CVはこちら → CV(篠原)

論文など(査読付き)

Shinohara, Y., Otani, S., Kubota, T., Otsuki, K., Nanko, K. Effects of plant roots on the soil erosion rate under simulated rainfall with high kinetic energy. Hydrological Sciences Journal, in press.

Komatsu, H., Shinohara, Y., Kume, T., Tsuruta, K., Otsuki, K. (2016) Does measuring azimuthal variations in sap flux lead to more reliable stand transpiration estimates? Hydrological Processes, in press. DOI: 10.1002/hyp.10780

Kume, T., Tsuruta, K., Komatsu, H., Shinohara, Y., Katayama, A., Ide, J., Otsuki, K. (2016) Differences in sap flux based stand transpiration between upper and lower slope positions in a Japanese cypress plantation watershed. Ecohydrology, in press. DOI: 10.1002/eco.1709

Tsuruta, K., Okumura, M., Kume, T., Ichihashi, R., Shinohara, Y., Kosugi, Y. (2016) Insignificant effects of culm age on transpiration in a managed Moso bamboo forest, Kyoto, Japan. Hydrological Research Letters, 10(1), 1-7.DOI: 10.3178/hrl.10.1(2016年1月22日) 【Online】

篠原慶規,小松光 (2016) 近年の土砂災害による死者・行方不明者数の経年変動. 砂防学会誌, 68(5), 3-9.(2016年1月)

Shinohara, Y., Levia, D.F., Komatsu, H., Nogata, M., Otsuki K. (2015) Comparative modeling of the effects of intensive thinning on canopy interception loss in a Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don) forest of western Japan Agricultural and Forest Meteorology, 214-215, 148-156. DOI: 10.1016/j.agrformet.2015.08.257(2015年12月15日)

Komatsu, H., Shinohara, Y., Otsuki, K. (2015) Models to predict changes in annual runoff with thinning and clearcutting of Japanese cedar and cypress plantations in Japan. Hydrological Processes, 29, 5120-5134. DOI: 10.1002/hyp.10520(2015年11月29日)

Tsuruta K, Komatsu H, Kume T, Shinohara, Y., Otsuki K. (2015) Canopy transpiration in two Japanese cypress forests with contrasting structures. Journal of Forest Research, 20(5), 464-474. DOI: 10.1007/s10310-015-0495-0(2015年10月) 【Online】

Shinohara, Y., Komatsu, H., Otsuki K. (2015) Variations in sapwood and intermediate wood thicknesses for Japanese cedar: their impacts on sapwood area estimates. Hydrological Research Letters 9, 35-40. DOI: 10.3178/hrl.9.35(2015年6月25日) 【Online】

Ichihashi, R., Komatsu, H., Kume, T., Onozawa, Y., Shinohara, Y., Tsuruta, K., Otsuki, K. (2015) Stand-scale transpiration of two Moso bamboo stands with different culm densities. Ecohydrology, 8(3), 450-459. DOI:10.1002/eco.1515(2015年4月) 【Online】

Shinohara, Y., Otsuki, K. (2015) Comparisons of soil water content between a Moso bamboo (Phyllostachys pubescens) forest and a natural broadleaved forest in western Japan. Plant Species Biology, 30(2), 96-103. DOI:10.1111/1442-1984.12076 (2015年4月) 【Online】

増田治美,篠原慶規,久保田哲也(2015) 放置年数の異なる森林作業道の路面凹凸とその発生要因.九州大学農学部演習林報告,96,28-33.(2015年3月30日) 【Online】

Komatsu, H., Shinohara, Y., Kumagai, T., Kume, T., Tsuruta, K., Xiang, Y., Ichihashi, R., Tateishi, M., Shimizu, T., Miyazawa, Y., Nogata, M., Laplace, S., Han, T., Chiu, C.W., Ogura, A., Saito, T., Otsuki, K. (2014) A model relating transpiration for Japanese cedar and cypress plantations with stand structure. Forest Ecology and Management, 334, 301-312.(2014年12月15日) 【Online】

篠原慶規,久米朋宣,市橋隆自,小松光,大槻恭一 (2014) モウソウチク林の拡大が林地の公益的機能に与える影響:総合的理解に向けて. 日本森林学会誌, 96(6), 351-361.(2014年12月) 【Online】

鶴田健二,野方麻里,篠原慶規,小松光,大槻恭一 (2014) 光学的手法を用いた葉面積指数の計測−スギ人工林における補正係数の算出−. 九州大学農学部演習林報告, 95, 88-92.(2014年3月30日) 【Online】

片山歩美,柚之原修二,長野龍平,篠原慶規,鶴田健二,笠原玉青,大槻恭一(2014) 御手洗水試験流域の流量・気象観測報告(U). 九州大学農学部演習林報告, 95, 69-87. (2014年3月30日)

篠原慶規,大崎繁,井上一信,壁村勇二,山内康平,古賀信也,大槻恭一(2014) アベマキ、ミズナラ混交林における遮断蒸発量の観測. 九州大学農学部演習林報告, 95, 10-15.(2014年3月30日) 【Online】

篠原慶規,鶴田健二,久米朋宣,大槻恭一(2013) 樹液流計測法を用いた林分蒸散量の計測−森林管理による蒸散量の変化を評価するために−. 日本森林学会誌,95(6), 321-331.(2013年12月1日) 【Online】

Saito, T., Matsuda, H., Komatsu, M., Xiang, Y., Takahashi, A., Shinohara, Y., Otsuki K. (2013) Forest canopy interception loss exceeds wet canopy evaporation in Japanese cypress (Hinoki) and Japanese cedar (Sugi) plantations. Journal of Hydrology, 507, 287-299.(2013年12月12日) 【Online】

Komatsu, H., Shinohara, Y., Nogata M, Tsuruta K, Otsuki K. (2013) Changes in canopy transpiration due to thinning of a Cryptomeria japonica plantation. Hydrological Research Letters, 7(3), 60-65.(2013年9月18日) 【Online】

Shinohara, Y., Komatsu, H., Kuramoto, K., Otsuki, K. (2013) Characteristics of canopy interception loss in Moso bamboo forests of Japan. Hydrological Processes, 27(14), 2041-2047. DOI: 10.1002/hyp.9359(2013年7月1日) 【Online】

Shinohara, Y., Tsuruta, K., Ogura, A., Noto, F., Komatsu, H., Otsuki, K., Maruyama, T. (2013) Azimuthal and radial variations in sap flux density and effects on stand-scale transpiration estimates in a Japanese cedar forest. Tree Physiology, 33(5), 550-558. DOI:10.1093/treephys/tpt029(2013年5月)

岩崎貴大,篠原慶規,大谷荘平,久保田哲也(2013) 森林表土を用いた緑化における表土採取場所よる土壌侵食量の違い. 九州大学農学部演習林報告,94, 18-22.(2013年5月17日) 【Online】

小松光,篠原慶規,大槻恭一(2013) 管理放棄人工林は洪水を助長するか. 水利科学,329,68-90.(2013年2月)

Komatsu, H., Onozawa, Y., Kume, T., Tsuruta, K., Shinohara, Y., Otsuki K. (2012) Canopy conductance for a Moso bamboo (Phyllostachys pubescens) forest in western Japan. Agricultural and Forest Meteorology, 156, 111-120. DOI:10.1016/j.agrformet.2012.01.004(2012年4月15日) 【Online】

藏本康平,篠原慶規,小松光,井手淳一郎,大槻恭一 (2011) モウソウチク(Phyllostachys pubescens)林における降雨流出過程の解明に向けて−地表流とバイオマットフローの観測−. 水文・水資源学会誌,24(6),360-368.(2011年11月5日) 【Online】

鶴田健二,小松光,篠原慶規,久米朋宣,市橋隆自,大槻恭一 (2011) 樹液流計測に基づいたスギとヒノキの林分蒸散量算定のための辺材面積推定式. 水文・水資源学会誌,24(5),261-270.(2011年9月) 【Online】

Komatsu, H., Shinohara, Y., Kume, T., Otsuki, K.(2011) Changes in peak flow with decreased forestry practices: Analysis using watershed runoff data. Journal of Environmental Management, 92(6), pp.1528-1536, DOI:10.1016/j.jenvman.2011.01.010 (2011年6月) 【Online】

Ide, J., Shinohara, Y., Higashi, N., Komatsu, H., Kuramoto, K., Otsuki, K.(2010) A preliminary investigation of surface runoff and soil properties in a moso-bamboo(Phyllostachys pubescens) forest in western Japan. Hydrological Research Letters, 4, pp.80-84, DOI:10.3178/hrl.4.80(2010年10月30日) 【Online】

Komatsu, H., Onozawa, Y., Kume, T., Tsuruta, K., Kumagai, T., Shinohara, Y., Otsuki, K.(2010) Stand-scale transpiration estimates in a Moso bamboo forest: (U) Comparison with coniferous forests. Forest Ecology and Management, 260(8), pp.1295-1302, DOI:10.1016/j.foreco.2010.06.040 (2010年9月15日) 【Online】

Kume, T., Onozawa, Y., Komatsu, H., Tsuruta, K., Shinohara, Y., Umebayashi, T., Otsuki, K.(2010) Stand-scale transpiration estimates in a Moso bamboo forest: (T) Applicability of sap flux measurements. Forest Ecology and Management, 260(8), pp.1287-1294, DOI:10.1016/j.foreco.2010.07.012(2010年9月15日) 【Online】

Komatsu, H., Kume, T.,Shinohara, Y., Miyazawa, Y., Otsuki, K.(2010) Did annual runoff and low flow decrease with reduced forestry practices in Japan?. Hydrological Processes, 24(17), pp.2440-2451. DOI:10.1002/hyp.7657(2010年8月15日) 【Online】

篠原慶規,井手淳一郎,東直子,小松光,久米朋宣,智和正明,大槻恭一(2010) 管理放棄されたヒノキ人工林における樹冠遮断量の計測. 日本森林学会誌,92,pp.54-59. DOI:10.4005/jjfs.92.54(2010年2月1日) 【Online】

Shinohara, Y., Kume, T., Komatsu, H., Otsuki, K.(2010) Spatial and temporal variations in summer precipitation in Japanese mountain areas. Hydrological Processes, 24(13), pp.1844-1855. DOI:10.1002/hyp.7620(2010年3月29日) 【Online】

Shinohara, Y., Onozawa, Y., Chiwa, M., Kume, T., Komatsu, H., Otsuki, K.(2010) Spatial variations of throughfall in a Moso bamboo forest: sampling design for the estimates of stand-scale throughfall. Hydrological Processes, 24(3), pp.253-259. DOI:10.1002/hyp.7473(2010年1月30日) 【Online】

藏本康平,篠原慶規,小松光,大槻恭一 (2010) 森林回復が流出に及ぼす影響−地質の異なる2流域における検討−. 水文・水資源学会誌,23(1), pp.32-42.(2010年1月5日) 【Online】

Kume, T., Tsuruta, K., Komatsu, H., Kumagai, T., Higashi, N., Shinohara, Y., Otsuki, K. (2010) Effects of sample size on sap flux-based stand-scale transpiration estimates. Tree Physiology, 30(1), pp.129-138. DOI:10.1093/treephys/tpp074(2010年1月) 【Online】

篠原慶規,井手淳一郎,藏本康平,小松光,大槻恭一(2009) 御手洗水試験流域の流量・気象観測報告. 九州大学農学部演習林報告,90,pp.51-88.(2009年3月30日) 【Online】

Shinohara, Y., Kumagai, T., Otsuki, K., Kume, A., Wada, N.(2009) Impact of climate change on runoff from a mid-latitude mountainous catchment in central Japan. Hydrological Processes, 23(10), pp.1418-1429. DOI:10.1002/hyp.7264(2009年3月2日) 【Online】

篠原慶規,小松光,大槻恭一(2008) 御手洗水試験流域の気象特性について. 九州大学農学部演習林報告,89, pp.39-50.(2008年3月27日) 【Online】

Komatsu, H., Shinohara, Y., Kume, T., Otsuki, K. (2008) Relationship between annual rainfall and interception ratio for forests across Japan. Forest Ecology and Management, 256(5), pp.1189-1197. DOI:10.1016/j.foreco.2008.06.036(2008年8月20日) 【Online】

小松光,井手淳一郎,篠原慶規,芳賀弘和,藤山洋介,宮野岳明,丸野亮子,智和正明,久米朋宣,東直子,大槻恭一(2007) 非管理針葉樹人工林の蒸発散量. 水利科学,297,pp.107-127.(2007年10月1日)

篠原慶規,小松光,大槻恭一(2007) 日最高,最低気温から全天日射量を推定する方法−日本への適用可能性−. 水文・水資源学会誌,20(5),pp.462-469. DOI:10.3178/jjshwr.20.462(2007年9月5日) 【Online】

著書

篠原慶規,小倉晃,吉田匡(2012) 森林からいつ,どれくらい水が流れてくるのか.(「手取川流域の明日を目指して−人々の生活を支える水循環−」,丸山利輔編著,石川県立大学出版会,石川),pp. 49-53. (2012年8月)

その他の出版物

Kim, S.W., Otsuki, K., Shinohara, Y., Chun, K.W. (2015) Distribution and mobilization of large woody debris in a mountain stream network, Gangwon-do, South Korea. Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University, 60(1), 251-258. (2015年2月27日)

Kim, S.W., Chun, K.W., Otsuki, K., Shinohara, Y., Kim, M.I., Kim, M.S., Lee, D.K., Seo, J.I., Choi, B.K. (2015) Heavy rain types for triggering shallow landslides in South Korea. Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University, 60(1), 243-249. (2015年2月27日)

大槻恭一,篠原慶規(2014) ボタ山緑化研究の軌跡.森林技術,873,pp.16-20.(2014年12月10日)

五名美江,篠原慶規,小田智基,山川陽祐,正岡直也,若原妙子,長谷川規隆,鶴田健二,平岡真合乃,飯田真一(2013) 第3回 森林水文学を考える若手研究者の会 開催報告.水文・水資源学会誌,26(3),pp.174-179.(2013年5月)

久保田哲也,篠原慶規(2013) 平成24年度梅雨末期豪雨による九州北部の山地災害.自然災害研究協議会西部地区部会報 研究論文集, 37, pp.37-41.(2013年2月)

久保田哲也,地頭薗隆,清水収,平川泰之,本田健,飯島康夫,泉山寛明,海堀正博,北原哲郎,小林浩,松本俊雄,松尾新二朗,松澤真, 宮縁育夫,長野英次,中濃耕司,奥山悠木,島田徹,篠原慶規,杉原成満,武澤永純,田中信,内田太郎(2012) 平成24年7月九州北部豪雨による阿蘇地域の土砂災害. 砂防学会誌,65(4),pp.50-61.(2012年11月)

篠原慶規(2012)森林ボランティアの活動で得られたもの(読者の声). 森林科学,66,p.54.(2012年10月1日)

篠原慶規(2009) 博士課程で何をなすべきか(シリーズ若手のページ). 水文・水資源学会誌,22(2),p.161.(2009年3月5日)

研究発表

国内学会

2015/5/21 砂防学会研究発表会(宇都宮市,栃木県総合文化センター),口頭発表
篠原慶規,奥山遼佑,久保田哲也
施業方法による樹木根系の斜面補強効果の違い−森林長期モニタリングデータを用いた検証−

2015/3/28 日本森林学会大会(札幌市,北海道大学),ポスター発表
○小倉晃,高瀬恵次,伊藤優子,篠原慶規,大槻恭一,丸山利輔
白山麓スギ林における雪の樹冠遮断量

2015/3/27 日本森林学会大会(札幌市,北海道大学),ポスター発表
篠原慶規,増田治美,久保田哲也
様々な放置年数の作業道における路面凹凸とその発生要因

2014/10/25 九州森林学会大会(佐賀市,佐賀大学),口頭発表
○三角悠真,篠原慶規,久保田哲也
モウソウチク林における浸食量とその影響因子−スギ林・常緑広葉樹林との比較−

2014/9/26 水文・水資源学会大会(宮崎市,宮崎グリーンスフィア壱番館(KITEN)),ポスター発表
篠原慶規,小松光,鶴田健二,野方麻里,大槻恭一
スギ人工林における間伐後の蒸散量と遮断蒸発量の変化

2014/5/29 砂防学会研究発表会(新潟市,朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター),口頭発表
篠原慶規,小松 光,大槻恭一
積雪量・融雪量の簡易的な推定方法の提案

2014/5/28 砂防学会研究発表会(新潟市,朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター),口頭発表
○今泉文寿,逢坂興宏,権田 豊,堤 大三,宮田秀介,中谷加奈,篠原慶規,福山泰治郎
2013 年台風 26 号による伊豆大島での土砂移動の影響範囲

2014/5/28 砂防学会研究発表会(新潟市,朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター),口頭発表
○久保田哲也,篠原慶規,中村 豪,井上陽太
地震動に伴う土質強度の変化と斜面安全率

2014/3/29 日本森林学会大会(さいたま市,大宮ソニックシティ),口頭発表
篠原慶規
モウソウチクの遮断蒸発量はなぜ小さいのか? 【Online】

2013/10/26 九州森林学会大会(宮崎市,宮崎大学),口頭発表
○三角悠真,篠原慶規,久保田哲也
モウソウチク林における浸食量―スギ林・常緑広葉樹林との比較―

2013/9/27 水文・水資源学会大会(神戸市,神戸大学),口頭発表
○鶴田健二,小松光,久米朋宣,篠原慶規,大槻恭一
ヒノキ人工林における林分構造の変化が蒸散量に及ぼす影響の評価 【Online】

2013/9/26 水文・水資源学会大会(神戸市,神戸大学),ポスター発表
篠原慶規,小松光,野方麻里,大槻恭一
スギ人工林における強度間伐が雨水配分に与える影響 【Online】

2013/9/25 水文・水資源学会大会(神戸市,神戸大学),ポスター発表
○小倉晃,篠原慶規,能登史和,大槻恭一,丸山利輔
石川県白山麓スギ林における雪の樹冠遮断量 【Online】

2013/5/30 砂防学会大会(静岡市,静岡市民文化会館),口頭発表
篠原慶規,大谷壮平,南光一樹,久保田哲也
植物根系が土壌侵食量に与える影響−被覆率との比較−

2013/3/27 日本森林学会(盛岡市,岩手大学),口頭発表
篠原慶規
任意の地点における流出量の推定−地質と蒸発散を考慮して− 【Online】

2012/10/27 九州森林学会大会(熊本県東区,熊本県立大学),口頭発表
○大谷荘平,篠原慶規,久保田哲也
法面緑化において根系が浸食量に与える影響−クローバーを用いた検証−

2012/10/13 中部森林学会大会(長野県上伊那郡南箕輪村,信州大学),口頭発表
○小倉晃,江崎功二郎,篠原慶規,恩田裕一
管理状態の異なるモウソウ竹林の地表流と浸透能の観測

2012/5/24 砂防学会大会(高知市,高知県立県民文化ホール),口頭発表
○奥山遼佑,久保田哲也,篠原慶規
治山堰堤堆砂域と自然渓流における渓流環境の比較 【Online】

2012/5/24 砂防学会大会(高知市,高知県立県民文化ホール),ポスター発表
篠原慶規,岩崎貴大,大谷荘平,久保田哲也
森林表土を用いた緑化における植物生育の不均一さが浸食量に与える影響

2012/3/27 日本森林学会大会(宇都宮市,宇都宮大学),ポスター発表
篠原慶規,藏本康平,小松光,井手淳一郎,大槻 恭一
モウソウチク林における地表流とバイオマットフローの観測 【Online】

2011/9/19 日本植物学会大会(東京都目黒区,東京大学),ポスター発表
○齋藤隆実,小松実紗子,篠原慶規,鶴田健二,小松光,大槻恭一
流域における樹木群による蒸散量の見積もり

2011/3/26 日本森林学会大会(静岡市,静岡大学),ポスター発表
篠原慶規,鶴田健二,小倉晃,能登史和,大槻恭一,丸山利輔
スギ人工林における,樹液流速の樹幹内変動 【Online】

2011/3/26 日本森林学会大会(静岡市,静岡大学),ポスター発表
○久米 朋宣,篠原 慶規,邱??,野方 麻里,曾 涵,小松 光,大槻 恭一
スギ人工林の樹液流特性の地域間差−台湾南投、九州福岡、本州石川の比較 【Online】

2011/3/26 日本森林学会大会(静岡市,静岡大学),ポスター発表
○小松実紗子,齋藤隆実,篠原 慶規,小松光,大槻恭一
針葉樹人工林における樹冠遮断の降水強度依存性

2011/3/26 日本森林学会大会(静岡市,静岡大学),ポスター発表
○野方麻里,篠原 慶規,小松光,井上一信,長澤久視,扇 大輔,山内康平,大崎 繁,大槻恭一
スギ人工林における間伐前後の蒸散量の比較

2010/4/3 日本森林学会大会(茨城県つくば市,筑波大学),ポスター発表
篠原慶規,藏本康平,小野澤郁佳,小松光,大槻恭一
モウソウチク林と隣接する広葉樹林における水循環の違い 【Online】

2009/8/19 水文・水資源学会大会(石川県金沢市,石川県文教会館),口頭発表
篠原慶規,小松光,大槻恭一
気温と降水量のみを入力データとして用いた熱収支法による融雪量の推定 【Online】

2009/8/20 水文・水資源学会大会(石川県金沢市,石川県文教会館),ポスター発表
○藏本康平,篠原慶規,井手淳一郎,小松光,大槻恭一
モウソウチク林における地表流の観測について 【Online】

2009/3/27 日本森林学会研究発表会(京都市,京都大学),ポスター発表
篠原慶規,小野澤郁佳,智和正明,藏本康平,久米朋宣,小松光,大槻恭一
モウソウチク林における樹冠遮断量推定のための樹冠通過雨量と樹幹流量のサンプリング戦略 【Online】

2009/3/27 日本森林学会研究発表会(京都市,京都大学),ポスター発表
○藏本康平,小松光,篠原慶規,大槻恭一
森林回復が流出に及ぼす影響

2009/3/27 日本森林学会研究発表会(京都市,京都大学),ポスター発表
久米 朋宣,○鶴田健二,小松光,篠原慶規,大槻恭一
樹液流計測を用いた流域スケールの蒸発散推定にむけて −斜面上下部のヒノキ人工林の蒸散量の比較 【Online】

2008/8/28 水文・水資源学会研究発表会(東京都目黒区,東京大学),口頭発表
篠原慶規,小松光,大槻恭一
日最高,最低気温から全天日射量を推定する方法の日本への適用可能性 【Online】

2008/3/28 日本森林学会研究発表会(東京都府中市,東京農工大学),ポスター発表
篠原慶規,井手淳一郎,東直子,小松光,久米朋宣,智和正明,大槻恭一
放棄人工林における樹冠遮断量の推定 【Online】

2007/7/26 水文・水資源学会研究発表会(愛知県名古屋市,名古屋大学),口頭発表
篠原慶規,熊谷朝臣,大槻恭一,久米篤,和田直也
気候変動に伴う温度上昇が山岳地域の河川流量に及ぼす影響 【Online】

2007/4/3 日本森林学会研究発表会(福岡市,九州大学),ポスター発表
篠原慶規,熊谷朝臣,大槻恭一,久米篤,和田直也
中緯度山岳流域において気候変動が流出に及ぼす影響 【Online】

2006/8/31 水文・水資源学会研究発表会(岡山市,岡山大学),口頭発表
篠原慶規,熊谷朝臣,大槻恭一,久米篤,和田直也
黒部ダム集水域における冬季の流量増加の一考察【Online】

国際会議

2013/12/9 AGU Fall Meeting, San Francisco, California, USA (Poster presentation)
Shinohara, Y., Nogata, M., Komatsu, H., Otsuki, K.
Effects of intensive thinning on rainfall partitioning in a Cryptomeria japonica plantation

2012/12/6 AGU Fall Meeting, San Francisco, California, USA (Poster presentation)
○Tsuruta, K., Komatsu, H., Kume, T., Shinohara, Y., Otsuki, K.
Canopy transpiration for two Japanese cypress forests with contrasting structures

2012/9/20 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
Shinohara, Y., Otsuki, K.
Effects of geology on runoff in two different scales

2012/9/20 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
○Kubota, T., Shinohara, Y., Matsui, M.
The impact of increasing rainfall due to the climate change on forest slope stability in Kyushu district, Japan

2012/9/20 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
○Tsuruta, K., Komatsu, H., Kume, T., Shinohara, Y., Otsuki, K. A relationship between stem diameter and transpiration in Japanese cypress forests

2012/9/20 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
○Otsuki, K., Nogata, M., Shinohara, Y., Tsuruta, K., Komatsu H. Changes of canopy evapotranspiration of cryptomeria japonica by intense thinning

2012/9/19 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
○Ogura, A., Shinohara, Y., Noto, F., Otsuki, K., Maruyama T.
Snow interception loss in a Cryptomeria Japonica forest on central Japan

2012/9/19 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
○Kosal, C., Mizoue, N., Kajisa, T., Ota, T., Yoshida, S., Shinohara, Y., Miyazawa, Y., Otsuki, K.
Change in hydrological components and land use over 10 years in the Stung Chinit River watershed, central Cambodia

2012/9/19 3rd International Conference on Forest & Water in a Changing Environment, Fukuoka, Japan (Oral presentation)
○Kume, T., Tsuruta, K., Komatsu, H., Shinohara, Y., Katayama, A., Ide, J., Otsuki K.
Scaling transpiration from stand to a watershed in a Japanese Cypress plantation

2011/12/5-9 AGU Fall Meeting, San Francisco, California, USA (Poster presentation)
○Kume, T., Tsuruta, K., Komatsu, H., Shinohara, Y., Otsuki, K.
Difference of stand-scale transpiration between ridge and riparian area in a watershed with Japanese cypress plantation

2010/6/22 AGU Western Pacific Geopysocs Meeting, Taipei, Taiwan (Invited oral presentation)
Shinohara, Y., Ide, J., Komatsu, H., Kume, T., Otsuki, K.
Canopy interception loss in an abandoned conifer plantation in Japan

2010/6/22 AGU Western Pacific Geopysocs Meeting, Taipei, Taiwan (Poster presentation)
○Kume, T., Onozawa, Y., Komatsu, H., Tsuruta, K., Shinohara, Y., Otsuki, K.
Stand-scale transpiration estimates in a Moso bamboo forest

2008/7/29 AGU Western Pacific Geopysocs Meeting, Cairns, Australia (Poster presentation)
Shinohara, Y., Kumagai, T., Otsuki, K., Kume, A., Wada, N.
Effect of global warming on runoff from a mid-latitude mountainous catchment

2006/11/14 Asia Forest Workshop 2006, Fukuoka, Japan (Poster presentation)
Shinohara, Y., Kumagai, T., Otsuki, K., Kume, A., Wada, N.
Process-based hydrological model to analyze the effect of global warming on runoff

依頼講演

2009/12/17 平成21年度 森林林業技術センター成果発表会(福岡市,福岡県吉塚合同庁舎),口頭発表
篠原慶規,藏本康平,小野澤郁佳,小松光,大槻恭一
モウソウチク林における水循環に関する研究成果と課題

2012/12/8 第44回 種生物学会シンポジウム(滋賀県高島市,奥琵琶湖マキノパーク&セミナーハウス),口頭発表
篠原慶規
モウソウチク林における水循環:他の森林タイプとの比較

トップページ

自己紹介

研究業績

研究室の情報

サイト紹介

論文メモ

興味のあること

リンク

English Page

Copy Right Yoshinori Shinohara Since 2006