『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学講座では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2011年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. Tyrosinase inhibitory effect of quercetin 4'-O-b-glucopyranoside from dried skin of Red Onion (Allium cepa)
    Natural Product Research, 25 (3), 256-263 (2, 2011)
    E. T. Arung, K. Shimizu, I. W. Kusuma, R. Kondo.
  2. Inhibitory components from the buds of clove (Syzygium aromaticum) on melanin formation in B16 melanoma cells
    Fitoterapia, 82 (2), 198-202 (5, 2011)
    E. T. Arung, E. Matsubara, I. W. Kusuma, E. Sukaton, K. Shimizu, R. Kondo
  3. Volatiles emitted from the leaves of Laurus nobilis L. improve vigilance performance in visual discrimination task
    Biomedical Research, 32(1), 19-28 (2, 2011)
    E. Matsubara, M. Fukagawa, T. Okamoto, A. Fukuda, C. Hayashi, K. Ohnuki, K. Shimizu, R. Kondo
  4. The essential oil of Abies sibirica (Pinaceae) reduces arousal levels after visual display terminal work
    Flavour and Fragrance Journal, 26(3), 204-210 (5, 2011)
    E. Matsubara; M. Fukagawa; T. Okamoto; K. Ohnuki; K. Shimizu; R. Kondo
  5. (-)-Bornyl acetate induces autonomic relaxation and reduces arousal level after visual display terminal work without any influences of task performance in low-dose condition
    Biomedical Research, 32(2), 151-157 (4, 2011)
    E. Matsubara, M. Fukagawa, T. Okamoto, K. Ohnuki, K. Shimizu, R. Kondo
  6. Evaluation of biological activities of extracts from the fruiting body of Pleurotus citrinopileatus for skin cosmetics
    Journal of Wood Science, 57(5), 452-458(10, 2011)
    T.X. Meng, S. Furuta, S. Fukamizu, R. Yamamolto, H. Ishikawa, E.T. Arung, K. Shimizu, S. Ohga, R. Kondo
  7. Ganoderol B: a potent a-glucosidase inhibitor isolated from the fruiting body of Ganoderma lucidum
    Phytomedicine., 18(12), 1053-1055 (9, 2011)
    S. Fatmawati, K. Shimizu, R. Kondo
  8. Extractive sugar contents of trunks from fruiting and nonfruiting oil palms of different ages
    J Wood Sci. 57, 140-148 (4, 2011)
    K. Murai, R. Kondo
  9. Effects of combinational treatment with ethephon and indole-3-butyric acid on adventitious rooting of Pinus thunbergii cuttings
    Plant Growth Regulation, 63(3) 271-278 (4, 2011)
    Y. Mori , F. Miyahara , Y. Tsutsumi and R. Kondo
  10. Bioremediation of DDT contaminated soil using brown-rot fungi. International Biodeterioration & Biodegradation, 65(5), 691-695 (8, 2011).
    Purnomo AS, Mori T, Takagi K, Kondo R.
  11. Antibacterial activity of moso bamboo shoot skin (Phyllostachys pubescens) against Staphylococcu aureus
    Journal of Wood Science, 57(6), 542-544(12, 2011)
    A. Tanaka, H.J. Kim, S. Oda, Shimizu, R. Kondo
  12. Melanin biosynthesis inhibitory and antioxidant activities of quercetin-3'-O-β-D-glucoside isolated from Allium cepa
    Z. Naturforsch. 66c, 209-214 (5, 2011)
    E. T. Arung, S. Furuta, H. Ishikawa, H. Tanaka, K.i Shimizu, and R. Kondo
  13. Structure-activity relationships of ganoderma acids from Ganoderma lucidum as aldose reductase inhibitors
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 21(24), 7295-7297(12, 2011)
    S. Fatmawati, K. Shimizu, R. Kondo
  14. Combination effect of miconazole with polygodial against Candida albicans
    Open Journal of Medical Microbiology, 1, 7-11 (12, 2011)
    I. Kubo, S. H. Lee, K. Shimizu
  15. Antioxidant activity of compounds from wood of Artocarpus heterophyllus
    Indonesian Journal of Pharmaceutical Sciences, 9(2) 72-77 (9, 2011)
    E. T. Arung and K. Shimizu

受賞

  1. 松原 恵理
    平成22年度九州大学大学院生物資源環境科学府賞受賞
    「Influence of Volatile Compounds on Task Efficiency and Psychophysiological Response during the Visual Task」
    (揮発成分提示による視覚作業時の作業効率および生理・心理応答へ与える影響)
  2. 田中 明信
    第13回木材学会九州支部黎明研究者賞(口頭発表)
     「モウソウチク(Phyllostachys pubescens)のタケノコの皮に含まれる抗菌活性物質の探索

総説・著書

  1. 松原恵理、深川未央、岡本剛、大貫宏一郎、清水邦義、近藤隆一郎
    (−)−酢酸ボルニルの多機能性〜森の香り(−)−酢酸ボルニルが視覚作業後の覚醒状態や緊張緩和に及ぼす効果

    Aroma Research, No. 45(Vol.12/No.1), 76-83 (2011)
  2. E. T. Arung, K. Shimizu, R. Kondo
    Artocarpus plants as a potential source of skin whitening agents
    Natural Products Communications, 6(9)1397-1402 (2011)
  3. 松原恵理、深川未央、岡本剛、大貫宏一郎、清水邦義、近藤隆一郎
    モミ精油の多機能性〜モミ精油は視覚作業後の覚醒状態を低下させる

    Aroma Research, No. 46(Vol.12/No.2) 180-186
    (2011)
  4. I. Kubo, K. Shimizu, K. Fujita
    Naturally Occurring Antifungal Agents and Their Modes of Action.
    In : Fungicides Volume I; D. Dhanasekaran, N. Thajuddin, A. Panneerselvam,
    Ed., InTech - Open Access Publisher (in press)
  5. I. Kubo, K. Shimizu and K. Nihei
    MANICOBA, A quercetin rich Amazonian dish
    In: - Nova Science Publishers, Inc. (in press)

その他の出版物及び和文論文

  1. Bacillus sp. TAT105株添加による豚糞堆肥化過程のアンモニア揮散低減効果
    小山太, 黒田和孝, 浅田研一, 尾上武, 近藤隆一郎
    日本畜産学会報, 第82巻第2号(2011年5月)163-169
  2. スギ樹皮被覆による鶏ふん堆肥化過程のアンモニア抑制
    小山太, 清水邦義, 松原恵理, 吉田絵美, 近藤隆一郎
    木材学会誌, 57巻6号(2011年11月)370-376
  3. 養豚堆肥化施設における発生源別の臭気物質の挙動
    小山太, 松原英隆, 今村弥生, 尾上武, 近藤隆一郎
    木材学会誌, 57巻6号(2011年11月)370-376

講演等

  1. 『キノコ(マンネンタケ・ヤマブシタケ・エリンギ)の更年期障害改善効果』
    第21回西日本食品産業創造展
    2011年5月25日 マリンメッセ福岡
    清水 邦義
  2. 『機能性香粧品創出を目指したナチュラルアロマの人の生理・心理応答解析』
    第2回化粧品技術フォーラム
    2011年6月29日 東京ビッグサイト
    清水 邦義
  3. 『自然の恵みを科学する〜身近な天然素材を役立てるヒント〜』
    第3回 九州大学大学院農学研究院と足寄町との協力協定にもとづく講演会
    「地域の生物資源を活かし環境を守る」
    2011年10月20日 あしょろ銀河ホール21(足寄町、北海道)
    清水 邦義
  4. 『インドネシアの未開発天然素材の多機能・多様性に着目した高度利用』
    第12回アロマ・サイエンス・フォーラム
    2011年11月4日 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    清水 邦義
  5. 『地域企業密着型研究「言い伝えを科学する」』
    キーパーソン@産学連携 in 博多
    2011年12月13日 博多都ホテル)
    清水 邦義

博士論文

  1. Influence of Volatile Compounds on Task Efficiency and Psychophysiological Response during the Visual Task
    (揮発成分提示による視覚作業時の作業効率および生理・心理応答へ与える影響) 

    松原恵理
  2. The Inhibitory Compounds from Ganoderma lucidum on Aldose Reductase and α-Glucosidase  
    Sri Fatmawati
  3. Bioremediation of DDT: Basic Study and Application
    Adi Setyo Purnomo
  4. Metabolism of Organochlorine Pesticides by White Rot Fungi of the Genus Phlebia
    肖鵬飛

修士論文

  1. 冬虫夏草菌 Cordyceps militaris によるPAHs汚染土壌浄化の試み
    田浦 壽人
  2. Troopical Agricultural Waste for Material Sources of Biomass Energy
    Zulkarnaen Hadju

卒業論文

  1. オイルパーム廃材からのエタノール生産プロセスの構築 
    酒井 利輝
  2. 筍の皮(モウソウチク, Phyllostachys pubescens)に含まれる抗菌活性物質の探索
    田中 明信
  3. シイタケ(Lentinula edodes)廃菌床による生理活性物質の生産
    前川 遼

国際学会発表

  1. Antioxidantive of Eleutherol from leaves of Tahongai (Klienhovia hospita), The 3rd International Symposium of Indonesian Wood Research Society, 2-4 November 2011, Yogyakarta, Indonesia.
    Enos Tangke Arung, Irawan Wijaya Kusuma, Yong-Ung Kim, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo
  2. Development of evidence-based aroma: the effect of natural volatiles on task efficiency and psychophysiological response during the visual task , The 3rd East Asian International Symposium on National Resources for medicine, 29-31, August, 2011, Chuncheon, Korea
    Kuniyoshi SHIMIZU (Invited)
  3. Anti-androgenic activity of Ganoderma lucidum
    National Symposium on Natural Products Chemistry XIX
    11-12, Octorber, 2011, Samarinda, Indonesia
    Kuniyoshi SHIMIZU (Invited)

学会発表

  1. (−)−酢酸ボルニル吸入が視覚作業時の作業効率および自律神経活動に与える影響
    第61回日本木材学会 2011年3月18-20日 京都大学(口頭発表)
    (九大院農)松原恵理、(九州栄養福祉大食物栄養)大貫宏一郎、(九大院農)清水邦義、近藤 隆一郎
  2. Ganoderic acid DMの標的分子の探索
    第61回日本木材学会 2011年3月18-20日 京都大学(ポスター発表)
    (九大院農)清水邦義、劉潔、近藤 隆一郎
  3. ニセアカシア(Robinia pseudoacasia)のカドミウム蓄積機構
    日本木材学会 2011年3月18日 - 20日 京都市(口頭発表)
    (九大院・生資環)○濱口大空、(九大院・農)堤祐司、近藤隆一郎
  4. ペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-Cの基質酸化機構と リグニン重合への関与
    52回植物生理学会 2011320-22 仙台市 (口頭発表)
    (九大院農)重藤
    潤、堤 祐司、近藤 隆一郎
  5. インビトロアッセイ系によるクロマツのマツノザイセンチュウ抵抗性評価
    第122回日本森林学会大会 2011年3月27日 静岡大学(口頭発表) (九大院生資環)張 阜嘉、(福岡県森林林業技術センター)森 康浩、(九大院農)堤 祐司、(九大院農)近藤  隆一郎
  6. Inactivation of BSE prion and recycling of bovine meat and bone meal by sub-critical water treatment
    PRION 2011 2011年5月16日-19日 Montreal(Canada)
    Yuji Tsutsumi, H. Bang, E. Takata, A. Fukuda, Y. Murayama, M. Yoshioka, T. Noguchi
  7. 亜臨界水による牛肉骨粉処理物の肥料としての再資源化
    2011年度日本土壌肥料学会 2011年8月10日 筑波
    (九大農学院)福田 淳子、高田 依里、房 賢貞、山川 武夫、堤 祐司
  8. ポプラペルオキシダーゼアイソザイムCWPO-C の基質酸化機構と木化への関与
    第18回日本木材学会九州支部大会 2011年8月26-27日 鹿児島大学(口頭発表) (九大院農) 重藤潤、堤祐司、近藤隆一郎 (九大院生資環) 伊藤義隆
  9. 植物の揮発成分提示による視覚作業時の作業効率および生理・心理応答へ与える影響
    第18回日本木材学会九州支部大会 2011年8月26-27日 鹿児島大学(口頭発表) (九大院農) 松原恵理、清水邦義、近藤隆一郎
  10. モウソウチク(Phyllostachys pubescens)のタケノコの皮に含まれる抗菌活性物質の探索
    第18回日本木材学会九州支部大会 2011年8月26-27日 鹿児島大学(口頭発表) (九大院生資環) 田中明信、金孝貞 (ライフデザイン株式会社) 小田正二郎 (九大院農) 清水邦義、近藤隆一郎
  11. ヤマブシタケによる高脂肪食飼育OVXマウスによる体脂肪減少効果
    第15回日本きのこ学会 2011年9月1日-9月2日 信州大学農学部(口頭発表)
    (九州大院生資環)古田祥子、(阿蘇バイオテック)佐藤大吾、(九州大院農)赤坂泰輝、城内文吾、佐藤匡央、(九州栄養福祉大)大貫宏一郎、(九州大院農)清水邦義、近藤隆一郎
  12. 霊芝由来機能性トリテルペノイドの標的分子の探索
    第15回日本きのこ学会 2011年9月1日-9月2日 信州大学農学部(口頭発表)
    (九州大院農)清水邦義、劉潔、近藤隆一郎
  13. タモギタケ子実体の抗菌活性成分
    第15回日本きのこ学会 2011年9月1日-9月2日 信州大学農学部(口頭発表)
    (九州大院生資環)孟天暁、(福岡女子大)石川洋哉、(九州大院農)清水邦義、大賀祥治、近藤隆一郎
  14. シイタケ菌床による生理活性物質生産の試み
    第15回日本きのこ学会 2011年9月1日-9月2日 信州大学農学部(口頭発表)
    (九州大院生資環)前川遼、(九州大院農)森智夫、(宝珠山きのこ生産組合)川村倫子、(九州大院農)近藤隆一郎
  15. 新規培養法「菌体懸濁ゲル培養」によるマツタケ球状菌糸塊の形成
    第15回日本きのこ学会 2011年9月1日-9月2日 信州大学農学部(口頭発表)
    (九州大院生資環)田崎徳也、(九州大院農)森智夫、(九州大院農)近藤隆一郎
  16. マツタケ菌糸体の形態変化を誘導する培地成分
    第55回日本菌学会 2011年9月10日-9月11日 北海道大学(口頭発表)
    (九大院生資環)田崎徳也、(九大院農)森智夫、(九大院農)近藤隆一郎
  17. シイタケ菌床栽培における子実体および菌床のアミノ酸分析
    第55回日本菌学会 2011年9月10日-9月11日 北海道大学(口頭発表)
    (九大院生資環)前川遼、(九大院農)森智夫、(九大院農)近藤隆一郎
  18. Biodegradation of heptachlor and its metabolites in contaminated soil by white-rot fungi
    第56回リグニン討論会 2011年9月15日-9月16日 山形大学農学部(口頭発表)
    (Institut Teknologi Sepuluh Nopember, 九大院農)Adi Setyo Purnomo,(九大院農)Pengfei Xiao,Toshio Mori, Ryuichiro Kondo
  19. 高機能性微生物による木質バイオリファイナリー 〜メタゲノムライブラリからの木材分解酵素獲得の試み〜
    第56回リグニン討論会 2011年9月15日-9月16日 山形大学農学部(口頭発表)
    (九大院農)森智夫、(静大農)平井浩文、(農食産技総研東北農研セ) 山岸賢治、(宮崎大農)亀井一郎、(九大院農)近藤隆一郎
  20. 高分子リグニン酸化能をもつ CWPO-C における基質酸化部位の同定
    第56回リグニン討論会 2011年9月15日-9月16日 山形大学農学部(口頭発表)
    (九大院農)重藤潤、伊藤義隆、堤祐司、近藤隆一郎
  21. シロイヌナズナ CWPO-C ホモログのダブルノックアウト変異体解析
    第56回リグニン討論会 2011年9月15日-9月16日 山形大学農学部(口頭発表)
    (九大院生資環)伊藤義隆、重藤潤、堤祐司、近藤隆一郎
  22. 細胞壁結合型ペルオキシダーゼ CWPO-C の基質酸化におけるチロシン残基の重要性
    第75回日本植物学会 2011年9月17日-19日 東京大学駒場キャンパスT(口頭発表)
    (九大院農)重藤潤、伊藤義隆、堤祐司、近藤隆一郎

過去の研究業績