『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学過去の研究業績

森林圏環境資源科学講座では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

2012年の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. A glucosylceramide with antimicrobial activity from the edible mushroom Pleurotus citrinopileatus
    Journal of Wood Science, 58(1), 81-86(2, 2012)
    T. X. Meng, H. Ishikawa, K. Shimizu, S. Ohga, R. Kondo
  2. Antioxidantive compounds from leaves of Tahongai (Klienhovia hospita)
    Journal of Wood Science,58(1), 77-80 (2012)
    E. T. Arung, I. W. Kusuma, Y.-U. Kim, K. Shimizu, R. Kondo
  3. Validation of Eupatorium triplinerve Vahl leaves, a skin care herbal from East Kalimantan in melanin biosynthesis assay
    Journal of Acupuncture and Meridian Studies, 5(2)87-92 (2012)
    E. T. Arung, H. Kuspradini I. W. Kusuma, K. Shimizu, R. Kondo
  4. Quantitative determination of the representative triterpenoids in the extracts of Ganoderma lucidum with different growth stages using high-performance liquid chromatography for evaluation of their 5α-reductase inhibitory properties
    Food Chemistry, 133, 1034-1038 (2012)
    J. Liu, K.i Kurashiki, A. Fukuta, S.i Kaneko, Y. Suimi, K. Shimizu, R. Kondo
  5. Identification of Tyr74 and Tyr177 as substrate oxidation sites in cationic cell wall-bound peroxidase from Populus alba L.
    FEBS J. 2012 Jan;279(2):348-57
    J. Shigeto, Y. Itoh, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  6. The inhibitory effects of representative chalcones contained in Angelica keiskei on melanin biosynthesis in B16 melanoma cells
    Natural Products Communications, 7(8)1007-1010(2012)
    E. T. Arung, S. Furuta, K. Sugamoto, K. Shimizu, H. Ishikawa, Y. Matsushita, R. Kondo
  7. The melanin biosynthesis stimulating compounds isolated from the fruiting bodies of Pleurotus citrinopileatus
    Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications, 2, 151-157(2012)
    T.X. Meng, C.-F. Zhang, T. Miyamoto, H. Ishikawa, K. Shimizu, S Ohga, R. Kondo
  8. Improvement of ligninolytic properties in the hyper lignin-degrading fungus Phanerochaete sordida YK-624 using a novel gene promoter
    FEMS Microbiology Letters, 331(1), 81-88(6, 2012)
    T. Sugiura, T. Mori, I. Kamei, H. Hirai, H. Kawagishi, R. Kondo
  9. Osteoclastogenesis inhibitory effect of ergosterol peroxide isolated from Pleurotus eryngii
    Natural Products Communications,7(9)1163-1164 (2012)
    S. Yokoyama, T. H. Bang, K. Shimizu, R. Kondo
  10. Volatiles emitted from the roots of Vetiveria zizanioides suppress the decline in attention during a visual display terminal task
    Biomedical Research, 35(5)299-308 (2012)
    E. Matsubara, K. Shimizu, M. Fukagawa, Y. Ishizi, C. Kakoi, T. Hatayama, J. Nagano, T. Okamoto, K. Ohnuki, R. Kondo
  11. An ester of 4-methoxy cynnamic acid isolated from Xylocarpus moluccencis (Lamk) M. Roem (Meliaceae)
    Indonesian Journal of chemistry, 12(2)184-188 (2012)
    Tukiran, S. S. Cahyasari, K. Shimizu
  12. Target proteins of ganoderic acid DM provides clues to various pharmacological mechanisms
    Sci. Rep. 2, 905; DOI:10.1038/srep00905 (2012)
    J. Liu, K. Shimizu, A. Tanaka, W. Shinobu, K. Ohnuki, T. Nakamura, R. Kondo.
  13. Relationship between seasonal cold acclimatization and mtDNA haplogroup in Japanese
    Journal of Physiological Anthropology 2012, 31:22
    T. Nishimura, M. Motoi, Y. Niri, Y. Hoshi, R. Kondo, S. Watanuki.

受賞

  1. 松原 恵理
    「視覚作業時の注意力低下抑制効果を持つ香り成分の探索」
    第14回木材学会九州支部黎明研究者賞(論文)

総説・著書

  1. I. Kubo, K. Shimizu and K. Nihei
    MANICOBA, A quercetin rich Amazonian dish
    In: Quercetin: Dietary Sources, Functions and Health Benefits- Nova Science Publishers, Inc. (2012)
  2. I. Kubo, K. Fujita, K. Shimizu
    Anti-Salmonella Agents from Tanacetum Balsamita, A Brazilian Medicinal Plant, and their Application
    In: Antioxidants and Biocides from Latin American Plants;
    C.L. Cespedes, D.A. Sampietro, D.S. Seigler, Ed., CABI Publishing (UK) (2012)
  3. N. Masuoka, K. Shimizu, I. Kubo
    Antioxidant Activity of Anacardic Acids
    In: Antioxidants and Biocides from Latin American Plants;
    C.L. Cespedes, D.A. Sampietro, D.S. Seigler, Ed., CABI Publishing (UK)(2012)
  4. 清水邦義、松原恵理、福田竜大、藤田弘毅、水野谷航、安尾しのぶ、有働洋、広津崇亮、中島大輔、光藤崇子、山田祐樹、石川洋哉、大貫宏一郎、岡本剛、近藤隆一郎
    樹木由来のかすかな香り〜生理・心理応答解析からみえること〜
    Aroma Research, 13(3)202-208(2012)
  5. I. Kubo, T. J. Ha, K. Shimizu
    Isao Kubo, Tae Joung Ha and Kuniyoshi Shimizu (2013). Molecular Design of Soybean Lipoxygenase Inhibitors Based on Natural Products, A Comprehensive Survey of International Soybean Research - Genetics, Physiology, Agronomy and Nitrogen Relationships, James E. Board (Ed.), ISBN: 978-953-51-0876-4, InTech, DOI: 10.5772/52703. Available from: http://www.intechopen.com/

その他の出版物及び和文論文

  1. 天然素材の『噂を科学する』地域企業密着型研究
    清水 邦義
    産学連携ジャーナル、5月号(2012年)
  2. 黎明研究者賞を受賞して
    論文部門
    松原 恵理
    木科学情報、Vol. 19 (3) 48(2012)
  3. イノシシ肉ソーセージの理化学的特性および食味評価
    丸居篤、水野谷航、中野豊、城内文吾、友永省三、清水邦義、泉清隆、堀江ちひろ
    日本暖地畜産学会報、55(2)177-180(2012)

博士論文

  1. Evaluation of biological activities of Pleurotus citrinopileatus
    孟 天暁
  2. Evaluation on enhancing enzymatic hydrolysis of lignocellulose
    高 子晴

修士論文

  1. リグニン生合成に関与するペルオキシダーゼAtPrx1、AtPrx25、AtPrx71のダブルノックアウト
    伊藤 義隆
  2. マツタケ菌糸体形態変化を誘導する培地組成分及び培養法
    田ア 徳也
  3. ニセアカシアのカドミウム蓄積機構
    濱口 大空
  4. ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)の機能性 −抗肥満効果と生物時計への影響−
    古田 祥子
  5. Multifunctional bioactivities and active principles from the leaves of Eriobotrya japonica, a potential medical material
    譚 慧

卒業論文

  1. みかん由来香気成分に対するヒトの生理・心理応答解析
    福田 竜大
  2. 根粒菌がニセアカシアのCd吸収・蓄積能に及ぼす影響
    若林 昌嘉

国際学会発表

  1. Molecular target of biologically active triterpenoid isolated from medicinal mushroom, Ganoderma lucidum
    VII International Symposium on Natural Products Chemistry and its Applications (VIIISNPCA 2012), November 5-8, 2012 (Talca, Chile, Invited speaker)
    Kuniyoshi SHIMIZU

学会発表

  1. シロイヌナズナ CWPO-C ホモログのダブルノックアウトがリグニン生合成に与える影響
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大院生資環)○伊藤義隆、(九大農学院)重藤潤、堤祐司、近藤隆一郎
  2. Ganoderic acid DMの生理活性発現機構解析
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大院農)○清水邦義、田中明信、劉潔、(日本電波工業)忍和歌子、(九大院農)近藤隆一郎
  3. ポプラ CWPO-C とシロイヌナズナ CWPO-C ホモログのリグニンモデル化合物に対する酸化活性について
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大農・院) 重藤 潤、○堤 祐司、近藤 隆一郎
  4. モウソウチク(Phyllostachys pubescens)のタケノコの皮に含まれる生理活性物質の探索
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大院生資環) 田中明信、(九大院農) 清水邦義、近藤隆一郎
  5. ニセアカシア(Robinia pseudoacasia)のカドミウム蓄積機構
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大院・生資環)○濱口大空、(九大院・農)堤祐司、近藤隆一郎
  6. ヤマブシタケの卵巣摘出マウスにおける抗肥満効果
    第62回日本木材学会 2012年3月15-17日 札幌市(口頭発表)
    (九大院生資環)○古田 祥子、(熊本県産業技術センター)佐藤 崇雄、(阿蘇バイオテック)佐藤 大吾、(九州栄養福祉大)大貫宏一郎、(九大院農)赤坂泰輝、城内 文吾、佐藤 匡央、清水 邦義、近藤 隆一郎
  7. シロイヌナズナにおいてリグニン生合成へ関与するペルオキシダーゼの基質酸化能の解析
    第53回日本植物生理学会 2012年3月16-18日 京都市(口頭発表)
    (九大農・院) ○重藤潤、堤祐司、近藤隆一郎
  8. Znの有無により生じたマツタケ菌糸体二形態間の代謝物プロファイルの違い
    日本菌学会第56回大会 2012年5月26日 岐阜市(口頭発表)
    (九大院生資環) ○田ア 徳也、(九大院農)近藤 隆一郎
  9. タモギタケ子実体の生理活性成分
    第19回日本木材学会九州支部大会 2012年8月24-25 宮崎市(口頭発表)
    (九大農院) ○孟 天暁、清水 邦義、近藤 隆一郎
  10. Evaluation on enhancing enzymatic hydrolysis of lignocellulose
    第19回日本木材学会九州支部大会 2012年8月24-25 宮崎市(口頭発表)
    (Kyushu University) ○Ziqing Gao, Ryuichiro Kondo
  11. The Inhibitory Effect of Loquat Leaves (Eriobotrya japonica) on Ovariectomy-induced Bone Loss and Osteoclast Differentiation
    第19回日本木材学会九州支部大会 2012年8月24-25 宮崎市(口頭発表)
    (Faculty of Agriculture, Kyushu University) ○Tan Hui, Syoko Furuta, Toshiro Nagata, Taiki Akasaka, Bungo Shirouchi, Masao Sato, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo (Faculty of Food and Nutrition, Kyushu Nutrition Welfare University) Koichiro Ohnuki
  12. ポルフィリンの光増感反応によるリグニン分解
    第19回日本木材学会九州支部大会 2012年8月24-25 宮崎市(口頭発表)
    (九大院生資環) ○岸川明日香、 (シキソンパワー株式会社) 福留裕文、福留留美、 (九大院農) 近藤隆一郎
  13. タモギタケ子実体のメラニン生成促進成分
    第16回日本きのこ学会 2012年9月6-7日 東京都(口頭発表)
    (九大農院) ○孟 天暁、清水 邦義、大賀 祥治、近藤 隆一郎
  14. シイタケ菌床栽培プロセスにおける培地中の成分の変動
    第16回日本きのこ学会 2012年9月6-7日 東京都(口頭発表)
    (九大院生資環) ○前川 遼、 (宝珠山きのこ生産組合) 川村 倫子、 (九大院農)近藤 隆一郎
  15. 大腸菌によるポルフィリン生産と、それによるリグニン分解
    第57回リグニン討論会 2012年10月17-18日 福岡市(口頭発表)
    (九大院生資環)◯岸川明日香、(シキソンパワー株式会社)福留裕文、福留留美、石橋徹、(九大院農)近藤隆一郎

学会以外の発表・講演等

  1. 『言い伝えを科学する』
    キーパーソン@「九州の食」プレステージ
    平成24年度1月25日(水) 福岡合同庁舎本館5階中会議室A・B
    清水邦義
  2. 『「噂を科学する」 〜身近な天然資源を生かすヒント〜』
    平成23年度【RIST】「植物工場」第2回技術検討会 拡大セミナー
    2012年3月21日 熊本県産業技術センター大会議室
    清水邦義
  3. 『アロマの効用〜元気になる香り、癒される香り〜』
    第22回西日本食品産業創造展
    2012年5月18日 マリンメッセ福岡
    清水邦義
  4. 『平成23年度事業化案件発掘・支援事業成果報告』
    九州地域バイオベンチャーフォーラム2012
    2012年5月21日 熊本ホテルキャッスル2階
    清水 邦義
  5. 『バイオマス資源の有効活用〜樹皮・タマネギ皮等を活用した美白・抗酸化・消臭商品の開発〜』
    シーズ発表会〜大学研究者によるノウハウ・技術の発表〜
    2012年6月11日 博多座・西銀ビル13階
    清水 邦義
  6. 『糸島天然素材(農林・海産物)のライブラリー化と有用機能探査』
    糸島市九州大学連携研究助成金 第2回研究発表会
    2012年7月1日 九州大学 伊都キャンパス 総合学習プラザ
    清水 邦義
  7. 『Utilization of forest bio-resources (wood, mushroom etc) focusing on their biological activities』
    JBEI (Joint BioEnergy Institute), カリフォルニア州,USA,August 30th, 2012
    Kuniyoshi SHIMIZU
  8. 『天然由来の機能可能性を探る〜人材育成と同じ。良い点を見つけて伸ばす〜』
    第69回KDRIイブニングセミナー
    2012年10月25日熊本大学連携インキュベータ
    清水 邦義

過去の研究業績