『森羅万象学。』森林圏環境資源科学研究室(SFFPS)ホームページへようこそ

SFFPS 森羅万象学最新の研究業績

森林圏環境資源科学講座では、大学院生を募集しています
大学、学部、性別、年齢、国籍いっさい不問です。

くわしくはコチラ(click here)をご利用ください
  

最新の研究業績

原著論文(査読つき英語論文)

  1. Antibacterial compounds from shoot skins of moso bamboo (Phyllostachys pubescens)
    Journal of Wood Science, 59(2)155-159 (2013)
    A. Tanaka, K. Shimizu, R. Kondo
  2. Corncobs as a Potential Source of Functional Chemicals
    Molecules 2013, 18(11), 13823-13830; doi:10.3390/molecules181113823
    A. Ashour, M. Amer, A.i Marzouk, K. Shimizu, R. Kondo and S. El-Sharkawy
  3. A rapid in vitro bioassay system for testing resistance factors of pine trees to Bursaphelenchus xylophilus
    Nematology, 15(6)665-670 (2013)
    Z. Fujia, Y. Mori, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  4. Metabolites from resistant and susceptible Pinus thunbergii after inoculation with pine wood nematode
    American Journal of Plant Sciences, 4(3)512-518 (2013)
    F. Zhang, J. Kajiwara, Y. Mori, M. Ohira, Y. Tsutsumi, R. Kondo
  5. A protocol for isolation target proteins of natural compound
    J. Liu, K. Shimizu, A. Tanaka, W. Shinobu, K. Ohnuki, T. Nakamura & R. Kondo
    Protocol Exchange (2013) doi:10.1038/protex.2013.051
  6. Biotransformation of Khellin to Khellol by Aspergillus niger and the Evaluation of their Biological Activities.
    The Open Bioactive Compounds Journal, 4, 1-3 (2013)
    A. Ashour, S. El-Sharkawy, M. Amer, F.A. Bar, A. Mera, T. Nagata, R. Kondo, K. Shimizu
    DOI: 10.2174/1874847320130628001
  7. Comparative Biological Study of Roots, Stems, Leaves, and Seeds of Angelica shikokiana Makino.
    Journal of Ethnopharmacology, 148, 980-987 (2013)
    A. Mira, A. Tanaka , Y. Tateyama, R. Kondo, K. Shimizu
  8. Wild Mushroom in Nepal: Some potential Candidates as Antioxidant and ACE Inhibition Sources
    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, Volume 2014(2014), Airticle ID 195305, 11 pages
    T. H. Bang, H. Suhara, K. Doi, H. Ishikawa, K. Fukami, G. P. Parajuli, Y. Katakura, S. Yamashita, K. Watanabe, M. K. Adhikari, H. K. Manandhar, R. Kondo, K. Shimizu
  9. The Inhibitory Effect of Loquat Leaves (Eriobotrya japonica) on Ovariectomy-induced Bone Loss and Osteoclast Differentiation
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 62(4)836-41(2014)
    T. Hui, S. Furuta, T. Nagata, K. Ohnuki, T. Akasaka, B. Shirouchi, M. Sato, R. Kondo, K. Shimizu
  10. Effects of isolated compound from Sonneratia caseolaris leaf : a validation of traditional utilization by melanin biosynthesis and antioxidant assays
    Journal of Applied Pharmaceutical Science, 5(10): 39-43 (2015)
    E. T. Arung, H. Kuspradini, I. W. Kusuma, T. H. Bang, S. Yamashita, Y. Katakura, K. Shimizu
  11. Structure-activity relationships of lanostane-type triterpenoids from Ganoderma lingzhi as α-glucosidase inhibitors
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 23(21)5900-5903(2013)
    S. Fatmawati, R. Kondo, K. Shimizu
  12. Rational design and synthesis of topoisomerase I and II inhibitor based on olenanolic acid moiety for new anti-cancer drugs
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 22(1)211-20(2013)
    A. Ashour, S. El-Sharkawy, M. Amer, F.A. Bar, T. Miyamoto, N. Toyota, T. H. Ban, R. Kondo, K. Shimizu.
  13. Biological activities and phytochemical profiles of extracts from different parts of bamboo (Phyllostachys pubescens)
    Molecules 2014, 19(6), 8238-8260; doi:10.3390/molecules19068238
    A. Tanaka, Q. Zhu, H. Tan, H. Horiba, K. Ohnuki, Y. Mori, R. Yamauchi, H. Ishikawa, A. Iwamoto, H. Kawahara, K. Shimizu
  14. Hypotensive effects of Reishi (Ganoderma lingzhi)’s auto-digested extract and its potent peptides for Angiotensin-Converting Enzyme inhibition.
    Molecules 2014, 19, 13473-13485; doi:10.3390/molecules190913473
    T. H. Bang, A. Yamamoto, S. Matsumoto, H. Ito, K. Igami, T. Miyazaki, R. Kondo, K. Shimizu
  15. Melanin Biosynthesis Inhibitory Activity of Compounds Isolated from unused parts of Ammi visinaga
    Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications, Vol.3 No.3B 40-43 (2013)
    A. Ashour, S. El-Sharkawy, M. Amer, F. A.l Bar, R. Kondo, K. Shimizu
  16. Bioethanol production from alkaline-pretreatmented sugarcane bagasse by consolidated bioprocessing using Phlebia sp. MG-60
    International Biodeterioration & Biodegradation,88, 62-68(2014)
    L. D. Khuong, R. Kondo, R. D. Leon, T. K. Anh, K. Shimizu, I. Kamei
  17. Antioxidant and anti-melanogenesis activities of an extract of the Indonesian Lai fruit (Durio kutejensis)
    Tropical Journal of Pharmaceutical Research, 14(1) 41-46(2015)
    E.T. Arung, W. Suwinarti, M. Hendra, Supomo, I. W. Kusuma, D. C. N. Puteri, H. A. Eroglu, Y-U, Kim, K. Shimizu, H. Ishikawa
  18. Lipoxygenase inhibitory activity of alkyl protocatechuates
    Food Chemistry, , 159, 471-476 (2014)
    T. J. Ha, K. Shimizu, I. Kubo
  19. Production of citric acid from corncobs with its biological evaluation
    Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications, 4, 141-149(2014)
    A. Ashour, S. EI-Sharkawy, M. Amer, A. Marzouk, A. Kishikawa, M. Ohzono, R. Kondo, K. Shimizu
  20. Biodegradation of heptachlor-contaminated soil by white-rot fungal inocula
    Environmental Science and Pollution Research , 21(19), 11305-11312, 2014
    A.S. Purnomo, E. M. M. Putri, R. Nawfa, S. R. Putra, K. Shimizu, R. Kondo
  21. Effect of chemical factors on integrated fungal fermentation of
    sugarcane bagasse for ethanol production by a white-rot fungus,
    Phlebia sp. MG-60

    Bioresource Technology 167C, 33-40, 2014
    L. D. Khuong, R. Kondo, R. D. Leon, T. K. Anh, K. Shimizu, I. Kamei
  22. Potent Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitory Tripeptides identified by a Computer-based Approach
    Journal of Molecular Graphics and Modeling, 53, 206-211, 2014
    DOI: 10.1016/j.jmgm.2014.08.002
    T. H. Bang, K. Shimizu
  23. 20(S)-Ginsenoside Rh2 as aldose reductase inhibitor from Panax ginseng
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 24(18) 4407-4409, 2014
    S. Fatmawati, H. Yu, C. Zhang, F. Jin, K. Shimizu
    DOI information: 10.1016/j.bmcl.2014.08.009
  24. The inhibitory activity of aldose reductase in vitro by constituents of Garcinia mangostana Linn.
    Phytomedicine, 22(1), 49-51, 2015
    S. Fatmawati, T. Ersama, K. Shimizu
  25. In vitro bioactivities and phytochemical profile of various parts of the strawberry (Fragaria×ananassa var. Amaou)
    Journal of Functional Foods, 13(1)38-49, 2015
    Q. Zhu, T. Nakagawa, A. Kishikawa, K. Ohnuki, K. Shimizu
  26. Multiple biological effects of olive oil by-products such as leaves, stems, flowers, olive milled waste, fruit pulp, and seeds of the olive plant on skin.
    Phytotherapy Research, 29(6)877-866, 2015
    A. Kishikawa, A. Ashour, Q. Zhu, M. Yasuda, H. Ishikawa, K. Shimizu
    DOI: 10.1002/ptr.5326
  27. Structure-Activity Relationship and Inhibition Pattern of Reishi-derived (Ganoderma lingzhi) Triterpenoids against Angiotensin-Converting Enzyme
    Phytochemistry Letters, 12, 243-247, 2015
    T. H. Bang, K. Shimizu
  28. A structure-activity relationship study on antiosteoclastogenesis effect of triterpenoids from the leaves of loquat (Eriobotrya japonica)
    Phytomedicine, 22(4), 498-503, 2015
    H. Tan, A. Ashour, Y. Katakura, K. Shimizu
    DOI: 10.1016/j.phymed.2015.03.002
  29. Kibizu concentrated liquid suppresses the accumulation of lipid droplets in 3T3-L1 cells
    Cytotechnology, 64(4)721-725, 2015
    C. Inoue,T. Kozaki,Y. Morita,B. Shirouchi, K. Fukami, K.Shimizu, M. Sato,Y. Katakura
  30. Determination of Seed Soundness in Conifers Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa Using Narrow-Multiband Spectral Imaging in the Short-Wavelength Infrared Range
    PLOS ONE, 10(6), 2015, e0128358
    O. Matsuda, M. Hara, H. Tobita, K. Yazaki, T. Nakagawa, K. Shimizu, A. Uemura, H. Utsugi
  31. Biological activities of oleanolic acid derivatives from Calendula officinalis Seeds.
    Phytotherapy Research, 30(5):835-41, 2016
    A. Zaki, A. Ashour, A. Mira, A. Kishikawa, T. Nakagawa, Q. Zhu, K. Shimizu
  32. Improved Biological Activities of Isoepoxypteryxin by Biotransformation
    Chemistry & Biodiversity, 13:1-9, 2016
    A. Mira, W. Alkhiary, Q. Zhu, T. Nakagawa, H.B. Tran, Y. M. Amen and K. Shimizu
  33. Antiplatelet and Anticoagulant Activities of Angelica shikokiana Extract and its Isolated Compounds
    Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis, 23(1)91-99, 2017
    doi: 10.1177/1076029615595879
    A. Mira, W, Alkhiary, K. Shimizu.
  34. Inhibition of neuraminidase by Ganoderma triterpenoids and implications for neuraminidase inhibitor design
    Scientific Reports
    DOI: 10.1038/srep13194.
    Q. Zhu, T. H. Bang, K. Ohnuki, T. Sawai, K. Sawai, K. Shimizu
  35. Multiple uses of essential oil and by-products from various parts of the Yakushima native cedar (Cryptomeria japonica)
    Journal of Wood Chemistry and Technology, 36(1)42-55 (2016)
    T. Nakagawa, Q. Zhu, H. Ishikawa, K. Ohnuki, K. Kakino, N. Horiuchi, H. Shinotsuka, T. Naito, T. Matsumoto, N. Minamisawa, M. Yatagai, K. Shimizu
  36. Biological activities of extracts from different parts of Cryptomeria japonica
    Natural Product Communications, in press
    H. Horiba, T. Nakagawa, Q. Zhu, A. Ashour, A. Watanabe, K. Shimizu
  37. In vitro Cytotoxic Activities and Molecular Mechanisms of Angelica shikokiana Extract and Its isolated compounds
    Pharmacognosy Magazine, 11(44)(S4)S564-569 (2016)
    A. Mira, K. Shimizu
  38. In Vitro Neuroprotective Activities of Compounds from Angelica shikokiana Makino
    Molecules 20(3), 4813-4832, 2015
    A. Mira, S. Yamashita, Y. Katakura, K. Shimizu
    doi:10.3390/molecules20034813
  39. Biodegradation of aldrin and dieldrin by the white-rot fungus Pleurotus ostreatus
    Current Microbiology 74, 320-324, 2017
    A. Purnomo et al
  40. Tubulin polymerization stimulating-activity of Ganoderma triterpenoids
    Journal of Natural Medicines 71(2), 457-462, 2017
    T. Kohno, T. Hai-Bang, Q. Zhu, Y. Amen, S. Sakamoto, H. Tanaka, S. Morimoto, K. Shimizu
  41. Lucidumol C, a new lanostanoid triterpene from Ganoderma lingzhi with potential activity against colon cancer
    Journal of Natural Medicines (2016) in press
    Yhiya M. Amen, Amira Mira, Hai-Bang Tran, Mohamed S. Afifi, Ahmed F. Halim, Ahmed Ashour, Kuniyoshi Shimizu
  42. Anti-proliferative Activity of Some Oleanolic acid derivatives with Potent TopoisomeraseInhibitory Activity on B16 Melanoma Cells
    Wood Research Journal, Vol/ 6, No. 1(2015) in press
    Ahmed Ashour, Ryuichiro Kondo, and Kuniyoshi Shimizu.
  43. Methoxyflavones from Ganoderma lingzhi
    International Journal of Medicinal Mushrooms (2016) in press
    Yhiya M. Amen, Satoru Kaifuchi, Kuniyoshi Shimizu.
  44. Anti-choline esterase activity of ceramides from the Red Sea Marine Sponge Mycale euplectellioides
    RSC Advances, 6, 20422-20430 (2016)
    R. Abdelhameed,M. S. Elgawish, A. Mira, A. K. Ibrahim, S. A. Ahmed, K. Shimizu, K. Yamada
  45. Simultaneous determination of four vasoactive phytochemicals in different pharmaceutical preparations by a simple HPLC-DAD method
    Analytical Methods, 8, 1858-1866(2016)
    F. Ibrahim, M. K. S. El-Din, R. N. El-Shaheny, A. K. El-Deen, K. Shimizu
  46. Detection of ganoderic acid A in Ganoderma lingzhi by an indirect competitive enzyme-linked immunosorbent assay
    Planta Med.82(8):747-51(2016)
    Sakamoto, S., Kohno, T., Shimizu, K., Tanaka, H., Morimoto, S.
  47. An LC-MS/MS-SRM method for simultaneous quantification of four representative organosulfur compounds in garlic products
    Food Analytical Methods, 9(12)3378-3384(2016)
    Q. Zhu., K. Kakino, C. Nogami, K. Ohnuki, K. Shimizu.
  48. Anti-oxidative Activities of 62 Wild Mushrooms from Nepal and the Phenolic Profile of Some Selected Species
    Journal of Natural Medicines, 70, 769-779(2016)
    S. Tamrakar, H. B. Tran, M. Nishida, S. Kaifuchi, H. Suhara, K. Doi, K. Fukami, G. P. Parajuli, K. Shimizu
  49. Hericium erinaceus extracts alter behavioral rhythm in mice
    Biomedical Research, 37(4)227-232(2016)
    S. Furuta, R. Kuwahara, E. Hiraki, K. Ohnuki, S. Yasuo, K. Shimizu
  50. Acetyl choline esterase inhibitors and melanin synthesis inhibitors from Salvia officinalis
    Phytomedicine (2016) in Press
    A. Sallam, A. Mira, A. Ashour, K. Shimizu
  51. New cytotoxic lanostanoid triterpenes from Ganoderma lingzhi
    Phytochemistry Letterss, 64-70, 2016
    Y. M. Amen, Q. Zhu, M. S. Afifi, A. F. Halim, A. Ashour, K. Shimizu
  52. Micellar HPLC method for simultaneous determination of ethamsylate and mefenamic acid in presence of their main impurities and degradation products
    Journal of Chromatographic Science, in press
    F. Ibrahim, M. K. S. El-Din, A. K. El-Deen, K. Shimizu
  53. Immunochromatographic strip assay for detection of bioactive Ganoderma triterpenoid, ganoderic acid A in Ganoderma lingzhi
    Fitoterapia,114, 51-55(2016),
    S. Sakamoto, N. Kikkawa,T. Kohno, K. Shimizu, H. Tanaka,S. Morimoto
  54. An Eco-friendly Green Liquid Chromatographic Method for Simultaneous Determination of Nicotinamide and Clindamycin phosphate in Pharmaceutical Gel for Acne Treatment
    Journal of Food and Drug Analysis, in press
    F. Ibrahim, A. K. El-Deen, S. A. El Abass, K. Shimizu
  55. A phenolic acid and its antioxidant activity from stem bark of chloroform fraction of Syzygium littorale (Blume) amshoff (Myrtaceae)
    Molekul, 11(2)180-189(2016)
    Tukiran, F. Mahmudah, N. Hidayati, K. Shimizu
  56. Antioxidant activity of Moringa oleifera extracts
    Indones. J. Chem. 16(3)297-301(2016)
    W.D. Ditriana, T. Ersam, K. Shimizu, S. Fatmawati
  57. Anti-allergic triterpenes isolated from olive milled waste
    Cytotechnology, 69(2), 307-315(2017)
    A. Kishikawa, Y. Amen, K. Shimizu
  58. Partial contribution of Rho-kinase inhibition to the bioactivity of Ganoderma lingzhi and its isolated compounds; Insights on discovery of natural Rho-kinase inhibitors
    Journal of Natural Medicines, in press
    Yhiya Amen, Qinchang Zhu, Hai-Bang Tran, Mohamed S. Afifi, Ahmed F. Halim, Ahmed Ashour, Kuniyoshi Shimizu
  59. Synthesis, Docking, Cytotoxicity, and LTA4H Inhibitory Activity of New Gingerol Derivatives as Potential Colorectal Cancer Therapy
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, in press
    Mai H. El-Naggar, Amira Mira, Fatma M. Abdel Bar, Kuniyoshi Shimizu, Mohamed M. Amer, Farid A. Badria
  60. Anti-obesity activity of Yamabushitake (Hericium erinaceum) powder on
    ovariectomized mice and its potentially active compounds

    Journal of Natural Medicines, in press
    Eri Hiraki, Shoko Furuta, Rika Kuwahara, Naomichi Takemoto,
    Toshiro Nagata, Taiki Akasaka, Bungo Shirouchi, Masao Sato,
    Koichiro Ohnuki, Kuniyoshi Shimizu
  61. Melanogenesis inhibitors from Coix lacryma-jobi seeds in B16-F10 melanoma cells
    Natural Product Research, in press
    Yhiya Amen, Enos Tangke Arung, Mohamed S. Afifi, Ahmed F. Halim, Ahmed
    Ashour, Ryoji Fujimoto, Takahiro Goto and Kuniyoshi Shimizu
  62. Anti-influenza effects of Ganoderma lingzhi: an animal study
    Journal of Functional Foods, in press
    Qinchang Zhua, Yhiya Amen, Koichiro Ohnuki, Kuniyoshi Shimizu
  63. The potential of triterpenoids from loquat leaves (Eriobotrya
    japonica) for prevention and treatment of skin disorder
    International Journal of Molecular Sciences ( in press)
    H. Tan, T. Sonam, K. Shimizu
  64. An Active Drimane-Type Lactone from Polygonum jucundum Attenuates Lipopolysaccharide-Induced Acute Lung Injury in Mice Through TLR4-MAPKs Signaling Pathway
    Inflammation, in press
    Yang Hu, Lijun Tao, Hui Tan, Mian Zhang, Kuniyoshi Shimizu, Fei Zhang, Chaofeng Zhang

受賞



総説・著書

  1. Isao Kubo, Tae Joung Ha and Kuniyoshi Shimizu (2013). Molecular Design of Soybean Lipoxygenase Inhibitors Based on Natural Products, A Comprehensive Survey of International Soybean Research - Genetics, Physiology, Agronomy and Nitrogen Relationships, James E. Board (Ed.), ISBN: 978-953-51-0876-4, InTech, DOI: 10.5772/52703.
  2. 清水邦義
    インドネシアの未開発天然素材の多機能性・多様性に着目した高度利用
    Aroma Research, 14(1)76-81(2013)
  3. 清水邦義、河野俊亨
    多機能性キノコ「霊芝」(Ganoderma lingzhi)の更年期症状改善効果
    更年期と加齢のヘルスケア、13(1)1-7(2014)
  4. 清水邦義
    天然素材の言い伝え・噂・スクリーニングを元にした実用化研究開発アプローチ〜香りからポリフェノールまでを例として〜
    Aroma Research, 15(2)56-61(2014)
  5. 松本清、大貫宏一郎、清水邦義
    かすかな香りの効用〜香りの定性定量分析および生理心理評価を中心とした付加価値創造〜
    バイオサイエンスとインダストリー, 72(5)395-398(2014)
  6. 鷲岡ゆき、大貫宏一カ、清水邦義
    生理・心理応答解析から見えてきたヒトと「かすかな」においの関係とその応用
    におい・かおり環境学会誌、47巻1号34-43(2016)
  7. 清水 邦義、朱 欽昌、吉村 友里、海渕 覚、桑原 李佳、大貫 宏一カ
    霊芝の多機能性薬理効果に関する近年の科学的検証
    FFIジャーナル, in press(2016)
  8. 清水 邦義
    森林生物資源の抽出成分の機能性に着目した研究展開
    生物資源、第10巻第2号1-16(2016)
  9. Amira Mira, Kuniyoshi Shimizu
    An Update on Antitumor Activity of Angelica Species
    Medicinal Plants - Recent Advances in Research and Development, pp 363-371
    Date: 25 October 2016

国際会議等のプロシーディングス及び関連した出版物


その他の出版物及び和文論文

  1. 清水邦義
    「カリフォルニア大学とアマゾン川流域に滞在して」
    ニュースレター Vol. 63 2013.02.12

    九州大学大学院農学研究院
    JSPS組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
    アジア環境農学研究の高度・包括化に携わる若手研究者の戦略的育成
  2. 清水邦義、深川未央、松原恵理、松本清、山本篤、石川洋哉、北村真吾、栫ちか子、畑山知子、永野純、岡本剛、大貫宏一郎
    ベチバー根の揮発成分のビジランス低下抑制効果
    Aroma Research, 14(4)66-75(2013)
  3. 清水邦義
    木質空間の特徴を生理心理応答から明らかにする試み
    ―無垢材と新建材の部屋で人の心身はどのような応答を示すか?―
    Aroma Research,14(4)349(2013)
  4. 清水邦義
    第20回九州支部大会(福岡)における研究発表動向
    生物・化学分野
    木科学情報、20(3)50(2013)
  5. 宮崎明日香, 室井由起子, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義
    トマトの各部位のリパーゼ活性に及ぼす影響
    九州栄養福祉大学研究紀要 (10) 389-392(2013)
  6. 室井由起子, 宮崎明日香, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義
    成熟トマト・未成熟トマトの機能性評価
    九州栄養福祉大学研究紀要 (10) 369-374 (2013)
  7. 清水邦義
    抽出成分利活用研究の本質は、『「自然に学ぶものづくり」ではなく、「自然に学び使わせていただく」』だ!と思う
    木科学情報、21(3)38-41(2014)
  8. 清水邦義、松本清、大貫宏一郎
    睡眠誘導効果をもつ(−)-酢酸ボルニルの睡眠促進効果ならびに肌質改善効果
    コスメトロジー研究振興財団 研究業績 中間報告 197-213(2015)
  9. 清水邦義、藤本登留ほか九州大学ワーキンググループ
    木の家と人の健康・快適性
    チルチンびと、84, 115-120(2015)
  10. 清水邦義
    研究室紹介シリーズK
    九州大学 農学研究院 森林圏環境資源科学研究室
    におい・かおり環境学会誌、46巻4号(2015)
  11. 堀場大生
    黎明研究者賞を受賞して(口頭発表部門)
    木科学情報誌、22巻3号42(2015)
  12. 南育子,中川敏法,海渕覚,岸川明日香,室井菜緒子,奥野悦生,大貫宏一郎,清水邦義
    食用油の酸化による揮発成分の生成
    九州栄養福祉大学研究紀要(12)285-286 (2015)
  13. 南育子,中川敏法,海渕覚,内田薫,岸川明日香,堀場大生,大貫宏一郎,清水邦義
    GC-MS分析のための脂質の誘導体化
    九州栄養福祉大学研究紀要(12)287-290 (2015)
  14. 清水邦義
    特集にあたって-生物におけるにおい-
    におい・かおり環境学会誌、47巻1号1(2016)
  15. 清水邦義
    九州大学大学院農学研究院森林圏環境資源科学講座 清水グループ
    ありふれた自然素材を見捨てない、”よろず屋”的アプローチで、人に役立つ”才能”のエビデンスを探る
    Technologist's Magazine、1巻14-15 (2016)
  16. 清水邦義
    木の家の健康を科学する実験
    安成工務店グループCSVレポート2016, 41-42
  17. 南育子,中川敏法,室井由起子,奥野悦生,大貫宏一郎,清水邦義
    エミューオイルの機能特性
    九州栄養福祉大学研究紀要(13)149-152 (2016)
  18. 南育子,中川敏法,奥野悦生,大貫宏一郎,清水邦義
    脂質への放射線照射による影響 揮発性物質の生成について
    九州栄養福祉大学研究紀要(13)153-156 (2016)
  19. 後藤純平、清水邦義、佐藤大吾、大貫宏一カ
    ハーブティーの便通および体組成に対する効果
    新薬と臨床、65(5)707-715 (2016)
  20. 本傳晃義,浦岡美和,大貫啓子,佐藤大吾,清水邦義,大貫宏一郎
    新機能性トウガラシ品種(Capsicum annuum cv. Dangjo)摂取による食後血糖値の上昇抑制効果
    ― プラセボ対照・ランダム化比較・クロスオーバー試験 ―
    『新薬と臨牀』第66巻第3号(2017年3月10日発行)掲載予定
  21. 清水邦義 , 吉村友里, 中川敏法, 松本清, 鷲岡ゆき, 羽賀栄理子, 本傳晃義, 中島大輔, 西條裕美, 藤田弘毅, 渡邊雄一郎, 岡本元一, 井上伸史, 安成信次, 永野純, 山田祐樹, 岡本剛, 大貫宏一郎, 石川洋哉, 藤本登留
    スギ材を内装材として使用した室内空間における揮発性成分の分析およびその季節変動
    木材学会誌(in press)
  22. Sonam Tamrakar, Katsuya Fukami, Kuniyoshi Shimizu
    Nepal Mushroom Project
    アグリバイオVol.1 (4)76(484)-78(486), 2017
  23. 奥田拓, 中川敏法, 村野朋哉, 三好悠, 亀井裕人, 佐々木隆雄, 三枝康弘, 和田善行, 湊俊司, 阪井彰一, 千里泰三, 藤本登留, 清水邦義
    乾燥処理がスギ板材の抽出成分に与える影響
    中温乾燥によるテルペン類の量的変化
    木材学会誌(in press)

博士論文

  1. Development of new bioassay system and evaluation of resistance factors of pine trees to Bursaphelenchus xylophilus
    張 阜嘉
  2. Searching for Active Compounds with Preventive Effects on Hypertension: A Focus on Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitors
    Tran Hai Bang (2014)
  3. Isolation and development of new neuroprotective and anticancer agents from medicinal plants
    Amira Mira (2015)
  4. Antiosteoporosis activity of leaves of Eriobotrya japonica
    譚 慧(2015)
  5. The effect of the ethanol extract of olive milled waste on allergic reaction of basophil and Ca2+ signal transduction of keratinocyte
    Asuka Kishikawa (2017)
  6. Discovery of Natral Rho-kinase Inhibitors
    Yhiya Yhiya Mohamed Amen EI-Diasty (2017)

修士論文

  1. オイルパーム廃材からのバイオエタノール生産におけるワンポット発酵の試み
    酒井 利輝(2012年度)
  2. モウソウチク (Phyllostachys pubescens) に含まれる生理活性物質の探索
    田中 明信(2012年度)
  3. シイタケ菌床栽培プロセスの最適化
    前川 遼(2012年度)
  4. Fusarium proliferatumが生産する菌外体β-グルコシダーゼの精製と性質
    孟 路(2012年度)
  5. オリーブ(Olea europaea)各部位の生理活性の探索
    岸川 明日香(2013年度)
  6. ファイトレメディエーションを指向した白色腐朽菌Phelebia brevispora由来シトクロムP450遺伝子導入タバコ培養細胞の調整ならびに物質変換能評価   豊田 望美(2013年度)
  7. 標高差による環境変化が野生きのこ抽出物の生理活性に与える影響    -ネパールを事例として-                                  西田 真里菜(2014年度)
  8. ヌメリスギタケ抽出物の持つ機能性の探索                      馬場 純子(2014年度)
  9. 生体内活性構造と神経栄養効果に着目したヤマブシタケの精神疾患改善機構平木 絵里(2014年度)
  10. 機能性増強を目指した担子菌によるモウソウチク(Phyllostachys pubescens)のバイオリファイナリー                                   松尾 タケル(2014年度)
  11. スギ枝葉および材部から調整した製油香気の成分プロファイルならびにヒトの生理・心理応答の比較                                   山邊 結子(2014年度)
  12. 雄性不稔メカニズムの解明に向けたスギ(Cryptomeria japonica)抽出成分の解析                                              堀場 大生(2015年度)
  13. 乾燥処理の違いがスギ(Cryptomeria japonica)板材の抽出成分に与える影響                                                奥田 拓(2016年度)

卒業論文

  1. 木材の微生物分解により生成する芳香族化合物について
    梅村 早紀(2012年度)
  2. ヒラタケ (Pleurotus ostreatus) によるPCB分解処理の実用化に向けた試み
    甲斐 航平(2012年度)
  3. ヤマブシタケ (Hericium erinaceum) に含まれる抗肥満物質の解明
    平木 絵里(2012年度)
  4. 白色腐朽菌によるPOPs模擬汚染土壌のバイオレメディエーションの試み
    松尾 タケル(2012年度)
  5. 薬用植物の未利用部位を含む網羅的機能性評価                  稲田 優生(2015年度)
  6. 山菜抽出物の抗酸化活性に関する研究                        山下 浩平(2015年度)
  7. スギの雄性不燃メカニズムの解明に向けた雄花に含まれる多糖類の解析  高嶋 快土(2016年度)

国際学会発表

  1. Utilization of Biomass (wood, mushroom etc) by Focusing on Their Biological Activities
    EUIJ-Kyushu 3rd Annual International Conference
    November 2-3, 2013 (Kyushu University"Nishijin Plaza", Fukuoka, Japan)
    Kuniyoshi SHIMIZU(poster)
  2. Molecular target of triterpenoid with anticancer activity isolated from medicinal mushroom, Ganoderma lingzhi
    The Fifth International Symposium of Indonesian Wood Research Society
    November 7-9, 2013 (Novotel Hotel, Balikpapan, Indonesia)
    Kuniyoshi SHIMIZU (Keynote speaker)
  3. Molecular target of triterpenoid with anticancer activity isolated from medicinal mushroom, Ganoderma lingzhi
    The Fifth International Symposium of Indonesian Wood Research Society
    November 7-9, 2013 (Novotel Hotel, Balikpapan, Indonesia)
    Kuniyoshi SHIMIZU (Keynote speaker)
  4. Synthesis and anti-proliferative activity of some oleanolic acid derivatives as potent topoisomerase inhibitors
    The Fifth International Symposium of Indonesian Wood Research Society
    November 7-9, 2013 (Novotel Hotel, Balikpapan, Indonesia)
    Ahmed Ashour, Saleh EI Sharkawy, Mohamed Amer, Fatma Abdel Bar, Yoshinori Katakura, Tomofumi Miyamoto, Nozomi Toyota, Tran Hai Bang, Ryuichiro Kondo and Kuniyoshi Shimizu (Oral)
  5. Restorative effect of wooden materials on electrophysiological responses in humans
    Society for Neuroscience 2013 (43rd Annual Meeting)
    November 9-13, 2013 (Convention Center, San Diego, USA)
    S. Matsumoto*, T. Okamoto*, A. Yamamoto*, K. Ohnuki, T. Mitsudo, H. Ishikawa, R. Fukuda, K. Fujita, T. Nakashima, Y. Yamada, J. Nagano, S. Yasunari, Y. Watanabe, N. Fujimoto, K. Shimizu (Poster)
    *First three authers equally contributed to this work.
  6. Olive (Olea europea L.): Multifunctional Cosmetic Ingredient
    XXVIIth International Conference on Polyphenols & 8th Tannin Conference
    2-6 September 2014 (Nagoya University, Japan)
    A. Kishikawa, M. Yasuda, H. Ishikawa, K. Shimizu (Poster)
  7. Neuroprotective compounds from Angelica shikokiana Makino and their mode of action
    XXVIIth International Conference on Polyphenols & 8th Tannin Conference
    2-6 September 2014 (Nagoya University, Japan)
    A. Mira, K. Shimizu (Poster)
  8. Tubulin polymerizing activity of Ganoderma triterpenoids and production of their monoclonal antibody
    The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy
    (Fukuoka University, Fukuoka, Japan)
    September 13, 2014.
    Toshitaka Kohno1, Tran Hai Bang 2, Kuniyoshi Shimizu2, Seiichi Sakamoto1, Hiroyuki Tanaka1, Satoshi Morimoto1
    1 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University
    2 Graduate School of Bioresource and Bioenvironmental Sciences, Kyushu University
  9. Structure Activity Relatioship of Flavonoids Isolated from Angelica Shikokiana and Other Analogues as Acetylcholin Esterase Inhibitors
    The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy
    (Fukuoka University, Fukuoka, Japan)
    September 13, 2014.
    Amira Mira1,2, Kuniyoshi Shimizu1*
    1 Division of Systematic Forest and Forest Products Sciences, Department of Agro-environmental Sciences, Faculty of Agriculture, Graduate School of Kyushu University, 812-8581, Japan.
    2Department of Pharmacognosy, Faculty of Pharmacy, Mansoura University, Mansoura 35516, Egypt.
  10. Structure-activity relationship of triterpenoids from leaves of Eriobotrya japonica in the inhibition of osteoclast differentiation
    The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy
    (Fukuoka University, Fukuoka, Japan)
    September 13, 2014.
    Hui TAN1, Kuniyoshi SHIMIZU1
    1 Department of Agro-environmental Sciences, Faculty of Agriculture, Kyushu University, 6-10-1 Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka, 812-8581, Japan
  11. Inhibition of angiotensin converting enzyme by lanostanoids from reishi (Ganoderma lingzhi): structure-activity relationship and inhibition pattern
    The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy
    (Fukuoka University, Fukuoka, Japan)
    September 13, 2014.
    Hai Bang TRAN, Kuniyoshi SHIMIZU
    Laboratory of Systematic Forest and Forest Products Sciences, Faculty of Agriculture, Kyushu University, Japan
  12. Influenza neuraminidase inhibitory activity of triterpenoids from Ganoderma lingzhi and their structure-activity relationships
    The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy
    (Fukuoka University, Fukuoka, Japan)
    September 13, 2014.
    Qinchang ZHU, Tran Hai BANG, Koichiro OHNUKI, Takashi SAWAI, Ken SAWAI, Kuniyoshi SHIMIZU
    Department of Agro-environmental Sciences, Faculty of Agriculture, Kyushu University, Japan
  13. Effect of moisture content on integrated fungal fermentation of sugarcane bagasse for ethanol production by a white-rot fungus, Phlebia sp. MG-60
    7th ASEAN Environmental Engineering Conference
    November 21-22, 2014 (Puerto Princesa, Palawan, Phillipine
    Khuong Le Duy, Kondo Ryuichiro, Leon De Rizalinda, Anh To Kim, Meguro Sadatosh, Shimizu Kuniyoshi, Kamei Ichiro
  14. Multi-medicinal effects of triterpenoids isolated from Ganoderma lingzhi
    International Seminar on Chemistry (ISoC) 2014
    28-29, Octorber, 2014 (Senur Paradise Plaza Hotel, Bali, Indonesia)
    Kuniyoshi SHIMIZU (Key note speaker, invited)
  15. Antioxidant activity of Moringa oleifera Lamk extracts
    International Seminar on Chemistry (ISoC) 2014
    28-29, Octorber, 2014 (Senur Paradise Plaza Hotel, Bali, Indonesia)
    Wiwit Denny Fitriana, Taslim Ersam, Kuniyoshi Shimizu, Sri Fatmawati
  16. Antioxidant activity of Syzygium polyanthum Weight extracts
    International Seminar on Chemistry (ISoC) 2014
    28-29, Octorber, 2014 (Senur Paradise Plaza Hotel, Bali, Indonesia)
    Mutia Devi Hidayati, Taslim Ersam, Kuniyoshi Shimizu, Sri Fatmawati
  17. Anti-allergic compound in ethanol extract of olive milled waste
    The 27th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2014, Kitakyushu)
    11-14, November, 2014.
    Asuka Kishikawa, Hiroya Ishikawa, Yoshinori Katakura, Kuniyoshi Shimizu
  18. Molecular Based Cytotoxic Activity of Bioactive Compounds of Angelica shikokiana
    The international conference on herbal and traditional medicine
    January 28-30, 2015(Khon Kaen University, Khon Kaen City, Thailand )
    Amira Mira1,2, Kuniyoshi Shimizu1*
    1 Division of Systematic Forest and Forest Products Sciences, Department of Agro-environmental Sciences, Faculty of Agriculture, Graduate School of Kyushu University, 812-8581, Japan.
    2Department of Pharmacognosy, Faculty of Pharmacy, Mansoura University, Mansoura 35516, Egypt.
  19. Development of an indirect competitive enzyme-linked immunosorbent assay (icELISA) using highly specific monoclonal antibody against ganoderic acid A
    The international conference on herbal and traditional medicine
    January 28-30, 2015(Khon Kaen University, Khon Kaen City, Thailand )
    Toshitaka Kohno1, Kuniyoshi Shimizu2, Seiichi Sakamoto1, Hiroyuki Tanaka1, Satoshi Morimoto1
    1 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University, Japan
    2 Graduate School of Bioresorce and Bioenvironmental Sciences, Kyushu University, Japan
  20. In vitro and in vivo studies of Callicarpa albida leaf extract : a validation of traditional cosmetic utilization
    The 63rd International Congress and Annual Meeting of the Society for Medicinal Plant and Natural Product Research (GA)2015
    23-27, August, 2015 (Budapest, Hungary)
    Enos Tangke Arung, Harlinda Kuspradini, Fransisca Devi Junardy, Supomo, Farida Aryani, Kuniyoshi Shimizu
  21. Multiple-utilization of Sugi (Cryptomeria japonica) based on its variety of functions
    International Symposium on Wood Science and Technology 2015
    15-17, March, 2015 (Tokyo, Japan)
    Toshinori Nakagawa, Hiroki Horiba, Yuiko Yamabe, Yuri Yoshimura, Atsushi Nagaike, Makoto Inagami, Qinchang Zhu, Koichiro Ohnuki, Hiroya Ishikawa, Tsuyoshi Okamoto, Noboru Fujimoto, Kuniyoshi Shimizu
  22. Differences in physiological and psychological response to human,volatile and humidity conditioning effect caused by different wooden environment
    Integration of Psychology, Physiology, Education, and Policy For the Forest Healing
    22 July, 2015 (Chungbuk, Korea)
    Kuniyoshi SHIMIZU( Invited lecture)
  23. Multi-functional effects of triterpenoids isolated from Ganoderma mushroom
    The First Chinese Lingzhi Conference
    9-12, August, 2015 (Longquan, China)
    Kuniyoshi SHIMIZU (Invited Keynote lecture)
  24. In vivo and In vitro Hepatoprotective Activities of The Methanol Extract of Angelica shikokiana and Its Major Coumarin: Isoepoxypteryxin Against Hepacocellular Carcinoma
    ISPSA (Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia) 2015
    August 30th - September 2nd, 2015 (Tokushima, Japan)
    Amira Mira, Nehal Elshebiny, Wael Alkhiary, Abdelhadi Shebl, Hai-Bang Tran, Kuniyoshi Shimizu (Oral presentation)
  25. Biotransformation of Isoepoxypteryxin by Cordyceps sineneis through a Novel Microbial pathway and Improved Biological Activities
    ISPSA (Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia) 2015
    August 30th - September 2nd, 2015 (Tokushima, Japan)
    Amira Mira, Wael Alkhiary, Qinchang Zhu, Toshinori Nakagawa, Hai-Bang Tran, Kuniyoshi Shimizu (Poster presentation)
  26. Investigation for target protein uf ursolic acid with inhibitory activity on osteoclast differentiation
    ISPSA (Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia) 2015
    August 30th - September 2nd, 2015 (Tokushima, Japan)
    Hui Tan, Kuniyoshi Shimizu (Poster presentation)
  27. Differences in human physiological and psychological response: volatility and humidity conditioning effects caused by different wooden environments
    International Symposium on Frontier Researches in Sustainable Humanosphere 2015
    November 16th-17th, 2015 (Wood Composite Hall, Uji Campus, Kyoto University, Japan)
    Kuniyoshi SHIMIZU (Invited lecture)
  28. The Biological Activity of Ethanol Extract of Olive Milled Waste - Anti-allergic effect on RBL-2H3 and Stimulating effect on intracellular concentration of calcium ion in HaCaT
    Keystone Symposia: B5: Immunity in Skin Development, Homeostasis and Disease
    28 February to 2nd March, 2016
    Asuka Kishikawa,Yoshinori Katakura, Kuniyoshi Shimizu (Poster)
  29. The Multi-functional effects of triterpenpoids isolated from Ganoderma lingzhi
    The 55th Aniversary of National Institute of Medicinal Materials (NIMM) conference, La Thanh Hotel, 226 Van Phuc Street, Ba Dinh District, Hanoi, 13 April, 2016
    Kuniyoshi SHIMIZU(Invitred lecture)
  30. Nepalese Wild Mushrooms: A Treasure Trove of Various Biological Activities
    19th International Society for Mushroom Science (ISMS) Congress, Muziekgebouw aan het IJ, Amsterdam, Netherlands, 29th May to 2nd June 2016
    Sonam Tamrakar, Hai Bang Tran, Marina Nishida, Satoru Kaifuchi, Hiroto Suhara, Katsumi Doi, Katsuya Fukami, Gopal Prasad Parajuli, Kuniyoshi Shimizu(Poster)
  31. New Secondary Metabolites From Ganoderma lingzhi
    InternationaSymposium on Natural Products for the future 2016 (ISNPF2016), September 1-4, 2016, Tokushima Bunri University, Tokushima, Japan.
    Yhiya M. Amen, Qinchang Zhu, Hai-Bang Tran, Satoru Kaifuchi, Mohamed S. Afifi, Ahmed F. Halim, Ahmed Ashour, Amira Mira, Kuniyoshi Shimizu
  32. Triterpenoids: Clue for Understanding Multi-Medicinal effects of Ganoderma mushroom
    2016 International Conference on Ganoderma Research, Fuzhou, 10-13 October, 2016
    Kuniyoshi SHIMIZU(Invitred lecture)
  33. Ling Zhi (霊芝): An amazing multi-medicinal mushroom
    T2016 Asian Forum on Modern Research of Traditional Chinese Medicines, Nanjing, 13-15 Novemberl, 2016
    Kuniyoshi SHIMIZU(Invitred lecture)
  34. Two phenolic compounds from chloroform extracts of Syzygium polycephalum MIQ. stem bark (Myrtaceae)
    The 1st International Joint Conference on Science and Technology (IJCST), Bali, 12-13th October, 2016
    Tukiran, Andika Pramdya Wardana, Nurul Hidayati, Kuniyoshi SHIMIZU
  35. Triterpenoids: Hint for Understanding Multi-Medicinal effects of Ganoderma mushroom
    International Mini Symposium of Natural Products Chemistry and Life Sciences in UGSAS-GU, Gifu University, Gifu, Japan, 2-3rd March, 2017
    Kuniyoshi SHIMIZU (Invited lecture)

学会発表

  1. 嗅覚九州プロジェクトの紹介」〜医農理工文連携による「におい」の最先端総合研究〜
    第63回日本木材学会 2013年3月27-29日 岩手大学(盛岡市、抽出成分利用研究会講演)
    (九大院農)○清水邦義、(九大院医)岡本剛
  2. Wild Mushroom in Nepal : Some potential Candidates as Antioxidant and ACE InhibitionSources                                        第63回日本木材学会 2013年3月27-29日 岩手大学(口頭発表)           (Kyushu University)○T. H. Bang, Kuniyoshi Shimizu,(Miyazaki Prefectural Wood Utilization Research Center)H. Suhara, (Kyushu University)K. Doi,(Fukuoka Women's University) H. Ishikawa, (Kyushu University) K. Fukami,(Nepal Agriculture Research Council) G. P. Parajuli, K. Watanabe, M. K. Adhikari, H. K. Manandhar, (Kyushu University)R. Kondo
  3. The Inhibitpry Effect of Loquat Leaves(Eriobotrya japonica) on Ovarie ctomy-induced Bone Loss and Oste o clast Differentiation               第63回日本木材学会 2013年3月27-29日 岩手大学(口頭発表)          (九大院生環境)○譚 慧、(九大院農)清水邦義、(九大院生環境)古田祥子、(九大院農)永田敏郎、赤坂泰輝、城内文吾、佐藤匡央、近藤隆一郎、(九州栄養福祉大)大貫宏一郎
  4. モウソウチク(Phyllostachys pubescens)のタケノコの皮に含まれるメラニン生合成阻害活性物質                                           第63回日本木材学会 2013年3月27-29日 岩手大学(口頭発表)           (九大院生環境)田中明信、(中国薬科大)張 朝鳳、(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎  
  5. ヤマブシタケに含まれる抗肥満物質の解明                        第63回日本木材学会 2013年3月27-29日 岩手大学(口頭発表)           (九大農)○平木絵里、(九大院農)古田祥子、清水邦義、近藤隆一郎
  6. N源およびFe源がマツタケ菌糸体生長および形態に与える影響            第57回日本菌学会 2013年6月8-9日 東京農業大学 (口頭発表)          ○田ア徳也 (九大院生資源)、近藤隆一郎 (九大院農)
  7. 日本産Hypholoma fasciculare (ニガクリタケ)の分類学的再評価            第57回日本菌学会 2013年6月8-9日 東京農業大学 (口頭発表)          ○西田麻理奈 (鳥取大農)、早乙女梢 (鳥取大農)、長澤栄史 (菌蕈研)、中桐昭 (鳥取大農)、前川二太郎 (鳥取大農)、清水邦義 (九州大院農)
  8. マングローブ林から採取したPhlebia acanthocystisの生物学的特性         第57回日本菌学会 2013年6月8-9日 東京農業大学 (口頭発表)          ○山邊結子 (鳥大農)、早乙女梢 (鳥大農)、中桐昭 (鳥大農)、霜村典宏 (鳥大農)、前川二太郎(鳥大農)、清水邦義 (九大農)
  9. 木質空間における生理心理応答:無垢材と新建材での比較
    第20回日本木材学会九州支部大会 2013年9月2-3日 九州大学 箱崎キャンパス(口頭発表)
    (九州大学農学研究院)○松本清、山本篤、福田竜大、山邊結子、藤田弘毅、
    川ア章惠、佐藤宣子、藤本登留、清水邦義
    (九州大学基幹教育院)岡本剛、山田祐樹、永野純
    (九州大学システム情報科学研究院)光藤崇子
    (近畿大学産業理工学部)大貫宏一郎
    (福岡女子大学国際文理学部)石川洋哉
    (産業技術総合研究所)中島大輔
    (株式会社安成工務店)安成信次
    (株式会社トライ・ウッド)嶋津久憲、渡邉雄一郎
  10. 天然・低温乾燥材と新建材の調温・調湿機能比較
    ―寝室環境の経時的変化から―
    第20回日本木材学会九州支部大会 2013年9月2-3日 九州大学 箱崎キャンパス(口頭発表)
    (九大院農) ○山本篤、松本清、山邊結子、福田竜大、藤田弘毅、川ア章惠、
    佐藤宣子、清水邦義、藤本登留
    (九大基幹院) 岡本剛、山田祐樹、永野純
    (九大院システム情報)光藤崇子
    (福岡女子大学)石川洋哉
    (近畿大学)  大貫宏一郎
    (産業技術総合研究所)中島大輔
    (株式会社 安成工務店)安成信次
    (株式会社 トライ・ウッド)嶋津久憲、渡邉雄一郎
  11. Corncobs as a Potential Source of Functional Chemicals
    第20回日本木材学会九州支部大会 2013年9月2-3日 九州大学 箱崎キャンパス(ポスター発表)
    aFaculty of Agriculture, Kyushu University, bFaculty of Pharmacy, Mansoura University, Egypt, cDelta University for Science and Technology, Egypt.       
    Ahmed Ashoura,b, Saleh El-Sharkawyb,c , Mohamed Amerb, Amani Marzoukb, Ryuichiro Kondoa and, Kuniyoshi Shimizua
  12. Osteoclast Differentiation Inhibitors from Loquat Leaves
    (Eriobotrya japonica): Structure Activity Relationship
    第20回日本木材学会九州支部大会 2013年9月2-3日 九州大学 箱崎キャンパス(ポスター発表)
    (Faculty of Agriculture, Kyushu University) ○Tan Hui, Kuniyoshi Shimizu
  13. Aldose reductase inhibitory effect of Garcinia mangostana constituents
    第20回日本木材学会九州支部大会 2013年9月2-3日 九州大学 箱崎キャンパス(ポスター発表)
    O Sri Fatmawatia, b, Kuniyoshi Shimizub, Taslim Ersama,
    a Department of Chemistry, Faculty of Mathematics and Natural Sciences, Sepuluh Nopember Institute of Technology, Kampus ITS-Sukolilo, Surabaya, Indonesia, 60111.
    b Department of Agro-environmental Sciences, Faculty of Agriculture, Kyushu University, Fukuoka, Japan, 812-8581
  14. Hypotentive effects of Reishi (Ganoderma lingzhi)'s auto-digested extract ant it's potent peptides for the inhibition of Angiotensin-Converting Enzyme
    日本きのこ学会 第17回大会 2013年9月11〜13日 県立広島大学広島キャンパス(口頭発表)
    ○TRAN Hai Bang, Hisatomi ITO, Kentarou IGAMI, Toshitsugu MIYAZAKI, Ryuichiro KONDO, Kuniyoshi SHIMIZU
  15. ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)の行動リズムに与える影響
    日本きのこ学会 第17回大会 2013年9月11〜13日 県立広島大学広島キャンパス(口頭発表)
    ○平木絵理、古田祥子、佐藤大吾、安尾しのぶ、大貫宏一郎、近藤隆一郎、清水邦義
  16. トマトの部位別におけるリパーゼ阻害活性の検討
    第60回日本栄養改善学会学術総会 2013年9月12〜14日 神戸国際会議場(口頭発表)
    ○宮柱明日香、室井由起子、清水邦義、大貫宏一郎
  17. 成熟トマト・未成熟トマトの機能性評価
    第60回日本栄養改善学会学術総会 2013年9月12〜14日 神戸国際会議場(口頭発表)
    ○室井由起子、宮柱明日香、清水邦義、大貫宏一郎
  18. 健常成人女性の不定愁訴と身体活動量との関連
    第68回日本体力医学 会 2013年9月21〜23日 日本教育会館(東京)
    (鹿屋体育大学体育学部) 栫 ちか子, (京都文教大学臨床心理学部)長野 真弓
    (九州大学農学研究院)清水 邦義、(近畿大学産業理工学部)大貫 宏一
  19. Hypotensive effects of Reishi (Ganoderma lingzhi)’s auto-digested extract and it’s potent peptides for the inhibition of AngiotensinConverting Enzyme
    第17回日本きのこ学会 2013年9月11-13日 広島県(口頭発表)
    (Kyushu University) ○TRAN Hai Bang, (Nagase & Co. Ltd)Kentarou IGAMI, Toshitsugu MIYAZAKI, (Kyushu University) Ryuichiro KONDO, Kuniyoshi SHIMIZU
  20. ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)の行動リズムに与える影響
    第17回日本きのこ学会 2013年9月11-13日 広島県(口頭発表)
    (九大生資環) ○平木絵里、(阿蘇バイオテック)古田祥子、佐藤大吾、(九大院農)安尾しのぶ、(近大産業理工)大貫宏一郎、(九大院農)近藤隆一郎、清水邦義
  21. Osteoclast Differentation Inhibitors from Loquat leaves(Eriobotrya japonica):Structure Activity Relationship
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (口頭発表)
    (九大院生資環)○譚 慧, (九大院農)清水邦義
  22. オリーブ(Olea europaea)各部位の生理活性の探索
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (口頭発表)
    (九大生資環)○岸川明日香, 永田敏郎, (福岡女子大)小浜友紀子, ((株)ワコー)相浦正文, 塚本敏郎, ((株)オリーブジャパン)中山良一, (西九州大)安田みどり, (福岡女子大)石川洋哉, (九大農・院)清水邦義
  23. スギ精油の香りに対するヒトの生理心理応答調査
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (口頭発表)
    (九大院生資環)○山邉結子, (九大院農)松本 清, 山本 篤, 中川敏法, (九大院システム情報)光藤崇子, (宮崎県木材利用センター)須原弘登, (福岡女子大)石川洋哉, (近畿大)大貫宏一朗, (九大基幹院)岡本 剛, (九大院農)清水邦義
  24. 霊芝(Ganoderma lingzhi)の抗がん活性発現メカニズムの解明〜Tubulin重合に与える影響解析〜
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (口頭発表)
    (九大生資環)○河野俊享, (東洋丹芝園)澤井 健, (九大院生資環)トランハイバン, (九大院農)清水邦義
  25. K. Eka Permana,, T. Okamoto, Y. Yamada, J. Nagano, S. Matsumoto, A. Yamamoto, Y. Yamabe, T. Nakagawa, K. Terui, K. Fujita, A. Kawasaki, N. Sato, N. Fujimoto, K. Shimizu, T. Mitsudo, T. Nakashima, H. Ishikawa, K. Ohnuki, Y. Watanabe, H. Shimazu, S. Yasunari, Electrophysiological Characterization of Wooden Environment during Sleep. 第64回日本木材学会, 2014年3月13日〜15日, 愛媛大学. (ポスター発表)
  26. 岡本剛、山田祐樹、永野純、松本清、山本篤、山邊結子、中川敏法、照井佳世、藤田弘毅、川ア章惠、佐藤宣子、藤本登留、清水邦義、光藤崇子、石川洋哉、大貫宏一郎、中島大輔
    渡邉雄一郎、嶋津久憲、安成信次、木質空間の快適性に関する脳科学的定量化、第64回日本木材学会, 2014年3月13日〜15日, 愛媛大学. (口頭発表)
  27. ファイトレメディエーションを指向した白色腐朽菌Phlebia brevispora由来シトクロムP450遺伝子導入タバコ培養細胞の調製ならびに物質変換能評価
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (ポスター発表)
    (九大院農生資源環)○豊田望美, (麻布大環境科学)岡本早悠里, (九大院農)重藤潤, 堤祐司, (前麻布大環境科学)其木茂則, (九大院農)近藤隆一郎, 清水邦義
  28. ネパール産野生キノコに含まれる機能性成分の探索
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (ポスター発表)
    (九大院農)○西田麻理奈, Hai-Ban-Tran, (宮崎県木材利用セ)須原弘登, (九大院農)土居克美, (九大有体セ)深見克哉,(NARC)Gopal Prasad Parajuli, 渡辺和夫, Mahesh Kumar Adhikari, Hira Kaji Manandhar, (九大院農)清水邦義
  29. スギ(Cryptomeria japonica)の部位別網羅的新規機能性探索
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (ポスター発表)
    (九大・生資環)○堀場大生, 永田敏郎, (九大院・生資環)Tran Hai-Ban, (九大院・農)渡辺敦史, 清水邦義
  30. 屋久島に自生する杉(地杉)の生理活性に着目したカスケード利用
    第64回 日本木材学会 2014年3月13日〜15日 愛媛大学
    (ポスター発表)
    (九大院農)○中川敏法, 岸川明日香, (福岡女子大)石川洋哉, (近畿大)大貫宏一郎, (健康栄養評価センター)柿野賢一, (やわら香)堀内直哉, (あきゅらいず美養品)篠塚宏明, 内藤輝美, 松本毅史, 南沢典子, (香りの図書館)谷田貝光克, (九大院農)清水邦義
  31. Effect of compound X for working memory performance and amyloid-β protein in mice
    第87回日本薬理学会 2014年3月19〜21日 東北大学百周年記念会館川内萩ホール(宮城県仙台市)
    Kensuke Iwasa1, Tan Hui2, Sayaka Midorikawa1, Miku Nemoto1, Asami Mizushima1, Keisuke Yoshikawa1, Kuniyoshi Shimizu2, Kei Maruyama1
    1 Dept. Pharmacol., Saitama Med Univ. Sch. Med., 38 Moro-hongo, Moroyama-machi, Iruma-gun, Saitama 350-0495, Japan, 2 Division of Systematic Forest and Forest Products Sciences., Dept. agro-environmental sciences, Faculty of Agriculture, Graduate School of Kyushu University., 6-10-1 Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka, 812-8581, JAPAN
  32. ヤマブシタケは骨格筋の核内受容体PPARδを活性化する
    第68回日本栄養・食糧学会 2014年5月30日〜6月1日 酪農学園大学(北海道)
    ○(九大院農)水野谷航、石井もも子、清水邦義、永田敏郎、平木絵里、中村俊哉、中村真子、辰巳隆一、池内義秀
  33. Zn2+がマツタケ菌叢形態および代謝物プロファイルに与える影響
    第58回日本菌学会 2014年6月14日〜6月15日 サイエンスヒルズこまつ(石川県)
    ○(九大院農)田崎徳也、清水邦義、近藤隆一郎
  34. ネパール原産キノコエタノール抽出物の生理活性評価
    第58回日本菌学会 2014年6月14日〜6月15日 サイエンスヒルズこまつ(石川県)
    ○(九大院生資環)西田麻理奈、Tran Hai Bang, (宮崎県木材利用技術センター)須原弘登、(九大院農)土居克実、(九大有体物管理センター)深見克哉、(NARC) Gopal Prasad Parajuli, 渡辺和夫、Mahesh Kumar Adhikari, Hira Kaji Manandhar, (九大院農)清水邦義
  35. ヌメリスギタケ抽出物に含まれる機能性成分の探索
    日本きのこ学会第18回大会 2014年9月10日〜12日 京都大学 百周年時計台記念館(京都)
    ○(九大院生資環)馬場純子、(九大院農)清水邦義
  36. ネパール原生きのこ抽出物がメラニン生合成に与える影響
    日本きのこ学会第18回大会 2014年9月10日〜12日 京都大学 百周年時計台記念館(京都)
    ○(九大院生資環)西田麻理奈、Tran Hai Bang, (宮崎県木材利セ)須原弘登、(九大院農)土居克己、(九大有体物管理セ)深見克哉、(NARC)Gopal Prasad Parajuli, 渡辺和夫、Mahesh Kumar Adhikari, Hira Kaji Manandhar、(九大院農)清水邦義
  37. 乾燥方法の異なる徳島すぎ人工乾燥材における加熱脱着GC-MS法を用いた揮発性成分分析
    第21回日本木材学会九州支部大会 2014年9月11日〜12日 くまもと県民交流館パレア(熊本県)
    ○(九大院農)吉村友里、中川敏法、清水邦義、藤本登留、(福岡女子大学国際文理学部)石川洋哉、(近畿大学産業理工学部)大貫宏一郎、(徳島県立農林水産総合技術支援センター)網田克明、橋本茂、(TSウッドハウス共同組合)和田善行
  38. 屋久杉(地杉)の精油および各種副産物における機能性探索
    第21回日本木材学会九州支部大会 2014年9月11日〜12日 くまもと県民交流館パレア(熊本県)
    ○(九大院農)中川敏法、朱欽昌、清水邦義、(福岡女子大学国際文理学部)石川洋哉、(近畿大学産業理工学部)大貫宏一郎、(健康栄養評価センター)柿野賢一、(やわら香)堀内直哉、(あきゅらいず美養品)篠塚宏明、内藤輝実、松本毅史、南沢典子、(香りの図書館)谷田貝光克
  39. 「無垢材」と「新建材」を使った居住空間におけるヒトの生理心理学的分析
    第21回日本木材学会九州支部大会 2014年9月11日〜12日 くまもと県民交流館パレア(熊本県)
    ○(九大院農)長池淳、松本清、山本篤、福田竜大、山邊結子、照井佳世、吉村友里、中川敏法、藤田弘毅、川崎幸恵、佐藤宣子、藤本登留、清水邦義、(九大基幹教育院)岡本剛、山田祐樹、永野純、(九大システム生命科学府)Kurniawan Eka Pormane, (九大システム情報科学研究院)光藤崇子、(近畿大学産業理工学部)大貫宏一郎、(福岡女子大学国際文理学部)石川洋哉、(産総研)中島大輔、((株)安成工務店)安成信次、((株)トライ・ウッド)嶋津久憲、渡邊雄一郎、井上伸史
  40. スキンケアを指向したスギ(Cryptomeria japonica)の部位別機能性探索
    第21回日本木材学会九州支部大会 2014年9月11日〜12日 くまもと県民交流館パレア(熊本県)(ポスター発表)
    ○(九大院生資環)堀場大生、(九大院農)中川敏法、朱欽昌、渡辺敦史、清水邦義
  41. 機能性増強を目指した担子菌によるモウソウチク(Phyllostachys pubescens)のバイオリファイナリー
    第21回日本木材学会九州支部大会 2014年9月11日〜12日 くまもと県民交流館パレア(熊本県)(ポスター発表)
    ○(九大院生資環)松尾タケル、(宮崎県木材利用技術センター)須原弘登、(主計物産)主計高弘、(九大院農)中川敏法、清水邦義
  42. ヤマブシタケHericium erinaceumの精神疾患改善機構
    第61回日本生薬学会年会
    福岡大学薬学部(福岡)(ポスター)
    ○平木絵里1,門岡桂史2、片倉喜範2、清水邦義2
    (1九大院・生資環、2九大院・農)
  43. 日本の代表的な木の香気特性
    第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(TEAC2014)
    2014年9月20日〜22日 和歌山大学
    ○鳥谷涼長谷川登志夫、藤原隆司、清水邦義
  44. Inhibition Effect of Ganoderma Triterpenoids against Influenza Neuraminidase and Implications for Neuraminidase Inhibitor Design
    第38回日本分子生物学会
    2015年12月1日〜4日 神戸ポートアイランド
    Qinchang ZHU, Tran Hai BANG, Koichiro OHNUKI, Takashi SAWAI, Ken SAWAI, Kuniyoshi SHIMIZU
  45. Anticoagulant active compounds of Angelica shikokiana
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京
    ○(Grad. Sch. Agr. Kyushu Univ.) Amira Mira, (Medicine Fac. Mansoura Univ. Egypt) Wael Alkhiary, (Grad. Sch. Agr. Kyushu Univ.) Kuniyoshi Shimizu
  46. 植物香気成分の吸入が自律神経活動に及ぼす効果
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京
    ○(岐大応生)小川愛、光永徹、(九大院農)清水邦義、近藤隆一郎、(潟[ックフィールド)其田桂子、(森林総研)松原恵理
  47. 神経栄養効果と生体内活性構造に着目したヤマブシタケの精神疾患改善機構の解明
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京
    ○(九大院生資環)平木絵里、(九大院農)片倉喜範、清水邦義
  48. Investigation of the Antioxidant Activities of the Wild Mushrooms of Nepal
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京(ポスター発表)
    ○(Kyushu University)Sonam Tamrakar, Marina Nishida, (Miyazaki Pref. Wood Unilization Res. Cent.) Hiroto Suhara, (Kyushu University) Katsumi Doi, Katsuya Fukami, (Nepal Agriculture Res. Council.) Gopal Prasad Parajuli, Mahesh Kumar Adhikari, (Kyushu University) Kuniyoshi Shimizu
  49. スギ精油の香りに対するヒトの生理心理応答調査
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京(ポスター発表)
    ○(九大院生資環)山邊結子、(九大院農)中川敏法、吉村友里、長池淳、福元菜穂子、稲上誠、(九大院システム情報)光藤崇子、(宮崎県木材利用センター)須原弘登、(福岡女子大)石川洋哉、(近畿大)大貫宏一郎、(九大基幹院)岡本剛、(九大院農)清水邦義
  50. 空間嗜好性に着目した異なる木質空間における心理評価の違い
    第65回日本木材学会
    2015年3月16日〜18日 タワーホール船堀 東京(ポスター発表)
    (九大院農)長池淳、山邊結子、松本清、山本篤、吉村友里、稲上誠、福元菜穂子、中川敏法、藤田弘毅、川崎章恵、佐藤宣子、藤本登留、○清水邦義、(九大基幹院)岡本剛、山田祐樹、永野純、(九大院システム情報)光藤崇子、(福岡女子大)石川洋哉、(近畿大)大貫宏一郎、(トライウッド)井上伸史、渡辺雄一郎、嶋津久憲、(安成工務店)安成信次
  51. スギ(Cryptomeria japonica)の部位別抽出成分の生理活性探索   
    第22回木材学会九州支部
    2015年10月5, 6日
    (九大院生資環)堀場大生,(Mansoura Univ) Ahmed Ashou, (九大院農)中川 敏法、朱 欽昌、(岩手大農)小藤田 久義、(九大院農) 渡辺 敦史、清水 邦義
  52. 屋久島地杉抽出成分の機能性探索 ?抗菌活性?
    第22回木材学会九州支部
    2015年10月5, 6日
    (九大院農)中川敏法,(屋久島町役場総務課) 川崎勝也, (アルセッド建築研究所)武田光史, (九大院農)藤本登留, 清水邦義
  53. 木質空間に使用される素材の違いが室内の各種環境要素に及ぼす影響
    −雨季の物理・化学的環境要素に着目した検討−

    第22回木材学会九州支部
    2015年10月5,6日
    (九州大学生物資源環境科学府)○奥田拓
    (九州大学農学研究院)鷲岡ゆき、長池淳、吉村友里、井隼経子、藤田弘毅、
    川ア章惠、佐藤宣子、藤本登留、清水邦義
    (九州大学基幹教育院)岡本剛、山田祐樹、永野純
    (福岡女子大学国際文理学部)石川洋哉
    (近畿大学産業理工学部)大貫宏一郎
    (株式会社トライ・ウッド)井上伸史、渡邉雄一郎、嶋津久憲
    (株式会社安成工務店)安成信次  
  54. ガンマ線照射と電子線照射の脂質への影響の比較
    第51回 日本食品照射研究協議会
    場所:東京都 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター本部
    平成27年11月20日(金)
    九州栄養福祉大学食物栄養学部1、九州大学農学研究院環境農学部門2、近畿大学産業理工学部3、農研機構 食品総合研究所4
    ○南 育子1、中川 敏法2、海渕 覚2、岸川 明日香2、堀場 大生2、大貫 宏一郎3、清水 邦義2、等々力 節子4
  55. オリーブ搾油残渣中の抗アレルギー活性成分と、表皮角化細胞の細胞内カルシウムイオン濃度に影響を与える成分
    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (九大院生資環)◯岸川明日香、(九大院農)片倉善範、(九大院農)清水邦義
  56. 乾燥処理が徳島県産実生スギ材の抽出成分に与える影響
    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (九大院生資環)◯奥田拓、(徳島農技セ)三好悠
    (TSウッドハウス協同組合)亀井裕人、佐々木隆雄、三枝康弘、和田善行
    (那賀川すぎ共販協同組合)湊俊司、阪井彰一、千里泰三
    (九大院農)中川敏法、藤本登留、清水邦義
  57. 徳島県産スギ無垢板材の商品化における乾燥方法の検討
    −乾燥方法と木取り位置の組み合わせによる検討−

    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (徳島農技セ)○三好悠、(TSウッドハウス(協))亀井裕人、佐々木隆雄、
    三枝康弘、和田善行、(那賀川すぎ共販(協))湊俊司、阪井彰一、千里泰三、
    (九大院生資環)奥田拓、(九大農)村野朋哉、(九大院農)中川敏法、清水邦義、藤本登留
  58. Bioactivity and Chemical Characterization
    of some Wild Mushrooms of Nepal

    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (Kyushu Univ., *Miyazaki Pref. Wood Utilization Res. Cent., **Nepal Agriculture Res.Council)○Sonam TAMRAKAR, Hai Bang TRAN, Marina NISHIDA, Hiroto SUHARA*, Katsumi DOI, Katsuya FUKAMI, Gopal Prasad PARAJULI**, Kuniyoshi SHIMIZU
  59. 屋久島地杉の心材色に着目した抽出物の新規利用法探索
    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (九大院農)◯中川 敏法、(屋久島町役場)川崎 勝也、
    (アルセッド建築研究所)武田 光史、(九大院農)藤本 登留、清水 邦義
  60. Methoxyflavones from Ganoderma lingzhi
    第66回日本木材学会大会
    場所:名古屋大学
    2016年3月27日〜29日
    (Grad. Sch. Agr., Kyushu Univ.))○Yhiya Amen, Satoru Kaifuchi, Kuniyoshi SHIMIZU
  61. 抗ganoderic acid Aモノクロナール抗体を用いた免疫クロマトグラフィーの確立
    第63回日本生薬学会
    場所:富山国際会議場
    2016年9月24日、25日(発表:25日、口頭)
    (九大薬)○橘川奈生、(九大院薬)坂元政一、河野聡亨、(九大院農)清水邦義、(九大院薬)田中宏幸、森本聡
  62. スギの無垢材を内装に用いた建物内におけるヒト滞在時の調湿作用の検証
    第23回日本木材学会九州支部大会 2016年9月12-13日 鹿児島大学(口頭発表)
    (九大院農)○本傳晃義、奥田拓、羽賀栄理子、中島大輔、鷲岡ゆき、
    松本清、山本篤、吉村友里、井隼経子、清水邦義、藤本登留
    (株式会社 トライ・ウッド)渡邊雄一郎、岡本元一、井上伸史
    (株式会社 安成工務店)安成信次
    (九大基幹院)山田祐樹、永野純、岡本剛
    (福岡女子大学)石川洋哉
    (近畿大学)大貫宏一郎
  63. スギ材を使用した建物の室内空間における揮発性成分の分析およびその季節変動
    第23回日本木材学会九州支部大会 2016年9月12-13日 鹿児島大学(口頭発表)
    (九大院農)○西條裕美, 吉村友里, 中川敏法, 松本清, 鷲岡ゆき, 羽賀栄理子,
     本傳晃義, 中島大輔, 藤田弘毅, 藤本登留, 清水邦義
    (株式会社トライウッド)渡邊雄一郎, 岡本元一, 井上伸史
    (株式会社安成工務店)安成信次
    (九大基幹院)永野純, 山田祐樹, 岡本剛
    (近畿大)大貫宏一郎
    (福岡女大国際文理)石川洋哉
  64. オリーブオイル搾油残渣に含まれる抗アレルギー活性成分
    第67回日本木材学会大会 2017年3月17日-19日 九州大学(口頭発表))
    ○(九大生資環)岸川明日香、Yhiya Amen、(九大院農)清水邦義
  65. 乾燥処理がスギ板材のメタノール抽出成分に与える影響
    第67回日本木材学会大会(福岡大会) 2017年3月17日〜19日 九州大学箱崎キャンパス、アクロス福岡(福岡)(口頭発表)
    (九大院生資環)◯奥田拓、村野朋哉(徳島農技セ)三好悠(TSウッドハウス協同組合)亀井裕人、佐々木隆雄、三枝康弘、和田善行(那賀川すぎ共販協同組合)湊俊司、阪井彰一、千里泰三(九大院農)中川敏法、藤本登留、清水邦義
  66. ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)に含まれる機能性成分の生育ステージごとの比較分析
    第67回日本木材学会大会(福岡大会) 2017年3月17日〜19日 九州大学・アクロス福岡(福岡県)(口頭発表)
    ○(九大院農)竹本直道,中川敏法,アハメドアラム,清水邦義,(近大産業理工)大貫宏一郎,(活「蘇バイオテック)永田敬文,森川 茂
  67. 生育段階が異なる霊芝(Ganoderma lingzhi)のトリテルペノイド含量および多糖類含量
    第67回 日本木材学会大会 2017年3月17日?19日 九州大学・アクロス福岡(福岡県)(口頭発表)
    ○(九大院農)中川敏法、Zhu Qinchang, Sonam Tamrakar, Yhiya Amen, (福岡農林試資源セ)森康浩、(元福岡森林技セ)金子周平、(化学物質評価研究機構)川島寛子、奥薗高太郎、井上義之、(近大産業理工)大貫宏一郎、(九大院農)清水邦義
  68. 異なるスギ材を使用した居住空間がヒトの心理および作業性に及ぼす影響
    第67回日本木材学会大会 2017年3月17日〜19日 九州大学箱崎キャンパス文系地区(福岡県)(口頭発表)
    ○(九大院農)本傳晃義、羽賀栄理子、中島大輔、鷲岡ゆき、吉村友里、藤本登留、清水邦義、
    (九大基幹院)山田祐樹、永野純、岡本剛、(福岡女子大学)石川洋哉、(近畿大学)大貫宏一郎、
    (株式会社 トライ・ウッド)渡邉雄一郎、岡本元一、井上伸史、(株式会社 安成工務店)安成信次
  69. Isolation and identification of anti-allergic compounds in the fruiting body of Pholiota adiposa mushroom
    The 67th annual meeting of Japan Wood Research Society in Fukuoka, March 17-19, 2017, Kyushu University, Acros Fukuoka (poster).
    ○ (Kyushu University) Nguyen Thi Kim Thoa, Yhiya M. Amen, Kuniyoshi Shimizu
    (Dreammush Agricultural Cooperative) Kenshin Hiromatsu.
  70. スギ材を使用した建物の室内空間における揮発性成分の分析およびその季節変動U
    第67回日本木材学会大会 2017年3月17日〜19日 (福岡県)
    (九大院農)○西條裕美, 吉村友里, 本傳晃義, 藤田弘毅, 藤本登留, 清水
    邦義
    (株式会社トライウッド)渡邉雄一郎, 岡本元一, 井上伸史
    (株式会社安成工務店)安成信次 (九大基幹院)永野純, 山田祐樹, 岡本剛
    (近畿大学)大貫宏一郎 (福岡女子大学)石川洋哉

学会以外の発表・講演等

  1. 『Investigation on the biologically active compounds from Nepal’s mushroom
    〜Antioxidant and ACE inhibition〜』

    こうする!生物多様性条約と国際共同研究 九大・ネパールプロジェクトを事例として
    2013年2月1日 国際ホール(九州大学箱崎キャンパス)
    清水邦義
  2. 『アロマの効用〜元気になる香り、癒される香り〜』
    第23回西日本食品産業創造展
    2013年5月15日 マリンメッセ福岡
    清水邦義
  3. 『鹿島市の農産物における機能性の探索』
    第1回鹿島市の自然素材の魅力発見座談会
    2013年5月17日 鹿島市
    清水邦義
  4. 『森林バイオマス高度利用のための鍵物質「抽出成分」〜セルロース・リグニン以外の成分をいかに利用するか?〜』
    第37回九州紙パルプ研究会講演会
    2013年5月31日 九州大学五十周年記念講堂四階大会議室
    清水邦義
  5. 『多機能性キノコの生理活性発現機構解明へのケミカルバイオロジー     〜霊芝(Ganoderma lingzhi) に着目して〜』                      第57回日本菌学会公開シンポジウム 2013年6月8-9日 東京農業大学       清水邦義
  6. 『糸島農林水産物高付加価値化を目指した有用機能探索』
    糸島市九州大学連携研究助成金研究発表会(平成24年度助成分)
    2013年6月23日 九州大学伊都キャンパス総合学習プラザ
    清水邦義
  7. 『掘り起こせ!鹿島の宝』  
    鹿島市・九州大学連携セミナー
    2013年8月29日 鹿島市生涯学習センター2階 エイブルホール
    清水邦義
  8. 『科研費獲得の方法とコツ』  
    科研費セミナー
    2013年9月10日 福岡女子大視聴覚室
    清水邦義
  9. 『緑の付加価値の高い新しい利活用法開発のヒント〜人に及ぼす影響に着目して〜』  
    第24回福岡県の緑を考える会
    2013年9月26日 ホテルニュープラザ久留米(福岡県)
    清水邦義  
  10. 『天然素材の言い伝え・噂・スクリーニングを元とした実用化研究アプローチ
    〜香りからポリフェノールまでを例として〜』
      
    グリーンケミカル・イノベーション〜自然環境矯正共生型社会をめざす香りの研究開発を巡って〜
    第14回アロマ・サイエンス・フォーラム2013
    2013年10月18日 アルカディア市ヶ谷 (東京都)
    清水邦義    
  11. 『多機能性キノコ“霊芝(Ganoderma lingzhi)”の更年期障害改善効果〜エストロゲン様活性・骨密度低下抑制活性に着目して〜』  
    更年期から総合力を高めるために-予防から一歩進んだ健康戦略を考える-
    第1回日本サプリメント学会
    2013年10月27日帝京平成大学池袋キャンパス (東京都)
    清水邦義 
  12. 『スギ精油の健康増進効果を切り口とした新規機能性の探索』  
    日本木材学会/江間忠研究助成プロジェクト発表会
    2013年10月31日東京大学弥生講堂 (東京都)
    光永徹(岐阜大学)、清水邦義(九州大学) 
  13. 『国産杉を活用した住宅建築と産学連携プロジェクトの展開』  
    快適な住まいと環境〜自然を活かし、自然と共に暮らす〜
    第11回福岡女子大学産学官技術交流会
    2013年11月28日福岡女子大学 視聴覚室 (付属図書館1階)
    安成信次(株式会社安成工務店)
    清水邦義(九州大学農学研究院)  
  14. 『香りの空間〜木のはたらき〜』
    屋久島地杉集い 木育セミナーin福岡
    2014年1月29日アクロス福岡2Fセミナー室2
    清水邦義
  15. 『甘草各部位抽出物の有用機能性の探索』
    玄海町・九州大学 薬用植物の総合研究プロジェクト(第二期)
    -薬用植物を活かした地域振興に向けて-
    2014年2月8日玄海町薬用植物栽培研究所研修室
    清水邦義
  16. 『自然の個性をいかに活かすか?』
    第一回九大Tech Forum
    2014年2月10日ホテル日航3F都久志の間
    清水邦義
  17. 『きのこの噂を科学する』
    福岡きのこ友の会
    2014年3月2日福岡あいれふ10階講堂
    清水邦義
  18. 『持続的国産材利用を目指した木の多面的機能解析』
    共進化社会システム創成拠点フォーラム
    2014年3月12日TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京都)
    清水邦義
  19. 『天然素材の都市伝説を科学する〜アロマ、キノコ・・・自然の知られざる力〜』
    サイエンスカフェ@ふくおか
    2014年4月4日
    清水邦義
  20. 『アロマの効用〜元気になる香り、癒される香り〜』
    第24回西日本食品産業創造展
    2014年5月22日 マリンメッセ福岡
    清水邦義
  21. 『農林業の6次化とスマートコミュニティ』
    九州エコフェア2014:再生エネルギー&スマートコミュニティ・スマートコミュニティ関連講演III」
    福岡国際センター
    2014年6月19日
    清水邦義
  22. 『糸島農林水産物高付加価値化を目指した有用機能探索』
    糸島市九州大学連携研究助成金研究発表会(平成24年度助成分)
    2014年7月5日 糸島市役所 本庁舎新館501会議室
    清水邦義
  23. 『国産スギの抽出成分に着目した高度カスケード利用法〜香りからポリフェノールまで〜』
    平成26年度木を活かす人材養成事業講座講演
    2014年7月12日 徳島県 建設センター3F
    清水邦義
  24. 『キノコやアロマ(香り)の不思議に迫る!〜カラダと自然の関係を探ってみよう〜』
    こどもっとだいがく
    2014年7月30日 グリングリン アイランドシティ(福岡市ひがしく香椎照葉)
    清水邦義
  25. 『糸島産農水産物の健康効果エビデンスをどのように活用するか!』
    平成26年度 第2回 健康いとしま21推進委員会
    2014年10月23日 糸島市役所 本庁舎 新館 501号室
    清水邦義
  26. 『キノコやアロマ(香り)の不思議に迫る!〜カラダと自然の関係を探ってみよう〜』
    こどもっとだいがく
    2014年11月8日 グリングリン アイランドシティ(福岡市ひがしく香椎照葉)
    清水邦義
  27. 『機能性香粧品創出を目指したナチュラルアロマの化学成分ならびに人の生理・心理応答解析』
    九州大学テクノロジーフォーラム2014
    2014年12月3日東京国際フォーラム
    清水邦義
  28. 『アロマの効用〜元気になる香り、癒される香り〜』
    第25回西日本食品産業創造展
    2015年5月22日 マリンメッセ福岡
    清水邦義
  29. 『天然素材利活用のヒント〜アロマ、コスメ、薬、食品、トイレタリー、快適住環境、機能性材料〜』
    第4回ビジネス創造交流会
    2015年6月19日 NCBリサーチ&コンサルティング セミナー室(福岡市)
    清水邦義
  30. 『ありふれた天然素材の再発見〜QOLの向上と新市場の創出』
    第11回九州大学学術研究都市情報交流セミナー
    2015年7月28日 ANAクラウンプラザホテル福岡(福岡市)
    清水邦義
  31. 『徳島すぎ成分分析による産直住宅ブランド化の構築』
    乾燥技術検討会
    2015年8月7日 TSウッドハウスモデルハウス(徳島県阿南市)
    清水邦義
  32. 『消費者庁”機能性表示食品”の届け出を目指す皆様へ 相談窓口・研究レビュー目利き調査のご紹介』
    第56回バイオ研究・ビジネス最前線
    2015年6月29日 福岡県中小企業振興センター(福岡市))
    清水邦義
  33. 『木の家の科学、屋内環境での健康(元気)を宣言』
    第22回森の駅発市民フォーラム
    2015年9月8日 ベニーレ・ベニーレ(東京都原宿)
    清水邦義
  34. 『機能性表示食品〜アカデミアがお役に立てること〜』
    第11回セッション(Japan Cosmetic Center)
    2015年9月15日 大手口センタービル3階(唐津市民交流プラザ会議室)
    清水邦義
  35. 『KFT農法がハウス栽培等で燃料費や収穫量に大きな成果!』
    アグリビジネス創出フェア
    2015年11月18日 東京ビッグサイト
    清水邦義(九州大学、KFT農法研究会)
  36. 『よろづや〜自然の個性・才能をいかに活かすか?』
    TEDX HAKATA
    2015年11月20日 スカラエスパシオ(福岡)
    清水邦義
  37. 『目利き調査事業から見えてきた課題を産学連携研究でいかに解決するか?』
    第61回バイオ研究・ビジネス最前線「機能性表示食品セミナー」
    2015年12月8日 久留米リサーチ・センタービル
    清水邦義
  38. 『天然素材の多機能性に着目した新商品開発-機能性食品・化粧品・アロマ・快適住空間-』
    九大発 産・学・官-交流促進シーズ発表会-
    2016年2月9日 ホテルセントラーザ博多
    清水邦義
  39. 『Woody Space for Sleep: Evaluation of Woody Environment Using Physiological Psychology Reaction and Mutivariate Analysis』
    The Forefront of Education and Research in Kyushu University
    The 14th Exhibition of Latest Research Achievements from P&P
    Dec. 1-Dec. 25 (2015) Kyushu University, Hakozaki Campus, Faculty of Engineering Main Building 3F
    Kuniyoshi SHIMIZU
  40. 『香りの量的質的機能性評価による新規機能性探索』
    第六回化粧品開発展(Cosme Tech 2016)
    2016年1月21日 東京ビッグサイト
    羽賀 栄理子、清水邦義
  41. 『木質内装とヒトの相性について科学する
    〜木の家と健康を科学するプロジェクトの紹介〜』

    学校等公共建築物の木造木質化促進シンポジウム
    2016年1月26日 福岡市民会館
    清水 邦義
  42. 『徳島すぎの乾燥方法の含有化学成分の量的質的変化に及ぼす影響解析』
    徳島すぎ成分分析とその結果を反映した床材の開発プロジェクト報告会
    2016年3月7日 徳島県木材利用創造センター
    清水 邦義
  43. 『薬用植物の化粧品応用を目指した新規機能性探索』
    玄海町・九州大学 薬用植物の総合研究プロジェクト-薬用植物を活かした地域振興に向けて-
    2016年3月21日玄海町薬用植物栽培研究所
    清水 邦義
  44. 『新庁舎建設の先に見えるもの〜地域循環できる産業のあり方〜』
    第11回地杉の集いシンポジウム
    2016年4月8日 屋久島環境文化村センター映像ホール
    清水 邦義
  45. 『アロマの効用〜元気になる香り、癒される香り〜』
    第26回西日本食品産業創造展
    2016年5月19日 マリンメッセ福岡
    清水邦義
  46. 『木・キノコの噂を科学する!』
    第9回木質科学シンポジウム
    2016年6月18日 東京大学中島ホール
    清水邦義
  47. 『機能性表示食品開発に向けて〜関与成分、作用機序、ヒト試験、特許戦略〜』
    福岡県バイオ産業拠点推進会議総会
    2016年8月1日 久留米シティプラザ
    清水邦義
  48. 『スギ材を使用した木造住宅と香りの効果・国産スギ材の利用拡大に向けて』
    住まいの耐震博覧会
    2016年9月17日、18日 マリンメッセ福岡
    清水邦義、中川 敏法、奥田拓、西條裕美
  49. 『無垢木材の良さの科学的検証』
    森の駅発グランド・フォーラム2016
    2016年11月20日東京大学農学部 弥生講堂
    清水邦義
  50. 『木の香り空間の生理・心理応答解析』
    化粧品開発展Cosme Tech 2017 アカデミックフォーラム
    2017年1月23日東京ビックサイト
    清水邦義
  51. 『住環境における木素材の匂い分析(季節・乾燥方法の影響)ならびに、匂いのヒトへの生理・心理応答解析』
    日本香料協会講演会
    2017年2月1日 大阪薬業クラブ
    清水邦義
  52. 『住環境における木素材の匂い分析(季節・乾燥方法の影響)ならびに、匂いのヒトへの生理・心理応答解析』
    日本香料協会講演会
    2017年2月7日 化学会館(お茶の水)
    清水邦義
  53. 『小国杉精油およびアロマウオーターの揮発成分・抗菌活性およびヒトの生理・心理に及ぼす影響』
    小国杉エッセンシャルオイル研究発表会
    2017年2月27日 隣保館(熊本県小国町)
    清水邦義
  54. 『佐賀県唐津・玄海地域農産品の化粧品素材探索を目的とした機能性評価』
    第3回JCC産学交流セミナー
    2017年3月1日 虹の松原ホテル(佐賀)

その他活動

  1. 教育活動
    (大学院講義・演習・実習 、 学部講義・演習・実習 など)

  2. 学内行政事務などの担当

過去の研究業績