このページでは、私が学生時代に研究で関わっていたサイトを紹介します。
手伝いだけのサイトなどもありますが...!
(情報は当時のままです。時間が出来た時に更新します。)

御手洗水試験流域

御手洗水の堰 学生時代に所属していた流域環境制御学分野のメインサイトです。 九州大学福岡演習林内にあります。 流域内において、詳細な水・物質循環の計測を継続して行うことで、 森林内の様々な循環を定量的に評価することを目的としています。 私自身は、ここをメインサイトにして研究を行ったことはありませんが、 気象観測と流量観測を担当してきました。 たくさんの思い出のあるサイトです。 長い間、学生が中心となって運営してきた試験地なので、 これからも守っていってもらいたいものです。



立山(黒部ダム)

立山 卒業論文から博士論文までメインの試験地にしていたところです。モデルがメインだったので、実際に現地で観測したことはほとんどありませんでしたが、 春、夏、秋と3回現地に行って、いろいろと見て回りました。立山の景色は季節によってずいぶん異なりますが、 いつ行っても、魅力的です。時には、自然の猛威にされされたこともありましたが。 機会があればまた研究を行いたいなと思います。 この研究のおかげで、富山の方々といろいろと触れ合う機会がありましたが、 いつも暖かく迎えていただきました。本当に、感謝しています。研究以外にもいろいろと思い出があるところです。



アカエゾマツサイト

アカエゾ 九州大学の北海道演習林内にあります。北海道の道東では、 雪が少ないため凍土が発達します。この凍土の発達と融解は、 斜面方位によって異なることが知られており、植生の分布などにも影響を与えていると 考えられています。 私は、3年間に渡り、斜面方位による凍土の違いを計測しました。 (いい写真がありませんでした。すみません。)



Kaguyaサイト

カグヤ 九州大学の福岡演習林内にあります。 比較的密度の低い(4000本/ha程度)のモウソウチク林で、 蒸散量、遮断量、表面流、バイオマットフロー、土壌水分、土壌の特性 など様々な項目が計測されました。 土壌水分計が埋めてあるところからタケノコが生えてきたり、 タケノコが置いてあったバケツを持ちあげたりと、 他の森林ではなかなか見られないことが起こります。 あと竹林は、蚊が多くて大変です...


山の神サイト

山の神 九州大学の福岡演習林内にあります。 スギの人工林で、 間伐試験を行い、間伐前後で水循環の比較を行っています。 山の神(知っていますか?)の近くにある人工林なので、 山の神サイトと呼んでいます。 間伐後、どのように森は変化していくのか。楽しみです。







トップページ

自己紹介

研究業績

研究室の情報

サイト紹介

論文メモ

興味のあること

リンク

English Page

Copy Right Yoshinori Shinohara Since 2006