)重松幹二(九大院・農)近藤隆一郎
  7. インドネシア中部ジャワ州産11年生Acacia mangiumAcacia auriculiformisの成長と木材性質
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(ポスター発表)
    (九大院・農)○長谷川益己、脇元理恵、吉田絵美、清水邦義、近藤隆一郎、(インドネシアFBTIC)Anthonius Widyatmoko, Arif Nirsatmanto, (九大院農)白石進
  8. ニセアカシアの重金属蓄積能の解明
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (九大院・農)○河口佑子、近藤隆一郎、堤祐司
  9. 木材腐朽菌によるスギ間伐材の腐朽処理
    日本木材学会 2009年3月15日−17日 松本市(口頭発表)
    (九大院・生資環)○川添裕幸、(九大院・農)堤祐司、近藤隆一郎、
  10. Effects of arbutin on mushroom tyrosinase and melanoma cells
    日本農芸化学会 2009年3月27日-29日 福岡市
    (Kyushu University) Kuniyoshi Shimizu, (University of California, Berkeley) Isao Kubo
  11. インドネシア産ベチバー根によるVOCsおよびアンモニアの低減効果
    におい・かおり環境学会 2009年7月24日〜26日 東京都
    ○松原恵理1)、小山太1,2)、吉田絵美1)、木下玲子3)、清水邦義1)、高木茂4)、宮本雅一4)、近藤隆一郎1) (1) 九州大学大学院農学研究院、2) 福岡県農業総合試験場、3) 久留米リサーチパーク、4)(株)アカル)
  12. 白色腐朽菌Phlebia属によるDDT の分解.
    第59回 日本木材学会大会、2009.3.15〜17、松本(口頭発表)
    肖鵬飛、森智夫、近藤隆一郎.
  13. 白色腐朽菌Phlebia属による有機塩素系農薬の分解.
    第61回日本生物工学会、2009.9.23〜25、名古屋(口頭発表)
    肖鵬飛、森智夫、亀井一郎、近藤隆一郎
  14. 白色腐朽菌Phlebia属による有機塩素系農薬の処理.
    第54回リグニン討論会. 2009.10.29〜30、静岡(口頭発表)
    肖鵬飛、森智夫、近藤隆一郎. 
  15. Biodegradation of DDT by Cattle Manure Compost
    61st Annual meeting of the Japan Society for Biotechnology, NagoyaUniversity, Nagoya, Japan. September 2009.
    Adi S. P., F. Koyama, T. Mori, R. Kondo
  16. DDT degradation of mushroom waste medium.
    54thLignin Symposium, Shizuoka, Japan. October 2009.
    Adi S. P., I. Kamei, T. Mori, R. Kondo
  17. Bioremediation of DDT : Basic Study and Application
    16th Annual meeting of the Japan wood research society, Kyushu branch, Okinawa, Japan. November 2009.
    Adi S. P., F. Koyama, T. Mori , I. Kamei, R. Kondo
  18. モミ(Abies sibirica精油が精神負荷作業時の生理的変化に及ぼす効果
    香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2009年11月7-9日 生駒市(口頭発表)
    (九大院農、九州栄養福祉大食物栄養1))〇松原恵理、清水邦義、大貫宏一郎1)、近藤隆一郎)
  19. オイルパーム廃材からのエタノール生産における糖液調製工程の開発に関する研究
    日本木材学会九州支部大会 2009年11月12日‐13日 那覇市
    (九州大学農学研究院)村井宏輔、近藤隆一郎
  20. Aldose reductase inhibitors of Ganoderma lucidum
    日本木材学会九州支部大会 2009年11月12日‐13日 那覇市
    Sri Fatmawati, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  21. 牛肉骨粉の亜臨界水処理による生成物
    2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部日本食品科学工学会西日本支部、3学会5支部合同大会、沖縄、10.30〜31.
    房 賢貞、福田 淳子、近藤 隆一郎、堤 祐司
  22. The enhancement of cellulose saccharification in corn stover by pretreatment with brown-rot fungi.
    第54回リグニン討論会. 2009.10.29〜30、静岡(ポスター発表)
    (九州大学農学研究院)高 子晴、近藤隆一郎
  23. オイルパーム材のバイオエタノール製造原料としての特性
    第19回日本MRS学術シンポジウム 2009年12月7日‐9日 横浜市
    (九州大学農学研究院)村井宏輔、近藤隆一郎

学会以外の発表

  1. 「植物の多機能性に着目した多目的快適空間システムの開発
    文部科学省都市エリア産学官連携促進事業 久留米エリア成果発表会 2009年2月5日 ハイネスホテル久留米(九大院農)清水 邦義

過去の研究業績