『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学研究室では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2010年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. Ganoderic acids from Ganoderma lucidum. Inhibitory activity of osteoclastic differentiation and structural criteria
    Planta Med. 76, 137-139 (2010)
    J. Liu, J. Shiono, K. Shimizu, R. Kondo
  2. Isoprenoid-substituted flavonoids from wood of Artocarpus heterophyllus on B16 melanoma cell -Cytotoxicity and structural criteria-
    Fitoterapia 81, 120-123 (2010)
    E. T. Arung, K. Yoshikawa, K. Shimizu, R. Kondo
  3. Screening of extracts of Japanese medicinal plants for HMG-CoA reductase inhibition
    Res. Bull. Kagoshima Univ. For., 37, 37-41 (2010)
    S. Yokoyama, S. Takeno, T. Nagata, K. Shimizu, R. Kondo
  4. Lipoxygenase inhibitory activity of 6-pentqadecanylsalicylic acid without prooxidant effect
    Natural Product Communications 5(1), 85-90 (2010)
    I. Kubo, T.J. Ha, K. Shimizu
  5. Antidermatophyte and antimelanogenesis compound from Eleutherine americana growing in Indonesia
    J. Nat. Med. 64 (2), 223-226 (2010)
    I. W. Kusuma, E. T. Arung, E. Rosamah, S. Purwatiningsih, H. Kuspradini, Syafrizal, J. Astuti, Y-U, Kim, K. Shimizu
  6. Inhibition mode of soybean lipoxygenase-1 by quercetin
    Chem. Biodiversity,7 (8), 1893-1903 (2010)
    T.J. Ha, K. Shimizu, T. Ogura, I. Kubo
  7. Stereospecificity of hydroxyl group at C-20 in antiproliferative action of ginsenoside Rh2 on prostate cancer cells
    Fitoterapia., 81 (7), 902-905 (2010)
    J. Liu, K. Shimizu, H. Yu,C. Zhang, F. Jin, R. Kondo
  8. The effects of ganoderma alcohols isolated from Ganoderma lucidum on the androgen receptor binding and the growth of LNCaP cells
    Fitoterapia., 81 (8), 1067-1072 (2010)
    J. Liu, K. Shimizu, R. Kondo
  9. Application of mushroom waste medium from Pleurotus ostreatus for bioremediation of DDT-contaminated soil
    International Biodeterioration & Biodegradation, 64, 397-402 (2010)
    A. S. Purnomo, T. Mori, I. Kamei, T. Nishii, R. Kondo
  10. Degradation of dibenzo-p-dioxin by ectomycorrhizal fungus Lyophyllum shimeji
    Mushroom Science and Biotechnology, 18 (3), 95-98 (2010)
    H. Suhara, A. Adachi, I. Kamei, N. Maekawa, R. Kondo

受賞

  1. Enos Tangke Arung
    The best oral presentation in the 17th Japanese Wood Society Conference, Fukuoka - Japan, 30-31 August 2010 with title: Isoprenylated flavonoids from wood of Artocarpus heterophyllus: cytotoxicity, structural criteria and mechanism in cancer cells.

総説・著書

  1. I. Kubo, N. Masuoka, T. J. Ha, K. Shimizu and K. Nihei
    Multifunctional Antioxidant Activities of Alkyl Gallates
    The Open Bioactive Compounds Journal, 3, 1-11 (2010)
  2. 劉潔、清水邦義、近藤隆一郎
    霊芝の多機能性〜トリテルペノイドの抗男性ホルモン活性ならびに破骨細胞分化抑制活性に着目して〜
    Aroma Research, No. 41 (Vol.11/No.1), 70-75 (2010)
  3. 清水邦義、エノスタンケアルング、近藤 隆一郎
    パンノキ属樹木抽出物の多機能性〜4位置換レゾルシノール構造を有するイソプレニル置換ポリフェノールの多機能性生理活性発現機構〜
    Aroma Research, No. 42 (Vol.11/No.2), 176-183 (2010)
  4. 清水邦義、長野真弓、林ちか子、古田祥子、近藤 隆一郎、佐藤大吾、北川勝幸、大貫宏一郎
    ヤマブシタケの多機能性〜中年女性におけるヤマブシタケの不定愁訴改善効果の検証〜
    Aroma Research, No. 43(Vol.11/No.3), 276-283 (2010)
  5. 松原恵理、深川未央、岡本剛、福田淳子、林ちか子、大貫宏一郎、清水邦義、近藤隆一郎
    月桂樹の多機能性〜月桂樹葉成分が注意力維持に及ぼす効果〜
    Aroma Research, No. 44(Vol.11/No.4), 70-77 (2010)

その他の出版物及び和文論文

  1. ウッドサイエンス・ミキサーを振り返って(その1)
    木科学情報, 17巻1号 11-13 (2010)
    清水邦義、長谷川益己、亀井一郎
  2. ウッドサイエンス・ミキサーを振り返って(その2)
    木科学情報, 17巻2号 28-30 (2010)
    清水邦義、長谷川益己、亀井一郎
  3. フロントランナー 
    清水 邦義、九大広報、68巻 23-26 (2010)

講演等

  1. 『多機能性天然素材のとらえ方〜噂を科学する〜』
    第三回「農工連携分科会」講演会
    2010年1月19日 ウエルシティ宮崎
    清水 邦義
  2. 『キノコの機能性〜噂を科学する〜』
    第20回西日本食品産業創造展
    2010年5月21日 マリンメッセ福岡
    清水 邦義

修士論文

  1. モウソウチク(Phyllostachys pubescens)筍皮の抗菌活性に関する研究
    金 孝貞
  2. 環境修復を目的としたスギ樹皮の機能性の探索
    澤田 仁美
  3. Manganase peroxidaseによるプリオンの分解・不活性化と医療器具洗浄剤への応用
    高田 依里
  4. スギ樹皮抽出物からの5α-reductase阻害物質の探索
    中本 理
  5. オイルパーム廃材からのエタノール生産における糖液調製工程の開発
    村井 宏輔
  6. 更年期障害の改善に有効な天然資源の探索
    横山 聡
  7. 明日葉に含まれるカルコン類の抗前立腺癌活性
    劉 佳

卒業論文

  1. マツタケ人工栽培を目指した最適な培養条件の探索
    田崎 徳也
  2. ニセアカシアによる効率的なカドミウム蓄積条件の探索
    濱口 大空
  3. Populus alba の木化段階の異なる組織を対象としたリグニン分析
    前田 大知

国際学会発表

  1. Effects of hydrophobic side chain in cardols and anacardic acids on tyrosinase
    BIT's Inaugural Symposium on Enzymes & Biocatalysis , 22-24 April, 2010, Shanghai Everbright Convention & Exhibition Center, China
    Kuniyoshi Shimizu, Isao Kubo
  2. The prevention effect of medicinal mushroom, Ganoderma lucidum on
    benign prostatic hyperplasia
    2nd East Asian International Symposium on Natural Resources for Medicine
    6 July 2010,Inchoen, Korea
    Kuniyoshi SHIMIZU (invited)
  3. Ganoderic acid Df, a potent aldose reductase inhibitor isolated from the fruiting body of medicinal mushroom, Ganoderma lucidum
    11th Eurasia Conference on Chemical Sciences, The Dead Sea ? Jordan, 6-10, Octorber, 2010.
    Fatmawati S., Shimizu K., Kondo R.

学会発表

  1. オイルパーム廃材抽出液からのエタノール生産における抽出残渣の利用
    第60回日本木材学会大会 2010年3月17日‐19日 宮崎市
    (九大生資環)村井宏輔,(九大院農)近藤隆一郎
  2. エリンギ抽出物の破骨細胞分化抑制効果
    第60回日本木材学会 2010年3月17-19日 宮崎県宮崎市松山 (口頭発表)
    (九大農院) ○横山 聡、清水 邦義、近藤 隆一郎
  3. スギ樹皮抽出物からの5α-reductase阻害物質の探索
    第60回日本木材学会 2010年3月17日−19日 宮崎県宮崎市松山(口頭発表) (九大院・生資環)○中本理、(九大院・農)清水邦義、近藤隆一郎
  4. ローレル揮発成分が注意力維持に及ぼす効果.
    第60回日本木材学会大会 2010年3月17日−19日 宮崎市
    松原恵理, 深川未央, 福田淳子, 林ちか子, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎.
  5. 白色腐朽菌Phlebia属によるドリン剤農薬およびへプタクロルの処理.
    第60回日本木材学会、2010.3.17〜19、宮崎(口頭発表)
    肖鵬飛、亀井一郎、森智夫、近藤隆一郎
  6. Degradation of DDT in soil by spent mushroom medium of Pleurotus ostreatus.
    60th Annual Meeting of the Japan Wood Research Society, Miyazaki, Japan.
    17-19 March, 2010..
    Purnomo AS, Mori T, Kamei I, Kondo R.
  7. Anti-melanogenesis of quercetin and its derivatives from Allium cepa in cultured melanoma cells
    第47回化学関連支部合同九州大会 2010年7月10日 北九州国際会議場(ポスター発表)
    Enos Tange Arung, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo (Kyushu University), Hiroya Ichikawa (Fukuoka Women University)
  8. Isoprenylated flavonoids from wood of Artocarpus heteriphyllus: cytotoxicity, structural criteria and mechanism in cancer cells
    第17回日本木材学会九州支部 2010年8月30-31日 福岡大学(口頭発表)Enos Tangke Arung, Britanto Dani Wicaksono, Yohana Ayupriyanti Handoko, Ferry Sandra, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  9. タモギタケ(Pleurotus cornucopiae)の生理活性
    第17回日本木材学会九州支部 2010年8月30-31日 福岡大学(ポスター発表)
    (九大院農)孟天暁、清水邦義、大賀祥治、近藤隆一郎 、(福岡女子大学人間環境学部)石川洋哉
  10. Bioremediation of DDT by Pleurotus ostreatus spent mushroom waste: involvement of ligninolytic enzymes and application in historically contaminated soil.
    55th Lignin Symposium, Kyoto, Japan. 20-21 October 2010.
    Purnomo AS, Mori T, Takata E, Tsutsumi Y, Kondo R.

学会以外の発表

  1. 「ヤマブシタケ含有食品の記憶学習および精神機能性に与える効果-心理学的手法による食品摂取の有効性評価-」
    第24回熊本県産学官技術交流会
    2010年2月4日 熊本産業展示場 グランメッセ熊本 (九州大学)清水邦義、林ちか子、( 九州栄養福祉大学)長野真弓、大貫宏一郎、(株式会社 健康の森)北川勝幸、(株式会社 阿蘇バイオテック)佐藤大吾、長根寿陽

過去の研究業績